鞘掲ログ-24
2000/11/16―30

板へ最新の掲示板へひとつ前のログへひとつ後のログへトップへ目次へ

 主なトピック:
   ブリテン島の諸語・諸民族(Welsh, Cornish, Scottish)、*パーソロン Partholon、
   Cwrw、インド・ヨーロッパ語族の中で(言語系図)、レース名とスポンサー、
   トヨタ杯中京記念、米G2トヨタブルーグラスS、南アG1ニッサンチャレンジ、
   馬齢表記の変更、来年度のJRA事業計画、各国牝馬限定戦の充実度と選抜強度、
   Elle Danzig、Serena's Song、アメリカのサイマルキャスト、Kona Gold の配合、
   Pretty Polly 系とローダー家、Swain、Fantastic Light、Shadayid & Dumaani、
   Alydaress 〜 Allurement、Diktat、*ハンターコム、デヴィッド・ローダー師、
   Mac 内部のこびとさん、Deep Run 〜 Morley Street、*カンブリアンヒルズ 〜
   マイネルウェールズ、パイナップルスター 〜 アイアンブリッジ、*フレイムオブパリ、
   -1991ハリウッドダービー分割、1989-1996スワップスS、1981フューチュリティS、
   Irish Martini、独1000ギニーの名称遷移、Gaviora と*エイシンバーモント、毒消し論 など


え?何かあったんですか>対岸の火事 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月30日(木)10時24分09秒

>>> Loveちゃん@お幸せさま
>>これってどういう意味(-_-;;;)?
>思わず日記を見にいってしまいました。そうですよね?
何かあったですか?日記?えーあーうー(動揺)

書くこと忘れたので、また、後ほど。


御無沙汰しております 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月30日(木)01時42分54秒

というほど昔じゃないと思ったら、はるかかなたにAF師の書き込みが...

BCSCのはなしは確かにフェデリコ手塩氏が書かれていましたね、覚えています。
今手元にないのですが、必要なら歴代優勝馬などをプログラムから拾って書きますけど、何か欲しい情報ありますか?安請け合いしても大して答えられないかも知れませんが。

>しかしステークスを分割するなんて非スポーツ的というか競走原理に反して
>いるというか・・・。

そうかな、何がなんでもトーナメント勝ち抜けという訳ではないから、本当のチャンピオン決定戦以外は構わないんじゃないでしょうか?元はステークス(賞金)の分捕り合戦なんだし。(昨日丁度イギリスダービーの同着のところのクイズの原稿を書いていた)


>> Loveちゃん@お幸せさま
>これってどういう意味(-_-;;;)?

思わず日記を見にいってしまいました。そうですよね?



皆様どうもありがとうございました 投稿者:たけまー  投稿日:11月30日(木)00時11分00秒

皆様のお知恵を拝借し、何とかデータ入力を終えることができました。
(スワップスSの勝ち馬は一部不明のままですが)

これからひとまず牡馬産駒の母父と母母父、牝馬産駒の父と母父と母母父をあわせて出現数を
カウントしようと思うのですが、重み付けをどのようにしようかという点で悩んでいます。
牝馬産駒の父だけは、その他の母父や母母父よりも、他の要因を受けにくいと思うので、
倍の点数を与えようかと考えておりますが、この考え方でよいのかな???

あと、レース単位(のべ)で考えるか、馬単位で考えるかも難しいところなのですが、
とりあえず両方でやってみたいと思います。結果が出たらお知らせしますネ(^^)

追伸:今日、笠センセの日本サラブレット配合史(普及版)を買いました。
   帰りの電車の中でちょっと読んだだけなのですが、えろぅ難しゅうおまんなぁ〜。
   これからしばらくは常にカバンの中に入れて、熟読してみたいと思います。


何か喚問が 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月29日(水)16時28分59秒

>ただわたしには Celtic Swing がそれほど成功する種牡馬とも思えないのです
>が・・・<でも超人気にもめげずに買った
Celtic Swingの母Celtic Ringの血の重ね方は凄いんですけどね。日本向きとは必ずしもいえな
いでしょうが、フィリーサイアーとしては期待は持てなくもないです。ダミスターという先入観
(?)を持たなければ。そういえばラフが買う前の当歳時から寒鰤餡仔推してただよーね。

>> # 末妹*フレイムオブパリは、SSアペレースの後、仔が出てないのかな。
> これもブラザーズの誰かが買ったのでしょうか?
勝己さんが購入した馬ですね。カー葱の配合ではちと物足りないかな。カー葱は最初思っていた
のと逆パタで走っているし、最近はこういうのが食指動かなくなってきている・・・。


また賑わっていますね 投稿者:A.F.  投稿日:11月29日(水)12時30分27秒

 >団亭店主

>この馬も以前WLさんが推されていた憶えあり。
>馬名は父方の
> Owen Tudor → Tudor Minstrel → Tudor Melody
>    → Welsh Pageant  (チューダー王家の祖ヘンリー7世はウェールズ系)
>     → Celtic Ring  (ウェールズはケルト系がベース)… 遡ってる ^^;
>      → Celtic Swing
> プラス母の Cambrian Hills(「カンブリア紀」なら地質学用語だが、
>               元はウェールズ地方一帯に広がる丘陵地
>               の意。すなわち Cambrian ≒ Welsh )
>なんですね。そりゃウェールズで仕方ないべぇ。

 意味的には「これしかない」なんですが、ゴロがねぇ。

 で、ダーレースタリオン@ゲルマンのWL氏

>寒鰤餡ヒルズは青森産だ。ダンツダンサーと同じ生産牧場ですよね。

 わざわざ静内だかの当歳セリに上場したらしいです。で、主取りになったと
ころを馬喰兼業の社長が買い叩いたということみたいです。それくらいのした
たかさがなければ競馬界で今の地位を築けないでしょう。

 そう言えば Winged Love は Celtic Swing の勝ったジョッキークラブ賞で
4着でしたっけ? Winged Love が勝ったアイリッシュダービーでは Celtic
Swing が凡走して(怪我のため?)いますが。Celtic Swing はラムターラ
(*ラムタラ)が大活躍した4歳シーズンが終わってからも「Celtic Swing が
勝ったレーシングポストトロフィーは私が見た最高の3歳戦です」と言う人も
いました。ただわたしには Celtic Swing がそれほど成功する種牡馬とも思え
ないのですが・・・<でも超人気にもめげずに買った


>Allurement(1994 f by Sadler's Wells ― クレオパトル賞/FR-G3)
>がおりやした。

 グループ勝ち馬位は出して当然かも。

> # 末妹*フレイムオブパリは、SSアペレースの後、仔が出てないのかな。

 これもブラザーズの誰かが買ったのでしょうか?

>それよりも、人の中の「超一級牝系だ」という認識が、付ける種牡馬
>など牝系への扱いを高めて(維持して)いった効果と見る方が現実的
>でしょう。

 鋭い指摘。活力のある種牡馬の連続交配により牝系の活力が維持されている
ということですね。

>その後、あまりの独占ぶりに中小から突き上げくらい、苦肉の策
>としてシャトル戦法を編み出す…と。
 
 うーん、シャトル戦法は苦肉の策と言うよりも利潤拡大の経済原理に沿った
当然の活動といえるような。造幣機たるスタリオンは1年中稼動させるべしと
いう企業論理では。今では唯一ジャパンマネーに対抗できるコマーシャルベー
スのスタリオン・スタッドと言えるのでは。

>トニービンxパイナップルスターのことでしたか。トニービン産駒が
>佐賀に入るのも初めてかな? うーむ、経緯/狙いが知りたい。 

 ブラザーズの末弟の追分ファームの生産場は原則としてクラブで募集に出ま
すからね。パイナップルスターって知人が持っていました、未勝利の身で特別
を勝ったJRAでは珍しい馬で。で、上がってから初仔だかの*トニービン産
駒を買ったのですが、2歳時に仙痛かなんかで死亡。その後の産駒も失明して
競走馬になれなかったりして、踏んだり蹴ったりの繁殖成績です。最初から地
方に行くとはどこか問題があったのではと邪推。

>アメリカでは分割が時々見られます。あれって頭数は等分されるのに、
>賞金は分割されないのが不思議。よくあるのは、登録馬の多い牝馬戦やG1、
>そのトライアルでしょう。

 まあJRAでもかつてよく見られた一般レースの分割も2レースとも元々の賞金
が出ていましたから。都合2倍の賞金が出ていたと。

 しかしステークスを分割するなんて非スポーツ的というか競走原理に反して
いるというか・・・。


直球というか 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月29日(水)09時34分18秒

>魔春さま

> Loveちゃん@お幸せさま>
これってどういう意味(-_-;;;)?

