ここは、としのすけのワインハウス内検索ページです。

ここに気になるワードを入れて検索してください ↓↓↓

としのすけのワインハウス
  としのすけのワインハウス内 を検索


やはりワインにはチーズ。定番のチーズやレアな超高級チーズが殆ど何でも揃っています。

独断・偏見情報満載?(^^;) あなたの蘊蓄の一つに加えて戴ければ幸いです。

【飲んだワインのテイスティングレポート、薀蓄など日々更新中】
としのすけの最新ワイン日記NEW
過去のワイン日記
【ワインの科学】
ワインを科学する「香りが閉じる」ということ白ワインの方が長持ちする?ポリフェノールは体に良いのか?ワインはダイエットに良いか?ワインは悪酔いしやすいか?錫(ピューター)製ワイングラスの威力!?
【ワインを美味しく飲む裏技】
デイリーワインを高級ワインに変える裏技(その1)デイリーワインを高級ワインに変える裏技(その2)デイリーワインをシャンペンに変える裏技赤ワインの飲み頃の目安
【赤ワイン選びのヒント】
今まで飲んだ中での最高の1本フルボディー赤ワインの選び方10点満点ワインちょっと高いけど美味しいワイン感動の9点ワイン2000円以内の美味しいワイン生まれ年のワインを探すメドックの格付けワインを探す大事な方への貢物ワイン?エチケット(ラベル)の可愛いワイン/1000円以内のデイリーワイン/1000円台からのお買い得マルゴー/マルゴーの銘ワイン/カリフォルニアのお買い得名醸品/チリのプレミアムワイン/2000円以内の特選ワイン/ボルドーの白ワイン/ワイン通を騙したくなるワイン/飲みきれる量のワインとしのすけが最新楽天で買ったワイン2004年のトップ10ワイン
【ワインの豆知識】
ワインの体系的整理法クリュ・アルチザンメドックの格付けフランスワインの分類ブルジョア級の格付け(2003年)ブラインドテイスティングのヒントシャトー・ラトゥールの薀蓄(ウンチク)ちゃんとワインを学ぶ
【毎日使ってるんだから間違いない!】
としのすけ御用達のワイングッズワイン評価(HP)の意味・目安

としのすけのお勧めワイン(^^;)

最近飲んだ10点満点ワイン
 リンク HP:10ワインの日記へ

最近飲んだ9点ワイン01
最近飲んだ9点ワイン02
最近飲んだ9点ワイン03
最近飲んだ9点ワイン04
最近飲んだ9点ワイン05
 リンク HP:9ワインの日記へ

過去のコメント(9〜10点相当のワイン)

10点満点ワイン
感動の9点ワイン
ちょっと高いけど美味しいワイン
2000円以内の美味しいワイン
1000円以内のデイリーワイン
1000円台からのお買い得マルゴー
2000円以内の特選ワイン
ワイン通を騙したくなるワイン
エチケット(ラベル)の可愛いワイン
カリフォルニアのお買い得名醸品
チリのプレミアムワイン


生まれ年のワイン検索はとしのすけのワインハウスの売りの機能でしたが・・・ここでも探せますよ。

ワインを科学する

ワインは、神が人類に与えてくれたかけがえのない液体ですが、冷徹に科学の目で見つめますと・・・
基本:約14%のエタノール水溶液
溶存物質:糖(ブドウ糖・果糖・グリセリン)、酸(酒石酸・リンゴ酸・乳酸)、アミノ酸・タンパク質、フェノールの重合物・化合物(主としてタンニン)、芳香成分(超絶に多様)、醸造の際に添加する物質(硫黄化合物、タンパク質等)それらが複雑に化合した物
ということになろうかと思います。

エタノール水溶液に関して言えば、信じられないかもしれませんが、20%程度のエタノール水溶液は、「アルコールの中に水が溶けている」状態です。
これが、10%程度の濃さになると、逆に「水の中にアルコールが溶けている」状態になります。
この差が「舌に感じる刺激」の差の大きな要因です。
ワインは14%なので・・・微妙な所にあるのです。
簡単な実験をしていただくとよくわかると思います。
アルコールのアタックを強く感じるワインを少量の水で割ります。
すると、今までのアタックがウソのように、まろやかに感じるはず。(^^)
でも、エタノールの濃度が同じでもまろやかにする方法が一つだけあります。
それが「熟成」です。
時間が、エタノールと水の立場を逆転させ、舌にアルコールが触れにくくしてくれるのです。
まさに「神の思し召し」?

