日本におけるブサック血脈の受容と展開


種子は風に乗って荒地に落ちた

 フランスの大生産者マルセル・ブサック Marcel Boussac 氏は、その栄光に翳りが見え始めた1960年代になって、大量に抱えていた独自の(ダイナミックな近交が施された)血脈を放出するようになりました。そしてそれらの馬の行方の中には、すでに輸入大国となりつつあった日本も含まれていたのです。繁殖牝馬二十余頭、種牡馬もその1/4ほどが、直接ないし間接的に日本に入っています。

 しかし、それらのほとんどは、ブサックの配合意図などに注意を払わぬまま交配され、その血を薄めて行きます。あるいはむしろ「ブサックは近交の過多で失敗した」という定説(=ドグマ、と言っていいのかもしれませんね、最近は (^^;;)こそが、日本の生産者に近交を躊躇させたのかもしれません。いずれにせよ、結果としてブサック血統のほとんどは歴史の闇に退いてしまったのです。

 こうした経緯を嘆いて、血統研究の大家・笠雄二郎氏は「何という認識の低さであったか。それは今では日本のファミリーテーブルの中で単なる活字のインクになってしまった」「この牝系の底力を知る者にとって栄華の屈辱の末路は認識の欠如という正視できない情況でしかないのである」と記されています。

 とはいえ、それらの中にも何頭か、ブサックの血脈を効果的に用いた配合馬はいました。
 1972年春の天皇賞1・2着馬ベルワイドとキームスビィミーは、ブサック血脈が蓄えたテンションを一気に解放することで大きな活力を得たわけですが、同じパターンに阪神牝馬特別を3着したカシュウミドリがいました。彼女はその勢いを息子カシュウチカラへ伝えます。

カシュウチカラ 1973 牡 鹿 / FNo.4-n / Hyperion系 ― 天皇賞、AJCC、目黒記念(2回) 他
*カバーラップ二世
1952 黒鹿
Cover Up
1943 黒鹿
Alibhai
1938
Hyperion
1930
Gainsborough Bayardo
Selene Chaucer
Teresina
1920
Tracery Rock Sand
Blue Tit Wildfowler
Bel Amour
1937 黒鹿
Beau Pere
1927 黒鹿
Son-in-Law Dark Ronald
Cinna Polymelus
Love Set
1932
Captain Bunsby Captain Cuttle
Duck's Egg Absurd
Betty Martin
1948 鹿
Hollyrood
1933 鹿
High Cloud
1916 鹿
Ultimus Commando
Umbra Ben Brush
Mandy Hamilton
1913 鹿
John o'Gaunt Isinglass
My Sweetheart Galeazzo
Rhoda F.
1942 鹿
Rhodes Scholar
1933 鹿
Pharos Phalaris
Book Law Buchan
Notebook
1930 鹿
Chicle Spearmint
Flyleaf Broomstick
カシュウミドリ
1967 鹿
トサミドリ
1946 鹿
*プリメロ
Primero
1931 鹿
Blandford
1919 黒鹿
Swynford John o'Gaunt
Blanche White Eagle
Athasi
1917 鹿
Farasi Desmond
Athgreany Galloping Simon
*フリッパンシー
Flippancy
1924 黒鹿
Flamboyant
1918 鹿
Tracery Rock Sand
Simonath St. Simon
Slip
1909 黒鹿
Robert le Diable Ayrshire
Snip Donovan
*デイスタ
Dhysta
1958 鹿
Auriban
1949 黒鹿
Pharis
1936 黒鹿
Pharos Phalaris
Carissima Clarissimus
Arriba
1942 鹿
Tourbillon Ksar
Orlanda Craig an Eran
Druda
1947
Djebel
1937 鹿
Tourbillon Ksar
Loika Gay Crusader
Cinderella
1943 鹿
Tourbillon Ksar
Thaouka Asterus
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 TTG中最良のステイヤー、グリーングラスをすら凌ぐこの馬のスタミナは、ファロス Pharos、ゲインズバラ Gainsborough といったブサック流のクロスを作りつつ、祖母でとことん凝縮したトゥルビヨン Tourbillon を離れジョンオゴーント John o'Gaunt やトレーサリー Tracery などのスタミナ要素にシフトすることで生まれたといえるでしょう。

