目次へ戻る


映画芸術 No.283 1971.5

特集1 今村昌平〈黒念仏殺人事件〉について
● 内村剛介……前近代でなく反近代
● 北村皆雄……今村昌平の共同体論

特集2 ヤクザ映画と若松映画の両立する視座は何か
● 片岡啓治……掟と自ら敗北を目ざすもの
● 須藤 久……任侠における“解欲”への道
● 天野哲夫……背中で耐えるものと性解放スノビズム
● 佐竹 茂……運動論映画と組織論映画の条件
● 佐野美津男……耐えすぎとやりすぎの止揚
● 大和屋 竺……大深刻は大軽薄に裏づけよ

特集3 デヴィット・リーン〈ライアンの娘〉
● 桶谷秀昭……〈ライアンの娘〉とアイルランド叛乱
● 天沢退二郎……片側のみの思想性
● 新藤兼人・小川 徹……〔対談〕これがリーン創作の秘密だ

特集4 〈ファイブ・イージー・ピーセス〉ボブ・ラフェルソンの登場
● 磯田光一……逆転した“南部幻想”
● 鈴木志郎康……極私的安易潜り
● 矢島 翠……定住者の窓の夕暮れ

特集5 寺山修司 第1回作品〈書を捨てよ町に出よう〉論
● 清水哲男……寺山修司論〜彼は昔の彼ならず
● 佐藤忠男……寺山修司の映画的快楽法
● 田中陽造……悪意の人体飛行機は飛翔するか
● 寺山修司……映画という名の犯罪

特集6 無風状態日本映画の周辺
● 内田栄一……三月邦画バッタバッタ斬り
● 武智鉄二……映倫さん死んで貰います
● 高橋 徹……Good Bye論〈犯されるもの〉の革命
● 高沢瑛一……関根恵子論
● 渡辺 護……ピンク映画Inside Story

スペシャリスト批評
● 木村威夫……ART
● 真鍋理一郎……MUSIC

● 実相寺昭雄……大陸わが原罪
● 国弘威雄……内地人と外地人
● 針生一郎……“告白”の背景
● 斉藤竜鳳……M・ボロニーニ論
● 田中美代子……黒人は敗けて勝つ
● 萩原朔美……ザ。グレイト・マイ・ホープ
● 押川義行……ぼくのアカデミー賞予想
● 菊池 仁、斉田政則……ピンク映画評

● 長谷川竜生、八木柊一郎、中平 康、多沢七郎……エッセイ 善女・悪女の効用

シナリオ
● 出口 出……〈死にたい女〉 制作・監督 若松孝二

グラビア
● 三島由紀夫の死への挑戦 若松孝二〈死にたい女〉●デヴィッド・リーンの情事シーン〈ライアンの娘〉
●欲情する女サンドラ 監督 ゲーリー・グレーバー  ●アムール 監督 ガブリエル・アクセル
●ロミオ(秘)ジュリエット ●(秘)ガイド ヨーロッパ穴場地図 監督 エルスト・ホフバール
●できごころ(米国) 監督 ミケーレ・ルーポ ●わたしを女にして(ギリシャ映画) 
●寺山修司 第一回監督作(書を捨てよ町へ出よう)の新家族主義

広告
●ライアンの娘 ●書を捨てよ町へ出よう ●性輪廻(死にたい女) ●喜劇 女は男のふるさとヨ 
●暴力団再武装 ●ATG春のラインアップ(書を捨てよ町へ出よう、儀式)
●暁の挑戦 ●ファイブ・イージー・ピーセス
● 現代評論社 ●晶文社 ●竹内書店 大和書房 ●三一書房 ●荒地出版社 ●冬樹社 
●三崎書房 ●近代映画社 
●ミニコミ・スナック ヘッド・パワー ●シネマ新宿 ●文芸座



映画芸術 No.286 1972.8   ●全面特集 暴力映画とポルノ映画

特集1 映画と現代
● 柄谷行人……邪悪なる精神 *ポランスキー〈マグベス〉
● 鈴木清順……ポランスキーの幼稚な夢の中で
● 内村剛介……アメリカの二つの原点から〈ラストショー〉と棄民的視点
● 磯田光一……反戦思想の彼岸〈サマー・ソルジャー〉