あとは、他の溶存物質。
(でも、これが実はワインの味や品質を決定づけているのですが)
まず、単純に考えて、
ブドウが完熟している
=糖・酸・アミノ酸・タンパク質・フェノールの重合物・化合物・芳香成分が多く多様
=化学反応量が多く、かつ多様
=よくもわるくも複雑な香味
という図式が成立します。

アルコール(主としてエタノール)は糖が発酵して出来るので、ブドウが完熟しているとアルコールの濃いワインが出来ます。
が、ワイン酵母、普通は14%もアルコールを創ると自らが「アルコール殺菌」されてしまうので・・・食べ残しは「甘み」となって残ります。

また、タンニンが多い
=溶存する酸素と優先的に反応する
=ワイン中の酸素が減る

・往々にしてワインにとって好ましくない化学反応である「酸化」が起こらない=ワインが長持ちする
・酸素が少ない=還元状態での化学反応が進行する=還元状態でしか合成し得ない化合物が出来る=稀少な味になる
という効果があります。
酸素量を少なくするという意味では、硫黄化合物の添加や長いコルク(やプラスチックの栓)を打つのも同じ結果を産みます。

そして極めつけが「熟成」の妙。
長期熟成

・化学反応が平衡(一番収まりの良いところ)に達する=ワインの究極形となる
・水のクラスタがアルコール分子を包む程に大きくなる=水で割ったのと同様、アルコールが舌に直接触れない=極まろ
となります。
一般的に、化学反応は温度によって加速可能ですが、繊細な「フィネス」を生み出す成分は「時間」しか作り出せないモノだと思われます。(^^;)
また、熟成も科学的に促進できる場合もあるようで、樽から溶出するタンニンやリグニンの存在が重要なキーになっているとの報告もあります。

一番の曲者、芳香成分に関しては、複雑すぎてわかっていないようですが、としのすけ的には、テルペン類やエステル化合物の微妙なさじ加減が決定的な差になると見ています。(^^;)

で、結局ですが、世に言う「高級赤ワイン」は、
アルコール濃度は様々ですが、
・複雑な、「化合物の坩堝」
・乳酸が多め
・グリセリンが多め
・アルコール分子が水に包まれている
・芳香成分が多め、かつ多様
といった事が言えそうです。

本格エノロジストの方が読まれたら「苦笑」されるかもしれませんが・・・誤りがあったらご指摘ください。(^^;)


デイリーに飲むワインを探すなら、ここが便利かも。

香りが閉じるということ

「香りが閉じる」という現象、科学的に考えますに、高い香気性物質が、何らかの作用で揮発しにくい状態になっている、或いは、一時的に(中間物質として)香気性の弱い物質になっていると考えられます。
また、一般的に「香りが閉じる」という現象はボルドーの上等のワインに見られるということから、エキス分の濃さ、特にタンニンやポリフェノールの量と関係がありそうです。これらの事から推して、としのすけは以下のような仮説を考えます。

ワインの熟成の過程では、種々の新鮮な香気性エステル類(若いほど良い香りのする物質)が加水分解によって減っていき弱香化する方向の反応(反応A)と、タンパク質、アミノ酸、多糖類の加水分解生成物、ポリフェノールによるアミノ・カルボニル反応に代表されるような香気成分が生成される方向の反応(反応B)が同時に起こっている。
ボルドーワインのようなポロフェノールを多量に含有するワインは、還元状態にあり、加水分解反応は極めてゆっくり進むと考えられるので、反応Bは、加水分解ステップ→香気成分合成ステップとステップが多い分遅れる。
その為、初期(反応Bの加水分解ステップ時)は香りの分解(反応A)スピードが生成(反応B)スピードを凌駕し、香気成分量が減少する。
しかし、ひとたび反応Bの香気成分合成ステップに入ると、カラメル・有機酸類・種々の環状芳香化合物・複雑なエステル類といった所謂「熟成香」の元がどんどん創られ、香りの生成(反応B)スピードが分解(反応A)スピードを凌駕し、香気成分量が増加に転じる。
そして、香りの分解(反応A)スピードが生成(反応B)スピードを凌駕し、香気成分量が減少するピークが、製造後4、5年辺りにくる。
これが、「香りが閉じる」ということではないか。