確かに繊細さという点ではGaviolaは優れていますね。
競走で走る仕掛けというか。強引な仕掛け(5X3,6X3とか、手段を選ばない自己表現)だ
と一発屋に走ってしまうのでしょうか。エイシンペンタイアがまるで走らないように(-_-;)


Gaviolaとエイシンバーモント 投稿者:魔春  投稿日:11月29日(水)00時15分36秒

Loveちゃん@お幸せさま>
Portageの伴性経路ならWar AdmiralがキモというのはChange Water
辺りが雄弁に証明してるところですが、それを直球的に嵌めてきたのが
エイシンバーモントという感じでしょうか。
一方で、Gaviolaの方は、それに対する合わせ技みたいにKey Bridge使
ってPrincequilloとBlue Larkspurを絡めてくるのが何ともマニアック
ですよね。ホーン女史とかはこういう配合大好きだろうなぁ。
で、Blue Canoe系というかテイエム牝系に話を移すと、この牝系って伴
性血縁は凄い良質だけど、いかんせんKey to the KingdomとDroneとい
うアクのある累代が(相加遺伝レベル?で)扱いづらい。
でもCozzeneの配合だったらNasrullah−Princequilloが原則ニックを
形成するからその部分をカバーしてくれるんですよね。オペラオーの場
合なんかも、Forli−Derring-Do−Tudor Minstrelという辺りの連携が
その辺の「毒消し」として仕事をしたから、あとは祖母のWar Admiral
をベースにした美味しい伴性経路も十全に仕事が出来たのかと。
#ていうか、そういう毒消しの手段に配慮を加えれば、チャンネルフォ
 ーなんかもいい繁殖として利用できそうですよね。


ふと思い出したように 投稿者:錬金術師見習(W.K)  投稿日:11月28日(火)20時54分38秒

独1000ギニーは1919年が最初じゃないかな。
Kisasszony-Rennenと呼ばれ 確かこの頃ホペガルテン競馬場は
改築工事かなんかしてたと思うから同じベルリンでも
グリューネヴァルド競馬場のほうだと思う(要確認)。
1920年の雑誌(Vollblut)は持ってるのに勝馬見つけられなかった
ことを考えると重要視されてなかったのかな?
で1941年からSchwarzgold-Rennenですね。
なんか最近記事発見したんだけどドイツでは1908年から
米血の導入を始めたらしい。Grave und Gayなんかはそうなのかな?
他になんかいたかな?兎も角これも独馬産躍進の追い風に
なったのかなあ。。と独り言。もう一度吟味してみよう。。


正大^H^H 盛大なご布施に感謝 投稿者:鞘@大坂口はマサヒロって読むんだな  投稿日:11月28日(火)20時02分12秒

▼たけまーさん
> GTの分割なんて、これじゃ何のためにトライアルがあるのかわからなくなっちゃいますよねぇ。

G1というてもトライアル的なものがほとんどかも。
拙思うに、肝心なことは「たった一頭を」選ぶことではなく
「適切な圧力で」選抜されるべく調整することなので、分割
(一種のインフレ)も手法としてはありかと。
 # ついでに、分割だからって殊更に時計差を云々言うのは??

> 今回のデータ入力にあたり、USのヤフーで重賞勝ち馬リストなるものを探してみたのですが、
> まともにヒットしたのがThoroughbred Championsぐらいで、こんな根気のいる作業は
> やっぱアメリカ人には向かないんでしょう。

そ、そうなのかな。(^^; 日本でやたらと盛んなのは確か。


▼今日も終電さま

格別のお心遣いをいただき、どうもありがとうございました。
 # ご友人にもよろしくお伝えください。
早い時期のレースだけに、後の芝馬が混ざってますね。<Swaps S. Winners
93,96年はこちらで調べてみます。いずれココでご報告を。


▼まはる殿下。& WL@スカイファームさん
>> テイエムオペラオーで思い出した
>> そいえば、G1馬でこんな近親がいましたね。
>> 今年6連勝くらいしてたような・・・でもQEIIチャレンジで飛んだ後、
>> どうしたんだろうにゃぁ。

先月 BSJournal の次走案内で
  GAVIOLA: Upset in QE II; gets some R & R.
と出とりました。仕切り直しといった所か。

>> よく見たら、結構萌え系な配合ですよね。この界隈ではテイエムオペラ
>> オーよりもいい評価が貰えそうですな(^^;;。牡馬のマイネルスペクター
>> @全兄が走らずに牝馬のこっちが走るあたりが何とも。

> ↓って、似たようなパターンにエイシンバーモントがいますよね。Blue Canoeの方がいいのか
> なぁ。構成血脈に大して差はないんだけど。

フィリーサイアー重ねて締めに Cozzene、見事なお手前です。
エイシンバーモントもヨイでしょう、Blue Canoe≒Pronghorn と
言えなくもないし。
収穫するなら素直に米血& Nasrullah 狙う手でしょうか。


▼Xaarさん

お忙しい中どうもー。

> ハリウッドダービーは81年に芝に変わってその年から87年まで全て分割っす。

やっぱりですか。あと、A.Tさんちにあるように、91年もそうでした。
しっかし7年連続分割とは…2レースあるのと一緒やん。(^^;

> 81年のフューチュリティーSはIrish Martiniじゃないでしょうか?

あ、これですかぁ、ねあるほど。

http://www.dmtc.com/cgi-bin/ped/beta/query.cgi?x=n&horse=IRISH+MARTINI&g=4&small_font=-1&cellpadding=1&l=


暇を見つけて 投稿者:Xaar  投稿日:11月28日(火)16時25分40秒

ハリウッドダービーは81年に芝に変わってその年から87年まで全て分割っす。

81年のフューチュリティーSはIrish Martiniじゃないでしょうか?


気になるのは 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月28日(火)15時27分20秒

↓って、似たようなパターンにエイシンバーモントがいますよね。Blue Canoeの方がいいのか
なぁ。構成血脈に大して差はないんだけど。

にしても初年度にペンタイア交配して「エイシンペンタイア」ではダメダメ(ダメダメボーイ
は今日も行く)。
2年目の99年産はエイシンワシントンの牝馬か。遅生まれ(6.6)だが、ちょっとくどいかな。
父の血脈から考えると・・・。


テイエムオペラオーで思い出した 投稿者:魔春  投稿日:11月28日(火)13時08分57秒

そいえば、G1馬でこんな近親がいましたね。
今年6連勝くらいしてたような・・・でもQEIIチャレンジで飛んだ後、
どうしたんだろうにゃぁ。
よく見たら、結構萌え系な配合ですよね。この界隈ではテイエムオペラ
オーよりもいい評価が貰えそうですな(^^;;。牡馬のマイネルスペクター
@全兄が走らずに牝馬のこっちが走るあたりが何とも。

http://www.dmtc.com/cgi-bin/ped/beta/query.cgi?x=n&horse=GAVIOLA&g=5&cellpadding=0&small_font=1&l=


もうひとつ 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月28日(火)10時32分10秒

># 末妹*フレイムオブパリは、SSアペレースの後、仔が出てないのかな。
1997 ホワイトマズル不受胎
1998 サンデーサイレンス死産
1999 エリシオ流産
2000 カーネギー 2.23牝 芦

だそうです。


そうか 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月28日(火)10時27分52秒

寒鰤餡ヒルズは青森産だ。ダンツダンサーと同じ生産牧場ですよね。
1999年産のキンググローリアス牝馬とかいいなぁ。


Swaps S. 投稿者:今日も終電  投稿日:11月28日(火)02時12分47秒

1989.07.23 Hol gr.II 10f  1st Prized, 2nd Sunday Silence, 3rd Endow
1990.07.22 Hol gr.II 10f  Jovial, Silver Ending, Stalwart Charger
1991.07.07 Hol gr.II 10f  Best Pal, Corporate Report, Compelling Sound
1992.07.25 Hol gr.II 10f  Bien Bien, Treekster, Sevengreenpairs
1994.07.23 Hol gr.II 10f  Silver Music, Dramatic Gold, Valiant Nature
1995.07.23 Hol gr.II 9f  Thunder Gulch, Da Hoss, Petionville

93,96年は資料が手元にないのでわかりませぬ。申し訳なし。


どうもありがとうございました(^^) 投稿者:たけまー  投稿日:11月28日(火)00時59分30秒

鞘次郎さん、WLさん、丁寧な回答どうもありがとうございました。

分割なんて日本じゃ未勝利戦しかないですが(だいぶ前に3歳オープンで分割があったかな?)
GTの分割なんて、これじゃ何のためにトライアルがあるのかわからなくなっちゃいますよねぇ。
賞金&出走頭数の不均一さは、いかにも「アメリカらしい」のかも?
(ちなみに私は米系の外資企業に勤めています...(^^;;)

今回のデータ入力にあたり、USのヤフーで重賞勝ち馬リストなるものを探してみたのですが、
まともにヒットしたのがThoroughbred Championsぐらいで、こんな根気のいる作業は
やっぱアメリカ人には向かないんでしょう。
時間が取れたら、梅田のJRA・PRセンターに行ってみます。


つづきっ 投稿者:  投稿日:11月28日(火)00時10分29秒

▼チャームさん

> 佐賀所属になったようです。
> 追分ファーム産馬が佐賀に入るのは初めてかもしれんですね(マル中除く)。

トニービンxパイナップルスターのことでしたか。トニービン産駒が
佐賀に入るのも初めてかな? うーむ、経緯/狙いが知りたい。


▼たけまーさん
> @ハリウッドダービー
> 1991年以前、同じ年に勝ち馬が2頭いるのですが、これは日本の天皇賞みたいに、年2回
> 開催されていたからなのでしょうか?

