AMERICA訪問
 今年の夏、小学校からの友達(以下Rさん)とアメリカに住んでいる友達(以下Yさん)の家に行ってきました。アメリカに友達がいるということで、現地での心配はあまりありませんでしたが、飛行機内と、入国・出国審査に不安がありました。入国審査では、順番が最後のほうだったので「審査官も疲れてきてるはずだから、早く終わるんじゃない(^。^)」などと、笑顔でRさんと話していたのですが、逆に疲れていて怖く感じました・・・。
 また、私たちがちょうど空港をでたあたりで、停電がおこり2日ほほど不便な生活をしました。でも慌てていたのは、私たちの家だけだったようです。アメリカの人は、ジャンクフードの食事が多いそうなので、「ガスなどを使わなくても平気なのかも」と、Yさんのお母さんは言っていました。ここで、日本との違いを感じました。もうひとつすごい違いを聞いたのは、車の免許の取得が日本とぜんぜん違うことでした。年齢も早いし、教習所というものが存在しないのです。「そんなんでいいのかと」っと思ってしまいました。