抹茶

薄茶と濃茶ではたて方飲み方で相違があってそれぞれ発展していますが薄茶な
らば茶さじ2さじ半ほど入れ、熱い湯を一杓の半分位そそいで茶せんでよく攪拌し
てたてます。
濃茶は茶さじ3杯位入れ、熱い湯を少し加えてよく練って飲み廻しにいたします。
お抹茶は40gで20人から25人位のお客に出せます。
玉露

まったりとした甘味を尊びますからお湯はよく沸騰したものを湯さましし、約3分程たって摂氏40度〜50度位になったときに急須に注ぎます。
お茶の量は2人分では約8g、お湯30cc、5人分では、お茶約15gお湯75cc位入れて茶葉がよく開いた時を見はからってお茶碗に注ぎます。
煎茶

香気の高いノドこしのよい、あとクチに涼しい感じのするものを尊びます。
お湯はよく沸騰したものを、摂氏80度〜90度位にやや冷まして用います。
(ポットのお湯位) お茶の量は2人分では6g、お湯は60cc、5人分ではお茶
約10g、お湯150cc位入れて1分間程おいてから各茶碗へ平均に注ぎます。
大切なことは、入れたお湯を必ずしぼり切ること、急須や茶碗も温めて使用いたします。
番茶・焙茶・玄米茶

これらの茶は熱いお茶をフーフーと冷ましながら味わえるのがいいところです香ばしい香り高い淡白な味覚をお子様と手軽に味わって頂きたいと思います。
お茶の量は1人分で5.0g(大さじ1杯)お湯の量は130cc、5人分では15g
(大さじ3杯)、お湯650cc、熱湯で約30秒が標準です。
尚、上記の抹茶以外、ニ煎目をお出しになる時は茶葉に湯がしみ込んでいますから、浸出時間は最初の時間の3分の1位の時間で充分です。

  おいしいお茶は三煎まで♪( ^‐^)_且~~