近代南米の名馬たち(後編)

 こちらからの続きです。



Forli 1963 牡 栗 / FNo. 3-b / Forli 系 ― 南米きっての国際派、米で大種牡馬となる
Aristophanes
1948
Hyperion
1930
Gainsborough
1915 鹿
Bayardo
1906 鹿
Bay Ronald Hampton
Galicia Galopin
Rosedrop
1907
St. Frusquin St. Simon
Rosaline Trenton
Selene
1919 鹿
Chaucer
1900 黒鹿
St. Simon Galopin
Canterbury Pilgrim Tristan
Serenissima
1913 鹿
Minoru Cyllene
Gondolette Loved One
Commotion
1938 鹿
Mieuxce
1933 鹿
Massine
1920 鹿
Consols Doricles
Mauri Ajax
L'Olivete
1925
Opott Maximum
Jonicole St. Just
Riot
1929
Colorado
1923 黒鹿
Phalaris Polymelus
Canyon Chaucer
Lady Juror
1919 鹿
Son-in-Law Dark Ronald
Lady Josephine Sundridge
Trevisa
1951
Advocate
1940
Fair Trial
1932
Fairway
1925 黒鹿
Phalaris Polymelus
Scapa Flow Chaucer
Lady Juror
1919 鹿
Son-in-Law Dark Ronald
Lady Josephine Sundridge
Guiding Star
1928 鹿
Papyrus
1920 黒鹿
Tracery Rock Sand
Miss Matty Marcovil
Ocean Light
1917 黒鹿
Sunstar Sundridge
Glass Doll Isinglass
Veneta
1940
Foxglove
1935
Foxhunter
1929
Foxlaw Son-in-Law
Trimestral William the Third
Staylace
1928 鹿
Teddy Ajax
Straitlace Son-in-Law
Dogaresa
1923 鹿
Your Majesty
1905 鹿
Persimmon St. Simon
Yours Melton
Casiopea
1906
Kendal Bend Or
Asteria Gay Hermit
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 フォルリ Forli は、史上7頭目のアルゼンチン四冠を達成、それも7戦全てを2馬身半以上の圧勝で飾りました。3歳半の時に世界最高価格タイの96万ドルで米クレイボーン牧場に売却され、現地で3戦を消化したものの、残念ながらサイテーションH(2着:初めての敗北)で骨折、引退を余儀なくされます。
 しかし種牡馬としての Forli はさらなる大成功を収め、史上最強クラスのセン馬フォアゴー Forego(1970 セン 鹿 out of Lady Golconda ― 57戦34勝、3年連続米年度代表馬) や マイル王サッチ Thatch(1970 牡 鹿 out of Thong ― セントジェイムズパレスS 他。全姉に Special、全妹に Lisadell) などを出して、現在に至る一代系譜を築いたのでした。
 その配合は第17代ダービー伯の遺産を徹底的に活用し、Riot ≒ Fair Trial の〈擬似クロス〉を配した大胆なもの。何よりそのスピードが持ち味と言えるでしょう。
 また、欧米とは一種パラレルな変化を遂げていた南米血統の典型であり、欧米の主流血脈との間に Forego など〈インターナショナルラインブリード〉とでも言うべき素晴らしい成果を上げたことは、特筆に価します。

 なお Forli と同じ父−母父の配合(3/4同血)に、もう一頭の名馬ドリーネ Dorine (1958 牝 鹿 by Aristophanes ― 5月25日(五月革命)大賞、エンリケアセバル大賞。変則四冠はすべて2着) がいます。彼女もまた後に北米へ渡り、近年最高の名牝に数えられるパーソナルエンスン Personal Ensign (1984 牝 鹿 by Private Account ― BCディスタフ 他9つのG1を含めて13戦全勝。全兄 Personal Flag もG1馬。My Flag などG1馬3頭を産んでいる) らへ血を繋ぎました。
 なお、大種牡馬コングリーヴ Congreve からこの Forli、Dorine までを送り出し、アルゼンチンのクラシックで59勝を挙げた栄光のオホデアグア牧場 Haras Ojo de Agua も、その後は同国の競馬とともに衰退し、去る1996年4月、105年に渡るその歴史を終えています。



