直線上に配置
バナー

富士工業のレンジフード、BDE-3HE-7517 BK
モーター型番「90233661」から異音が発生。

どう考えてもベアリングが悪いようなので交換することにしました。

レンジフード全部を新品で買っても3万弱。
ネット上には図面などもあるので自分で交換もできそう。
しかし、換気扇程度のものを6〜7年で買い替える気にはならない。

モーターの新品は個人では手に入りにくいらしいが
手に入ったとしても2万くらいするらしい。
モーターの中古品が1万5千円
故障したモーターを修理して販売。
しかも故障したモーターと交換、送料は別。

ベアリングだけなら700円
これはどうにかしてベアリング交換でしょう。
しかし、不安もいっぱい。
しかも、写真付きのサイトがなかったので作りました。

同じような悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

2014年2月現在の情報です。

何かお聞きになりたい場合は気楽にメールしてください。
匿名で結構です。




おかげさまでそれなりに問い合わせをいただいております。
専門的なお答えはできませんが、わかる範囲で返信させていただきます。
運が悪いと、返信に1週間くらいかかる場合もありますので、ご了承ください。
2015年2月現在、メールは有効です


これが富士工業のレンジフード「BDE-3HE-7517 BK]です。
かなり前からうるさくなった気がしていたのですが、数日前から「キュイーン」という音が。
買い替えも考えましたが・・・・。

ちなみに現在はこのレンジは販売してない(2014年現在)
今買うなら、「BDR-3HL-7517」らしい

次の写真で見る限り2006年製、確かこのレンジをを取り付けたのが
2006年だった気が・・・出来立てを買ったということですね
しかし、7〜8年で壊れるか普通?。


型番の最後のBKは「ブラック」ってこと。(知ってるって?)
7517の最後の7はレンジの一番上から下までが700mm
上の板(前幕板というらしい)が300mmあるか200mmしかないかの違いらしい。

フィルターを片方外してみた。
というか、フィルター掃除は毎年してたので、この中は見慣れたもの。
赤丸の部分にシロッコファンのカバーを取り付けてある蝶ねじがあるので、カバーを取り外す。


写真ではシロッコファンも外してあるが、手順としてはこちらを先にやるのがセオリー。
モーターの電源コードを抜いておこう。
手前にLANケーブルみたいな爪があるので押さえながら下に引くと簡単に外れる。


シロッコファンを外そう。
中央のねじだけで止まってる、扇風機と一緒。
ねじは普通時計と反対周りで緩むが、これは反対。
時計と同じ方向(右回り)で緩むので間違えないように。


モーターが見えてきた。
このサイトを検索してみてくれるような人ならファンの掃除くらいは定期的にやっていると思うので、ここまでは見たことがあると思うけど。

モーターを取り出すには、4か所のねじを外すだけ。
普通にプラスドライバーで緩めるだけだけど、ちょっと硬いかもしれないので慎重に、十字穴をつぶしたらホームセンターに直行ということになる。

現れました、これが問題のモーター。
軸を手で回すと、かすかにゴリゴリした感触がある。
でも、思ったほど抵抗はない。
本当にベアリングの不良なのかちょっと不安になる。

これが型番と思われる、「90233661」という文字がはっきり読み取れる。

さっそくモーターを分解、爪で圧着してあるだけ(でもこれが曲者)なので、爪を外そう。
隣に予備らしき爪があるので、最悪折れてもいいや、という気持ちでトライ。

ニッパーで結構簡単にできた。


画像が悪いが、こんな感じでニッパーで挟んで起こすようにすると簡単に外すことができた。

3か所あるので、3か所とも外そう。


実はこのピンを外すことが先だったのに気づいたのは、モーターが二つに分割されてから。

できれば樹脂製のショックレスハンマーがほしかったが無いので、普通の鉄製のハンマーで叩いて外した。

この画像ではもうピンが抜けているのだが、ハンマーで叩けるだけ叩いて、最後は適当な太さの釘で打ち抜いた。
写真のような要領で簡単に抜ける。

取り出しました、これが問題のモーター内部。
ベアリングが二つ見える。
取り外して手で回してみると、写真で右側のベアリングが明らかに抵抗があるのがわかる。
ベアリング交換で解決する可能性が高まってきた。