特集2 暴力映画とポルノ映画
1、 アメリカの暴力映画をめぐって〈ホットロック〉〈時計じかけのオレンジ〉〈わらの犬〉
〈ゴッド・ファーザー〉
● 増村保造……暴力は根源的情熱だが、しかし革命は知性だ
● 佐藤純弥……暴力と新しい英雄

2、 やくざ映画に新しい突破口はあるか〈人斬り与太〉〈昭和おんな博徒〉〈木枯紋次郎〉
〈赤と黒のブルース〉〈殺しの盃〉
● 山根貞男……やくざ映画に性と戦後はなぜ出るか
● 片岡啓治……形式美と醜の情念
● 内田栄一……幻影破りの中島紋次郎

3、 告白的ポルノ映画考
● 金井 勝……立体間諜浣腸鳥瞰式猥褻なるポルノ考
● 斉藤正治……女に陵辱される夢
● 佐藤静子……まじめエロ切なさSEXのワイセツ度
● 高りよう……遊びとエロの創造性
● 15本以上みた10氏による 日活ポルノ映画ベスト10とその選考理由

グラビア
●特集 日活ロマンポルノ映画 〈鉄輪〉〈哥〉〈わらの犬〉

4、 ピンク映画今月の力作 連合赤軍を扱った山本晋也〈ポルノ総括 狂気の欲情〉

連載特集 映画的文化論/新日本列島
● 長谷部日出雄〈東北〉……「忍ぶ川」とわが故郷
● 堤 玲子〈岡山〉……故郷みたか空みたか
● 香田清亮〈北海道〉……山本麟一こそ非ロマン的道産子

“哥”をめぐって
● 笠原伸夫……ストイシズムと自然
● 遠丸 立……淳に関する疑問

ふたつの特集批評
マルコ・フェレーリ〈ひきしお〉女が犬になるとき

● 白石かずこ……ドヌーブのエクスタシー
● 栗田 勇……不審な愛と神話
● 萩原朔美……地中海の迷想
● 波多野哲朗……うちなるファシズムと文明
● 小川 徹……飛べぬハインケル
クロード・ルルーシュ〈冒険また冒険〉革命家と盗賊の間
● 小沢信男……マルクス兄弟は挑戦する
● 佐藤重臣……やったぞ!軽薄派
● 小沢栄太郎……代はみての

● 渡辺武信……至福からの痛ましい覚醒者〈ボグダノ・ヴィッチ論〉
● 後藤 涼……この幸福な種族たち 映画監督相関図(1)〈イタリア映画監督の系譜〉
● 大和屋 竺……変身
● 遠井啓一郎……人情ゴム風船に一針 松竹喜劇〈社長さん〉〈男の子守唄〉をめぐって
● 真鍋理一郎……映画音楽細見
● スペシャリスト批評
● 木村威夫……美術
● 長谷川元吉……カメラ
● 宍戸 錠……俳優論

ピンク映画評  書評

広告
●日活〈いよいよ佳境に入った―日活ロマン・ポルノ話題の10大作〉 ●人生劇場(松竹) 
●海軍特別少年兵 ●ラスト・ショー ●ひきしお ●愛・結婚 ●ユナイト映画
●東映〈男の盛夏!番外地シーズンがやってくる
●芳賀書店 ●地下演劇 ●朝日新聞社 ●ビクターレコード ●蛮友社 ●三一書房 
●竹内書店 ●角川書店 ●映画評論 ●薔薇十字社 ●北冬書房 ●シナリオ作家協会 
●創樹社 ●現代評論社 ●コバルト社 ●荒地出版社 ●近代映画社 ●新宿ノアノア(サパー・クラブ)



映画芸術 No.290 1973.4

● 内村剛介……寅さんとチャーリー  言葉と映像トパロディと
● 小中陽太郎……誰にとって戦いは終わったか〈ジョニーは戦場へ行った〉〈フリッツ・ザ・キャット〉
● 秋山 駿……裸と規則  東映ポルノを見て
● 寺山修司……ラスト氏との一夜〈ポセイドン・アドベンチャー〉
● 中村 宏……呪物ポセイドン号の最後