Emerson 1958 牡 鹿 / FNo. 9-g / Tourbillon 系 ― ブラジルの彗星、5戦不敗
Coaraze
1942 鹿
Tourbillon
1928 鹿
Ksar
1918
Bruleur
1910
Chouberski Gardefeu
Basse Terre Omnium
Kizil Kourgan
1899
Omnium Upas
Kasbah Vigilant
Durban
1918 鹿
Durbar
1911 鹿
Rabelais St. Simon
Armenia Meddler
Banshee
1910 鹿
Irish Lad Candlemas
Frizette Hamburg
Corrida
1932
Coronach
1923
Hurry On
1913
Marcovil Marco
Tout Suite Sainfoin
Wet Kiss
1913
Tredennis Kendal
Soligena Soliman
Zariba
1919 鹿
Sardanapale
1911 鹿
Prestige Le Pompon
Gemma Florizel
St. Lucre
1901 鹿
St. Serf St. Simon
Fairy Gold Bend Or
Empenosa
1945 鹿
Full Sail
1934 鹿
Fairway
1925 黒鹿
Phalaris
1913 黒鹿
Polymelus Cyllene
Bromus Sainfoin
Scapa Flow
1914
Chaucer St. Simon
Anchora Love Wisely
Fancy Free
1924 鹿
Stefan the Great
1916
The Tetrarch Roi Herode
Perfect Peach Persimmon
Celiba
1916 鹿
Bachelor's Double Tredennis
Santa Maura St. Simon
Ermua
1936 鹿
Congreve
1924 鹿
Copyright
1918 黒鹿
Tracery Rock Sand
Rectify William the Third
Per Noi
1916
Perrier Persimmon
My Queen Batt
Guernica
1927
Sandal
1908 鹿
William the Third St. Simon
Lindal Kendal
Energie
1919
Your Majesty Persimmon
Particula Stiletto
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 エメルソン Emerson はデビューからわずか4ヶ月5戦で、リオ・ブラジル・南米と3つのダービーを制し、名馬と称えられるに至った希有な存在です。南米土着の血統で相似配合に構えた母(セレッシオン大賞=亜オークス勝ち馬)に、ブサックの名馬コアラズ Coaraze を迎えて5代アウトに採りつつ相似性を継続した、いかにも完成度の高い配合ですね。

 種牡馬としての Emerson は、父の祖国フランスで大健闘、レスクス Rescousse(1969 牝 out of Bella Mourne ― 仏オークス、凱旋門賞-2着。娘 Reloy も米G1を2勝)らを出して、1972年の仏リーディングサイアーランキングでは Sanctus と僅差の2位につけました。
 日本にも、直仔*ナッシングライムド Nothing Rhymed(1970 牝 鹿 out of Martinetta)を経て、ランドヒリュウ(1982 牡 鹿 by *ブレイヴェストローマン ― 高松宮杯 他)ハシノケンシロウ(1987 牡 鹿 by ビゼンニシキ ― 福島記念 他)といった馬に伝えられています。
 また近頃では、2歳でプティクヴェール賞(1999/10/24・世代混合の仏G3・ロンシャン芝1000m)を制したマンゾール Manzor(1997 牡 鹿 by Cricket Ball ― 現在5戦4勝)という馬が、祖母父に Solicitor(父 Emerson↑/母父 Escorial↓)なる血を持っています。おまけにこの Manzor、曾祖母父は Dante 直仔 Darius、父祖も Man o'War 直孫 Relic 系であるなど、さながら父系の博物館状態なんですよね。(^^)



