I理論系試論:主導史から見た次世代の配合

はじめに:本稿はI理論(数ある血統理論のひとつ。故五十嵐良治氏が提唱)で言う所の〈主導〉を巡る通史的考察です。I理論に通じておられない方も多いと思われますが、とりあえず「主導とは、ある馬の血統の中で自身の父・祖父や母父…などとともに(すなわち〈系列ぐるみ〉で)複数存在してクロスとなり、血統構成の根幹を成す存在のことだ」とだけご理解いただければ、本稿をお読みいただく上で特に支障はないものと存じます。<(_ _)>
 これまで折に触れて〈次世代の主導〉について言及して参りましたが、そこの所を少し俯瞰しておく必要があるのではないかと考えたので、今日はその話です。

 そもそも次世代の主導なんて必要なのか、Nasrullah も Almahmoud も Northern Dancer も Bold Ruler も、自身の血統構成が大したことが無いんだからクロスはさせない方がいいに決まっている、こうお考えになる方だっていらっしゃるかもしれません(何しろメジロドーベルがオークスを勝った頃までの私自身がそうでした。A(^^; )。
※ 実はそういう考え方は「アウトブリードこそ本当の優れた配合だ」という現代特有の血統観と密接な関係にあるのでは? というのが本稿の隠れテーマだったりします。
 ではまず論考の材料として、下のオリジナル年表をご覧下さい(表記の上では多少簡略化してあります。それでも結合確認なんかに使えたりして便利かも!? 抜け落ちている部分(特に実例)や誤りは、1頭でも結構ですのでどうかフォローをお願い致します)。
====================================《 主導年表 》====================================
クロス馬名   生年    内包する血                          [主導として用いた例(生年)    
 ( )は主導になりにくいことを示す                          および その中でのクロス位置]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Newminster   1848 → Touchstone                          [Sundridge     (1898)  4*4x5]
Stockwell      49 → Pocahontas        [Cyllene (1895)  4x4,  Rock Sand (1900)  4*4x4,
 = Rataplan    50                                     Hurry On (1913) 5*6*6x5*6*6*6*6]
King Tom       51 → Pocahontas                                                       
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Hermit       1864 → Newminster        [Lady Josephine(1912) 4x5, 月城('32) 5x5*6*7*8]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Hampton      1872 → Newminster/Rataplan(=Stockwell)    [Solario       ('22)     4x4]
Galopin        72                                        [Bull Dog      ('27) 5*6*6x4]
Isonomy        75 → Stockwell     [Blandford('19) 4x4・5, Princequillo('40) 6*7x5*6*7]
Bend Or        77 → Stockwell                           [Donatello     ('34)   6*6x4]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
St.Simon     1881 → Galopin / King Tom      [Hyperion('30) 4x3, Nearco('35) 4*5x4*5,
         Djebel('37) 5*6x7*7, Princequillo('40) 5*8x5*6*6, Dante('42) 5*5*6*6*8x5*6*6]
Sainfoin       87 → Stockwell                           [Fair Trial    ('32)     4x4]
Orme           89 → Angelica(=St.Simon) / Bend Or                                   
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
St.Frusquin  1893 → St.Simon                            [クリフジ=年藤  ('40)   4x5]
Persimmon      93 → St.Simon/Hampton    [Ribot('52) 5x7*8, Native Dancer('50) 5*8x7]
Bay Ronald     93 → Hampton / Galopin                  [Abernant      ('46)   5*6x5]
Canterbury Pilgrim 93f → Hermit / Stockwell            [Tudor Minstrel('44)   5*6x4]
Cyllene        95 → Bend Or / Isonomy / Hermit                                     
Sundridge      98 → Sierra(=Sainfoin) / Hermit                                      
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Rabelais     1900 → St.Simon / Isonomy / Stockwell    [Nashua        ('52)     5x6]
Chaucer        00 → St.Simon / Canterbury Pilgrim      [Nearctic      ('54)     3x4]
Rock Sand      00 → Sainfoin / St.Simon                [Kelso         ('57)   5x5*6]
Polymelus      02 → Cyllene / Hampton                  [Swaps         ('52)     5x4]
Orby           04 → Orme                                                             
