各種サイトへの通路(前編) Links 1

通知はメールでお願いします。これはウチの新バナー(4.2KB) は、只今相互リンクしていただけるサイトを募集しています。

〜 リンク先 カテゴリ一覧 〜
競馬情報&競走成績血統検索競馬史血統論遺伝学
応援一口馬主生産者 ・ 馬主海外競馬 (日本語原語


競馬情報 & 競走成績(12

Go to The Derby Square The Derby Square:さすがは競馬サイトの総本山、主要サイトを網羅するリンク集 UMA Links は圧巻です。識者集結のメーリングリストや、下記の血統DB Ped Net Query にも注目!
netkeiba.comnetkeiba.com :1999/12/15オープンの競馬総合サイト。ビッグネームの蝟集した日替わりコラムなど、競馬週刊誌を脅かす勢いです。競争成績・血統データベース Um@SQL 2000 もスムーズそのもの。

MilkyHorse.comMilkyHorse.com :競馬界&馬産界ニュース、有力馬の次走情報、豆知識付き重賞結果、漫談風G1予想、サラブレッド本紀&列伝、静内&新冠牧場見学情報などなど、豊富なコンテンツと迅速な更新で知られる、総合競馬サイトです。

JRA Search Engine:JRA所属馬全馬を対象としたデータベース。様々な特殊サーチを増設し、ますます好調。 馬名 / レース名 Help
Ya! horse Japan Ya! horse Japan :「利用者本位」を唱える新進の競馬リンク集(旧名:うまさ〜ち)。非常によく整理されていて、お勧めできます。
JRAAA.com★JRAAA.com/馬りんく★ :一口馬主系を中心に、2000超(2000年9月現在)のサイトを収容する競馬リンク集。血統や海外競馬編も加わりました。
G-HORSE SEARCH :視認・操作性が抜群!の競馬サイトリンク集。絞込み検索など、使い勝手がよいです。検索窓もいただいちゃいました。
AND
競馬サイト専門サーチ OR
JRAホースラボ :26の目的別に分化した競馬サイトリンク集。個性的な顔ぶれが特徴です。…そろそろ解説文つけて下さらないかしら。(^^;

QUO VADIS Worldwide Racing :これは便利、世界の競馬サイトが一堂に会すリンク集!!(ご教示感謝です>南さん) これを見てるとウチもいずれは英語バージョンを作らなきゃなぁ、という気になりますね。



JRA日本中央競馬会 :案外便利な胴元JRAの公式サイト。レース結果の確認はこちらで。

NAR地方競馬全国協会 :NARによる公式HP。出馬表・結果速報などが入手可能な他、データベース も重宝します。

週刊競馬情報 :無料ながら充実一途の競馬メールマガジンを発行。月刊版HPも要チェック(石丸さんの「ひねくれ者の血統論」以前には、ねこや^H^H^H高柳さんが「ダメになる血統論」を連載されていました)。


血統検索(12

Del MarDel Mar Pedigree Query :世界の血統マニアに開かれた血統DB。9代表示、X-Factor 表示にインブリード検索、さらには世界の大レース歴代勝ち馬DBなども搭載し、赤丸急上昇。DBソフトTesiopowerとも連携しているそうです。

Pedigree Query :グローバルな血統データベース。ただし個人運営らしいので、欧州の重賞勝馬などは登録が遅れ気味。

Thoroughbred Times :アメリカの同名競馬紙のオンライン版。Stallion Directory は血統調査に力を発揮します。

Australian Stud Book :調べにくいオセアニアの血統もここのおかげで一気に解明。利用価値の高いサイトです。

Arion Pedigree Grid :ニュージーランドの血統データベース。上記の補完的に。

Action Racing Online :南アフリカの競馬サイト。レース情報も貴重ですが、南ア馬の血統情報はここならでは。いつのまにか 牝系検索 も充実してきましたし(<Blockquoteタグ使っててバグ多いのが現状玉にキズ)、ますます期待できます。

eADGB :牝系といえばドイツ式馬産。当然ながらウェブ上でも、種牡馬より牝系方面の検索で整備が進んでいます。正式名称は Elektronisches Allgemeines Deutsches Gestütbuch für Vollblutzucht ですな。