Escorial 1955 牡 / FNo. 3-m / Hampton 系 ― 伯三冠馬、アルゼンチンをも制す
Orsenigo
1940 鹿
Oleander
1924 鹿
Prunus
1915 鹿
Dark Ronald
1905 黒鹿
Bay Ronald Hampton
Darkie Thurio
Pomegranate
1901 鹿
Persimmon St. Simon
Briar-Root Springfield
Orchidee
1910
Galtee More
1894 鹿
Kendal Bend Or
Morganette Springfield
Orseis
1897 鹿
St. Serf St. Simon
Orsova Bend Or
Ostana
1930 鹿
Havresac
1915 黒鹿
Rabelais
1900 鹿
St. Simon Galopin
Satirical Satiety
Hors Concours
1906 鹿
Ajax Flying Fox
Simona St. Simon
Olba
1920
Kibwesi
1913
Galeazzo Galopin
Lady Challacombe Right-away
Hollebeck
1914 鹿
Gorgos Ladas
Hilda (F16) Rabelais
Escoa
1943
British Empire
1937 黒鹿
Colombo
1931 鹿
Manna
1922 鹿
Phalaris Polymelus
Waffles Buckwheat
Lady Nairen
1919 鹿
Chaucer St. Simon
Lammermuir Sunstar
Rose of England
1927 黒鹿
Teddy
1913 鹿
Ajax Flying Fox
Rondeau Bay Ronald
Perce-Neige
1916
Neil Gow Marco
Gallenza Gallinule
Submarina
1933
Silurian
1919 黒鹿
Swynford
1907 黒鹿
John o'Gaunt Isinglass
Canterbury Pilgrim Tristan
Glacier
1907 鹿
St. Simon Galopin
Glasalt Isinglass
Coralina
1929
Copyright
1918 黒鹿
Tracery Rock Sand
Rectify William the Third
Pleamar
1919
Perrier Persimmon
Baucis Flying Fox
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 エスコリアル Escorial は、ブラジル産馬としておそらく初めてカルロスペレグリーニ大賞を制し、南米におけるアルゼンチン一極支配の瓦解を宣言した名馬です。
※ アルゼンチンとブラジルの間に位置し「南米のスイス」とも呼ばれたウルグアイは、準アルゼンチン的な生産によって、先にカルロスペレグリーニ大賞連覇の名馬ロマンティコ Romantico を出しています。
 Escorial の父オルセニゴ Orsenigo は没落以前の伊ダービー馬、その父オレアンダー Oleander も独バーデン大賞典3連覇の名馬(かつ独リーディングサイアー9回の名種牡馬)で、別系統の子孫にはウィルデール(1956 牡 黒鹿 by *メードンスグリーン ― 皐月賞 他、年度代表馬。種牡馬としてもダテホーライ&ハクタカ&テンリュウらを輩出)がいます。

 当馬の場合はアヴルサック Havresac などもあって、どことなくイタリアの超名馬
リボー Ribot(1952 牡 鹿 by Tenerani ― 16戦不敗)を思わせる配合になっています。おそらくその能力の源は St. Simon : (6*6)*(5*6*7*7*8) x (6*7*8*8*8*8)*(5*7*7*7*8*8*8) という見事なラインブリードに求めることができるでしょう。
 24戦11勝、2着5回、3着4回の成績を残した彼は、その後ブラジルで自らの血を伝え、子孫の中からはフランス入りしたミルバル Mill Balles(1980 牡 by Mill Reef ― 仏G3勝ち、種牡馬としてもソコソコ健闘)のような存在も出ました。



