上戸田川 かみとだがわ
Kami-toda-gawa River
最終更新 06.11.6

菖蒲川の支流で、蕨西小学校付近から始まる準用河川である。これも灌漑用の用水路として開削されたもので、自然河川ではない*1
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流
※写真はクリックすれば拡大。

*1 埼玉県環境部水環境課「水域別プラン」(http://www.pref.saitama.lg.jp/A09/BG00/webplan/3suiiki.html) による。


地点、蕨西小学校前。地図で追える最上流部。前方を文蔵川の支流が右から左へとコンクリート蓋水路で流れており、上戸田川もこの水路から取り入れていたのではないだろうか。(06.10.9)

※文蔵川はこちら
地点、典型的なコンクリート蓋水路が住宅地を行く。(06.6.25)
地点、大日本印刷蕨工場付近。以前はコンクリート蓋水路が続いていたが、区画整理によりかなり失われてしまった。(右) 辛うじて水路と分かる痕跡が残っている。(06.9.10)
74年撮影の上戸田川上流。畑の中を蛇行しながら流れる様子はいい感じだったに違いない。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/


地点、富士見公園前。蓋がされておらず流れが見える部分もある。準用河川として扱われるのはここからである*2。(06.6.25)

*2 国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所 (http://www.ara.go.jp/) による。
地点、再びコンクリート蓋水路となる。(06.6.25)
地点、戸田駅近く。コンクリート蓋水路だが、この辺りは立ち入り禁止になっている。(06.6.25)
地点、東 (正面) から支流が合流する。左から合流しているのが本流。(06.6.25)
地点、埼京線、新幹線の高架下から上流側と下流側。ようやく暗渠から外へ出る。(06.6.25)
地点から上流側。水質は最悪。ヘドロが溜まり悪臭を放っている。(06.6.25)
地点から上流側。(左) 右岸に比較的大きな支流が合流する。本流 (右) に比べて明らかに水質が良い。ここも笹目川や菖蒲川同様、06年7月9日より荒川から水を引いて浄化のために放流しているのだ。流量は0.1m3/sと少ない。*3。(06.9.3)

*3 国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所 (http://www.ara.go.jp/) による。
地点、支流を追ってみよう。少し上ったところでコンクリート蓋水路になってしまった。(06.9.3)
地点、ここで水路は直角に曲がって北へ向かい、北戸田駅近くで文蔵川支流に繋がっているようだ。水面が見えないので分からないが、荒川からの水が放流されているのは恐らくこの辺りだろう。(06.9.3)

06.6.25

96.3.23
地点、二枚橋から上流側。比較的近年、改修が行われた。
同じく地点、二枚橋。この橋の欄干には上戸田排水路の表記があったが、老朽化のため架け替えが行われている。(右) ここから下流は本格的な川らしい護岸の流路になる。(06.10.9)
地点、オリンピック通りから上流側。(06.6.25)
地点、河口。菖蒲川との合流。(06.6.25)

※菖蒲川はこちら
74年撮影の上戸田川下流。住宅密度こそ今と違うが、川そのものは当時から基本的に変わっていない。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/


以上。

1/1 戻る