番 茶(川柳)

若芽が伸育して固くなった茶葉を原料として製造したものです。味は淡白で
す。
ほうじ茶

「煎茶」や「番茶」をこげ茶色に炒り上げ、芳しい香りがあります。
新茶

新茶八十八夜前後の新芽を摘み採って製造したものです。
若芽の季節感が満喫でき、不老長寿の飲み物として珍重されています。
玉緑茶

茶葉を蒸熱または釜で炒って、勾玉形に製造したもの。形状からグリ茶ともいいます。
また、釜で炒って製造したものを釜炒茶または釜茶と言います。
煎茶

古くから親しまれてきた一般的な日本茶で、さわやかな香りと旨味のほかに渋味もあり、産地によっていろいろな特色があります。
玉露

新芽から伸びはじめた頃、茶園全体をよしずや菰で覆いをして日光を遮り(覆下園)その若芽を摘み採って製造したものです。まろやかな旨味と特有の香りがあります。
抹茶

玉露と同じ覆下園の新芽を摘み採り、蒸して揉まずに乾燥させた、茶を茶臼で微粉末にしたものです。
緑茶の名称

緑茶の名称は、これらの他に玄米茶、芽茶、茎茶(棒茶)、粉茶などがあります。