ベアリングの型番は6200ZZ。
鋼製シールつきボールベアリング。
外形30mm、内径10mm、厚さ9mm。

ネットで型番やサイズはある程度予測しておいたが、はっきりとした情報がないので、現物を測定してから購入することにした。

ということで、これから買いに行くんだけど・・・・。

これは、穴の開いてないほうのモーターカバーのベアリングのところにある、多分ベアリングを抑えるためのスプリング。

なくさないように・・・。

ここから長い長い3時間の旅が始まる。
実は仕事の関係で、35km離れた隣の市にはこのベアリングを売っていることはわかっていたのだが、自宅の近くにこういうものを売っているところがない、というか知らない。

Iタウンページで検索して近くの金物屋に電話してみるが「折り返し電話します」という返事だけで、取り扱っているのか個人相手に営業をしているのかすら返事がもらえない。
しかも、待っても折り返しの電話すらない。
ここで会社名を晒したいところだけれど、何の得にもならないのでやめておく。

確実なところで隣の市までドライブ。
買いたいものは、ベアリング、ギヤプーラー、グリス。
9時に出かけて、帰ってきたら12時を回っていた。

買ってきました。3時間かけて(しつこい?)
左側の塩ビの筒は新しいベアリングを軸に打ち込むのに便利かなと思って買ってきた。

ホームセンターで37円。これなら無駄にしてもいいかなと思ったが。
後で大活躍をすることになる。

グリスが210円。

塩ビ管とグリスは、ホームセンター「コーナン」で買った。

ベアリングが1個350円。

こちらは「小川商会」、残念ながらサイトはない。

合計947円。
これだけならよかったんだけど・・・。

問題のギヤプーラー、軸からベアリングとかプーリーとかギヤとかを抜くための工具、多分もう二度と使わないと思う。

これはね最初に「ナフコ」行って、1570円くらいだったので「コーナン」で見たら3500円くらい。
「小川商会」で聞いたら在庫を持ってない。

最後の頼みで「グッデイ」に行ったら1270円だったので仕方なく買った。
なくても出来そうだったけど、自分で交換しなければもっと費用が掛かると自分に言い聞かせ、泣く泣く(?)買って帰った。

実際に交換するベアリングよりこっちのが高い。

念のため拡大写真。
6200ZZ、これが二ついる。
ネットでも売っているし、ネットだと1個200円くらいで買える。

ついでに上のギヤプーラーもネットだともっと安く買える。
田舎の辛さです。

ベアリングの型番がはっきりわかってたら、先にネットでベアリングとギアプーラー買ってたかも?
でも、送料考えると微妙???

ネットで検索すると、ホームセンターなどでも売ってるらしいが、悲しいことに私が回ったホームセンターに売ってない。
これも田舎の宿命か。
こういう時って、ある程度の都会に住んでると便利だなと思うね。

せっかくなのでシロッコファンの大掃除、マジックリンをたっぷり吹きかけて、ベアリング交換の間放置。

こんなことで簡単に汚れが落ちればよいけど、結局最後は金属たわしと歯ブラシのお世話になります。

シロッコファンは汚れると極端に効率が落ちるので、この際徹底的に掃除しましょう。

いよいよ、ギヤプーラーの出番です。
CRCなどをたっぷりスプレーして、写真のように取り付けます。

雑然としたところで作業しているのがばれちゃいましたね。

こんな感じで上のボルトを締めていきます。

もうチョイ拡大。
Eリングにかからないように。
ゆっくりとねじ込んでいくと、いとも簡単にベアリングが外せます。

反対側も同じ。

ギアプーラーの使用時間5分程度。
これで1270円。
道具って偉大だなと思う。

知り合いの自動車整備工場とか鉄工所なんかで借りれたらGood!。

簡単に抜けてしまった。
相変わらず雑然としたところで作業しているのがばれてしまった。
キヤプーラーの役目はもう終わり。
お疲れ様でした、キチンと箱に入れて片付けました。
次に日の目を見ることがあるのか?