すでにWLさんからレスをいただいてますが、分割 divisions か同着 dead heat
でしょうね。このレースに限って頻繁にあることと、勝ち時計の違いから
分割かな…。
1986年:*スリルショーと Spellbound は、一応同着の可能性もあるか。(^^;

アメリカでは分割が時々見られます。あれって頭数は等分されるのに、
賞金は分割されないのが不思議。よくあるのは、登録馬の多い牝馬戦やG1、
そのトライアルでしょう。プリークネスも1918年は分割で行われています
(不思議なことに6頭立てと10頭立てなんですが)。

 # 今年の新年米G3インタボローSは、分割レースを両方ルッツィ
   JKの騎乗馬が勝ってました。これは連覇というのか? (^^;

> AスワップスS
> 1989〜1996年の勝ち馬がわからないのですが、レースが中止されていたのでしょうか?

ご覧の資料の97年以降部分は、ひょっとするとニフFHCULから引かれて
いる可能性があり、それ以前については判断しかねます。優駿などの
バックナンバーで確認するか、デル丸PQあたりで質問すればわかるかな。

> BフューチュリティS
> 1981年の勝ち馬Martiniの血統が、どこを調べても載っていません。
> この馬の血統を教えてください。

マティーニなんてまた同名異馬多そう…1979年産ですよね、調べておきます。

> フィリーサイヤーを見つけることとBMS検索をやりたいがために始めたデータ入力ですが、
> のべ2500レースの入力が終わりました。あともう少し....。

すごいや。(^^; 結果分析にも期待してますよぅ。


れすリング 投稿者:  投稿日:11月28日(火)00時08分44秒

▼A.F.師
>  今日入厩した3歳馬がマイネルウェールズで申請するらしい。父Celtic
> Swing 母*カンブリアンヒルズの持ち込みなんですが。ケルトからウェールズ
> なんでしょうが、イマイチ語呂が悪いような気がします。社台RHの3歳馬も
> 入厩、サンデーレーシングの3歳は来週中山でデビューと3歳馬がようやく動
> いてくれます。

この馬も以前WLさんが推されていた憶えあり。
馬名は父方の
 Owen Tudor → Tudor Minstrel → Tudor Melody
    → Welsh Pageant  (チューダー王家の祖ヘンリー7世はウェールズ系)
     → Celtic Ring  (ウェールズはケルト系がベース)… 遡ってる ^^;
      → Celtic Swing
 プラス母の Cambrian Hills(「カンブリア紀」なら地質学用語だが、
               元はウェールズ地方一帯に広がる丘陵地
               の意。すなわち Cambrian ≒ Welsh )
なんですね。そりゃウェールズで仕方ないべぇ。

> Alydaressも芦毛でしたね。Alydar牝馬なんで繁殖としても期待できそうですが。

Allurement(1994 f by Sadler's Wells ― クレオパトル賞/FR-G3)
がおりやした。
 # 末妹*フレイムオブパリは、SSアペレースの後、仔が出てないのかな。

>  スピードシンボリとかダイナガリバーが Sceptre系でしたっけ。5代も6代
> も前の牝馬がどの程度影響力があるのかは?

5・6代くらいならミトコンドリアの細胞質遺伝を認めることができ
そうですが、種牡馬成績には関係なし。
それよりも、人の中の「超一級牝系だ」という認識が、付ける種牡馬
など牝系への扱いを高めて(維持して)いった効果と見る方が現実的
でしょう。

>  馬名は例によって間違えていました(苦笑)。Deep Runの産駒なんて最初か
> ら障害馬として若いうちに騙馬会入りするものが大半だったでしょう。Deep
> Run の大成功がクールモアの平地種牡馬の多頭数種付けの裏付けになったと思
> っております。

その後、あまりの独占ぶりに中小から突き上げくらい、苦肉の策
としてシャトル戦法を編み出す…と。

> でも1割程度は牝馬の障害馬もいたような(確信持てず)。

フランシス小説で牝馬が出てきたこと、あったっけ…。


会社に来ました 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月27日(月)02時51分59秒

@のハリウッドダービーはやはり分割の可能性が大かと。
Aはここだけきれいにデータがないので、施行されていないかも。
Bは今、調査中ですが、1978年産のやつが出てくるけど、推察するところ、これってサラじゃなさそう。


今、家なので何とも言えませんが 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月27日(月)01時56分29秒

同じ年に勝ち馬が2頭いる場合、アメリカあたりだと分割レースになっている可能性って
高いですよね。最近もあったような。


教えてください 投稿者:たけまー  投稿日:11月27日(月)01時32分55秒

「レスで〜す!」というタイトルに思わず反応してしてしまう私....(笑)

ところで、例の海外重賞勝ち馬のリストを更新しているのですが、ちょっとわからないことが
あるので教えて頂けませんでしょうか?

@ハリウッドダービー
1991年以前、同じ年に勝ち馬が2頭いるのですが、これは日本の天皇賞みたいに、年2回
開催されていたからなのでしょうか?

AスワップスS
1989〜1996年の勝ち馬がわからないのですが、レースが中止されていたのでしょうか?

BフューチュリティS
1981年の勝ち馬Martiniの血統が、どこを調べても載っていません。
この馬の血統を教えてください。

フィリーサイヤーを見つけることとBMS検索をやりたいがために始めたデータ入力ですが、
のべ2500レースの入力が終わりました。あともう少し....。


アイアンブリッジ 投稿者:チャーム  投稿日:11月26日(日)21時51分01秒

佐賀所属になったようです。
追分ファーム産馬が佐賀に入るのは初めてかもしれんですね(マル中除く)。


Walesの話が出ていたら 投稿者:A.F.  投稿日:11月26日(日)09時12分07秒

 >団亭店主

 
 今日入厩した3歳馬がマイネルウェールズで申請するらしい。父Celtic
Swing 母*カンブリアンヒルズの持ち込みなんですが。ケルトからウェールズ
なんでしょうが、イマイチ語呂が悪いような気がします。社台RHの3歳馬も
入厩、サンデーレーシングの3歳は来週中山でデビューと3歳馬がようやく動
いてくれます。

>Shadayid & ドゥマーニ Dumaani の芦毛は*シーホークから?

 としか思えないですね。Alydaressも芦毛でしたね。Alydar牝馬なんで繁殖
としても期待できそうですが。

>それに対してシンボリは Sceptre の牝系が、と言われてましたっけ。
>両牝とも下手な種牡馬を凌駕する遺伝力の持ち主ではあるけれど、
>実の所、社台・新堀の当人方はどれくらい本気だったのでしょうか。

 スピードシンボリとかダイナガリバーが Sceptre系でしたっけ。5代も6代
も前の牝馬がどの程度影響力があるのかは?

>パブリックスクールの中でも、立地がウィンザー城の川向いっす
>からねぇ。当然オックス/ブリッジに進むのがオウドウも、
>デヴィッド師は大学へ進まず渡豪して牧場で修行したそうな。

 若いうちから馬にうつつを抜かして、ってやつですか。

>Morley Street …かな。Deep Run は結局後継を残せなかったか?

 馬名は例によって間違えていました(苦笑)。Deep Runの産駒なんて最初か
ら障害馬として若いうちに騙馬会入りするものが大半だったでしょう。Deep
Run の大成功がクールモアの平地種牡馬の多頭数種付けの裏付けになったと思
っております。

> # ナショナルハントで子孫へ繋いだ種牡馬(父系に限らず)
>  ってどの辺だろう??