Ped Net :Der Mar Pedigree Query 以前から、日本ではこの Ped Net が、新時代のオープンな血統データベースとして愛用されてきました。現在登録は9万頭内外という所ですが、有志の入力でこれからもパワーアップし続けることでしょう(ちょびさんも、いつもご苦労様です)。ちなみに、たけまーさんちの『MaCross(マクロス)』を併用すれば、9代クロス表も作成できます。

INTERNET血統表 INTERNET血統表:検索窓までいただけるありがたい血統DB。国内外10万頭を登録、JRA所属の現役馬ならほとんど漏れなし。メンテも頻繁で頭が下がります。

サラブレッド血統表 :こちらも日本のサイト。着実にその範囲を拡大中。

お馬の親子 :安田明生さんが開発された血統DB『お馬の親子』シリーズの公式サイト。『親子』他、予想ソフトなど各種シェアウェアがダウンロードできます。鞘次郎も、親子はX時代から愛用させていただいております。

血統データ王国種牡馬辞典 :YOU−BIさんのHP。JRA競走馬を対象として、種牡馬ごとに産駒の傾向を分析されています。馬券的に有用な、いわゆる「金満」系血統観っすね。


競馬史(12

Yamano Web :作家にして競馬史家、山野浩一先生のHP。著書の一覧や正誤表などがあります。自らご登場の掲示板では年来の疑問も氷解し、目からコンタクト^H^Hウロコが落ちること間違いありません。

桜町血統研究所 :ニフティ随一の血統史家ハイタイム教授が、その該博な知識と膨大な資料とを開陳されているサイト。血統を語るには何より丹念に調べられた物語とデータが欠かせないのだ、ということを改めて思い知らされます。血統図書館 は、後進にとってありがたい文献リスト。

偏屈爺の日本一偏屈な競馬のページ(休養中) :マイナー父系評論家にして血統史家、偏屈爺さんのHP。マイナー父系論者の巡礼するパンテオンです。国際大レース勝馬父系一覧表やマイナー父系表、各種毒舌エッセイなど、豊穣にして鋭利なコンテンツは訪れる人の血統観を一変させるでしょう。

Mahal Alysheba HP有芝まはるのうまページ :才気あふれる血統史家、有芝魔春さんのHP。名牝の列伝、父系の通史、クラシック戦線や海外で活躍する馬の血統分析など、深くやさしく楽しく読ませる内容には管理人も常々敬服致しております。特にWilde Katze@Dresdenさんとの協同による 東独の名馬 は貴重な品。

バブルカンパニーBubble Company :A.T.さんによる競馬データサイト。世界の現代種牡馬を扱った辞典、世界のG1歴代の優勝・2着・3着・着外馬のリストと、壮大な計画がどんどん進行しています。最近種牡馬辞典に Dante 系が登場しました。(^o^)

南米競馬三流情報 :Sayajirao 系 Clackson など、マイナー父系の「最後の楽園」たる南米ブラジル。不適応者さんのHPでは、かの地の主要レース勝ち馬一覧などを整備されています。おかげさまで南米競馬の像が段々見えて参りました。

うま好きの扉 :博覧強記でなる Lucky Boy さんがHPを開設されました。豊富な資料をもとに、卓抜した視点で語られる世界の競馬史は、誤解や偏見を洗い流し、広大な世界へと導くに足るもの。現在は「ほ〜すれ〜しんぐ・おぶ・らてんあめりか」と題して南米競馬を狩猟されています。

Thoroughbred Heritage :世界中の大レース勝馬一覧などを整備している超一級データサイト(英語)。直近(1999/10/13)の更新は東京優駿でした(ワカタカからアドマイヤベガまで揃ってるぅ…え、整備したのは魔春さん!?)。