Miss Grillo 1942 牝 栗 / FNo. 11-f / Sundridge 系 ― 頑健なる女傑
Rolando
1934
Tresiete
1926
Alan Breck
1918
Sunstar
1908 黒鹿
Sundridge Amphion
Doris Loved One
Joie de Vivre
1908
Gallinule Isonomy
Melinda Melton
Trentona
1912
Torpoint
1900 黒鹿
Trenton Musket
Doncaster Beauty Sheen
Janitza
1896
Janissary Isonomy
Burgundy Hermit
Persefona
1921
Larrea
1907
Jardy
1902 鹿
Flying Fox Orme
Airs and Graces Ayrshire
Muneca
1896
Orville Ormonde
Puppet Sterling
Proserpine
1906
Le Samaritain
1895
Le Sancy Atlantic
Clementina Doncaster
La Polla
1902
St. Mirin Hermit
Hellena Galopin
Cedulilla
1929
Picacero
1912 鹿
Bridge of Canny
1903 鹿
Love Wisely
1893
Wisdom Blinkhoolie
Lovelorn Philammon
Santa Brigida
1898 鹿
St. Simon Galopin
Bridget Master Kildare
Picara
1899
Neapolis
1885 鹿
Springfield St. Albans
Napoli Macaroni
Picardia
1887
El Plata Cathedral
Legere Nougat
Consulta
1921
Verdun
1906
Rabelais
1900 鹿
St. Simon Galopin
Satirical Satiety
Vellena
1894 鹿
Gournay Plutus
Villefranche Wellingtonia
Carmine
1905
Ladas
1891 鹿
Hampton Lord Clifden
Illuminata Rosicrucian
Carmela
1897
St. Serf St. Simon
Kermesse [F11-f] Cremorne
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 ミスグリジョ Miss Grillo
ダンテ Dante と同世代。アルゼンチン競馬がまさに絶頂から滑り落ちんとする時、この牝馬が生まれました。
 史上3頭目となるセレッシオン大賞(=亜オークス)とナシオナル大賞(=亜ダービー)の両制覇を果たすや、翌年から彼女は北米へ乗り込みます。4・5歳時にダイアナHを連覇ブラックヘレンHや長距離のピムリコHにも勝ち、ベルデイムHスノウグース Snow Goose (1944 牝 芦 by Mahmoud ― この年レイディーズHにも勝ち、翌年はサラトガH制覇。曾孫に Fair Salinia や*バイアモン)2着
 6歳になってさらに強くなり、一流牡馬相手に2マイル超級のニューヨークHを制覇。そして連覇のかかるピムリコHでは、後続を何十馬身もチギり捨て、騎手の立ち上がる楽勝振りで2マイル半4.14.6の世界レコードをマークします。彼女は7歳でもサンファンカピストラーノHを勝ち、40年代の南北両米大陸を代表する女傑として、その名を刻みました。

 その血統は、祖父母まで全てアルゼンチンの内国産で、近交馬同士から5代アウトに転じた形。それでいて図中 Bridget=Melton クロスを配し、また背後からの支援で St.Simon=Angelica:7x5*5*6、Hamton:7*7x5、Isonomy:6*6x7 という具合に襷掛け状の構造を作っています。それから何気に凄いのが父(亜ジョッキークラブ大賞勝ち馬)の母方X染色体経路上に仕込まれた Muneca ≒ La Polla の擬似クロス。母父(亜2000ギニー勝ち馬)にも Macaroni クロスがあり、この両者もやはりアウトに噛み合わせているのです。うーむ、頑健さと強心臓を誇ったのもむべなるかな。
 およそ繁殖向きとは言えぬ配合ながら、当馬はアメリカで血を伝え、直孫にメドウコート Meadow Court (1962 牡 栗 by Court Harwell ― 愛ダービー、「キングジョージ」、英ダービー-2着、英セントレジャー-2着) を出しています。