特集1 東映ふたつの路線〈ポルノと実録〉の思想はなにか
● 佐藤 信……異議あり〈仁義なき戦い〉
● 野田茂徳……忘八武士道の思想と若松映画〈忘八武士道〉〈エロスの女王〉
● 田中陽造……石井輝男の三つ目の目玉〈忘八武士道〉
● 田中美代子……男のヒロイズム・女のヒロイズム〈仁義なき戦い〉〈さそり〉
中島貞夫はATGで何をねらったか〈鉄砲玉の美学〉
● 山根貞男……ヤクザ映画における飢えと日常性
● 篠崎恭子……カッコ悪さの美学

特集2 ただいま一流売れっ子監督へ“冷静なる評価”
● 川田 功……加藤 泰と石井輝男=強姦の意味と上野戦争
● 斉藤正治……藤田敏八と村川 透との明暗〈赤い鳥逃げた〉〈哀愁のサーキット〉
● 荒瀬 豊……今井 正=下士官礼讃を抵抗の支点とする誤り〈海軍特別少年兵〉
● 手島修治……山田洋次=笑いは人間的である必要があるか〈男はつらいよ〉
● 広中冬樹……豊田四郎=森繁はパンダに似ているか〈恍惚の人〉
● 荒井晴彦……伊藤俊也=怪獣ウラミゴンのゆくえ〈さそり〉
● 高宮妖子……田中 登=私は童貞膜固守派に殺されたくない〈変身〉

特集3 ××××における男と女≪関係における映画作家論≫
● 佐藤重臣……サム・ペキンパー=彼は女に財産を分かちあたえるか
● 鈴木いずみ……斉藤耕一=ロマンチックなんだなァ、この男女
● 桂 千穂……小沼 勝=愛欲と打算のドラマティスト
● 賀来恋慕……西村昭五郎=白川和子を失い純愛派に転ずるか
● 蒼井一郎……藤田敏八=無言の微笑のなかに心情の疎通できる女
● 高沢瑛一……アメリカンポルノにおける男と女〈ポルノ同窓会・輪獣〉〈人妻ポルノ 慢性発情女

特集 日活ポルノ
● 宗 左近……トイレでの女の溜息〈色情姉妹〉日活ポルノをはじめてみた
● 白坂依志夫……ポルノリゼイション(連載)絶倫の人
私はなお鮮やかに感じつづける  女流新人による官能的批評
● 原 葵……刺されて死にたいタケダケシイ中年女〈昼下がりの情事・変身〉
● 原田ヨシコ……ヒステリックで自己分析しきれない想い〈哀愁のサーキット〉
● 伊崎ともこ……便所で泣きながらオナニーする女のコ〈色情姉妹〉
● 在野 蜜……はやる男が脱ぐところ〈傷だらけの欲情〉〈人妻〉
● 嶋火見子……オチンチンにリボンをむすんで〈熟れすぎた乳房・人妻〉〈変身〉
● 小田克也……1−2月のピンク時評

新日本列島/映画論
● 渡辺祐介〈静岡〉……不毛にして無惨わが青春
● 神山征二郎〈岐阜〉……国を捨てた“寂しい”ガキ大将

パゾリーニ“神話”の変貌〈カンタベリー物語〉をめぐって
● 米川良夫……物語ることの歓び
● 野島秀勝……チョーサーとパゾリーニの間

● 木村威夫……美術批評〈カンタベリー物語〉
● 真鍋理一郎……音楽時評〈赤い鳥逃げた?〉と〈鉄砲玉の美学〉
● 梶井 純……今月劇画作家 かわぐちかいじ論

シナリオ
● 中野顕彰……〈しなやかな獣たち〉  監督 加藤 彰

グラビア
● 男の顔 ●おんなの躰 ●日活ロマンポルノ 1〜3月 ●洋画ポルノ ●東映・東宝・ATGポルノ

広告
● フリッツ・ザ・キャット ●ゲッタウェイ ●放課後(東宝) ●エロスは甘き香り
● 花と龍(松竹) ●やくざと抗争 実録安藤組 ●ジョニーは戦場へ行った ●見えない恐怖 
● ラスト・タンゴはパリで ●ユナイテッド・アーチスツ映画
● 演劇実験室 天井桟敷 ●草思社 ●鳥書房 ●評論社 ●薔薇十字社 ●芳賀書店 
● コバルト社 ●北冬書房 ●現代評論社 ●柘植書房 ●原宿学校 ●シナリオ 
● 日本映像研究所



映画芸術 No.293 1973.

