心の窓



<一覧表>

  1. 和み編
    1. アメリカ人のルームメイト
    2. ウマ・キモ   
    3. 日本語と英語
    4. 登山家とナンパし   
    5. 転 職

アメリカ人のルームメイト

僕は、リスニングの勉強のため、
いつも、字幕付きのテレビを見ている

僕の66歳のルームメイトは
いつも、字幕付きのテレビを見ている、

きっと、彼も僕と同じように
リスニングの練習が必要なんだろう

だから、たまに僕の英語が
分からないのだろう。


ウマ・キモ in アメリカ


コリアンマーケットに、行った

チキンラーメンが、目の中に
飛び込んできた

この前、食べたのは何時だろう  
手が、チキンラーメンに吸い込まれる

1つ目を、食べた
おいしかった。
何年ぶりかの、味を楽しんだ
 
2つ目を、食べた 
おいしかった。
一年ぶりの、日本の味を楽しんだ 

3つ目を、食べた
おいしかった
けど、気持ち悪くなった。

ウマ・キモ状態で、
ソファの上で、苦しみながら
遙か彼方の日本を、思いながら
満足と後悔の時間が、過ぎていく


日本語と英語


英語が、全く出来ない頃
イギリスに、
自転車旅行をした時のこと

小さな、港町でに着いた頃
自転車が、パンクしてしまった

町中を、自転車を押して歩いていると
自転車屋が、目に飛び込んできた

店のドワを開けて、店員に
「パンクした」と、言った

僕の発音が、良かったのか
彼らに、僕の日本語が通じた

英語の 「pancture」
日本語の「パンクした」  
同じなのだろうか?
それとも、
僕が
関西弁だから?


登山家とナンパ士


登山家に、聞いた
なぜ、山に登るのか
彼は、言った
「そこに、山があるから」

ナンパ士に、聞いた
なぜ、ナンパをするのか
彼は、言った
「そこに、女性がいるから」




Gショックが、ちょっとショック

10年前の事である
ニューヨークのチャイナタウンで
Gショックを、$10ドルで、買った

5年後、東京で電池を換えた
3000円かかった

10年後、大阪でバンドを換えた
2000円かかった

あの時に、4つ買とけば、
良かった
ちょっと、ショック
         


夏から、秋へ
夏から秋へ

過ぎ去る
夏の思い出は、多く

すぐそこにある
秋の思いは、大きい

だけど、財布の中は、寂しい。



内閣総理大臣様へ


 コタツの中で寝る 我が家の犬になりたい
 彼は、世界平和も経済危機も
 失業問題も、気にせずに寝ている。
 
 彼が心配なのは、
 誰が散歩に連れて行くのか?
 誰がご飯を与えてくれるのか?
 
 だけど、その必要は無い
 僕らが、世話するから
 今日も彼は寝ている
 明日も、彼は寝ている

 みんな 我が家の犬のように
 安心して暮らせますように
 お願い致します

 小倉 とおる より


戻る