Fair Play      05 → Bend Or / Hermit                                                
Bayardo        06 → Bay Ronald / Galopin / Isonomy    [*ガルカドール ('47)     4x4]
Tracery        09 → Rock Sand / Orme                                                
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Son-in-Law    '11 → Bay Ronald                          [ハイセイコー  ('70)     4x5]
The Tetrarch   11 → Roi Herode / Bend Or                                            
Lady Josephine 12f→ Sundridge / Isonomy                                             
Phalaris       13 → Polymelus/St.Simon  [Northen Dancer('61)4x6,Sea Bird ('62)4*6x6]
Teddy          13 → Bay Ronald / Orme / Bend Or       [Alydar        ('75) 4x6*6*7]
Hurry On       13 → Sainfoin                            [Sassafras     ('67)   3x5*5]
Gay Crusader   14 → Bayardo                             [Mill Reef     ('68)     6x5]
Gainsborough   15 → Bayardo / St.Frusquin / Bend Or   [ベルワイド    ('68)     4x5]
Man o'War      17 → Fair Play / Rock Sand              [Affirmed      ('75)     6x5]
Ksar           18 → Ominium                           [キームスビィミー('66) 5x5*5*6]
Blandford      19 → Canterbury Pilgrim / Isonomy       [コダマ        ('57)     4x3]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Pharos        '20 → Phalaris / Chaucer                 [テンポイント    ('73) 5*5x6,
 = Fairway     25                        Danzig('77) 4x5, シンボリルドルフ('81) 4x5*6]
Sickle         24 → Phalaris / Chaucer                 [Nijinsky        ('67)   6x4,
 = Pharamond   25       エイシンワシントン('91) 5*6x5,サイレンススズカ('94) 5x7*7*8*8]
Sir Gallahad   20 → Teddy / Spearmint / St.Simon      [Fappiano    ('77) 5*7x5*6*6,
 = Bull Dog    27    *ブライアンズタイム('85) 6*6*8x6, Holy Bull('91) 6*7*7x7*7*8*8*8]
(Mumtaz Mahal) 21f→ The Tetrarch / Lady Josephine                                   
Solario        22 → Gainsborough / Sundridge [トウコン('58)3x4,タニノチカラ('69)4x5]
(Blue Larkspur)26 → Bend Or                                                          
Blenheim       27 → Blandford       [Nishapour   ('75) 5x5, Shaamit  ('93)   5*6x7*8]
Tourbillon     28 → Rebelais        [Far Out East('77) 5x4, Antespend('93) 6*7x5*6*7]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Hyperion      '30 → Gainsborough / Chaucer             [トウショウボーイ  ('73) 3x4,
     *トニービン('83) 5x3*5,タマモクロス('84) 6x5*5,チョウカイリョウガ('96) 6*7x5*6*8]
Umidwar        31 → Blandford                           [Darshaan          ('81) 5x4]
(Discovery)    31 → Fair Play                                                        
Fair Trial     32 → Fairway/Son-in-Law/Lady Josephine [*キャロルハウス   ('85) 4x5]
Mahmoud        33 → Blenheim / Gainsborough / MM      [*サンデーサイレンス('86)4x5]
War Admiral    34 → Man o'War/Sweep [Personal Ensign('84) 5*6*7x4, Sea Hero('90)4x4]
Donatello      34 → Blenheim / Clarissimus             [ダテハクタカ      ('66) 4x4]
Nearco         35 → Pharos/Rabelais/Spearmint         [Three Troikas   ('76) 4x4*6,
    Theatrical('82) 4*6x5*6,ビワハヤヒデ('90) 6*6*6x4*6,ナリタブライアン('91) 6*6x4*6]
Menow          35 → Pharamond/RoiHerode [マルゼンスキー('74) 4x4,*ラムタラ('92) 4x5]
Bull Lea       35 → Bull Dog            [ライスシャワー('89) 5x6,TabascoCat('91) 6x5]
Blue Peter     36 → Fairway / The Tetrarch             [アイネスフウジン  ('87) 5x5]
Djebel         37 → Tourbillon/Teddy [*アカマス('75)5x4,*ドクターデヴィアス('89)5x6]
