オススメのこの一冊


ここでは私の特にお気に入りの本の数々をご紹介します。
書店で見かけたら 是非お手にとってみてくださいまし。気に入ったらご購入をオススメします。

菊田まりこ
かずはじめ
桂正和
菊田まりこ
『いつでも会える』・『君のためにできるコト』と言う絵本を出版されている方です。 いやぁー、素晴らしいですな。絵本でこんなに感動したのは生まれて初めてやもしれません。
本の内容は「くまこちゃんの恋模様」なのですが、共感出来る人も多いのでは?と言ったカンジです。
読み終わった後にあったかい気持ちになれる本です、ハイ。
『いつでも会える』、これがまた曲者でしてねぇ、泣けてくるんですよ。だから一回もちゃんと
読めた事ないですね。書店でパラパラって見た時、「あっ、コレ絶対泣く!!」って直感があって、
まさに的中したシロモノです。
『死』というものを、とても優しく、とても温かく、とても静かに描いてあるんです。
1999年度のボローニャ児童図書展のボローニャ児童賞・特別賞をを受賞した絵本で、
あちこちの書店に行くと『葉っぱのフレディ』と共に結構取り上げられたりしているので、
ご存知の方もいらっしゃると思いますが。
絵本ならではの温かい伝わり方です。「絵本でしょー?」なんて思わずに是非1度読んでみてくだ
さい。株式会社学習研究所から発売されてます。
ちなみに菊田さんはグラフィックデザイナーやイラストレーターなどとしても活躍されてます。
今日は出掛け先で菊田さんのスケジュールブックが売られていたので、思わずGET。
今年の手帳あったのにぃ・・・買っちゃいましたぁ〜(笑)
だって菊田さんのあの字で、心あったまる一言が書いてあるんですもの。あれは反則・・。

かずはじめ
漫画家さんです。集英社から発売になってる、かの「週間少年ジャンプ」で
「MIND ASSASSIN」・「明稜帝 梧桐勢十郎」を連載していました。
情報によると本誌での連載が終わってしまったようで(明稜帝〜)、
かなりショックを受けています。なぜだぁーーーーーー!!集英社のおばかーーー(涙)
絵も好きなんですが、キャラクターがすっごい魅力的!!
ちなみに友人と私は2人で半屋クンごひいき(笑)
「半屋のバイト」とか「補習」とか、もうもうかわいすぎ!!(笑)
知る人ぞ知るっぽくなってしまいましたねぇ、反省。
でもね、ホントかずさんの漫画は良いですよ。「少年誌だし〜」なんて
思わずに是非読んでみて下さい。メチャクチャな主人公たちが飽き
させませんよっ!!!結構考えさせられる話ですよ。(特にMIND〜は)

桂正和
文句ナシで、絵の美しさNO,1!!同じく少年ジャンプで連載中
の漫画です。ほんっとに、もう!!!カラーがキレイなんですよーー!
今は「I"s(アイズ)」と言う連載をしています。
単行本の表紙なんてね、写真みたいなんですよ。眺めてるだけで幸せ。
少年誌なんでチラリズムはありますが、まぁ それも一興(おい!!)
絵はホントに細かい所まで描いてあって、話も良いしでホントにオススメ。
他にも「電影少女」・「D・N・A2」・「ウィングマン」などあります。
ホントにですねぇ、絵が、絵が!絵がぁぁぁぁ!!!!!絵が美しい。もーーーーー桂のトーンになりたい・・・(アホ)
話もねぇ、いいですよぉー!「まぁた少年誌〜?」なんて言わずに
手にとってレジへGo。絵が好きな人はご覧あれってカンジですかね。

ホームへ戻る