写真でわかりにくいが、やはり右側のベアリングが悪かったようだ。

こんな感じ、でもこの後きれいに掃除してスプレーオイル(CRC)を吹き付けたら大丈夫だった気が?
まあ、1個350円なんでこの際交換しておいてよかったかな?

と、自分に言い聞かせ(苦笑)

軸についている輪っかのようなものは「Eリング」、ベアリングの位置を決めるものなので大切。
これを壊してしまうと、また35km走る羽目になるかも?

ホームセンターとか金物屋に売っててもよいくらいメジャーな部品なんだけど、一般個人が買うものでもないしね。


いよいよ、新しいベアリングを装着します。
ここで37円の塩ビ管が威力を発揮。
軸が10mm、塩ビ管の内径が13mmくらい。
こうやって叩き込んだが、この塩ビ管がなかったら結構大変だったかも。

もう一つのベアリングは机の上において上から軸を叩けば簡単に入れることができる。
垂直に入れるのだけ気を付けたらね。

Eリングに当たるまで慎重に叩くこと。
Eリングに当たっているのにそれ以上叩くと、Eリングもベアリングも壊してしまうかも。

それほど神経質にはならなくてよいけどね。

モーターの中を覗き込むと、何やらかすのようなものがこびりついている。
いらなくなった歯ブラシで、ごしごしこすってきれいにした。

で、やっていいのかどうかわからなかったがグリスを薄く塗布。
やってよかったかな?
自己責任でお願いします。

ベアリングを無事取り付けたら、ベアリングにグリスを付けて組み込む。
シールタイプのベアリングだから単純に自己満足の世界と思うけど。
せっかくだから思い切り自己満足しましょう。

最初に外した通りに組み込んだら爪を元に戻す。
リング状のスプリングを忘れずに入れてね。

爪が予備のようなものが隣にあるのでこれも使おうかなと思ったがどうにか大丈夫そうだったので、予備は残しておくことにした。

6年後にまたベアリング交換するかもしれないから。
(その時は3万で新品に交換すると思うけど)

これなんだろうと思ったら、電源コードのカバーね。
組み付けた後に、写真の向きで「パチッ」と入るのでこれも忘れずに取り付けましょう。

最初に苦労した割ピンもきちんと挿入。
少しくらい左右が違ってもお構いなし。
ここが素人の怖いところだけどね。

でも、プロのほうが結構大胆ですよ。

完成、手で軸を回してもいい感じ。
交換しなくても良いかなと思っていた自分が恥ずかしいくらいスムーズに回る。

これを組み付けたら終わり、もうひと頑張りですね。

ちょっと怖かったけど電源だけつないで試運転。
「ウォーッ」回った!!。(当たり前?)

でも、手で持ってて結構振動してる。
大丈夫かいな?????。

組み付けは最初と逆の手順です。
モーター取り付けて、電源をつけましょう。

本当はファンを先につけたほうが安全と思いますが。

こういうちょっとしたことをきちんとしましょう。
電源コードが束ねられていたので、これもきちんと元通り。
長かった修理もほとんど終わりです。

試運転、もう感動ものです。
風切音しかしない。

自分でやった達成感とか、安く仕上がった満足感とか。
でも、5時間くらいかかかって修理したけど、3時間は買い物?
結局実際の修理は2時間くらい?

これを見てチャレンジする方は、ぜひ必要なものは事前にそろえておきましょう。

購入費947+1270=2217円
ガソリン代、推定700円
高速代金150円(帰りは力尽きたので一区間高速乗りました)
軽四なんで、通常料金200円の所、平日昼間割引で150円。
で・・、3067円
満足感はプライスレスということで、よい一日でした。

余談ですが、2014年4月から高速料金が消費税で変わる。
ついでに、現在50円単位なのが、10円単位。
しかも、通勤割引が実質なくなる。
マイレージ登録して、月に10回以上走ったら50パーセント分がマイレージポイントとして還元。
つまり割引じゃなくてポイントで還元?
みなさんご注意あれ

直線上に配置