ORANGE PARADISE! アルディ危機一髪!

 アルディ危機一髪! 

対立説が噂されていた“オレパラ”メンバーと、“アルディ”
某月某日、ついに噂を裏付ける事件が勃発した。
これにより対立説は、“噂”から一気に表面化した泥仕合の様相を帯びてきた。

この事件に対し“オレパラ”当局は、
「あくまで沈静化処置。狂暴化しつつあった彼を止めるにはやむを得ない策だった。」
とのコメントを発表。
これに対し今回はとりあえず“被害者”という形になった“アルディ”側は、
「決して許されない行為。僕のプライドにかけて、今後も実力行使を続ける。」
と、あくまで全面対決の強行姿勢を崩していない。

この事件に対しての世論の反応は、
「子供達のアイドルになんてひどい事を…」(大宮市在住Aさん、女性)
「彼の尻尾を開放した、って事じゃない?」(川口市在住Sさん、男性)
「今、“チョボパン”(超・膀胱パンパン)で…」(鶴ヶ島市在住Mさん、男性)

…と様々だが、実際にはこの事件が明るみに出た翌日の日経平均株価は大きく下がり、
厚底靴で運転する若い女性の車の交通事故が急増。
またアメリカ・シアトルでは、WTOに反対する抗議行動がエスカレートした。

この事件の打開策として、自由民主党の亀井氏は、「タバコ税を引き上げたらどうか。」と提言。
しかし、翌日の委員会では委員全員に反対されるという事態まで発生し、
混乱は大宮“楽園”界隈に留まらず、政界まで巻き込んでの「カオス」状態となるのは必至、と見られる。

今回私は、一人のジャーナリストとして、この事件の真相に迫ってみた。
レポート:CNN大宮支局 ジョージ・ホワイト

Next→

嵐の予感…

試合後、睨みを利かせる“アルディ”
後日談だが、同行のカメラマンも身の危険を感じたという。

←Back Next→

挑発行為

おもむろに近づき、旗棒に手を出し挑発行為を行う“アルディ”

←Back Next→

表の顔

相変わらず、子供達には絶大な人気を誇る“アルディ”
しかし、実態は…

←Back Next→

問題の直前

この直後、“オレパラ”当局が問題とするシーンが!
(残念ながら画像は無いのだが…)

←Back Next→

行動開始

ついに、“オレパラ”特別工作員による行動が開始。
“アルディ”の唯一の弱点とされる背部に潜入成功!

←Back Next→

そして…!!!

ついに“アルディ”沈静化作戦が遂行された。
我々取材班がとらえた、決定的瞬間。

←Back Next→

一時退却

ひとまずは引き上げる“アルディ”

…しかしこれは、泥沼と化す戦いの序曲にすぎなかった。
我々は、今後も両者の動向に密着取材を敢行し、
新たな展開を迎えた際には、皆様に逐一ご報告をしようと思う。

第一章 完

…って、続けるのか?おい!

←Back

一気に表紙へびゅ〜ん!