Kama‘aina Diary −Pau hana cafeスタッフが好きなように書くハワイ島的生活の不定期日記−

11月4日(月) Kona coffee cultural festival

今年で、32年目だそうで1970年からやっているハワイ州の中でも最も古いフードイベントだそうです。
今の時期がコーヒー収穫の最盛期なので、それを記念して街を上げて“文化祭”のようなものをやっています。
11/1〜10 までコーヒー畑の多い“ホルアロア”という街や、コナの“アリイドライブ”でもパレードがあったり賑やかです。
期間の前半は、“ミスコナコーヒーコンテスト”や“コーヒー早づみコンテスト”等で盛上がります。
中盤からは、(これはコーヒー農家の人やコーヒー業者の人にとっては、お祭りでなく真剣勝負)
“カッピングコンテスト”つまり、コーヒーの味の品評会や“ラベルデザインコンテスト”などもありその年の1番が決ります。
終盤にかけては、コーヒー農家の人が大型トラックの荷台にデコレーションをしてパレードも行われます。

いろいろなイベントがあるのですが、一貫して「えらいなァ」というか、昔の日本文化というかが
残っているという事を感じたのはどのイベントも、年配の人達に対してものすごく敬意を表していることです。
例えば“早づみコンテスト”では、年齢別に分けて競ったりしますが、その中に「開拓者部門(58歳以上)」があったり
パレードでもお爺ちゃん・おばあちゃんがトラックの上から、手を振ったり・・・
「あなた達が、これまでやって来てくれたからコナコーヒはここまで有名になったんですよ。」と、言わんばかりです。
イベントの責任者達もハッキリ言って年寄り連中です。(あっ、だからかぁ〜?)

コナコーヒーと日本人は切っても切れない間柄なのです。こころして飲んでください。


10月14日(月) Ironmax

私が通うフィットネスジムは、アイアンマン・オフィシャルジムでもあります。
なので今の時期、いつも見ないアイアンマンたちがプールで泳いだりして体ならしをしています。
そのアイアンマンの体型がもう惚れ惚れするほどかっこいい〜。個人的にボディービルダーのようなマッチョは
あまり興味ない。でもアイアンマンは水泳・マラソン・バイクと鍛える筋肉がそれぞれ違うので
太過ぎない逆三角形の体型、筋肉のつき方が好き!!

ところで、先日、最長年のアイアンマンといっても過言ではない自称「アイアンマックス」と
ジャグジーで話すチャンスがあった。
彼は79歳。トライアスロン24年、マラソンは34年のベテランアスリート。
大会の話からはじまって、彼のミリタリー時代の話になった。
なんと彼はあの「パールハーバー(真珠湾攻撃)」の時、その場にいた人だった。
その時の彼は17歳。「セント・ルイス」のシップにいたそうだ。
その話になると、彼はもう止まらず、銃撃の話や空中攻撃の話などたくさんしてくれた。
そして数日後、偶然にもTVのムービーチャンネルの無料放送の時、「パールハーバー」がやっていたので
アイアンマックスの話を思い出しながら、ムービーを見ていた。

「今年は10パンドも体重が増えたんだよ。でもこれはたぶん筋肉だとおもうけど」といって
腕を曲げて力こぶを見せてウィンクをする顔はとってもキュート。
また、日本語の名前は覚えにくいからといって
ダンナは「ジョン」、私は「キャサリン」
自分のことは「アイアンマックス」と呼んでくれと、と勝手に決めていた。

最後に「ハイウエィでGO!Go!アイアンマックス〜の応援を待ってるよ」といって
プールで水泳の練習をはじめたアイアンマックス。
去年はバイクの時のすごい強風のためリタイアしてしまったが、
今年こそはアイアンマックスがゴールする姿を見たいと願う!!

