ポップアップ広告はJavaScriptを無効にすれば表示されなくなります
※ IE6の場合、ツール → インターネットオプション → セキュリティ →
レベルのカスタマイズ → アクティブスクリプト「無効にする」をチェック

神田川 かんだがわ
Kanda-gawa River
最終更新 04.5.14

歌にもなっている神田川は、大阪の道頓堀川と並んで日本で最も有名な中小河川である。
取り扱い区間:全区間 掲載方向:上流→下流
※写真はクリックすれば拡大。



地点、神田川の源、東京都井の頭恩賜公園の井の頭池。水源 (左) は「お茶の水」と言い、その昔、徳川家康が鷹狩でこの地を訪れた際にこの水で茶を淹れたことからそう呼ばれる*1。(04.1.2)

*1 現地の説明版による。なお一部の説明板には三代将軍家光だと書かれているものもあった。いずれにせよ徳川将軍が数代に渡って当地へ鷹狩に訪れていたであろう。
地点、井の頭池の外れに神田川が流れ出す部分がある。傍らには「一級河川 神田川」と刻まれた立派な石碑がある (右)。他の川ではスチールの看板であることが多いが (石神井川の例)、川が有名だとこんなところにまで差が出るのか? (04.1.2)
地点、井の頭公園の東端から上流側と下流側。公園内は親水的なデザインだが、出た途端にコンクリート護岸の都市河川の様相となるのは他の川と同じ。(04.1.2)
地点、三鷹台駅前から下流側。水質は良いが河床もコンクリートのためか水草は少ない。(04.1.2)
地点、三鷹市と杉並区の境界となる神田橋から下流側。杉並区に入ると河床に独特のデザインが加えられている。右手に旧流路跡を利用した緑道がある。(04.1.2)
74年撮影の三鷹台〜久我山付近。既に住宅密集地と化しているが、かなり蛇行していたのが分かる。久我山駅付近では新流路がかなり完成している。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/

地点、久我山駅の東側から下流側。過去の航空写真を見ると、この付近のみ先行して改修が行われたようだ。そのためかこの部分のみ護岸は波打ち鉄板。その先は右に雑木林、左は電車の車庫となり、人気が少なく夜は恐そう。(04.1.2)
地点、富士見が丘駅前から下流側。この辺りも河床に手が加えてある。(04.1.2)
74年撮影の富士見が丘付近。駅の周辺は改修が終わっているが、京王線車庫脇は蛇行しており、しかも土護岸だ。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/

地点、環八通りの佃橋から下流側。水位測定の機材が見られる。大雨時の増水は激しそうだ。(04.1.2)
74年撮影の高井戸付近。工事の真っ最中。これより下流はこの時点で既に改修が終わっている。環八通りの車も少ない。巨大煙突で知られる杉並清掃工場はまだ着工すらしていない。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/

地点、ここも旧流路跡が緑道となっている。この旧流路跡は、流路が切り替わった後も比較的近年まで原形を留めており、橋も残っていた。(04.1.2)
地点、荒玉水道道路の神田橋から下流側。特に面白みのないコンクリート護岸が続く。(04.1.2)
地点、水道道路から下流側。前方に多摩湖から来る太い水道管が通っている。(04.1.2)
地点、環七通りからやや上流。長らく工事が続けられてきた環状七号線地下調整池の取り入れ口がある。この付近は完成したが、善福寺川や妙正寺川の辺りは今も工事中。この地下調整池は将来東京湾まで延ばして単なる調整池から放水路へと発展する予定だそうだ。(04.1.2)
地点、環七通りの方南橋から下流側。正面に東京オペラシティが見える。(04.1.2)

04.1.2

91.1.4
地点、善福寺川を合流する。手前は善福寺川で、右から合流しているのが本流の神田川。川幅は狭く河床も浅い。水害の常襲地点であり、下水吐はすべて逆流防止用の蓋が付いている。左の道路側は護岸が地面より高いいわゆるカミソリ護岸。右の地下鉄車庫にはそのような護岸はないので、この車庫に調整池の機能を持たせてあるのだろう。昔は川を跨ぐような形で送電線が張られていた。
なおこの付近から少し下流の中野富士見町駅辺りに掛けてはカラスが非常に多くて不快である。

※善福寺川はこちら

1/3 次ページ 戻る