ワインの熟成、結局のところは、還元状態における種々の分解・合成反応なのでして、コルクの朽ち果てた時が「ビン・ニガー」への転落の瞬間であるわけです。
ですから、
・どれだけ、初期の良いものが残り、後から良いものが創られるか?
・それらのバランスがいかに好ましいものか?
で決まるものと思われます。
特にボルドーは、「後から良いものが創られる」為の原料(アミノ酸やミネラル)が天賦の良さを持っているのでしょうね。
もちろん、卵白による清澄や焦がした木樽による熟成も、原料のバリエーションという意味で非常に大きな貢献をしているものと思われますね。
微妙な量のバランスもとても重要です。
サンテミリオンの厩の香りも、インドールという物質が主犯?と言われていますが、ごく薄いとフローラル系の好ましい香りですし、上等な白ワインに見られる白桃の香りのするラクトン系の化合物は、濃いときは耐え難い油脂の臭いです。


売れ筋のワインがいろいろ紹介されています。

白ワインの方が長持ちする

弱そうな白が長持ちしているという話、ご参考ですが、こんな話を聞いたことがあります。

ワインには必須(ととしのすけは考えている)亜硫酸塩、ボトリング時には、白ワインの方が多く添加されるというのです。
考えて見れば当然で、もともと抗酸化物質を多量に含むフルボディー赤ワインは、亜硫酸塩が少なくてもそれなりに保つが、白はそれが無い分弱い。
だから出荷時にしっかり酸化防止剤を入れておくというのです。
それが、最近の充填技術、コルクの優秀さと相まって白ワインの寿命を凄く延ばしていると。

計算上は、酸化防止に役立つ「遊離型二酸化硫黄」は、瓶詰め時40ppm程度になるように添加し、その後半年程度で有効濃度である8ppm程度に下がるらしいのですが、初期酸素量が少なく、コルクの気密性が高いと、かなり延命するでしょうし、流通が荒っぽくなるようなワインは、安全を考えて、瓶詰め時の初期亜硫酸塩濃度を高めにするといったことも考えられます。


フランスワインの勉強が出来てしまう、お役立ちページです。オススメ。

ポリフェノールは体に良いのか

「赤ワインにはポリフェノールが入っているから体によい」とまことしやかに言われはじめて久しいですね。
1993年に「フレンチ・パラドックス」と呼ばれる「フランス人は毎日赤ワインを飲んでいるから動脈硬化や心臓病の発生が少ない」という発表がなされてから、世界中で一大ブームになったことは記憶にまだ新しいですが、本当に体に良いのか?ということで、少し調べてみました。

ワインに含まれるポリフェノールはフィトケミカル(植物性の色素や臭い成分)の一種で、葡萄の皮や種に多く含まれています。
具体的には、
・タンニン
・リスベラトロール
・アントシアニン
・フラボノイド
・カテキン
等です。

ちなみに、ポリフェノールというのは、特定の物質を指すのではなく、「分子内に複数のフェノール水酸基(ベンゼン環にOH基が複数くっついたもの)を有する芳香族化合物群」の総称で、最近話題の「イソフラボン」「ルチン」「ココア・ポリフェノール」等も全て同じ仲間です。

このポリフェノール、作用としては「抗酸化作用」があることが知られており、血をドロドロにしたり、血栓を出来やすくしたりといった悪さをする「活性酸素」の除去に有効なようで、悪玉コレステロールの酸化(=血液ドロドロ)時間の計測(ポリフェノールを摂取した方がなかなか酸化されない)等で、その効能が証明されているようです。

*悪玉コレステロールの酸化(=血液ドロドロ)のメカニズムは、
血液中の悪玉コレステロール(LDL)が増えすぎると、血管の内側に入り込む
→LDLは活性酸素によって酸化されると、変性LDLとなる
→人の体は変性LDLを異物とみなし、マクロファージ(免疫システム)がはたらく
→変性LDLを取り込んだマクロファージは脂肪分タップリの泡沫細胞となり、血管壁の内側にたまる
→血管がせまくなって詰まる
というもの。
更に悪いことに、
マクロファージは変性LDLを取り込んで活性酸素を放射する
→活性酸素がさらに増える
→LDLがどんどん変性LDLとなる
という悪循環も引き起こします。

その他、活性酸素は、
・ブドウ糖からエネルギーを産出するのに必要なミトコンドリアやインシュリンを産出する膵(すい)臓のβ細胞は活性酸素に弱く、糖尿病を発症させやすい状態をつくり、増加したブドウ糖は全身の多くの組織や臓器でタンパク質などと反応(グリケーション)し、活性酸素を大量発生する
・遺伝子(DNA)を傷つけ、がん化の可能性を高める
・細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質を作り、細胞や組織を破壊する
・重要な臓器が破壊されると様々な合併症(網膜症・腎不全・心筋梗塞・脳血管障害・神経障害など)を引き起こす
といった恐ろしい害を人体に及ぼしますので、消去するにこしたことはありませんね。


ご準備はお済ですか?

ワインはダイエットに良いか?

