[ 丹沢大山、塔ノ岳] [ 丹沢大山、三ノ塔] [トップページへ戻る] [Sのトップページへ ] [登山とハイキングへ]

==川崎平からの夕焼と日没の景観==

==2008_02_18川崎平からの夕焼と日没の景観==

   ―地域大発見―2008_2_18川崎平からの夕焼と日没の景観―
―2008_2_18前区平公園当りの尾根道からの日没と夕焼は幻想的―。
そして富士山、丹沢山塊、箱根山塊が陰影を作っていた。
 
夕焼1
 日没光の左に富士山が、その左に丹沢・大山が、更に右側に、箱根山塊の明神・明星岳・駒ケ岳など見えた。 [2008_02_18、17時12分撮影]

夕焼2

 日没光の左に富士山が、その左に丹沢・大山見えた。 [2008_02_18、17時12分撮影]

夕焼3

 丹沢・大山と右側に、箱根山塊の明神・明星岳・駒ケ岳など見えた。 [2008_02_18、17時12分撮影]

夕焼4

 箱根山塊の明神・明星岳・駒ケ岳などアップして見ると・・・!!!。 [2008_02_18、17時12分撮影]

夕焼5

 夕陽の左に富士山が、その左に丹沢山塊・・・、 市営高山団地のビルの谷間からの景観は素敵だ。 [2008_02_18、17時13分撮影]
 17時13分頃、標高65mの平公園の尾根筋に来たら、夕陽の光環と夕焼が美しかった。冬の澄んだ空に真っ赤な夕日が沈みかけ、その周囲が夕焼に染まった。夕陽が赤いのは、大気中の青っぽい光が散らばって無くなり、空気中の雲や塵などに当るからだと言う。この日の読売新聞夕刊に奇しくも「文と千葉市のからの写真=武田康男氏の・・・人の活動 夕焼を演出・・・というそら彩々」が掲載されていて、感激した!!。


 この項、 了

 特記事項

―1553宮前〒/1400歩―1600鷺沼東急店―1610―1630川崎IC撮影―1635東名ガード潜る―1640犬蔵交叉点/17870歩― 
―1705向丘〒/20330歩―家/22200歩/14km余、ご苦労さま!!!。