Roman          37 → Bull Dog / Buchan                  [ナリタタイシン    ('90) 5x5]
Alibhai        38 → Hyperion / Tracery [*ベゴニア('83) 5x4, ナリタタイシン('90) 5x5]
Owen Tudor     38 → Hyperion / Pharos / Teddy         [ヤマニンゼファー  ('88) 5x6]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
(Princequillo)'40 → Gay Crusader / Persimmon           [ウインドフィールズ('91) 4x5]
Nasrullah      40 → Nearco/Blenheim/Mumtaz Mahal      [オグリキャップ    ('85) 4x5]
(Wild Risk)    40 → Rabelais / Blandford               [テイエムジャンボ  ('91) 4x4]
Rockefella     41 → Hyperion / Spearmint               [ルイジアナピット  ('85) 4x4]
Dante          42 → Nearco / Bay Ronald                [To-Agori-Mou      ('78) 4x4]
Royal Charger  42 → Nearco / Solario / Blenheim / MM [スルーオグリーン  ('94) 6x5]
Court Martial  42 → Fair Trial/Hurry On/Gainsborough  [*ホワイトマズル   ('90) 4x6]
Khaled         43 → Hyperion / The Tetrarch            [フジキセキ        ('92) 6x6]
Abernant       46 → Owen Tudor / Son-in-Law / Mumtaz Mahal                         
Almahmoud      47f→ Mahmoud / Fair Play / Spearmint   [バブルガムフェロー('93) 4x5]
Grey Sovereign 48 → Nasrullah                           [セイウンスカイ    ('95) 5x5]
Tom Fool       49 → Menow / Bull Dog                   [プリモディーネ    ('96) 4x5]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
(NativeDancer)'50 → Sickle / Discovery                                              
Princely Gift  51 → Nasrullah / Blue Peter             [アイシャルテイオー('93) 4x4]
Turn-to        51 → Royal Charger/Spearmint/Swynford  [King of Kings     ('95) 5x4]
Nashua         52 → Nasrullah / Sir Gallahad           [Intikhab          ('94) 4x5]
Hornbeam       53 → Hyperion/Nasrullah/Bois Roussel   [カシマアルデル    ('96) 3x4]
Bold Ruler     54 → Nasrullah / Discovery              [A.P.Indy          ('89) 4x3]
Red God        54 → Nasrullah / Menow / Bull Dog                                   
Nearctic       54 → Nearco / Hyperion / Tracery       [ヒシアマゾン      ('91) 4x3]
Hail to Reason 58 → Turn-to/BlueLarkspur/SirGallahad/Man o'War [St.Covet('91) 5x4]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Never Bend    '60 → Nasrullah/Djebel/Teddy/Blue Larkspur                          
                                             [*シャンハイ('89) 4x3, Sendawar('96) 5x5]
Northern Dancer61 → Nearctic / Native Dancer / Almahmoud  [Hedonist      ('95) 4x5]
Buckpasser     63 → Tom Fool / War Admiral / Blue Larkspur                         
*テスコボーイ  63 → Princely Gift / Hyperion / Hurry On                            
Nijinsky       67 → Northern Dancer / Bull Lea / Blue Larkspur / Menow            
Mill Reef      68 → Never Bend / Princequillo / Hyperion                           
Riverman       69 → Never Bend / Princequillo / Roman [オリオンザサンクス('96) 3x3]
-------------- -- -- ----------------------------------- -----------------------------
Secretariat   '70 → Bold Ruler / Princequillo                                       
Mr. Prospector 70 → Native Dancer / Nashua / Bull Dog [プライムチェアー  ('95) 3x3]
============================================ 1998/10/21作成 == 1999/10/25,11/28改訂 ==
 この表からはまず、名馬が仔を残し、それら同士が時代を経て子孫の血統表の中で出会って(=クロスして)主導になり、やがて主導の中に含まれていく、という一連の螺旋運動が繰り返されているのがわかります。
 また、同一行の左右に配置された馬の生年を比較していただければおわかりのように、ある種牡馬が生まれてから、子孫の中で4〜6代目に位置し主導を形成するようになるまでには、およそ半世紀、50年の時間がかかるようです。