人は中年を過ぎると太りがちになります。
これは基礎代謝が低下するからです。
基礎代謝とは「生命を維持するのに最低限必要なエネルギー代謝」で、主として体温維持分、すなわち、「寝ている状態で一定の時間に消費する熱量 」で表します。
基礎代謝は子供の頃は高く、加齢によってだんだんと低下するのですが、かといって食べる量は減るわけではなく、むしろ美食に溺れて過剰なカロリーを摂りがちになります。
こうなるとその過剰分が身体や内臓に脂肪の形で蓄えられることになるわけです。

最近、この基礎代謝を上げよう!ということで【クエン酸】が脚光を浴びているようです。
要は、【クエン酸】が主役?を務める解糖系(食べ物から取り込んだ糖質が分解される経路)をしっかり回してやることで、過剰なカロリーを消費してやろうという考えです。
ではこの【クエン酸】が主役を務める解糖系(だって「クエン酸サイクル」って名前もついてるんです)とは?

食べ物から取り込まれた糖質は、消化器系や肝臓で【グルコース】(ワイン縁のブドウ糖!?)に変換されます。
それが血液に乗って筋肉にも運ばれ、肝臓・筋肉で【グリコーゲン】の形で蓄えられます。
しかし、肝臓や筋肉での貯蔵量は決まっているので、過剰の【グルコース】は、血液に乗ってさまざまな機関の細胞に送られ、各細胞内でグルコースが代謝され、【ピルビン酸】になります。(各細胞のグルコースの摂取には、かの有名な【インシュリン】が関与し、コントロールしています)

【ピルビン酸】は酸素の存在下で分解・脱炭酸されて【アセチルCoA】という物質になり、次のクエン酸サイクルにつながる準備が整います。

*【ピルビン酸】について
ワインのことを「ビン」とか「ヴァン」とか呼びますが、ビネガー(酢)の語源が「ビン(ワイン)・ニガー(黒く腐ったもの)」であることは割と知られていますね。
この【ピルビン酸】の語源もそこから来ているように思います。
なんと!この【ピルビン酸】、和名は【焦性ブドウ酸】といい、以前はワインでお馴染みの【酒石酸】(あのコルクやボトルの縁でキラキラ輝く美しい結晶)を乾留して得ていたのです!
またまたワインに縁の深いモノですね。(^^ゞ

また、【ピルビン酸】は無酸素状態では異なった分解経路をとり、【アセチルCoA】ではなく【乳酸】(疲労物質として有名ですね)を生成します。
これが筋肉中に蓄積すると、筋肉が緊張しこわばった状態になり、肩こりや筋肉痛を起こします。
【乳酸】が全身に行き渡ると、体のpHが酸性に傾き、全身的な疲労を感じます。
(アルカリ性食品が良いと言われるのは、この体のpHが酸性に傾くのを緩和するからです)

さて、いよいよここからがクエン酸サイクル。
先で準備した【アセチルCoA】は【オキザロ酢酸】と結びついて【クエン酸】を生成し、クエン酸サイクルへと入ります。
そして【アミノ酸】や種々の【ビタミン類】(【ニコチン酸】【ビタミンB2】【ビタミンB1】【パントテン酸】等)の存在下で化学変化を続け、【アコニット酸】【イソクエン酸】【アルファケトグルタル酸】【コハク酸】【フマル酸】【リンゴ酸】ときて一周回り【オキザロ酢酸】に戻ります。
その際、二酸化炭素と水を生成し、多量のアデノシン3燐酸(ATP)というエネルギーをつくります。
(クエン酸サイクルが一周回ると12個のATPが出来ます。1分子の【グルコース】(ブドウ糖)からは38個のATPが出来ます。)

図にするとこのとおり。(図になってませんね)(^^ゞ 

【アセチルCoA】
+【オキザロ酢酸】→【クエン酸】→【アコニット酸】→【イソクエン酸】
                                       ↓
【オキザロ酢酸】←【リンゴ酸】←【フマル酸】←【コハク酸】←【アルファケトグルタル酸】

また、クエン酸サイクルに入れなかった【アセチルCoA】は恐怖の「脂肪合成」へと進んでいきます。
つまり、クエン酸サイクルが回らないと、疲労と脂肪が蓄積するのです!。(ガガーン!)