 一方で、逆にブサックが残した血脈同士を再び出会わせる(クロスする)ことで、より積極的に成功を目指したのが、例のベルワイド&キームスビィミーの天皇賞で3番人気だったフィドールです。

フィドール 1968 牡 黒鹿 / FNo.12-f / Nearco系 ― 大阪杯、鳴尾記念、シンザン記念 他
*フィダルゴ
Fidalgo
1956 鹿
Arctic Star
1942 黒鹿
Nearco
1935 黒鹿
Pharos
1920 黒鹿
Phalaris Polymelus
Scapa Flow Chaucer
Nogara
1928 鹿
Havresac Rabelais
Catnip Spearmint
Serena
1929 鹿
Winalot
1921 黒鹿
Son-in-Law Dark Ronald
Gallenza Gallinule
Charmione
1922 鹿
Captivation Cyllene
Pearl of the Loch Persimmon
Miss France
1946 鹿
Jock
1936 鹿
Asterus
1923 鹿
Teddy Ajax
Astrella Verdun
Naic
1928 鹿
Gainsborough Bayardo
Only One Son o'Mine
Nafah
1940 鹿
Abjer
1933 鹿
Asterus Teddy
Zariba Sardanapale
Flower
1936 鹿
Pharos Phalaris
L'esperance Zariba
スターキャスト
1961 鹿
*ガルカドール
Galcador
1947
Djebel
1937 鹿
Tourbillon
1928 鹿
Ksar Bruleur
Durban Durbar
Loika
1926
Gay Crusader Bayardo
Coeur a Coeur Teddy
Pharyva
1936 鹿
Pharos
1920 黒鹿
Phalaris Polymelus
Scapa Flow Chaucer
Souryva
1930 鹿
Gainsborough Bayardo
L'esperance Zariba
*ダーバリー
Darbari
1946 鹿
Scottish Union
1935 黒鹿
Cameronian
1928 鹿
Pharos Phalaris
Una Cameron Gainsborough
Trustful
1924
Bachelor's Double Tredennis
Credenda Cellini
Chaser
1940 鹿
Foxhunter
1929
Foxlaw Son-in-Law
Trimestral William the Third
Blanquette
1925 黒鹿
Blandford Swynford
Barrete Radium
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 ご覧の通り、ザリバ Zariba 牝系などの重ね方に、鋭い着眼と心意気を感じる好配合ですね。さすが
藤原牧場
 シンザン記念勝馬のお約束として、スプリングS、毎日杯、ダービーと全て3着に惜敗したフィドールですが、翌年は京都金杯勝ちをはじめ大活躍、天皇賞でも人気となったのです。
 …結果は着外、残念ながらグランプリ級のレースには縁がありませんでした。


巨大な果実、パーソロン

 もっとも、欧米ではこの種の方法論はもっと確立されていました。シンボリ牧場のオーナー和田共弘氏が目を付けたのが、その内の一頭、*パーソロン Partholon です。愛英で14戦2勝と、現役時代は決して一流とは言えなかったものの、この種牡馬は後代に計り知れない影響を与えます。

