2年目実委ページ

青奉では、主に入団して2年目の団員が中心となって仕事を運営しています。
2年目実委には様々なものがありますが、ここでは、その仕事の中身を少しだけ紹介します。

☆団員募集
 福祉大では、4月の始めに、ビラを配って食堂で説明会をします。
また、東北大ではビラを配っています。
今年は、福祉大のサークル紹介にも出演しました。
実委の仕事は、主にビラを作り印刷することと、説明会のシフト表を作ることです。
食堂での説明会は、2年目を中心に交代で担当します。

☆名簿作成
 青奉では、毎年新入団員の名簿を作っています。
楽しい項目がたくさんあり、団員の事をお互いに知るきっかけとなります。
実委の仕事は、名簿の原稿づくり、表紙の作成、印刷です。
団員数が増えたため、印刷には相当の時間がかかります。

☆お花見
 4月の中旬に、西公園で毎年お花見を行っています。
毎年雨にたたられることが多いようです。
実委の仕事は、飲み物や食べ物の買い出し、前日からの場所取り、当日の仕切りです。
雨が降った場合の対策などが一番難しいところです。

☆春団
 春の団内研修会は、主に新入生との交流を目的として行われます。
実委の仕事は、
研修の内容決め(グループワークやレク〜これを決めるのに多くの時間がかかる)、
場所とり、予算策定、日程決め、必要な物の買い出し、しおりの作成、研修中の仕切りなど
研修の運営にかかわるものすべてです。
1〜2ヶ月前から話し合いを始めます。
昨年、春団の実委を経験した3年目と、2年目が実委を担当します。

☆春団打ち上げ&新歓
 新入生の新歓コンパを、毎年春団の打ち上げを兼ねて、春団終了日の夜に行っています。
毎年、1年生に「気になる先輩は〜」と聞いています。
1年生はスーツ着用も恒例になっています。
あとは、春団の実委のみなさんにプレゼントをあげています。
実委の仕事は、飲み会の場所取り、プレゼントの買い出し、当日の仕切りです。

☆合研
 毎年、宮城県青年赤十字奉仕団と赤門青年手技医療赤十字奉仕団、
石巻赤十字看護専門学校学生奉仕団の3団で合同研修会をおこなっています。
3団の交流が主な目的です。
実委の仕事は、場所とり、予算策定、研修の内容決め(レクや各団の出し物)、日程決め、
必要な物の買い出し、しおりの作成、研修中の進行です。
3団の代表者が集まって、2ヶ月くらい前から話し合いをしています。
年によって、日帰り研修の時もあれば、泊まり研修になることもあります。

☆いも煮
 芋煮とは、毎年秋頃に行われる仙台の恒例行事です。
牛越橋の下の河原では、10月頃あちこちからもくもくとけむりがあがっています。
仙台の芋煮は、里芋、豚肉、他たくさんの野菜を鍋で煮て、味噌で味付けします。
牛肉にしょうゆベースの、山形風の芋煮を同時に行うこともあります。
青奉では、10月頃、毎年芋煮を行っています。
実委の仕事は、主に鍋の材料や食べ物、飲み物の買い出し前日からの場所取り、
当日の芋煮調理です。
    2002年の芋煮実委ノート

☆秋団
 秋の団内研修会は、春団とは少し異なり、赤十字や福祉についての勉強をが主となります。
実委の仕事は、場所取り、予算作成、日程決め、しおりの作成、
研修の内容決め(グループワークやレク〜これを決めるのに多くの時間がかかる)、
当日の司会進行など、研修の運営にかかわるものすべてです。
9月の中旬ごろから、話し合いを始めることが多いようです。
主に、昨年秋団の実委を経験した2年目と、1年目で実委が構成されます。

☆秋団打ち上げ
 秋団終了日の夜に行っている打ち上げです。
秋団の実委にプレゼントをあげています。
実委の仕事は、飲み屋の予約とプレゼントの買い出し、当日の仕切りです。

☆忘年会

☆慰安旅行

☆卒業式

☆卒コン

☆光陽ホーム全体会
 老人福祉サークルで行く演芸会とは別に、2ヶ月に1回程度、光陽ホーム全体会として、
青奉全体の行事として、演芸会や居室訪問などを行っています。
実委の仕事は、その演芸会の企画やレジュメの作成、当日の運営です。

                        光陽ホーム全体会の写真2002/10



戻る
戻る