紅茶の入れ方について
 紅茶は、ポットに紅茶の葉を入れ、そこにお湯を注げば入ります。
 その時に少し気を使って淹れると、お茶が一層おいしくなります。その気遣いがゴールデンルールと呼ばれる物です。

ールデンルール とは
 細かいことも書きますが、結局はお茶がおいしければいいのです。実際にお茶を淹れてみて自分に合えば良し、もし合わなかったら少しづつ違った方法で淹れていくのです。書いてある内容は、その参考になれば、といった内容です。
  それでは、
1.ポット・カップを温めておく。
ポットに入れた後のお湯の温度が変化しないためです。また、淹れたあとのお茶が冷めてしまいます。
2. くみたての新鮮な水を沸騰させる。五円玉くらいの大きさの泡がボコボコでるくらいまで。
朝一番の水道水などは、一晩蛇口に溜まっていた水なので流してしまい、そのあとの水を使います。朝一番の水は酸素が抜けてしまっているし、色々な物が金属などの成分が溶け込んでしまっ て いるます。また沸騰させるのは水に溶け込んでいるカルキを抜くためです。強火で3分も沸騰させ続ければ、カルキは抜けるでしょう。
3.温めたポットに、人数分の茶葉を入れる。
必要な茶葉の量は、茶葉の大きさ、茶葉の質、そしてポットの大きさなどによって変わってしまいます。一人分に付きティースプーン一杯が基本です。
細かいことはここを参照して下さい。
4.沸騰したお湯を、ポットに杯数分注ぐ。ポットにやかんを近づけるのではなく、やかんにポットを近づけること。
5.すぐに蓋をし、ティーコージをかけ必要な時間蒸らす。
温度が下がらないためです。また、ちゃんと蒸らしてやることがお茶のおいしさを引き出すのです。
6.お茶の色が均一になるように、カップに順に注いでいく。最後の一滴まできちんと注ぐこと。
最後の一滴、いわゆる「ゴールデンドロップ」です。これがおいしい部分らしいです。
というのが、いわゆるゴールデンルールです。 これは一つに、お茶を蒸らすときの温度を極力高温に保つということが最大の狙いになっています。
  細かな事
 お湯は高い所から注ぐ。
 これは、ジャンピングを起こさせるとのが目的のようです。まあ確かにジャンピングは起こるかも知れないですね。あともう一つ言われることは、高いところから落とすことによってお湯に空気を含ませるというのが目的らしいです。しかし、いかほどの空気が水に溶け込むというのでしょうか…。

 ゴールデンルールとは何でしょうか。いつ誰が創り、培ってきた物なのでしょうか。
 今、これが本当に正しいのか…正しいという言い方は適切ではないかも知れません…それだけで良いのか、もっと個々ののお茶に適した入れ方があるのではないか、といったそんな動きがあります。