この闇は私の心。
真っ黒じゃない。
どす黒い…。
ここをきれいにできるものなんてあるんだろうか?
いつも表で笑ってる私。
あれも私だけど…、これも私。
ここに心捕らわれると、一歩も動けなくなる。
足が泥沼にはまったまま固まったように。
踏み入れたものは二度と明かりを見ることが許されない。
足かせをはめられたものは、命尽きるまでもがき続ける。
命尽きたとき、私のものとなる。
私のどす黒く汚れた心の一部になる。
それはいつしか怨念へと姿を変えて、誰かへの刃になる。
ここをきれいにできるものなどない。
誰だって似たようなものを持っているから。
中和することだってできやしない。
いつも少しずつ増えているから。
私が生きている限り、少しずつ増えてゆくものだから。
あなたも捕らわれないようにした方がいい。
少しでも触れた瞬間、あなたは闇に落ちる…。