トレーニング

 

普通の練習方法とはかなり違います。無駄を省くことと必要なときには力を使うことがモットーです。

 

トレーニングの意義

私のいうトレーニングとは、一般的な定義から少し外れます。

あなたは人をくすぐれますか?

ピアニストには超人でなくてもなれます。

指の動かし方(打鍵の方法)

力の入れっぱなしは体力の無駄遣いですし、危険です。

離鍵について(テンポの速くない曲の場合)

優雅にいきましょう。

手首について

基本的には腕と手の角度は180度が望ましいです。

腕について

ピアノを弾くには腕も使います。イメージは限りなく直線に近い曲線です。

薬指

薬指を鍛える?

手の「回転」親指編

回転といっても、ぐるぐる回るわけではありません。

手の「回転」小指編

傾倒と呼んだ方がいいような・・・。

手の「回転」その他の指編

親指と小指の動きをマスターされた方にお送りします。

音階を弾く

「回転」の応用編です。

アルペジオを弾く

「回転」の応用編その2です。

腕の「前後」運動

 

人間の指の長さは違いますよね。

手の「上下」運動

波を思い浮かべます。

優雅な動き

ピアニストっぽくいきましょう。

ジャンプ

高さの低い放物線。

グループにまとめましょう。

7月4日更新

必ずしもフレージングとは一致しません。

バランス

伴奏は小さめに。

練習法その1

あなたは片手派ですか?両手派ですか?

練習法その2

続きです。

チェックリスト

(研究中)

耳だけでなく体全体の様子をチェックします。

軽く、速く

速ければいいというわけではありませんが、速く弾けると気持ちいいですよね。

ズルしましょう。

基本的には楽譜どおりに弾くべきですが、そういかないことだってあるんです。

 

パワーポイント プレゼンテーション

上の文を簡潔にしました。だからつっけんどんかもしれません。お時間がない方はこちらをどうぞ。

ピアノのレッスン

私が教わってきた(おそらく)伝統的なピアノのレッスン、練習法、そしてその問題点をまとめました。独学の方、ピアノを指導される方、もちろん先生についていらっしゃる方もどうぞ。