 牝馬は活躍すれば繁殖に上がるのではないでしょうか。チェイス馬の牝系な
んて平地的な感覚ではドマイナーものを見かけることがありますから。GBで
は牝馬限定の障害戦なんてあるんかいな。でも1割程度は牝馬の障害馬もいた
ような(確信持てず)。


レスで〜す!(氷雪) 投稿者:鞘@こっちはまだ降ってない  投稿日:11月24日(金)21時36分17秒

▼A.F.師
>> 最近は Kamar やその全妹 Love Smitten の分枝、少し離れて
>> Balidaress 分枝あたりが中核になってますよね。
>
>  上のはSwainとか、下のはシャダイード(書けん Shadayyed?)とか出る芦
> 毛牝系と化したやつですよね。

今週のビックリドッキリメカは、Fantastic Light 。

Shadayid & ドゥマーニ Dumaani の芦毛は*シーホークから?
Diktat の枝はとっくに Brown へ戻ってたりします。

> そう言えばかつての社台スタリオンはPretty Pollyの牝系が多かったのでした。

それに対してシンボリは Sceptre の牝系が、と言われてましたっけ。
両牝とも下手な種牡馬を凌駕する遺伝力の持ち主ではあるけれど、
実の所、社台・新堀の当人方はどれくらい本気だったのでしょうか。

>> さて、人の方はユーステス・「ラッキー」・ローダー閣下
>> からどういうルートを通っているんでしょうねぇ。
>
> デヴィド師で何代目になるのでしょうか。

直父系だとは思えませんが、4代目くらいか。

>> あ、プレスコットQはデヴィッド師が最初に入門した所らしいです。
>>  # やはり父親がらみか? <イートン校出のデヴィッドくん
>
> イートン校って所謂「おぼちゃま学校」なんでしたっけ?

パブリックスクールの中でも、立地がウィンザー城の川向いっす
からねぇ。当然オックス/ブリッジに進むのがオウドウも、
デヴィッド師は大学へ進まず渡豪して牧場で修行したそうな。

>> 南アにはニッサン冠のG1レースがありましたっけ。
>
>  へーっ。GBあたりでも平地グループレースではないと思いましたが、日系企
> 業がスポンサードしていた記憶が。

ODAライクに現地の感情を和らげるための手だと考えれば、別に
GRでなくても。南アには Nissan Challenge/SAF-G1 の他に
Datsin Nissan H/SAF-LR、Nissan East Cape H/SAF-LR など、
複数のスポンサードレースがありました。

>> メジロラモーヌもかなり極端でしたが、メジロドーベル、ファレノ
>> プシスと、日本でもこの手の「女傑」が増えてきてますねぇ。
>
> メジロドーベルの場合、4歳秋にオールカマーとか勝っていましたよね。

殿下の Borgia:Elle Danzig = エアグルーヴ:メジロドーベル
説に賛成。(^^;

>  ブリーダーズカップ・ステープルチェイスなんですが、休止前はしばしばフ
> ェデリコ天塩氏が競馬ブック誌上に観戦記などを書かれていました。朧な記憶
> では1990年代初頭にはGB調教のMolly Streetが2連覇していたと思います。

Morley Street …かな。Deep Run は結局後継を残せなかったか?
 # ナショナルハントで子孫へ繋いだ種牡馬(父系に限らず)
   ってどの辺だろう??


レスで〜す!(剽窃) 投稿者:  投稿日:11月24日(金)21時32分39秒

▼まはる殿下。
> Kona Goldの配合を手掛けたという人の話が載ってた。
> #More Than Readyの配合にも関わった人みたい
> やはり当初は配合がちゃんと嵌ればベルモントを勝てるスタミナがある、と
> 考えてたけれど、実際スタミナ馬を重ねるような配合からは得てしてスピー
> ド馬が出てしまうという例に嵌ったみたいなことを書かれていたです。
アノウマ
粉金は Papyrus 〜 Tracery を効果的に凝縮した「捲リーン臭い」
配合ですけど、母側考えればスピード馬に出るのは Alydar と。
でも確かに、これで長めに出てたら、もっと強い馬になってた
ような気はせで Monashee 。

> #日本にはその絶好のサンプルがおりましたな(笑)

ああ、栄進華盛頓はカリッカリにチューンされとりましたからねぇ。
煮崩れどころか、すり潰して裏ごしして…。(^^;;

> 言語系統図では、バスクとかはどの辺に入るのでしたっけ?

バスクは由来不詳の「サラ系」でありましょう。

> ただまぁ、アメリカの場合「それでも認めてやるか」的な桁外れ牝馬は時折
> 出て来ますからねぇ。Ruffianなんかはその列に入れたらんとイカンでしょう
> し。Serena's Songの重賞17勝というのも凄いけど、それを骨折しながらアタ
> マ差押さえたFlandersとかも一応凄いと思う。

「牝馬限定戦の発達した米や仏の牝馬は相対的に弱い」とは思わずとも、
「それらのチャンピオンに対しては、ダウトの余地もある」とは
言えるでしょうな。Salsabil がダウトの余地少ないのと比べっと。

 # 3歳(2yo)牝馬戦の話は別の意味で面白そう。牡馬にとっての
   早熟性と牝馬にとってのそれとは、随分違うものですし。


▼亜美さん
> 実はね、ウチのiMacの中には、こびとさんが住み着いていて、悪戯をするんだよー(ーー;)
> ヾ(@^▽^@)ノわはは

オレンジ iMac のこびとさん、駆逐されたんでしょうか? (/_;)

昔から、林檎は中にこびとさんがいてこそ、ですよぉ。
最近でも Cube の上面電源スイッチが敏感すぎて勝手に入ったり
切れたりするみたいで(どっかの牛もそうだっけ ^^;;)。

たまーに勝手に直してくれたりもするので、気長にお付き合い
されますよう。m(_ _)m


今朝は風が冷たかった 投稿者:A.F.  投稿日:11月22日(水)16時48分07秒

 >団亭氏

>うーん、主流と呼べるのはやっぱり長女 Molly Desmond から
>Sister Sarah を経てカナダに渡るルートではないでしょうか。

 どうもカナダに行ってしまうと本流というイメージがなくなる・・・。

>最近は Kamar やその全妹 Love Smitten の分枝、少し離れて
>Balidaress 分枝あたりが中核になってますよね。

 上のはSwainとか、下のはシャダイード(書けん Shadayyed?)とか出る芦
毛牝系と化したやつですよね。

> # この辺りはもう少し勉強しないと、*ハンターコムの項が
>   書けないなり。ご教示乞う>All & others

 そう言えばかつての社台スタリオンはPretty Pollyの牝系が多かったのでし
た。

>さて、人の方はユーステス・「ラッキー」・ローダー閣下
>からどういうルートを通っているんでしょうねぇ。

 デヴィド師で何代目になるのでしょうか。

>だったと思います。ただ、エヴリは3歳馬オンリーのQ舎っぽく、
>Noverre あたりも来年は瓶スルールQに移るのではと。

 あーあ、せっかく2歳の秋から馴致・調教して3歳のデビューに漕ぎ付けた馬
達を4歳クラシック前に取り上げられちゃうんだ。そう言えばチャノンQ@元
有名フットボーラーのTobouggもスルールQになっちゃうのでしょうか。

>あ、プレスコットQはデヴィッド師が最初に入門した所らしいです。
> # やはり父親がらみか? <イートン校出のデヴィッドくん

 イートン校って所謂「おぼちゃま学校」なんでしたっけ?

>その後J.シェパードQで Storm Cat、J.ラッグQで Most Welcome を
>手がけ、92年開業、Desert Prince で名を売った…と田島芳郎氏の
>「ホースメン名士録@書斎の競馬」にあります。

 確かMaringがラッグQでしたね。あの馬1992年の4歳世代。独立前の3歳時に
はスタッフだったのかな。

>南アにはニッサン冠のG1レースがありましたっけ。

 へーっ。GBあたりでも平地グループレースではないと思いましたが、日系企
業がスポンサードしていた記憶が。

>内向きの表記と外向きの表記とが違うのって別に構わないような
>気もしますが。区切りで言うと、南半球の話もありますし。

 Katze氏と会話するときに混乱する(苦笑)。

>ウェールズ語の保護伝承運動はかなり盛んだとか。スコットランド
>は民族も言語もずっとイングランド寄りですから、その中でウェー
>ルズが残っているだけで大したものではないかと。