Argentina Thoroughbred Gallery :南米の雄アルゼンチンの競馬サイト(スペイン語/英語)。歴代の年度代表馬や三冠馬、リーディングサイアーから最近の重賞勝馬に至るまで、各種データが丁寧にまとめられています。

NMR Hall of Fame :アメリカの競馬博物館が誇る名誉の殿堂(同名のレースはサラトガ8.5fのG2)、そのオンライン版がこちら。殿堂入り各馬のデータやエピソードが簡潔に記されていて便利です。

The Thoroughbred Racehorse :偏屈爺師イチオシの血統史家、James R. Hardiman氏のサイトがオープン。いきなり近交係数の話を18世紀の馬から始められるあたり、背後に巨大かつ冷徹な史料批判・理論批判の存在を感じてゾクゾクしちゃいますね。

Les Sabots de la Gloire :鞘次郎がベタ惚れのフランス競馬史DBサイト。障害・平地・繋駕の重賞について、過去の勝ち馬の騎手・調教師・馬主、2着・3着馬まで記載されています。史料価値高し。…その割にまだ最近の結果は空欄が目立ちますが。


血統論(17

Rightniks Website :故・五十嵐良治氏が提唱した血統論(いわゆる「I理論」)を継承する組織、旧IK血統研究所((有)アイケー)がスピード指数のニシダと合併して(株)ライトニックスになりました。従来通り重賞勝馬の短評などが公開されている他、DBソフト「クロス★マーク」の販売など、ビジネスとしての形が明確になってきました。

競馬通信社競馬通信社HP :青木義明代表率いる競馬通信社のサイト。『競馬通信大全』など書籍の購入が可能な他、地方競馬を舞台にした共有馬主組織 ミランミル・オーナーブリーダーズ、こちらにもおいでのMorimotoさんによる サラブレッド・オリジナル・プロジェクト など多彩なコンテンツがあります。もちろん、血統派の梁山泊とも言うべき掲示板も見逃せません。

Nereide Design :鞘次郎に血統分析の手解きをしてくださった、血統研究家・南 元彦さんのHPです。I理論の創始者・五十嵐良治氏の論文「血の提言(1983)」が復活採録されている他、切れ味鋭い評論をお読みいただけます。I理論に免疫のある玄人向け、かな。

お馬の世界 :ダビスタプレイヤーを除けば日本で最も若い血統論者の一人、血統使い君のHP。少々リニューアルされました。これからも鋭い血統分析に期待。

Sky-farmsky-farm.com :嵐を呼ぶ配合アナリスト、Winged LoveさんのHPが、独自ドメインへと脱皮。成長した血統論を武器に、いざサラブレッドビジネスへ切り込まん…という所。

■競馬 FUKKU■ :I理論に基づいて血統を分析されているFUKKUさんのHP。理論の説明は本家よりも丁寧です。依頼を受けての無料血統診断も行われています。

たけまーたけまーの部屋 :一口馬主へのアドヴァイザー、たけまーさんのHP。I理論をベースとした血統研究に勤しまれています(ただし、より合理的にスピードを重視)。読みやすいよう工夫されている点は大いに見習いたいもの。

競馬血液型理論「B−TYPE」公式ホームページ :豊富な話題の提供者、住之江琵琶子さんのHP。あるがままにレースを見つめるために、生産論というよりは実戦的見地に基づいた血統論を構築されています。Dante 系は「X型」なのだとか。

Method RMethod R :「後世にどのような血を残すべきかを考察していこう」ではなく、「なんやかやらで、意味不明でも残ってしまう、自然の選択した血は、どういうものか知りたい」という立場から血統をみつめ、また馬券に繋げようとする、ReiさんのHP。異才ぶりをいかんなく発揮されており、最近は馬券本『反転ロジック』を出版、『競馬王』に連載されています。

Road to Thoroughbred Breeding :I理論の支持者、urabooさんのHP。この理論に傾倒される方独特の「情熱」が感じられます。これからの発展に期待しています…していました……いや、します。