 もちろん、中には Alydar、シンボリルドルフ、Holy Bull、サイレンススズカなど、見事なアウトブリードによって50年以上前の祖先を呼び覚ますことに成功した馬もいますし、逆に Blandford、トウショウボーイ、マルゼンスキー、オグリキャップなど、世代の更新が早いために先進的な〈次世代の主導〉を実現した馬もいます。

 このペースで順調に進めば、90年代は1940年代産の名馬たちを主導とする配合が多数表れてくるはずでした。ところが、現代私たちが目にする競走馬の多く、特に名馬(名血)と呼ばれる馬に限っては、なぜかまだ1920-30年代生まれの名馬たちを主導としているものが多い様に感じます。

 Nijinsky が切り開いたのと同じ地点で、いまだにサイレンススズカ(実質異系交配)のような馬が出てくる、つまりこの傾向は実にここ30年間近くも続いているのです。
 これは一体なぜか?

 吉沢譲治氏は『競馬の血統学』で「現代はアウトブリード全盛の時代」と書かれていますが、これを主導史的に読めば「近い代のインブリードを試みても、それが系列ぐるみになれず、マトモな機能を果たさない場合が多いので、結局アウトブリードの方が優れた血統構成を作りやすいからこその現象だ」と説明することができます。

 つまり現代は、主導となるクロス馬の生年代が、20−30と来て40年代に「バトンタッチ」されようとしている → が、血の拡散によってそれが思うように行かない → そこで自然と主導の位置が5代以降へと後退してきた、という状況なのではないでしょうか。
 だとすると、最近の見慣れない主導の台頭は、「血統のインブリード化」と密接に関連するものだ(すなわち、血統構成の変化が減速から加速に転じた証だ)とも考えられます。それだけに、この傾向を一時の流行と片付けることは慎まねばなりません。


 では次に、次世代の主導について考察してみたいと思います。本稿では、すでに多くが語られている20-30年代生のクロス馬に関してはさておき、40年代の項から見て行くことにしましょう。


40年代生のクロス馬:先駆け、そして連合形態

 最初にバトンタッチが進んだのは、やはり Nasrullah−Nearco のラインでした。象徴的なのは Conquistador Cielo(1979)。続いて日本でも、サクラスターオー(1984)や オグリキャップ(1985)といった Nasrullah 主導の優秀な配合馬が次々と登場します。
 以来、犬も歩けば…というぐらい Nasrullah 主導は定着したのですが、なかなか同年代の他の主導は登場しませんでした。

 2番手は意外な所から現れます。蔓延した Northern Dancer の存在を活かした Almahmoud がそうです(例:Halo を含む サンデーサイレンス や Devil's Bag、Rahy などの産駒)。
 牝馬が主導となるのは珍しいことで、Pocahontas や Lady Josephine、Mumtaz Mahal ですら、これほど頻繁に明確な主導を形成することはありませんでした。
 充分な支援があることが条件ですが、Halo と Northern Dancer のニックはそろそろきちんと認めるべきでしょう。

 次世代主導のツートップである Nasrullah と Almahmoud は、自身の血統構成が優れているとは言えないことから、IK血統研究所などでは評価が低いようですが、明確で力強い主導を形成することができるというのは、もちろん(特に現代では)重要な長所です。

 しかしながら、ひとつのクロス馬だけにこだわらない方法もあります。

 この時代の馬は Nearco−Pharos(= Fairway)、Hyperion−Gainsborough、Teddy といった大種牡馬の影響から、かなり血の構成が似通っています。これを利用したのが(比較的遠い位置の)多重クロスによる連合形態です。Alibhai:5x5、Roman:5x5、Nearco:5*5x6 を併せ持つナリタタイシンなどはその典型だと言えます。

 これと似た状況はかつてもありました。近代競馬初期の Stockwell の飽和に続く時期、そして St.Simon で溢れかえった1890-1900年代です。Ribot や Secretariat はこの時期のクロスを活かすために、必然的に連合形態をとったのだと言えるかもしれません。