*パーソロン 1960 牡 鹿 / FNo.13-c / Tourbillon系 ― 1971年・76年リーディングサイアー
Milesian
1953 鹿
My Babu
1945 鹿
Djebel
1937 鹿
Tourbillon
1928 鹿
Ksar Bruleur
Durban Durbar
Loika
1926
Gay Crusader Bayardo
Coeur a Coeur Teddy
Perfume
1938
Badruddin
1931
Blandford Swynford
Mumtaz Mahal The Tetrarch
Lavendula
1930 黒鹿
Pharos Phalaris
Sweet Lavender Swynford
Oatflake
1942 鹿
Coup de Lyon
1930
Winalot
1921 黒鹿
Son-in-Law Dark Ronald
Gallenza Gallinule
Sundry
1924
Sunstar Sundridge
Queen's Company Polymelus
Avena
1936 鹿
Blandford
1919 黒鹿
Swynford John o'Gaunt
Blanche White Eagle
Athasi
1917 鹿
Farasi Desmond
Athgreany Galloping Simon
Paleo
1953 鹿
Pharis
1936 黒鹿
Pharos
1920 黒鹿
Phalaris
1913 黒鹿
Polymelus Cyllene
Bromus Sainfoin
Scapa Flow
1914
Chaucer St. Simon
Anchora Love Wisely
Carissima
1923 鹿
Clarissimus
1913
Radium Bend Or
Quintessence St. Frusquin
Casquetts
1913 鹿
Captivation Cyllene
Cassis Morion
Calonice
1940
Abjer
1933 鹿
Asterus
1923 鹿
Teddy Ajax
Astrella Verdun
Zariba
1919 鹿
Sardanapale Prestige
St. Lucre St. Serf
Coronis
1935
Tourbillon
1928 鹿
Ksar Bruleur
Durban Durbar
Heldifann
1921
Durbar Rabelais
Banshee Irish Lad
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 群雄割拠の時代に*ネヴァービートや*テスコボーイ、*チャイナロックらと覇を競ったこの種牡馬に関しては、また別に一項を割くに値しますが、とりあえず産駒にメジロ3代天皇賞馬の初代(70年秋)メジロアサマ、71年の桜花賞馬ナスノカオリ、カネヒムロからタケフブキ(半弟
タケホープの項で解説)、ナスノチグサ、トウコウエルザまでの4年連続オークス馬、78年の日本ダービー馬サクラショウリ、そして「皇帝」シンボリルドルフと、名だたる大レースの勝馬が並ぶ点で当時随一の存在だったことは記しておく必要があるでしょう。
 また母父としても、78年の有馬記念に勝ち、年度代表馬となったカネミノブや、タマモクロスの父である「白い稲妻」シービークロス、そしてつい先日有終の美を飾ったメジロドーベル(牝馬限定G1を5勝)まで推挙に暇なく、数の上でも1000頭を優に越える馬を出しています。

 *パーソロンの大ブレイクには、あるいはひょっとしてブサックにも「有り得たかもしれない」幸福な未来を感じさせる部分があります。スピードのレディジョセフィン Lady Josephine → マムタズマハル Mumtaz Mahal を取り入れるなど、時代に即した血統の更新(ある意味でのブリードアップ)さえ上手く行けば、かの大生産者の高平的な成功はもう少し長引く余地があった、とも考えられるからです。
 # ジャージーアクトとカルメット牧場は何とも罪作りやのう…おっと、口が滑った。(^m^;

 さて、*パーソロンの成功に味をしめた日本の馬産界は、*ミステリー Mystery(愛ナショナルS他17戦4勝)、*ペール The Pale(2戦0勝)、*マイフラッシュ My Flash(未出走)と、その全兄弟までも買い漁りました。次に挙げる菊花賞馬ノースガストはその「代用品」を活かした配合馬です。

ノースガスト 1977 牡 鹿 / FNo. 22-b / Owen Tudor系           .
― 菊花賞、神戸新聞杯、阪神3歳S-2着 他
*アラナス
Aranas
1965 鹿
Right Royal
1958 黒鹿
Owen Tudor
1938 黒鹿
Hyperion
1930
Gainsborough Bayardo
Selene Chaucer
Mary Tudor
1931 鹿
Pharos Phalaris
Anna Bolena Teddy
Bastia
1951 鹿
Victrix
1934 鹿
Kantar Alcantara
Victory Swynford
Barberybush
1934
Ksar Bruleur
Pervencheres Maboul
Arbencia
1954 鹿
Arbar
1944 鹿
Djebel
1937 鹿
Tourbillon Ksar
Loika Gay Crusader
Astronomie
1932 鹿
Asterus Teddy
Likka Sardanapale
Palencia
1941 鹿
Pharis
1936 黒鹿
Pharos Phalaris
Carissima Clarissimus
Hestia
1937
Tourbillon Ksar
Sunsy Sunstar
ゲズンドハイト
1971 鹿
*ミステリー
Mystery
1959 鹿
Milesian
1953 鹿
My Babu
1945 鹿
Djebel Tourbillon
Perfume Badruddin
Oatflake
1942 鹿
Coup de Lyon Winalot
Avena Blandford
Paleo
1953 鹿
Pharis
1936 黒鹿
Pharos Phalaris
Carissima Clarissimus
Calonice
1940
Abjer Asterus
Coronis Tourbillon
スパイラル
1967 鹿
*シプリアニ
Cipriani
1958 黒鹿
Never Say Die
1951
Nasrullah Nearco
Singing Grass War Admiral
Carezza
1953 鹿
Rockefella Hyperion
Canzonetta Turkhan
サツマオー
1954 鹿
アサフジ
1943 鹿
*プリメロ Blandford
第四ウェッディングサーフ *シアンモア
キミカゲ
1941 鹿
*セフト Tetratema
第弐フリッパンシー *シアンモア
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 凡庸な種牡馬*アラナスと代用品*ミステリーを料理し切ったこの見事さには、頭が下がります。こうなるともうアーベンシア Arbencia と*ミステリー の〈疑似クロス〉、とでも読んでみたい所。