 ウェールズもケルト系なんですよね。

>そいえばG1を10勝の Serena's Song でさえ、牡馬に勝ってのG1は
>ハスケル招待Hだけでした。

 牝馬限定戦が豊富にあるとよほど強くないと牡馬に挑みませんからね。この
点、ある意味保守的なUSAの体質が出ている気がします。

>メジロラモーヌもかなり極端でしたが、メジロドーベル、ファレノ
>プシスと、日本でもこの手の「女傑」が増えてきてますねぇ。

 メジロドーベルの場合、4歳秋にオールカマーとか勝っていましたよね。

 >Ken Morimotoさん

 「もきち倶楽部」に対するコメントをここに書くのもなんですが板はお持ち
ではなかったですよね。

 ブリーダーズカップ・ステープルチェイスなんですが、休止前はしばしばフ
ェデリコ天塩氏が競馬ブック誌上に観戦記などを書かれていました。朧な記憶
では1990年代初頭にはGB調教のMolly Streetが2連覇していたと思います。こ
の馬、本国ではステープルチェイスではなくハードルで活躍していた馬でした。
グランドナショナル開催のエイントリー・ハードルを3連覇だったか。平地で
も長距離グループレースを惜敗したりしていて、飛越の巧さよりも平地の脚力
で勝負するタイプのようでしたが。

 #GBのハードルは平地崩れの馬の参戦が多くてSadler's Wellsとかの産駒が
  大活躍しています。でもMolly StreetはDeep Run産駒で多くのステープル
  チェイス馬と同様に最初から障害馬として生産された馬のようです。


わぁ〜(*^.^*) 投稿者:亜美  投稿日:11月22日(水)12時37分25秒

wilde katzeさん>こびとさんだぁ〜(^○^)
実はね、ウチのiMacの中には、こびとさんが住み着いていて、悪戯をするんだよー(ーー;)
ヾ(@^▽^@)ノわはは

σ(^_^)の、器なんて、こびとさんの小指よりも小さい〜☆彡

北海道いってきまーす(^o^)/~
 

http://www.ami666.com


某海外MLで 投稿者:魔春  投稿日:11月22日(水)10時45分30秒

Kona Goldの配合を手掛けたという人の話が載ってた。
#More Than Readyの配合にも関わった人みたい
やはり当初は配合がちゃんと嵌ればベルモントを勝てるスタミナがある、と
考えてたけれど、実際スタミナ馬を重ねるような配合からは得てしてスピー
ド馬が出てしまうという例に嵌ったみたいなことを書かれていたです。
#日本にはその絶好のサンプルがおりましたな(笑)
ただ、会心の配合と本人が思っていた訳でもなく、実際5歳になって表舞台
に表れてから自分が配合した馬だと思い出した感じだったらしいっすね(^_^;;

さや様>
言語系統図では、バスクとかはどの辺に入るのでしたっけ?

> そいえばG1を10勝の Serena's Song でさえ、牡馬に勝ってのG1は
> ハスケル招待Hだけでした。
> Riboletta だって(少なくとも北米では)みな牝馬限定戦。

ただまぁ、アメリカの場合「それでも認めてやるか」的な桁外れ牝馬は時折
出て来ますからねぇ。Ruffianなんかはその列に入れたらんとイカンでしょう
し。Serena's Songの重賞17勝というのも凄いけど、それを骨折しながらアタ
マ差押さえたFlandersとかも一応凄いと思う。
#まぁ2歳戦の価値をどう置くかだけど、Serenaってそれこそ特に晩熟とい
 う訳でもなく、ず〜っと強かったからなぁ
あとは当然、Personal Ensignなんかも。


Res(2): 投稿者:  投稿日:11月21日(火)18時03分32秒

▼A.F.師
>>ちょうど仏3歳牝馬重賞を連勝中の Perfect Plum は、母が Marwell の半妹、
>>オーナーが Sir Edmund Loder …この人ですね。
>
> その通りです。Pretty Polly系の主流を現在まで押さえているといっていい
>ような気がします。

うーん、主流と呼べるのはやっぱり長女 Molly Desmond から
Sister Sarah を経てカナダに渡るルートではないでしょうか。
最近は Kamar やその全妹 Love Smitten の分枝、少し離れて
Balidaress 分枝あたりが中核になってますよね。

三女 Polly Flinders の子孫では、確かに My Game 分枝(中でも
Marwell)が中心だと思いますが。
他にはかつての Life Sentence 分枝、最近だと Habituee 分枝が
元気か。ひょっとしてあの辺もローダー家と関係あるのかな??

 # この辺りはもう少し勉強しないと、*ハンターコムの項が
   書けないなり。ご教示乞う>All & others

さて、人の方はユーステス・「ラッキー」・ローダー閣下
からどういうルートを通っているんでしょうねぇ。

>> # 同じく卿のプレスコットQなのか。ゴドルフィンに混じってローダーQ
>>   というわけには行かないのね。
>
>  ローダーQってゴドルフィンの馬しか入らない完全な専属契約なんでしたっけ?

だったと思います。ただ、エヴリは3歳馬オンリーのQ舎っぽく、
Noverre あたりも来年は瓶スルールQに移るのではと。

あ、プレスコットQはデヴィッド師が最初に入門した所らしいです。
 # やはり父親がらみか? <イートン校出のデヴィッドくん
その後J.シェパードQで Storm Cat、J.ラッグQで Most Welcome を
手がけ、92年開業、Desert Prince で名を売った…と田島芳郎氏の
「ホースメン名士録@書斎の競馬」にあります。

>> 不況でも変わったりやめたりしないのは、意外にスポンサリングの比率が
>> 低いのかな??
>
> JRAの場合賞品は出すけど賞金は出していないでしょう。

そうか、それじゃスポンサーと言っても…合点がゆきました。

>> トヨタ杯中京記念というのが、唯一の非マスコミ・鉄道系スポンサーなので
>> しょうね。
>
> そっかトヨタがあったか。そう言えば「トヨタ・ブルーグラス・ステークス」
>なんですよね。

南アにはニッサン冠のG1レースがありましたっけ。

>> ってゆーか、いまさら「2歳」かよ、と。3歳と2yoを無理に揃えちゃうと、
>> もう数え年じゃないし、かと言って満年齢でもない。
>
> でも国際標準ではないのは確か。どこかで区切りをつけなくてはならないの
>で満年齢で数えるのは不適切ですが、国際統一は望ましいでしょう。

内向きの表記と外向きの表記とが違うのって別に構わないような
気もしますが。区切りで言うと、南半球の話もありますし。
 # サラじゃないけど、繁殖シーズンの真っ最中に年齢が
   上がる妙な馬種もあったなぁ。(^^;

> GB、IRE、USAにメートル方に改めて欲しいものです。特にGBの1ストーン=14
> ポンド表記は判り辛し。

鞘はいまだにいちいち換算式を使っています。(^^;

>  それにしてもウェールズ語なんて現代のウェールズの若者はわかるのでしょ
> うか。ウェールズってスコットランドと比べるとはるかに独立精神が希薄なよ
> うですし。

ウェールズ語の保護伝承運動はかなり盛んだとか。スコットランド
は民族も言語もずっとイングランド寄りですから、その中でウェー
ルズが残っているだけで大したものではないかと。

>> ※ *イングリッシュプリンスは愛国産の愛ダービー馬(爆)
>
> でもウォルウィンQ@GB調教。

あははっ。

>> 逆に、自分で「独セントレジャー」と書くのも面白い文化だと思いますね。
>> さすが国際開催を始めた国だ。
>
>  サラブレッド競馬については真似だと自覚しているのでしょう。

潔し。それでちゃんと自分は別路線を開拓するわけだからなおよしか。

>  牝馬限定戦はGBもフランスと比べると少ないような印象があります。牝馬戦
> が多いと言ったらなんと言ってもUSAでしょう。恐らく90%以上の牝馬が生涯一
> 度も牡馬と対戦することなく、競走生活を終えていると思います。

そいえばG1を10勝の Serena's Song でさえ、牡馬に勝ってのG1は
ハスケル招待Hだけでした。
Riboletta だって(少なくとも北米では)みな牝馬限定戦。

メジロラモーヌもかなり極端でしたが、メジロドーベル、ファレノ
プシスと、日本でもこの手の「女傑」が増えてきてますねぇ。

 # ああクリフジ、スターロッチ…。


Res(1): 投稿者:  投稿日:11月21日(火)18時02分40秒

▼GURU@偏屈翁
> 同じ印欧語系に属していながらここまで違うとは、系統的にはつながって
> いても内容は途中ですっかり変化しているということを「系統樹」的発想
> に警告するものでしょうか。。。(^_^;;)

いやはや、恐れ入ります。(^^; おまけに「母系図」でしたか。

> 全然関係ないですが Elle Danzig はやたらと強かったみたいですね。
> 「牝馬限定戦を整備しない方がむしろ強い牝馬が出る」のか???