Old Man 1901 牡 栗 / FNo. 6 / Bend Or 系 ― 元祖アルゼンチンの名馬、伝統の証左
Orbit
1885
Bend Or
1877
Doncaster
1870
Stockwell
1849
The Baron Birdcatcher
Pocahontas [F3-n] Glencoe
Marigold
1860
Teddington Orlando
Sister to Singapore Ratan
Rouge Rose [F1-k]
1865
Thormanby
1857
Windhound Pantaloon
Alice Hawthorn Muley Moloch
Ellen Horne [F1-j]
1844 黒鹿
Redshank Sandbeck
Delhi Plenipotentiary
Fair Alice
1873 鹿
Cambuscan
1861
Newminster
1848 鹿
Touchstone Camel
Beeswing Dr. Syntax
The Arrow
1850 鹿
Slane Royal Oak
Southdown Defence
Young Alice
1865 鹿
Young Melbourne
1855 鹿
Melbourne Humphrey Clinker
Clarissa Pantaloon
Sweet Hawthorn [F4-k]
1858 黒鹿
Sweetmeat Gladiator
Alice Hawthorn Muley Moloch
Moissonneuse
1884 鹿
Dollar
1860 鹿
The Flying
Dutchman
1846 黒鹿
Bay Middleton
1833 鹿
Sultan Selim
Cobweb Phantom
Barbelle
1836 鹿
Sandbeck Catton
Darioletta Amadis
Payment
1848
Slane
1833 鹿
Royal Oak Catton
Orville Mare (F25) Orville
Receipt
1836
Rowton Oiseau
Sam Mare Sam
Schooner
1862
Father Thames
1849
Faugh-a-Ballagh
1841 黒鹿
Sir Hercules Whalebone
Guiccioli Bob Booty
Bran Mare
1839 鹿
Bran Humphrey Clinker
Active Partisan
Admiralty
1855 鹿
Collingwood
1843 鹿
Sheet Anchor Lottery
Kalmia Magistrate
Blackbird
1843 黒鹿
Plenipotentiary Emilius
Volage Waverley
SireLine for Windows Ver1.50 - Build 547

 最後はぐっと古目に。その名もオールドマン Old Man という当馬は、アルゼンチン競馬の誕生から約半世紀にしてポージャジポトリジョス、ジョッキークラブ大賞、ナシオナル大賞のアルゼンチン三冠を制覇、しかも「四冠目」のカルロスペレグリーニ大賞は連覇するなど、19戦18勝2着1回のほぼ完璧な成績をおさめました。
 種牡馬としても同じく四冠馬のボタフォゴ Botafogo などを出し、1912および1917-18年度アルゼンチンリーディングサイアー、1920および1922-29年度同リーディングBMSに輝いた、まず名馬中の名馬です。

 この頃、日本にはサラブレッドもほとんどおらず、まして三冠体系など存在しませんでした。ちなみに Old Man が四冠を達成した1904年は、日本競馬最初期の名牝*ミラ(1895 牝 鹿 豪州産血統不詳 ― 13戦10勝)が初仔シノリ(1904 牡 by 第二スプーネー ― 帝室御賞典(後の天皇賞))を産んだ年にあたります。彼の地の競馬が日本と比べて半世紀ほど先んじていたことがわかりますね。

 さて、日本競馬の行く末と南米競馬の現状は、果たしてどれほど重なるのでしょうか…。

2000/01/15 ― ( Revised on 2000/01/30,02/02,02/17,06/04,2001/05/26,06/10,07/04 )
Special thanks to
Albatroz Bloodstock, Inc./ Thema Turfe Magazine / Argentine Thoroughbred Gallery /
チャームさんのアルゼンチンスター / 偏屈爺さんの日本一偏屈な競馬のページ /
そして Dark StarさんのG1Brothers


※ 本項は門外漢による記述であって、巨大な南米血統への、ほんの誘い水でしかありません。
 興味を覚えられた方には、マイナー父系愛好家・不適応者さんの 南米競馬情報 へ駒を進められることをお勧め致します。

2000/09/10


 『プーサン(大村書店)』2001年春号に、田島 "フェデリコ手塩(95)" 芳郎氏の手になる特集記事「南米競馬の真実」が掲載されました。46ページに及ぶ記事は超充実、南米競馬の実態や履歴を、広く深く知ることができます。(^O^)

2001/05/26


目次へトップへ戻る