 以降、日本におけるブサック血脈の利用にはほとんど*パーソロンが絡んできます。80年代末期に現れた快速の3歳(2yo)女王シノクロスに、その典型を見ることができます。

シノクロス 1985 牝 芦 / FNo.13-c / Grey Sovereign系 ― 京成杯3歳S、3歳牝馬S(東) 他
シービークロス
1975
*フォルティノ
Fortino
1959
Grey Sovereign
1948
Nasrullah
1940 鹿
Nearco Pharos
Mumtaz Begum Blenheim
Kong
1933
Baytown Achtoi
Clang Hainault
Ranavalo
1954 鹿
Relic
1945
War Relic Man o'War
Bridal Colors Black Toney
Navarra
1948 鹿
Orsenigo Oleander
Nervesa Ortello
ズイショウ
1968
*パーソロン
Partholon
1960 鹿
Milesian
1953 鹿
My Babu Djebel
Oatflake Coup de Lyon
Paleo
1953 鹿
Pharis Pharos
Calonice Abjer
キムラス
1961
*タークスリライアンス
Turk's Reliance
1948
Turkhan Bahram
Some Anxiety Bobsleigh
*ローヤルディール
Royal Deal
1946
His Highness Hyperion
Brave Deal Bahram
シノフラワー
1979 鹿
*トキワミドル
Albens
1971
Minamoto
*ミンシオ
Mincio
1957 鹿
Relic War Relic
Merise Le Pacha
Memsahib
1933
Lord Warden Hurry On
Moiselle ???
Sigma
1961
Elopement
1951
Rockefella Hyperion
Daring Miss Felicitation
Crepina
1956
Pinza Chanteur
Crepuscule Mieuxce
アリマンフォンテン
1975 鹿
*サデシアス
Sadecias
1969 鹿
Sicambre
1948 黒鹿
Prince Bio Prince Rose
Sif Rialto
Floriana
1956
Pharis Pharos
Tourzima Tourbillon
*リスキイミス
Risky Miss
1969 黒鹿
Stipulate
1957
Count Rendered Precipitation
Faline Paper Money
Romance
1960
Donald Honeyway
Adelle Masthead
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 本項を終えるにあたり、ごく最近の例として、以下の馬を挙げておきましょう。
ジャムシード (1989 牡 栃栗 by シンボリルドルフ ― ダイヤモンドS2着。パーソロン:2x3)
オースミシャイン (1990 牝 栗 by シンボリルドルフ ― 中山牝馬S2着。ベルワイドの近親)
マヤノポセイドン (1990 牡 芦 by タマモクロス ― 中日新聞杯3着)
カネツクロス (1991 牡 栃栗 by タマモクロス ― AJCC、鳴尾記念、エプソムC)
カウンターブロー (1991 牡 栗 by シンボリルドルフ ― 31戦4勝2着7回)
ダンツシリウス (1995 牝 芦 by タマモクロス ― チューリップ賞、シンザン記念。パーソロン:4x3)
 ここまで読んでいただいた方にはおわかりだと思いますが、鞘次郎はブサック血脈の再利用はまだまだ可能であるし、また後代のためにも進んで行うべきだと考えています。
『競馬通信大全』31号誌上の「私ならこれを配合する!」でレリアガール(byニッポーテイオー)の相手にトウカイテイオーを推したのも、このためです。
 現2歳にいるレオリュウホウの半妹(シンボリルドルフxキヨヒホウ、馬名シュンエイルビー。栗東・田中章厩舎所属)あたりには、こんな電波的思い込みを叶えてくれるんじゃないか、とぼんやり期待しているのですが、果たして。(^^;;

1999/11/25 ― ( Revised on 2000/01/21 )
Learned from 笠雄二郎 『日本サラブレッド配合史』 水雲社


マルセル・ブサックの名馬たち配合資源と革命的手法
帝国の没落とその原因 | 日本における受容と展開
目次へ近代欧州の生産者編目次へトップへトップへ