問題は、それが「次に繋がる種類の強さか否か」を判断することかも
しれませんけれど。ズミやん、くじけるでにゃあ…。


▼山猫先生

鞘はドイツ訛りの英語さえよう気付かんのですわ。

> という前置きで下の鞘氏の数字ですが意味わからず。。。。
> 独馬は牡馬5頭淘汰されるあいだに牝馬3頭淘汰されるってことかな?

そこまで具体的なイメージや実像を描いていたわけではないです。(^^;
真面目に選抜強度を表現しようとすれば、やはり遺伝子頻度を
比べてみるしかなさそうで、たちまち手に余りますゆえ。

> ドイツの場合、淘汰されても他の利用目的が未だあるかも
> (肉化以外でも)。でも それでもサラ以外のほうが それなら
> 乗馬とかペンション馬には適してるだろうね。

どこかで独仏の生産頭数比較記事を読みましたが、サラの生産は
仏が独の2倍、重種その他を合わせると独が仏の2倍という感じ
でした。
肉は重種の方が柔らかいんですよね。<だから肉はやめろって (- -;;

> 矢張り いい繁殖牝馬の多くは2歳戦から取り敢えず走ってる。
> 早熟だということかな。だからSommernacht なんかも3歳さっぱり
> だったけど まああれはあれでいいのかなあ、とか。
> 牡馬も案外古馬になってからの成長が少ないんじゃないかなあ。
> 独血強いのは特に。高いレベルを持続出来る馬はいても(Oleanderしかり)

なるほど要チェック。
A.F.師的には、当然育成・調教の違いも重要でしょうか。


書きかけで遅くなりました 投稿者:A.F.  投稿日:11月21日(火)12時26分03秒

 >団亭氏

>申し訳ありません。どんな話題のお相手であろうと、お客様には
>「ゆくーり」してっていただきたいです。(^^;

 いろいろと苦労ななされていているようで。

>あ、本当だ。上のヤマタケポロンや、ミマタオーさんご出資のシルク
>フリージアも畠山牧場→畠山重則Q舎でした。

 現2歳はマル市なもので、そのラインからは外れて田中清Qみたいです。

>ちょうど仏3歳牝馬重賞を連勝中の Perfect Plum は、母が Marwell の半妹、
>オーナーが Sir Edmund Loder …この人ですね。

 その通りです。Pretty Polly系の主流を現在まで押さえているといっていい
ような気がします。

> # 同じく卿のプレスコットQなのか。ゴドルフィンに混じってローダーQ
>   というわけには行かないのね。

 ローダーQってゴドルフィンの馬しか入らない完全な専属契約なんでしたっ
け?

>ラスヴェガスみたいなのから、いろんなサイマルキャストがあるようで。
>今年のBCは史上2番目の入りでも7万強ということですし、場外比率も
>それなりにあるのではと。

 最近のストローナーク氏の大競馬場統合の動きはともかく、各州の競馬場経
営の独立性が高くて全国発売場外なんてのはラスベガスとかのカジノ認可地域
位しかないのではないでしょうか。別競馬場でのサイマルキャストはともかく、
広い国土の割に場外馬券は少ないような気がします。マンハッタンにはOTBが
結構ありますが。一般的にはアメリカ競馬の場外比率って大井競馬並みではな
いかと。

>Linamix 以前だと、Resless Kara(1985 f by Akarad ― 仏オークス。
>母父は Bolkonski (^^)/ )も彼の持ち馬。
>ロマネ氏(息子の方)がフランスガロの設立に伴って、商業的センスと
>政治力のあるラガルデール氏を会長に招いた、という所なのでしょうか。

 sとlの間にtが入るのではないかという馬名ですね。そうそう、ラガルデー
ル氏ってどこか忘れましたがフットボールクラブの会長だったかと見たことが
あります。

>不況でも変わったりやめたりしないのは、意外にスポンサリングの比率が
>低いのかな??

 JRAの場合賞品は出すけど賞金は出していないでしょう。

> トヨタ杯中京記念というのが、唯一の非マスコミ・鉄道系スポンサーなので
>しょうね。

 そっかトヨタがあったか。そう言えば「トヨタ・ブルーグラス・ステークス」
なんですよね。

>あと昔はJTジョッキーズグランプリとか、有馬の日にやってお
>りましたな。

 いつからスポンサーを降りたのでしたっけ? 騎手は喫煙者が多いようで。
前にオフで言いましたが、競馬マニア系のオフでは喫煙者は妙に少ないです。

>ってゆーか、いまさら「2歳」かよ、と。3歳と2yoを無理に揃えちゃうと、
>もう数え年じゃないし、かと言って満年齢でもない。

 でも国際標準ではないのは確か。どこかで区切りをつけなくてはならないの
で満年齢で数えるのは不適切ですが、国際統一は望ましいでしょう。

>ヤードポンド法に直すような態度だと思います。

 GB、IRE、USAにメートル方に改めて欲しいものです。特にGBの1ストーン=14
ポンド表記は判り辛し。

>Englishman ですか。こうなると、Scottish や Welsh, Irish とは厳然たる
>区別があったり。…そ言えば、馬名で English 〜 ってあんまり無いような。

 人間のアイデンティティとしてはスコッツの意識なんかは強いでしょう。そ
う言えばEngrish以外のBritishホースマンてどの程度いるのでしょうかね。
Scottishと明確に知っているのはウイリー・カーソン元騎手位です。最近セリ
の落札者でよく目にするジョン・ファーガソン氏は名前からしてスコッツぽい
ですが。Welshなんて聞いたことないかも。

 それにしてもウェールズ語なんて現代のウェールズの若者はわかるのでしょ
うか。ウェールズってスコットランドと比べるとはるかに独立精神が希薄なよ
うですし。

> ※ *イングリッシュプリンスは愛国産の愛ダービー馬(爆)

 でもウォルウィンQ@GB調教。

>逆に、自分で「独セントレジャー」と書くのも面白い文化だと思いますね。
>さすが国際開催を始めた国だ。

 サラブレッド競馬については真似だと自覚しているのでしょう。

 牝馬限定戦はGBもフランスと比べると少ないような印象があります。牝馬戦
が多いと言ったらなんと言ってもUSAでしょう。恐らく90%以上の牝馬が生涯一
度も牡馬と対戦することなく、競走生活を終えていると思います。


ザクセン訛りって 投稿者:wilde katze  投稿日:11月20日(月)21時02分40秒

ほんと田舎臭く思うんだけど、うちの娘も既に
そうなんだよね。。

e の発音が o に近く、ei を標準語では《アイ》なんだろうけど
《エイ》と読むので、Zwei (2の意味)は 《ツヴォイ》。それが
さらに訛って《ツヴォー》って感じ。
あと ch が sch の発音に極めて似ていて Kirsche(教会)と
Kirche(さくらんぼ)が区別できないっす。

あとスペインのスペイン語(Castillano)は s が英語の
th で発音されるから nosotros(我々の意味)とか とても
舌っ足らずに聞こえる。メヒコとかクーバは(地域にもよるが)
話すの早いな。コロンビアは僕には聞き易い。エクアドルは
のんびりしてるね。気候によってもかなり差がでそう。

という前置きで下の鞘氏の数字ですが意味わからず。。。。
独馬は牡馬5頭淘汰されるあいだに牝馬3頭淘汰されるってことかな?
ドイツの場合、淘汰されても他の利用目的が未だあるかも
(肉化以外でも)。でも それでもサラ以外のほうが それなら
乗馬とかペンション馬には適してるだろうね。

牝馬限定戦の少なさは比較したこと無いのでわかりませんが
あれだけ良質の牝馬生産(by A.F氏の山野氏の記事)にカルトな
情熱持ってるなら 牝馬走って当然!なんだろうけど。
限定戦少ないとすれば牝馬は繁殖の為と徹底されてて 3歳で
牧場へ戻すという考えの基準があり、最近気付いたけど
矢張り いい繁殖牝馬の多くは2歳戦から取り敢えず走ってる。
早熟だということかな。だからSommernacht なんかも3歳さっぱり
だったけど まああれはあれでいいのかなあ、とか。
牡馬も案外古馬になってからの成長が少ないんじゃないかなあ。
独血強いのは特に。高いレベルを持続出来る馬はいても(Oleanderしかり)
NT産駒がいわれてたような一皮二皮むけるようなことの意味の
成長力はあまり無いような。


言語系統図 投稿者:GURU@偏屈爺  投稿日:11月20日(月)17時55分22秒

たいへんご苦労様です>鞘次郎様

同じ印欧語系に属していながらここまで違うとは、系統的にはつながって
いても内容は途中ですっかり変化しているということを「系統樹」的発想
に警告するものでしょうか。。。(^_^;;)

#ただ言語は「母語」なので、サイアーラインより牝系になぞらえる方が
 適切かも知れませぬ(揚げ足取り)。

全然関係ないですが Elle Danzig はやたらと強かったみたいですね。
「牝馬限定戦を整備しない方がむしろ強い牝馬が出る」のか???