批評特集1 〈ラスト・タンゴ・イン・パリ〉ベルトリッチについての賛否の評価
● 高沢瑛一……美しきデカダンスに捉えられて 危険な思想家ベルトリッチ
● 吉田喜重……表現力の世代とファシズムの地盤 ベルトリッチとヴェーネ

特集2 いまはガマン余技余業に専念――われらが映画作家たちの昨今
● 武重邦夫……今村昌平における沈黙の4年間 *ボルネオ・スマトラ・コンゴと歩きまわる超人的努力は何の為に
● 今村 昭、石上三登志(対談)……鈴木清順とコマーシャル *映画監督出身ではナンバー1といわれているが
● 村井 実……大島 渚とTV〈女の学校〉 *明快・健康そのものの校長先生
● 福田宏年……田村 孟と小説 *テレビよさらば、純文学よ今日わ
● インタビュー……若松孝二と土地 *札びらの飛びかう土地屋サンから巻きあげて映画を

特集3 ポルノ解禁!? その時こんな映画をつくりたい
● 大和屋 竺……ぼくのプロセス、ぼくの場合
● 渡辺 護……ピンクを必要とする社会は消滅しない
● 鈴木志郎康……極私的セックスシーン潜り
● 神山征二郎……私もいつか性の成熟がくれば

特集4 ユニークな北一輝解釈〈戒厳令〉
● 磯田光一……無幻想空間の心情革命
● 村上一郎……幻の起義者・北一輝

特集5 男と女 TOPICS & CRITICS ワイド版
● 司 摩那……大型新人深尾道典〈女医の愛欲日記〉の裏読み
● 岸田理生……女の見た本物ポルノぼかし版〈ハリウッド・ブルー〉
● 高井新二……西村スエーデンポルノと東宝文芸大作は同じこっちゃ
● 関井光男……ジェルミの描いた超恐妻残酷に耐えることこそ現代の英雄
● 田中未知……白川和子の演技中止を撮した不完全映画の夢〈パラノイヤの群れ〉
● 寺林 淳……笑わぬキートンのこんな見かた〈キートン・カップス〉
● 緒野 和……〈カサブランカ〉にうつつをぬかした批評家の一瞬の幸福〈ボギー俺も男だ!
● 白石かずこ……ゴッドファーザーの影響、主人公は家に帰った〈バタフライはフリー〉〈サウンダー〉
● 高宮妖子……性の教祖ローレンスによる“待ちわびた処女”診断〈女狐〉

特集6 哀しみのベラドンナをめぐる多角批評
● 別役 実……虫プロアニメーヨン論
● 上村一夫…アニメと藁半紙のエロス
● 斉藤正治……寸根悲願とディストピア
● 高りょう……悪魔ちゃんに抱かれていった

特集 ポルノ映画女の感じ方 ワイド版 マジメ女は性に激しく衝突する
● 北川れい子……子宮をもっと緩めさせてよ〈穴場情報〉〈愛技御仕込処〉
● 森本あさ子……可哀そうなヒヤシンスの女のからだ〈女狐〉
● 花市紋女……好きな男と寝られぬ呪縛〈野良猫の性春〉〈欲望〉
● 野原しげみ……精液を顔にひっかけられても〈エロスの誘惑〉〈濡れた唇〉

禁じられた日活ポルノ〈森は濡れた〉〈女高生肉体暴力〉をめぐる批評
● 沢よし恵……森は濡れた論
● 原 葵……存在の罠
● 賀来恋慕……ポルノ地獄に有刺鉄線を見た
● (Z)……禁じられたポルノ映画について

時評
● 遠井啓一郎……(邦画月評)恐怖の演出者 その名は理不尽〈東京消失〉〈ゴキブリ刑事〉〈やくざ対Gメン・囮〉
● 小沢啓一……東映におけるヤクザ映画の終焉〈やくざ対Gメン・囮〉〈釜ガ崎極道〉〈やさぐれ姉御伝〉
● 黒川順治……(洋画月評)悲劇の背後に何があったか〈激怒〉〈雨の日にふたたび〉〈ロリマドンナ戦争〉
  〈アルフレッド・アルフレッド〉〈ボギー俺も男だ〉