ヤバっ、クエン酸サイクルを回さなければ!ということで、何をするかというと・・・今流行の【クエン酸】を摂取するのです。
【クエン酸】を摂取すると、細胞内にクエン酸が多くなり、生体の化学反応はバランスを取ろうとしてクエン酸を分解して次の行程に進めようとします。
つまり、【アコニット酸】を作ろうとします。
それで「無理矢理?」クエン酸サイクルが動くという訳。
そうなれば結局、反応の連鎖で【オキザロ酢酸】が増え、めでたく【アセチルCoA】が落ち着く先が出来て、恐怖の「脂肪合成」への道に進まなくても良くなるという按配。

もっとうまく行けば、【アセチルCoA】が足りない!状況になり、蓄積されていた脂肪が酸化されて【アセチルCoA】の形に分解され、クエン酸サイクルに送りこまれることに。
また、【ピルビン酸】からも一生懸命【アセチルCoA】を作るわけですが、足りなくなると【乳酸】を分解して【ピルビン酸】を調達するという荒技も現れてきます。

このように、クエン酸サイクルを回すことで、【脂肪】も【乳酸】も減るということになるわけです。(^^)

さて、前振りが長くなりました。
ワインはダイエットに良いか?でしたね。
ワインに含まれる酸は主として【リンゴ酸】と【乳酸】です。
なんと!【リンゴ酸】は、クエン酸サイクルの途中にしっかりあるではないですか!
と言うことは、リンゴ酸が増えると、次の【オキザロ酢酸】が増え、めでたく【アセチルCoA】が落ち着く先が出来て、恐怖の「脂肪合成」への道に進まなくても良くなるという、クエン酸が良い働きをするメカニズムと同じことがおこるはずなのです。
残念ながら【乳酸】は直接にクエン酸サイクルを強制的に回す役割を果たしませんが、【リンゴ酸】の力で、ダイエットに好ましい方向に働くことが「理論的には」考えられます。

ただ、ご存じのとおりワインにはアルコールが含まれており、アルコール発酵に使われなかった糖質や種々のタンパク質も入っているので、カロリーもあります。
「ワインをいっぱい飲めば痩せられる!」というのは間違いで、「リンゴ酸が入っているから良い方だ」くらいの認識に止めるべきですので悪しからず。(^^ゞ
くれぐれも、飲み過ぎて「体を壊して」痩せたり、「下痢になって」痩せたりなさいませんよう。(笑)


生まれ年のワイン検索はとしのすけのワインハウスの売りの機能でしたが・・・ここでも探せますよ。

ワインは悪酔いしやすいか?

「悪酔い」っていうのは、頭が痛くなったりゲロったり(失礼)翌日まで体調が悪かったり気分がすぐれなかったりとさまざまな状態を指します。
それぞれに原因があったりしますが、一般論で考えていきますと、原因は大きく7つあると考えられます。

【原因1】アルコールの過大摂取

悪酔いの主な原因は何といっても過度のアルコール摂取。(笑)
ワインはとても美味しいので・・・ついつい大量摂取してしまいます。(^^;)
アルコールは「百薬の長」と言われるとおり、適量を摂取すれば心地よい「酔い」をもたらす「快楽の水」ですが、過度に摂取すると大変な事になるのです。
アルコールはアセトアルデヒドを経て酢酸分解され、最後は水と二酸化炭素になるのですが、この「アセトアルデヒド」が結構な毒物で、体重1Kgあたり300mgもあると二人に一人は死んでしまう程の毒です。
このアセトアルデヒド、通常は肝臓で酵素(アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ)によってすぐに酸化され酢酸になるのですが、アルコールを摂り過ぎてアセトアルデヒドの量が過多になり酵素(アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ)の処理能力を超えると、酢酸に酸化しきれないアセトアルデヒドが出てきて、顔の紅潮(フラッシング)、心拍数の上昇、頭痛などを起こします。
従って、酒を飲むとすぐに赤くなるのは酒が体質に合わない(アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼを十分持っていない)目印とも言えますね。
ちなみに、アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼには「即効型」と「遅効型」の2種類があり、日本人は遺伝的に「即効型」を持っていない人が多いようです。
(だから、欧米人に比べて酒が弱いのですね。欧米人が酒に強いのは、氷河時代、冬場の食料は保存食料に頼らなければならず、往々にして食料がアルコール発酵しており、アルコールに強い人しか生き残れなかった為と言われています。)
「即効型」を持っていないと、完全にアルコールが代謝されるには、ほぼ24時間かかります。

【原因2】水分、ミネラルバランスの異常

これも結局はワインが美味しいせいで大量摂取することに起因するのですが・・・(^^;)
アルコールには体内の水分を奪う脱水作用と尿の排泄をうながす利尿作用があります。
その結果、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンB1/B2/Cなどを体内から排出することになります。
特に嘔吐や下痢を伴うとカリウム、マグネシウムが失われて脱力、消化管機能低下、不整脈などの原因になります。
また、アルコールが分解されていく過程でも、多量の水分や塩類を消費します。
その結果、体の水分バランス、ミネラルバランスが崩れて体調を崩すことはあり得ます

