☆パスティーシュノベル「豹頭王の花嫁」シリーズ☆

舞台設定としては、原作の『豹頭王の花嫁』直後の時代です。
原作の主要キャラで、このシリーズで(生存しているとわかるように)出てくるのは、グイン、リンダ、スニ、レムス、オクタヴィアのみです。
他のキャラは、出てこないからと言って、死んでいるとは限りません(^^;)。
グインはケイロニア王のままです。
リンダは《豹頭王の花嫁》ですが、名誉職だと思ってください。また、リンダは、戦場で看護士として働いていた経験もあります。
シルヴィアは生存していますが、精神を病んで幽閉されています。そして、都合の悪いことは忘れ、自分だけを愛してくれる白馬の王子様が現れるのを、ただひたすらに待っています。

2008年12月14日をもって、このシリーズは休止です。

 
プロローグ『断章 豹頭王の花嫁』
エピソード『夢のあと』
第1話『銀色の髪の乙女』
第2話『勝利の翼』
第3話『哀しき蜃気楼』
第4話『スミレ谷の戦』
第5話『回り道』
第6話『三人の旅人』
第7話『ガトウーの村』
第8話『光の共鳴』
第9話『哀しき咆哮』

第10話『月影の騎士』

第11話『心の闇』
第12話『小さな友達』
第13話『匠の業』
第14話『月影の争い』
第15話『邂逅』
第16話『鬼化』
第17話『憂いの月』
第18話『追憶の月』
第19話『無慈悲な月』
第20話『月影のワルツ』
第20話『月影のワルツ G&Gver.』
第21話『月の都』
第22話『月の王』
第23話(番外編)『月の真実』
 
第24話『セリカ編1−プロローグ−』
第25話『セリカ編2』
第26話『セリカ編3』
第27話『セリカ編4』
第28話『セリカ編5』
第29話『セリカ編6』
第30話『セリカ編7』
第31話『セリカ編8』

第32話『セリカ編9

第33話『セリカ編10
第34話『セリカ編11
第35話『セリカ編12
第36話『セリカ編13
第37話『セリカ編14
第38話『セリカ編15
第39話『セリカ編16
第40話『セリカ編17
第41話『セリカ編18
第42話『セリカ編19
第43話『セリカ編20
第44話『セリカ編21
第45話『セリカ編22
第46話『セリカ編23
第47話『セリカ編24
第48話『セリカ編25』
第48話『セリカ編26』
第49話『セリカ編27』

第50話『セリカ編28』

第51話『セリカ編29―エピローグ1―』
第52話『セリカ編30―エピローグ2―』

グインギャラリーのページに進む
ヨナギャラリーに進む
パスティーシュノベルに進む
パスティーシュノベル「幸せなる家庭」シリーズに進む

パスティーシュノベル「策謀の都」シリーズに進む

<HOME>