レザボア・ドッグス
ストーリー

レザボアドッグズは、タランティーノにとっては3作目の脚本であり、初監督作品であった。1992年にアメリカで、1993年初めイギリスでリリースされた。映画は、宝石屋に押し入る強盗一団を話題にしている。強盗たちは、ジョーと彼の息子のナイスガイエディーによって組織され、2人が6人の男達をまとめていた。そして、その6人はジョーからそれぞれに違う役割と仮名を割り当てた。強盗はうまく行かなかった。しかし、男達の何人かは大量のダイアモンドを持っていまだ何とか逃げていた。男たちはあまりに早い警察の動きに疑惑を持ち、この中に誰か警察の犬がいると思い始めた。そして映画は、イヌ捜しへ・・・。

タランティーノ特集

戻る