【原因3】ヒスタミン過敏

ワイン、特に赤ワインはお酒の中ではヒスタミンを多く含んでいます。
ヒスタミンには血管(細動脈)を拡張する働きがあり、この血管拡張が頭の中で起こると、それが神経を圧迫して「ヒスタミン頭痛」という症状を引き起こすことがあります。
ヒスタミンは古くなった青魚にも多く含まれますから、古い青魚を食べても頭痛がするようならヒスタミン過敏かもしれません。
(青魚にヒスタミンが多いのは、魚に含まれるヒスチジンが微生物の作用を受けてヒスタミンに変化するためです)

【原因4】フーゼル油過敏

悪酔いの原因として「フーゼル油」の混入がよく指摘されます。
フーゼル油とはエタノール発酵にごく微量混入する、n(ノルマル)プロパノールなどのやや分子量の大きいアルコール類で、酒に複雑で奥深い香りをもたらす有用な成分なのですが、頭痛を起こす原因物質としても知られています。
一般にフーゼル油はワイン等の醸造酒に多く、蒸留酒に少ないといわれていますが、焼酎の方が清酒やワインより多いという調査結果もあります。
ホントのところはどうなんでしょう?(^^;)

【原因5】メチルアルコール過敏

「目が散る」ことで有名なメチルアルコールも頭痛を起します。
メチルアルコールの含有量を調べると一般的にワインが一番多いので、ワインが苦手な人はメチルアルコールに過敏なのかもしれませんね。
ちなみに日本酒はワインの100分の1、焼酎はワインの10000分の1程度とといわれています。

【原因6】亜硫酸塩過敏

発酵の制御や酸化防止の目的でワインに欠かすことのできない亜硫酸は、摂り過ぎると肝臓機能を低下させ、アルコールやその他の毒物の代謝機能を低下させます。
その結果、頭痛が起こりやすくなることは考えられます。
しかし、亜硫酸は酸素と結びつくとすぐ分解されるので、デキャンタージュしたり時間をおいて飲む(早期に開栓しておく)ことである程度取り除けます。
また、亜硫酸塩無添加の自然派ワインや最近流行のビオワイン(ビオロジック・ビオディナミック農法で作られた葡萄を用いたワインで亜硫酸塩無添加の場合が多い)もあるので、これらで大丈夫なら原因は亜硫酸でしょう。

【原因7】チラミン過敏

チラミンは、赤ぶどうの皮に含まれるアミノ酸が発酵した時に生成される成分で、血管を収縮させる作用があります。
脳の血管は、チラミンによって収縮させられると元に戻ろうとして過度に拡張してしまい、ヒスタミン頭痛と同じメカニズムで神経が刺激され頭痛を引き起こす可能性があります。
チラミンは、ワインだけでなくチーズやチョコにも含まれているので、ワイン&チーズ・チョコレートはチラミンに過敏な方にはお勧めできないマリアージュです。(笑)
ちなみに、カフェインにも血管収縮作用があるので同じことが起こる可能性があります。ご注意ください。

【で、どうするのよ】

「頭痛」は結局のところアルコールの神経麻痺作用やその他の毒物に対する生体の防御反応の結果です。
従って、「頭痛がするほど飲まない」のが一番大切。
自分の体と相談して、適量のアルコールを楽しむように致しましょう。(^^)


デイリーに飲むワインを探すなら、ここが便利かも。

錫(ピューター)製ワイングラスの威力!?

理系のとしのすけ、ラマダ・ティント(2003)をガラスのワイングラスとマレーシアで買ってきた錫(ピューター)製のワイングラスで飲み比べてみました。
結果は・・・錫(ピューター)製のワイングラスの圧勝!
香りに違いは殆どありませんが、「まろやかさ」が全然違います!
ちょっとギスギスした若いワインも12年もののスコッチのようにまろやかになる感じ。

錫(ピューター)は、スズ石という鉱石を炭素などで還元、電気分解をしてつくられます。
融点は231.9℃と金属の中では低い方です。
また、熱伝導率が非常に高いこと、さびにくいことも特徴。

最近では、水の浄化作用があるとも言われているようです。
 「錫器に入れた水は何日も腐らない」
 「錫の花器に活けるとお花が長持ちする」
 「水がおいしくなる」
 「中国では、井戸に錫を沈めて水を浄化したり、錫器で水を飲むことが多かった」
 「皇室では代々、錫製の酒器に日本酒を注ぎ少し寝かせてからお飲みになっている」
 「錫製の酒器で燗をつけると、味がまろやかになる、甘みが出る、香りが持続する」
など、あちこちのHPでまことしやかに?書かれていますね。(^^;)