50年代生のクロス馬:ポスト・ナスルーラ

 50年代のクロス馬の中では、Nasrullah の直仔(日本では特に Princely Gift、アメリカでは Bold Ruler)の存在が大きく、その他ではクロスになる機会さえほとんど無いというのが実態です。
 例外として Nearctic がいるのですが、こちらは Northern Dancer 内のものがほとんどなので、大抵は Nortern Dancer だけが浮いた状態(I理論で言う〈中間断絶〉)になってしまいます。

 50年代の名馬を主導とした配合は、90年代になってようやく登場してきます。初期の例を見ると、まだ位置が近くクロスが強すぎる傾向が見受けられます(いわゆる「完全異系交配」は、5x5で分ける考え方ですが、私の場合は、単独のクロスで 4x4(血量12.5%) 以上の配合を近親度が高いと見なしています)。

A.P.Indy(1989) :Bold Ruler 4x3  クロフネミステリー(1990):Nearctic 3x3
シャンハイ(1989):Never Bend 4x3  ヒシアマゾン(1991)   :Nearctic 4x3
 あと数年もすればこれらの位置も落ち着くでしょうから、優れた配合が登場する可能性は充分にあると考えます。

 例えば、アフリートxマルゼンスキー牝馬 → Tom Fool主導
   サクラバクシンオーxファバージ牝馬 → Princely Gift主導
という具合に、割と簡単に実現しますので、こういう配合がますます増えてくることは間違いないでしょう。
※ 補足:実際本稿の執筆から一年の間に、Tom Fool 主導のプリモディーネが桜花賞を、欧州では Never Bend 主導の Sendawar が3つのマイルG1を制して、本論を具現化しています。

60年代生のクロス馬:ノーザンダンサーのライバルは?

 60年代のクロス馬が主導になる(というより、ならざるを得なくなる)のはおそらく2010年代のことなので、それまでに流行の血が大きく変わる可能性もあるのですが、現時点では60年代のクロス馬が主導になるのは他にも増して難しいと考えざるを得ません。表に挙げた実例も、まだごく例外的なものと考えた方が良さそうです。
 唯一有意な増加を見せているのは、デビュー戦を圧勝したハイパーキッド(1996 牡 黒鹿 by *フォティテン)など、Northern Dancer を主導に据えた配合馬でしょう。このタイプの困難が「ND自体は溢れているのに Nearctic が足りない」というものだったのに対し、他の次世代主導候補は、それ自体の量がまだ絶対的に不足しているため、定着するのは一層難しそうです。

 例えば、Backpasser 主導の血統構成なんて想像するだけでワクワクしますが、相当狙って配合を行わないといけませんよね。それでも Princequillo や Native Dancer よりは可能性があるように思います。
 Nasrullah の孫の中では Never Bend や Secretariat、日本限定でテスコボーイなどが有力でしょうか。
 ひょっとすると Royal Charger系の発展で、Hail to Reason が系列ぐるみになるなどという事態さえあるかもしれません(1997年生まれのマル外 Vettori×Atlantic Blue(Nureyev)はその最初期の例かもしれません)。

 私は「数の上では Northern Dancer 主導が爆発的に増えていくのでは」という仮説を立てていますが、いずれにせよまだ情勢は予断を許さないという感じです。

 次世代の主導のメリットとして、「近い世代で大胆にリードできる」という点に加えてもうひとつ、「多種のクロス馬を統合できる」点があることは、上の年表から主導の歴史を振り返れば、明らかでしょう。50-60年代のクロス馬にはそういう意味があると言えます。
 とりわけ、孤立しがちな米血を取り込む必要性は、今後ますます増大するはずです。これが主導の主導権争い(!?)の鍵になるかもしれません。


 最後に……クロス馬から見る血統史は、血統論の中にあってもさほど一般的なものではないでしょう。しかし、否、だからこそ、本稿のごときやこれを踏み台とした議論は、血統に対する新たなパースペクティヴにつながってゆくものだと私は考えます。建設的/破壊的なご意見・ご批判をお待ちしております。

1998/10/21 ― ( Revised on 1999/10/25,11/28 )


 本項は当サイト中最古の文章です。I理論に対する最近の管理人の見解については、みなさまと激論を交わした 掲示板 2000年3月下旬のログ をご参照ください。

2000/09/11


目次へトップへ戻る