10月12日(金) アイアンシェフ

「ア〜ル・キュイジン!」

ハワイTV事情です。オアフ島には、「KIKUテレビ」というの地上波のTV局があり
毎日日本語のTVを見ることが出来る。「渡る世間は・・・」や話題の「キカイダー」などなど。
ところが、ここハワイ島では、ケーブル放送が唯一の日本語TVを見ることの出来る方法。
NGN(Nippon Golden Netwerk) というのが、それでNHKやフジテレビが中心の番組をやっている。
少し前まで「ちゅらさん」や「HEY・HEY・HEY」なんていう、日本にいる時には見たこともない時間帯の
番組を初めて見ていた。「プロジェクトX」を見て号泣したのもハワイに来てからのこと。
今住んでいる所は、その契約をしていないので日本語放送とは縁がない。

さて、なつかしの「料理の鉄人」がFOODNETWORKというチャンネルで英語に吹き替えをしてやっている。
道場さんが出たと思えば次の週は、別の和の鉄人が出たりと放送はバラバラ。
でも、唯一同じなのは、「Fukui-san〜!(福井さん!)」と現場リポーターの呼びかけ。
地元、ハワイに住む人達の間でも結構人気。スポーツクラブのサウナでもその話しで盛上がる。
よく会うメキシコ人もその一人で、彼はその「Fukui-san〜」というのは、日本語でなんと言う意味だ?と、
聞いてきて「Mr,Fukui」 だと答えてやると納得していた。
また、彼にしてみれば「どうして、いつも鉄人シェフしか勝たないのか?」とのこと。
挑戦者が勝ったときは、手をたたいて喜ぶという。

「クイズ100人に聞きました」や「クイズミリオネラー」のようなアメリカのTV番組を日本に輸入してでやっているのは
よくあることだが、日本の番組をアメリカが逆輸入?してやっているのは、面白いことだと、思ったのは、私だけか?


10月09日(水) Ohana

今年もIronman(トライアスロン世界選手権)の季節がやってきました。
コナの町には続々と各国からトライアスリートたちが姿を現しはじめました。
ハイウェイでのバイク練習やアリイドライブでのランニング・・・
引き締まった体のアスリートの練習風景を見ると、
体育会系の私はなんだかソワソワしてきます。

今年もダンナさんと私はこの大会のボランティアに参加します。
私たちのやることは、大会に関する情報を選手達に伝えたり、英語はもちろんそれ以外の
国の人のためのランゲージサービスのブースです。名前はチーム「Ohana(家族)」。
(私たちは日本語サービス要員であります)
昨日、このチームOhanaのミーティングがありました。
今年もチームメンバーの顔ぶれはだいたい同じため、新たな打ち合わせはなく
サインアップと15日に行うパレードの練習をしました。
ちなみに去年、私たちはこのパレードで1stプライズに輝き、$150をゲットしたのです。
なので、チームリーダーの意気込みもすごく、行進のステップも
去年より難しいステップが取り入れられました。
どうなることやら・・・・お楽しみです!!

そうそう今年のスタッフTシャツはブルー。
  
左がフロント、右がバック

10月02日(水)  鶏 & パンサー

最近、家の庭に鶏のカップルやファミリーが散歩に来る。
よく見るのは派手な茶色とまっ黒の仲むつまじい鶏カップル。

昨日のできごと、玄関の階段をコンコンとあがる音が聞こえ、そのあとにスクリーンドアを
これまたコンコンとたたいたので、誰か来たのかなぁとおもって玄関まで行くと
なんとそこには例の仲良し鶏カップルがいた。
「え〜うそぉ〜」と言いたくなる光景。
私が近くまで行くと「コッコッ・・・」と言いながら階段を降りて帰っていった。
うちを鶏小屋だとおもって来たのだろうか〜
それにしても珍客にちょっとびびったのでした。

そうかとおもえば、いつも遊びにきていた猫のパンサーが
最近、姿をみせないのですごく心配している。
パンサーは大家さんが飼っている猫でとっても人懐っこくて
元気いっぱい飛びまわっている猫。
昼間、遊びに来てはよくうちのラナイで昼寝をしていた。
聞いてみると大家さんのところにも帰ってないらしく
もしかしたら、宿敵(悪い猫が徘徊している)にやられてしまったかもしれないと言っていた。
まだ生まれて4ヶ月くらいの猫でビュンビュン庭とかけまわっていた姿や
両手で顔を隠して寝ている姿などをおもいだすと涙がでてくる

でもまだ望みは捨てない。ひょっこり帰ってくるかもしれないし・・・
パンサーずっと待ってるよ!
 
お昼寝パンサー

Kepakemapa(September)Diaryを見る
過去のKama‘aina Diaryを見る