そう言えば最近、ちょっと気の利いた居酒屋で日本酒の燗を頼むと、錫製の酒器(ちろり)で出てきたりします。
やはり、現在の科学では説明しきれない「何か」があるのかもしれません。

もしも、金属のイオン化傾向と「何か」に関係があるとすると、イオン化傾向は
 亜鉛→鉄→ニッケル→錫→鉛→銅→水銀→銀→白金→金
の順ですので、金製の酒器が一番効果(他をイオン化する効果)があり、白金製、銀製、銅製、鉛製、錫製の順で優れることになります。

しかし、
金・白金は高価、
銀は酸化により黒ずんでしまい手入れが大変、
銅・鉛は安全性上問題がある
(銅や緑青(銅のサビ)は一般に有毒であると認識されていますが、最近の報告では人体に対し実用上は安全であると報告されています。一方の鉛は血液、骨髄、中枢神経系、末梢神経系、腎臓に影響を与え、貧血、脳症、末梢神経疾患、胃痙攣、腎障害を生じることがあり、生殖・発生毒性を引き起こすとされています)
ことから、
錫は、一般的に使用しうる事実上最高のイオン化力を持つ食器用金属と言う事が出来そうです。

ワインペアグラス ワインン ペアーセット

【ピューターの扱い方】

ピューターは基本的には、銀製品のように黒ずんだりすることもないので,お手入れは簡単ですが、以下の点に気をつければよいとのことです。

■ピューターは熱に弱いので、直接火にかけないで下さい。
ストーブやオーブン等の直近に長時間置くと、変形する可能性があります。

■目の粗いスポンジ・タワシやクレンザーの御使用はお避け下さい。
柔らかいので傷がつきやすいです。家庭用の中性洗剤で軽く洗ったあと、水またはぬるま湯で良くすすぎ、柔らかい布で、水滴が残らないようにふき取って下さい。その際、食器乾燥機は使わないで下さい。

■ワインやフルーツジュース等は、一晩以上入れっぱなしにしないようにして下さい。
シミが付く恐れがあります。

■落としたり強い衝撃を加えると傷がついたり変形したりする恐れがあります
柔らかいので傷がつきやすく、変形しやすいです。


売れ筋のワインがいろいろ紹介されています。

デイリーワインを高級ワインに変える裏技1

ベリンジャー・ストーンセラーズのような、ボディーのしっかりしたデイリーワインを用意します。

開栓したら、すかさず「出来るだけ高級な木の香りの強い割り箸」をビンに入れ、コルクで蓋をします。

10分程待ったら、割り箸を取り出し、デキャンターに移して平然とサーヴしてください。

至福のひとときを味わえることでしょう。(^^)

お急ぎの時は、ワインをデキャンターに移し、フォアローゼズIWハーパーといったバーボンを大さじ1杯ほど(お好みで量を加減するといいです)加えて頂いても、同じような効果が得られます。

是非お試しあれ(^^)

【追記】
「コーヒー」添加も絶大な効果を発揮します。
コーヒー豆を数粒ボトルに入れて香りを移すも良し、ネスカフェ・エクセラ(ロースト香が強いので好き)をひとつまみ加えるも良しです。(^^)

グラス単位でお楽しみになる場合は、
ワイン150ml程度につき、
バーボン(ブラントン):小さじ半分程度(お好み)
コーヒー(ネスカフェ・エクセラの粉末):10粒程度(お好み)
が宜しいようです。


【更に追記】

ワイン道」という葉山考太郎氏の著書には、もっと詳しく書かれています。(悔しいけど)

裏技を極めたい方はご参照されることをお勧めします。(トホホ)


【更に更に追記】

粘着質な性格なもので、葉山考太郎氏に対抗すべく密かに裏技のバージョンアップ研究をしていましたところ、

バーボン(リキュール・ブランデー) →樽香、ボディー、ほのかなバニラ香
割り箸 →樽香、杉香
グラニュー糖 →ボディー、完熟感、甘み
コーヒー →樽香、ロースト香、熟成香
醤油 →まろ味、複雑さ
コショウ →スパイス香
に次ぐ有用な裏技素材を発見!

