Color knowledge1

 

物の色というのは太陽の光の反射から色が成立しています。

有彩色と無彩色

有彩色とは赤、青、黄色など色みを持つ色で、その逆の黒、灰、白と言った色みの持たないものが
無彩色になります。有彩色と無彩色の違いとして有彩色は色の三原色として『色相』、『明度』、『彩度』
すべての性質を持っています。無彩色は 『明度』のみしかありません。
可視光線をほとんど反射してしまうのが『白』、吸収してしまうのが『黒』です。

三原色

色というのは基本色として3つの色、『三原色』があります。
その三原色には『色光の三原色』と『色料の三原色』があります。

色光の三原色

下の図の左側が色光の三原色。二つの色を重ねる事により、新たな色が作り出されます。
三原色の赤、青紫、緑をすべて混ぜる事により白が作り出されます。
色光の三原色は色を重ね合わせる事により、明るい色を作り出せます。

色料の三原色

上の図の右側が色料の三原色。赤紫、青、黄の3つの色。これをすべて混ぜ合わせると、
黒(暗灰色)になります。色光の三原色とは逆に、重ね合わせる事により、暗い色になっていきます。

色の三属色

色の三属色とは、色を位置づける尺度です。

色相
赤み、青み、黄みと言った有彩色の色合いのこと。無彩色にはありません。人の色覚の主要色相は、
赤、橙、黄、緑、青、紫の6つの色相。

明度
色の明るさや暗さの事。白と黒の間を等間隔に分割して、階段的な尺度にします。
一番明度が高いのは白。低いのは黒。高いほど明るさが増します。

彩度
色みの鮮やかさや色の強弱の程度のこと彩度が高くなるほど鮮やかさが強くなり、彩度の最も高い色が
『純色』です。また彩度があるのは有彩色だけで、無彩色にはありません

色調
明度と彩度を複合した色の調子のこと。同色相の色でも、明と暗、強と弱、濃と淡、浅と深などの調子に
分類されます。また色相が違っても色の調子に共通点があれば、同じイメージとしてとらえられます。
この色の調子が『色調』――『トーン』です。

Color menu Main menu