レスつづき 投稿者:  投稿日:11月19日(日)21時09分30秒

▼山猫先生
> Herbststuten Rennenは Neussでの開催でErinerrung-Rennenは
> Krefeldで Deutscher Stutenprisは戦後最初Muelheim(ディアナも)
> その後Hannoverかな。そうなると普通前記2レースが古馬開放か?と
> 思うじゃない、が違うんだな。もっと変則的っす。

秋牝馬賞=ノイス牝馬賞でしたか。まさか、独牝馬賞はもともと
秋の開催ではなかったということなのかな。
そういえば、独1000ギニーもいつから名前が変わったのか知らないっす。
大体、Schwarzgold 以前は何と言うたのでしょう? <便乗質問

ドイツの牝馬限定戦の少なさって、多くのレースが牡/牝の2レース
セットで組まれているフランスとは、対照的ですね。
鞘は、ドイツの一流牝馬はいずれ牝馬限定戦を離れ牡馬に伍して
戦って行くので(例:Las Vegas、Gondola、Indica、Elle Danzig、
ボルジア Borgia)、淘汰圧も高い水準にある、と認識しとりますが。
度のキツい主観=妄想眼鏡を通すと、こんな感じに見えたり。

      牡馬 牝馬
  独国   5  3
 欧州他国  4  2
  日本   4?  1 (数字は鞘の感覚的淘汰圧)

日本では分母が大きい割に、それが選抜と再生産に活かされていない感。
ゆえにこそ「隔世遺伝」が日常茶飯事になるとも言えるか。
 # それもまた、馬券や一口馬主など刹那的には楽しいのですけれど。
   肉が食べたいとは思わないし。<顰蹙


▼亜美さん
> こんにちは☆彡
> 相変わらず、こちらの話題に付いてゆけず、書き込みも出来なかった亜美です。

どもどもです。「競走馬は血統だけじゃない!!」と仰る亜美さんが、
こんな所まで読んで下さるだけで感謝感激ですよん。

> 12/3。うちのユメが中山で、走る事が本日決定しました。

お、楽しみにしてます。そうそう、ユメミルアミーの祖母の父は
南アの名馬 Hawaii なんですよねぇ。なかなかイイ位置だ。


そうそう、亜美さんに倣って、この掲示板は「愚痴・批判・討論」のみ
で形成したいわけではない、ということだけは記しておきますわ。(^^;;
>All & others


本線がワイドで41倍も付いたのに 投稿者:  投稿日:11月19日(日)20時51分40秒

買ってない自分に鬱だカキコもう…。


▼GURU@偏屈翁
> それにしても Cornish って、火星人の言語じゃあるまいか。。。
> あれでも印欧語系? それともケルト人は違うのだろうか???

んでは有史以来最大の一族について、父系図の一部をば。

インド・ヨーロッパ語族 Indo-European
  ヒッタイト語派 Hittite … 絶滅
  トカラ語派 Tocharian  … 絶滅
  インド語派 Indic
  イラン語派 Iranian
  ギリシア語派 Greek
  バルト語派 Baltic
  スラブ語派 Slavic
  アルメニア語派 Armenian
  アルバニア語派 Albanian
  イタリック語派 Italic
  |  オスク・ウンブリア語群 Osco‐Umbrian … 絶滅
  |  ラテン・ファリスキ語群 Latin‐Faliscan
  |    ラテン語 Latin       … さしずめ母父はギリシア語か (^^;
  |      → ロマンス諸語 Romance / romanisch / roman
  |        (フランス、スペイン、ポルトガル、
  |         イタリア、ルーマニアの各言語)
  ケルト語派 Celtic
  |(大陸)             … 5c以後はラテン語系の母方に入って生きる
  | | ゴール(ガリア)語 Gaulish
  | | ケルト・イベリア語 Celt-Iberian
  |(島嶼)
  |   ブリタニック諸語 Brittonic / Brythonic
  |   | ウェールズ語 Welsh    … 英語の侵攻に対する奮闘振りは特筆もの
  |   | コーンウォール語 Cornish … 18c終わりに駆逐も、最近復活運動
  |   | ブルトン語 Breton     … @ブルターニュ。仏語と併用される
  |   ゲーリック語 Gaelic / Goidelic
  |     古期アイルランド語 Old Irish
  |       スコットランド・ゲーリック語 … スコットランド英語へ
  |       マンクス語 Manx    … @マン島。WW2後、英公教育によって死語化
  ゲルマン語派 Germanic
     東ゲルマン語 → ゴート語
     北ゲルマン(ノルド)語 → アイスランド語、ノルウェー語、
     |       フェロー語、スウェーデン語、デンマーク語
     西ゲルマン語 → ドイツ語、オランダ語、英語、フリジア語


なんだか冠名特集やってる気分。(^^;;

セルティックが火星語的(嘘)になるのは、アクセントが語頭にある
ため語末から消えていくとか、鼻音が変わるとか色々あるんだ、とは
友人@似非言語学徒の談。

 ※ ケルト語派には[k]音の表記に基づく以下の分類もあるようです。
     (q-群)ゲーリック語
     (p-群)ゴール語、ブリタニック諸語
   「馬 equus@羅」なら equos@ゲ/epos@ブ という具合で。

上の父系図ではロマンス諸語が、西欧における嫡流っぽく見えますが、
実際はゲルマンxイタリックの国際外交言語たる英語が強くなっている
わけで、面白いもんです。《戻し交配》もあるしなぁ。(^^;
ひょっとすると21cには旧植民地諸国や華僑進出先でのクレオール語
(pidgin English とか)が最大勢力になっているやもしれませぬ。


そういうときはの、 投稿者:横丁のご隠居  投稿日:11月19日(日)06時00分56秒

亜美どの、
書く事がない時はの、某所でチョイとだけ流行った、これが良いぞ。

特に書く事はないので、私も足跡を…べたっ ☆べたっ☆ べたっ☆


なんか こう 投稿者:wilde katze  投稿日:11月18日(土)22時33分46秒

亜美氏の人間の器の大きさってゆうか
度量の大きさなんか見てると俺なんか
この内の一つで精々だな

http://www.domain.ch/gartenzwerge/Zwergenverkauf.htm


ご無沙汰してます。 投稿者:亜美  投稿日:11月18日(土)02時01分45秒

こんにちは☆彡
相変わらず、こちらの話題に付いてゆけず、書き込みも出来なかった亜美です。
( ̄@jj ̄;)!!(いい加減!!覚えろっっ!!って・・・)

12/3。うちのユメが中山で、走る事が本日決定しました。
自分のHpでも、まだ言ってない・・・( ..)ヾ ポリポリ

鞍上は・・・船橋の主「田部騎手」です(^○^)
ま・・・のほほ〜ん。と人馬ともに、無事完走を願う次第でございます。 (。・_・。)ノ

あれれ?↓ご隠居様がおられる〜〜ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

http://www.ami666.com


All Green 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月18日(土)01時02分10秒

「八・索・栄」で「緑一色」だとIrishの色ですね、確かに。
セントパトリックの日は何でも緑色で緑のビール(Cwrw!)もあります。

まあそれはともかく、アーサー王の最後のところもですが、「赤い顔」した王子が船で西に向かったり、どうもアイルランドの人がアメリカ大陸に多く渡ったのにはこうした民間伝承も関係しているかもしれないという気がしてきています。「コブトリじいさん」「浦島太郎」「かぐや姫」といった話の類似性やそのた諸々の日本や東アジアとの類似性も感じられて何かとても不思議な世界です。庶民はどこでも同じような発想をするものなのか、それともじわりじわりと伝わったものなのか...読む本がまた増えそうだ。


Pentathlon 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月18日(土)00時50分17秒

>katze様、

Biathlon(スキーとライフルの2種競技),
Triathlon(水泳、バイク、マラソンの3種競技),
Pentathlon(陸上の女子の5種競技、または近代5種競技),
Decathlon(陸上男子の10種競技)、

などと使われていますが、これはやはり元はギリシャ語ではないですかね。
Athlon→Athlete(または逆)という関係だと思います。


Das Starloch /椋鳥の巣 投稿者:wilde katze  投稿日:11月17日(金)23時41分50秒

って最初タイトル書いてたのに変えてしまってた。。。下のカキコ

》鞘氏
Herbststuten Rennenは Neussでの開催でErinerrung-Rennenは
Krefeldで Deutscher Stutenprisは戦後最初Muelheim(ディアナも)
その後Hannoverかな。そうなると普通前記2レースが古馬開放か?と
思うじゃない、が違うんだな。もっと変則的っす。
しかし今は時間無いので又の機会に。。っていうか僕も
あまり詳しくはわからない。


てっきり 投稿者:GURU@偏屈爺  投稿日:11月17日(金)19時48分18秒

「八・索・栄」かと思ってました > パーソロン (^_^;;
#だってそういう名前のスナックが私の家の近くにあったのだ。

それにしても Cornish って、火星人の言語じゃあるまいか。。。
あれでも印欧語系? それともケルト人は違うのだろうか???