それは・・・【ニガリ】です。

考えてみれば、ワインに含まれる豊富なミネラルはニガリの成分と似ています。
こいつを適量加えると、味わいが引き締まり、ライトなワインにボディー渋み複雑さを与えます。

それから、お好みですが、

【バニラ・エッセンス】
【濃縮プルーン果汁/ジャム*】も使えます。
(*ジャムの場合は、固形分がグラスの底に溜まって見苦しいので、デキャントした方が優雅に楽しめます)

バニラ・エッセンスとグラニュー糖を加えると、すっかり「オーパス・ワン」風(←怒られそう?)の、熟成感のある華やかな甘味の美味しいワインになりますし、濃縮プルーン果汁とバーボンを加えると、最近の「右岸シンデレラワイン」風(←怒られそう?)な、果実味が豊かな濃いフルボディーワインになります。(^^)


【誤解なきよう】

これらのワインの裏技、決してワインを冒涜している訳ではありません。

ワインの楽しみ方はいろいろあると思います。
・それぞれのワインの個性を楽しむ
・好みの味のワイン、好みの個性のワインをとことん楽しむ
・食事を美味しく楽しむ
・出来るだけ安く、美味しいワインを楽しむ
・酔っぱらえば何でも結構
等々・・・

裏技は、あくまでも
「出来るだけ安く、美味しい高級ワインの雰囲気を楽しむ」
或いは
「買ったはいいけど、ダメワインだったモノを美味しく消費する」
という、「お得」に「ちょっと贅沢」を味わう為の、としのすけのソリューションです。
「それぞれのワインの個性を楽しむ」という方には無用のモノですので、悪しからず。


【としのすけが推奨する裏技の実行順序】

安物ダメワインを美味しくのむ為の裏技の推奨実行順序は、
1.まず、大きめのグラスでポテンシャルを100%出させる
2.ダメワインだった時は、足りない味を加えて美味しくする
3.それでもダメなら、氷結スパークリングで割ってシャンパン風のオシャレな飲み物にする

です。(^^)


フランスワインの勉強が出来てしまう、お役立ちページです。オススメ。

デイリーワインを高級ワインに変える裏技2

デイリーワインを高級ワインに変える裏技の第2弾は、ちょっとお金がかかりますが、超簡単なワザ?です。

それは、バカラのグラスを使うこと。

オノロジーシリーズのボルドーか、ローヌブルゴーニュ(大振りで口元が少し細くなっていて香りを溜めやすいもの)がお勧めです。

ワインの味(香りと口当たり)って、グラスを変えるだけでこんなにも違うんだということがよ〜くわかると思いますよ。

是非お試しください。


【1つ注意!】
決して酔っぱらった状態でグラスを洗わないこと。
絶対割ります。(笑)


【誤解なきよう】

これらのワインの裏技、決してワインを冒涜している訳ではありません。

ワインの楽しみ方はいろいろあると思います。
・それぞれのワインの個性を楽しむ
・好みの味のワイン、好みの個性のワインをとことん楽しむ
・食事を美味しく楽しむ
・出来るだけ安く、美味しいワインを楽しむ
・酔っぱらえば何でも結構
等々・・・

裏技は、あくまでも
「出来るだけ安く、美味しい高級ワインの雰囲気を楽しむ」
或いは
「買ったはいいけど、ダメワインだったモノを美味しく消費する」
という、「お得」に「ちょっと贅沢」を味わう為の、としのすけのソリューションです。
「それぞれのワインの個性を楽しむ」という方には無用のモノですので、悪しからず。


【としのすけが推奨する裏技の実行順序】

安物ダメワインを美味しくのむ為の裏技の推奨実行順序は、
1.まず、大きめのグラスでポテンシャルを100%出させる
2.ダメワインだった時は、足りない味を加えて美味しくする
3.それでもダメなら、氷結スパークリングで割ってシャンパン風のオシャレな飲み物にする

です。(^^)

姉妹サイトも宜しくお願いします。<(_ _)>
極楽ハワイ生活】/【ハワイ大好き】/【極楽モバイル生活
極楽健康生活】/【楽天でショッピング

Please Visit Another Page of [としのすけのワインハウス] For Your Fun?(^_-)

001/002/003/004/005/006/007/008/009/010

011/012/013/014/015/016/017/018/019/020

021/022/023/024/025/026/027/028/029/030

031/032/033/034/035/036/037/038/039/040

041/042/043/044/045/046/047/048/049/050

051/052/053/054/055/056/057/058/059/060

061/062/063/064/065/066/067/068/069/070

071/072/073/074/075/076/077/078/079/080

081/082/083/084/085/086/087/088/089/090

091/092/093/094/095/096/097/098/099/100

 
意外とイヤラシクないので、いろいろと楽しめ、勉強にもなります。(笑)