IK血統練習所IK血統練習所 :I理論の使い手にして鋭い舌鋒の持ち主でもあるいたろうさんのHP。オーソドックスにI理論を追求しておられますが、ここに出てくるドクタースパートxユウキエトワールの仮想配合などは、図らずも拙稿とシンクロしていたり。(^O^)

サラブレッド血統理論研究所 (休養中) :血統研究家、FAR EAST MAN 改め一臣さんのHP。鞘は5年以上も前から、「新馬血統分析」など氏の論考を楽しみに読ませていただいてます。現在はご多忙で休養中。

Pur-Sang :気鋭のI理論派研究家、Pastels Badges さんがサイトを開設されました(頁名「ピュルサン」は仏語で「純血種、サラブレッド」の意)。遺伝学まで視野に収め、明快な論旨で進まれるお姿は、実に頼もしいです。

洗血めんたるじゃ〜に〜 :別記のメールマガジン『週間競馬情報』誌上で、予想や連載「血統つれづれ」をお書きになっている、石丸のりりんさんの個人サイト。これほど筋道立ち、また鋭く簡潔にまとめられた血統分析は、有名専門誌でもそうそうお目にかかれません。メルマガ『血統つれづれ外伝』もスタートしました。

HighflyerHighflyer International :海の向こうの競馬通信社 (- -;; ハイフライヤージャーナルのサイト。本誌が廃刊になり、「カリスマ」アラン・ポーター氏が去るとも、オンラインではいまだ健在です。記事自体は結構面白い、というのも含めて(以下自粛)

OwnerBreeder International :ハイフライヤーよりも元気のいい血統雑誌、オーナーブリーダー。編集長はアラン・ポーターの影響を受け、ハイフライヤージャーナルにも籍を置いたアン・ピーターズ氏です。コラムで配合論などが読める他、米ステークス馬の血統を収めたPDFファイルも蓄えられています。

Chef-de-Race.Com :アメリカの主流血統論のひとつ、ドサージュ・インデックスの権威であるスティーヴ・ローマン氏のサイト。クラシック候補のドサージュ分析や、シェフドラス種牡馬の追加など、元気に運営されてますね。


遺伝学(5)

遺伝学電子博物館 :血統論は遺伝学や育種学と切っても切れない関係にあります。こちらは国立遺伝学研究所 NIG による、一般向けの遺伝学解説サイト。『基礎遺伝学』(黒田行昭 著,裳華房,1995年)から転載された「近代遺伝学の流れ」など、コンテンツは非常に明快で、基礎的な学習に好適です。

集団遺伝学講座 :進化を数量的に理解し記述するための学問、集団遺伝学の専門講座。講師は、(財)遺伝学普及会の情報資源研究センターにおられる安田徳一先生です。遺伝子から変異、遺伝的浮動、分子進化に遺伝統計まで、きちんと理解したい人はぜひ挑戦してみましょう。

北海道立畜産試験場 育種科 :畜産分野では名門と言うべき大学のサイト。DNAとか育種ってなに? というコーナーでは、関係分野の基本的な用語がイラスト交えて平明に解説されており、育種学への入り口としてお勧めできます。しっかし、ここからのリンク先でSceptreさんを見つけたのには驚きました。(^^;

ハムスターでもわかる進化論 :現在進行形の進化論を可能な限りやさしく、広く、深く書かれているHPです。遺伝学や進化論に対する「食わず嫌い」を治すには最適(爆)。批判的今西錦司ファンの鞘次郎としても、大いに頷ける内容です。

Horse Genetics :カリフォルニア州立大デイヴィス校獣医学研究室における真面目なウマの遺伝学研究を拝見できます。お馴染み毛色の研究染色体のお姿あたりから入るのが基地^H^H 吉なりよ。


Last Update:2001/09/27 ― 58 sites in all.

リンク集の後編へ後編へつづくトップへ目次へ