*パーソロンも*ファバージも読み違えなのね 投稿者:  投稿日:11月17日(金)09時20分53秒

1/4異系話はしばらくお待ちを。
JRA番組話もカバーできてないので、UK馬名方面で小噺でも。

【中央→辺境】

Welsh って言葉は、*タイキシャトルや Second Empire の母親
なんかでよく見ますが、ウェールズ人にしてみれば軽蔑の情を
感じる語のようですね(「シナ」「東夷」みたいなものか)。
胴元がとんずらこく時も "The bookmaker welshed on winners."
なんて言うとか。

【辺境→中央】

Lochnager 〜〜 Lochsong なんてのはスコッチ(ゲール?)由来
の名前ですな。ネス湖が Loch Ness。

魔春さんがスターロッチ解説ページを starloch とされてる
(※ 由来自体は Craigdarroch)のも、「洒落が細かいなぁ」と
感心しておりました。(^^;;


Cwrw 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月17日(金)03時39分13秒

Welshのようですね。検索結果は以下のようになりました。発音出来んが...

cwrw [cyrfau, m.] (n.) ale, beer


便乗質問です 投稿者:今日も終電  投稿日:11月17日(金)03時21分57秒

長年その名をどのように発音するのかわからなかった
1812年の英2000ギニー勝馬 Cwrw も、もしかすると Welsh なのでしょうか?

何卒 御教示いただければ幸いです。

http://www.studbook.aust.com/ajcisb/asp/Pedigree.asp?hid=6409


5月5日の謎 投稿者:住之江琵琶子  投稿日:11月17日(金)02時43分43秒

府中では「くらやみ祭」というイベントが行われます。
そのため5月5日は開催できないのです。

http://www.btypeweb.com/


何か 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月17日(金)01時36分47秒

マイルCSの3歳と古馬の斤量差が1kg差とか、2歳の牡牝差の斤量差1kg差とか疑問が残る。
PDFでは説明らしいものがなかったな。

ここ1週間で1000頭も追加してしまった。


ウエルズ語? 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月17日(金)01時17分45秒

ウエールズ語ですね、以前沢蟹さんに突っ込まれたのにまた書いてしまった。
オッサンは頭が固いのでなかなか直らないね、レース名も付いて行けんぞきっと。


5月5日は、 投稿者:Ken Morimoto  投稿日:11月17日(金)01時07分59秒

下のURLですね。

>魔春様、
>ウェールズ語馬名ってあるのかなぁ? 

プリークネスの勝ち馬
1904 Bryn Mawr (Hildebrand/W.F. Presgrave)
は間違いなくWelshです。これはフィラデルフィア郊外の地名で、元はウエルズ語のBig Hillという意味だそうで、BrynがBigでMawrがMountainかと思ったら逆でBrynがHillという事のようです。ちなみに発音は「ブリンマー」が近い。
先のLauncelotの関係で今アーサー王関係の本を数冊基礎知識として新書を読んでいますが(これをまず日本語で読んで基礎知識を得ていないと、WEBで書かれている意味が理解できないことが多い)、Cornwallはどうもアーサー王の舞台のようです(もっとも諸説あるけど)。Launcestonなんていう地名もあるし、River Camel、Camelford という地名がアーサー王のCamelotの地と関係有りそうです。そう言えば、Touchstoneと弟のLauncelotの父親はCamelですね。

もう一つPartholonもケルト人の神話に出て来る人物で、英語式にパーソロンと読んでいるけれども、実際には違う発音の様です、ケルト式では。

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/out/evt0201.html


こりゃ大変 投稿者:ミマタオー  投稿日:11月17日(金)00時19分46秒

レース名は3歳→2歳はともかく、かなり変わってますね。
米の、何たらSステークス→Hハンデ→BBCHバドワイザーブリーダーズカップハンデ
のようにならないことを願います。
親子に成績を打ち込むのが大変だったりします(笑)

>WL@スカイファームさま

>5/4(金)と5/6(日)の中1日は何ゆえ?

府中がその日は地元のイベントで使えないからだと思います。
売上面を考慮して、分散開催を防いだのかもしれません。
何せ、給料日の後だからと言って、クラシックの日程を変えるくらいですから・・・


がーん 投稿者:いたろう  投稿日:11月16日(木)21時31分32秒

アドバルーンじゃなかった…。
これじゃおっさんはレース名覚えられないぞ。

http://www.jra.go.jp/joho/pdf/h12bangumi.html


へぇ 投稿者:WL@スカイファーム  投稿日:11月16日(木)18時25分27秒

来年度のJRA事業計画

スタートは1/5からの4日間競馬、ファイナルは12/23有馬。
5/4(金)と5/6(日)の中1日は何ゆえ?

スプリンターズSのステップで新潟に1000mGレース。

秋の裏開催は新潟→福島1開催ずつ。しかしなぜか、未勝利戦は新潟で終了。

オープン競走の出走馬は通算の収得賞金+最近1年の収得賞金によって決められる。

ハンデ戦についてはハンデの重量から馬齢重量を引いた値の大きい馬3頭に優先出走権が与えら
れる。

夏競馬から条件区分が変わって今の900万下が1000万下になる。

ファンサービスの推進に付いての項で、

馬連単、3連複の平成14年度発売に向けての取り組み。
インターネットを利用した投票方式の14年度運用開始に向けての取り組み。
の2点。

詳細は明日の新聞、JRAのHPなどで。


アドバルーン記事 投稿者:いたろう  投稿日:11月16日(木)18時02分38秒

わたしもそう思います。秋華賞の時も、マスコミで流れた第一報では
「ヴィーナスC」という名称でしたからね。

個人的には、××賞とか××杯のようなシンプルな日本語のレース名
がいいですね。特に朝日杯なんて元々は朝日杯だけ(3歳ステークス
が付かない)だったのですから、朝日杯に戻すだけでいいのではない
かと思うんですけど。


ウェールズ語馬名ってあるのかなぁ? 投稿者:魔春  投稿日:11月16日(木)17時24分58秒

鞘さま>
> > 日本のスポンサーってあまり変わりませんよね。マスコミ系多し。で、マス
> >コミ以外の業種となると鉄道系、あとなにがあったっけ?
> 不況でも変わったりやめたりしないのは、意外にスポンサリングの比率が
> 低いのかな??

トヨタ杯中京記念というのが、唯一の非マスコミ・鉄道系スポンサーなので
しょうね。あと昔はJTジョッキーズグランプリとか、有馬の日にやってお
りましたな。
最近の東京開催では日清製粉がスポンサーとして時々ターフビジョンでCF
流してますね。バクチで負けて小麦粉を有効活用するというネタ(下参照)を
思い出さずにはいられないのですが(^^;;

http://village.infoweb.ne.jp/%7Efwgj2934/poor/poor3.html

> >> # 朝日杯フユチリテーも阪神ズブナイルヒリーズも感心せんなぁ。
> > 従来通りの「〜2歳ステークス」の方が良かったですか?

この表記ですけど、最初に報道があって方々で大不評を買ってからというも
のの、続報を耳にしませんね。確か一部スポーツ紙だけの報道だったと記憶
してるので、最近はアドバルーン記事だったんじゃないかと勝手に希望的観
測をしております。

思うのですが、レース名ってフランスみたいにやたらめったら色々洒落たの
を考えるところもあればドイツみたいに無味乾燥指向な所もあって様々です
が、日本ってどちらかといえば後者かも。
その意味では「×歳ステークス」の方がレース名として嵌りもいいし権威も
出てくるような感じはありますね。

> >>British ならともかく、English とは彼らは絶対に付けないでしょう。
> > 本家意識は強そう。でも自分のことを「British」という人はいないそうで。
> Englishman ですか。こうなると、Scottish や Welsh, Irish とは厳然たる
> 区別があったり。

極端なのでは、Cornishなんてのがありますな。
ブリテン島の南西の細く突き出た半島の辺りで。
#まぁ、そういう名前がつくだけ地域独自の文化があるということなんだろ
 うけど。ウェールズなんか、ここまで言葉が違うともう全然ベツモノって
 感じですわ。


板へ最新の掲示板へひとつ前のログへひとつ後のログへトップへ目次へ