コンサートピアニストになるぞ!

 

このページでは、私、佐藤耕平が自身のピアニストとしてのレベルアップに有効だと感じた知識やテクニックのトレーニング法をできるだけ言葉を尽くして(絵心がないので、本当にテキストだけです)ご紹介したいと思います。

 

ピアニスト、特に演奏家として生活していくには才能がないといけないと一般に信じられています。私もそう信じていました。ところが、大学在学中に見たあるビデオで、才能はもって生まれるものではなく身に付けることができるものであるという信念を培いました。

 

もしもピアニストになるのに才能が必要だとすれば、それは「きれいな演奏をできるようになりたい」という向上心があるか否かではないかと思います。その向上心があれば、あとは「どのように」その目標を達成するかということに尽きるわけです。

 

私は一般に信じられている才能とは、説明されなくてもどのように演奏すればきれいに弾けるのか本能的にわかることをいうと理解しています。ということは、その方法を道具として集めれば、才能を持ったピアニストになることができるわけです。

 

このページではそのような技術を言葉を尽くしてご紹介していきたいと思います。口下手の上、理屈っぽい人間ですので、すでに知識として持っている方にはくどい表現が続きますが、何らかのお役に立てれば幸いです。