チェンマイの旅
(平成19年1月20日〜27日)

20日の夜遅くに家を出て21日早朝の関空からタイ国際航空で5時間半ぐらい乗り
バンコクへ、チェンマイ行きに乗り換え1時間10分で着きました。日本との時差は2時間
タイは今回で3回目です!バンコクの空港が去年の暮れから新空港に変わりすごく
広くなりました。個人旅行だったのでゆっくりいろんな所を回ることができました。
撮った分の一部ですが見て下さいね!





21日バンコク空港(スワンナプーム空港)に5時50分に到着
これから長い歩く歩道でチェンマイ行きに乗り継ぎです。朝の気温は27度!

 
               広い搭乗待合室

半日観光で行ったワット スワンドウ  ワット=寺 スワンドウ=花園

ワット・プラタート・ドイステープ Wat Pra ThatDoiSutep
市内から15km、標高1676mのステープ山の山頂1080mにある。
チェンマイでも重要な寺院のひとつです
 
ここから348段の階段を上がって行く  子供と一緒に写真を撮ると10バーツをあげる(日本円で33円ぐらい)
 
5日間連泊したチェンマイプラザホテル 日本語のわかるスタッフがいてホッとする
 
2日目 エレファントトレッキングに

1時間ほど像に乗って山を歩いたりいろいろなショーを見せてくれた

メーリム・オーキッドバタフライ ファーム(蘭園)
 
タイ全土で1000種類の蘭があると言われ、その半分がチェンマイに自生している。
園内は赤、紫、カラフルな蘭が栽培されていて、ほのかにいい香りが漂っていた
 
町の中で移動ATM機を見つける
 
ナイトバザールの様子!たくさんのお店が並んでいます。

3日目に観光した所メーサー滝

駐車場付近でいろんなお店が並んでいます
 
チェンマイで満開の桜をみました

ドイインタノン国立公園
タイ最高峰、標高2565mの山ドイインタノンを中心に、周辺が国立公園に指定されています。
ここからの展望は素晴らしい!


山頂は涼しくて長袖が必要でした

タクシー 町の中の移動に使います料金は交渉で決めます!

国際園芸博覧会(ロイヤル・フローラ・ラーチャブルック2006)
2006年11月1日から2007年1月31日まで開催されていました。
東南アジア最大規模を誇って熱帯に生息する植物や花が展示されています。
園内は広くて1日で回れそうにありませんでした。日本庭園もありました

 
園内を走っている電動バス 料金 30バーツ

ロイヤルパビリオンの内部
 
 
オランダ庭園           国王の混合農業

たくさんのトウモロコシで〜す!

ターペー門
街を四角に城壁が囲み、旧市街は城壁に囲まれた中にありますが
現在は城壁の外側にビン川側がメインストリートとなっています
 
日本人経営のお店でうどんとお寿司が食べれましたo(*⌒д⌒*)o
 
ホテルの朝食でのくだもの       ツアーで食べたチャーハン

チェンマイではメータータクシーが少ないのでソンテオを使い先に乗っている
お客さんの行く方向に行きます。運転手に「どこどこへ行きたい」と言えば
行く方向が同じであれば乗せてくれます。違う場合は又他のソンテオを捕まえます。

 



6泊7日の旅もあっと言う間に終わってしまいました。いつもチェンマイでの朝の気温は24度ぐらいで
湿気がないのでひんやりしていました。昼間は30度ぐらいになるのですが1月〜3月ぐらいは乾季で
湿気が少ないのでベトベトに汗はかきませんでした。着いた日からいろんなツアーに出かけ後の2日間は
タイ式マッサージに行ったり、1時間 150バーツでタクシーを利用してデパートにも行きました。夜はナイトバザールの所で
食事をして楽しい1週間でした。ただ言葉の面だけが・・英語も話せないので旅の指差し会話帳が役たちました。

見て頂いて有難うございました♪