日活ポルノ裁判公判 詳報  ふたつの釈明書(検事側)提出
日活ポルノ100本の入場者数ベスト10(新宿・川崎)
●小田克也……ピンク映評

グラビア
● スエーデンで外人裸女を初演出する西村昭五郎・加藤彰〈淫獣の宿〉〈蜜のしたたり〉
● 苦労しました“この一瞬”眠ってはいけませんョ(映画復活運動会)〈アマゾネス〉〈ボギー俺も男だ〉〈化石の森〉
 〈ボディーガード・牙〉〈若き日のモンロー〉〈女狐〉〈感じるムラマサ〉〈処女かまきり〉〈激怒〉〈陽は沈み陽は昇る〉
 〈メカニック〉
● 大正12年9月1日を描いたドキュメント“東京消失” 
● 日活ロマンポルノ 6月〜8月

広告
●現代映画 ●結婚の創造 ●昭和おんなみち 裸性門 ●宮本武蔵(松竹) ●女囚さそり けもの部屋 
●夏から74年へ東宝話題の大作群! ●トム・ソーヤの冒険 ●アマゾネス ●007死ぬのは奴らだ
●天使館 ●演劇実験室 天井桟敷 ●大駱駝艦 ●キャニオン・レコード ●日本映像研究所 ●原宿学校 
●北冬書房 ●ブロンズ社 ●第二書房 ●日本読書新聞 ●三一書房 ●草思社 ●立風書房 ●晶文社 
●新書館 ●薔薇十字社 



映画芸術 No.297 1974.2

特報 1973年私たちが選んだ映画ベスト10 ワースト3 その理由

● 日本映画 1、仁義なき戦い 2、恋人たちは濡れた 3、(秘)女郎攻め地獄
● ピンク 1、16才愛と性の遍歴 2、会津恋唄柔肌無情 3、床ずもう 他1本
● 洋画 1、ポセイドン・アドベンチャー 2、ラスト・タンゴ・イン・パリ 3、ジョニーは戦場へ行った
● 洋画ポルノ 1、ダーティ・サリー 2、アブノーマルSEX 3、淫魔
《日本映画》 磯田光一 高阪 進 高沢瑛一 小田克也 波多野哲朗 北川れい子 白坂依志夫 森本あさ子 荒井晴彦 山根貞男 岸田理生 河原一邦 蔵田 実 高田 純 野崎隆一 桂 千穂 伊丹 皓二 伊藤杏里 など27氏
《外国映画》 夏 文彦 高宮妖子 草川進夫 元木昌彦 磯田光一 など10氏

● ピンク若手映画人放談会……〈座談会〉エロスと恍惚のメッカへ来たれ

《ピンク映画》 佐藤満夫 川端義幸 村井 実 竹内康範 川上照夫 斎田正則 など8氏
《洋画ピンク》 秋月恵之介 梶原和男 堀江鈴男 新 ちあき 星野輝男 高りょう
● 小田克也……ピンク時評

20Page特集 実録 男の初体験20年史 戦後の性を索めて =歌と映画=
● 白坂依志夫……〈昭和25年〉兵器産業の人妻と熱き抱擁の日々
● 前田陽一……〈昭和28年〉憧れの東京の屋根の下俺は吃音志願
● 高りょう……〈昭和29年〉煙にまみれた笛吹童子・釜石芸者
● 金井 勝……〈昭和31年〉十七、八のオラァガキだった中央線の痴女
● 鈴木則文……〈昭和33年〉美女が不倖を進んで引き受けなければ
● 神山征二郎……〈昭和35年〉プロポーズは悲しみの原点・江古田の宿
● 田中 登……〈昭和36年〉発情期に受胎は可能か伊豆長岡エレジイ
● 斉藤正治‥…〈昭和39年〉オレの女に手を出すナ、竜鳳よ!
● 賀来恋慕……〈昭和42年〉男の初体験にも痛みがホント!?
● 沢よし恵……〈昭和43年〉魔女になりそこねたわたし

特集 石油戦略と政治陰謀
● 野田茂徳……マッティ事件と国際石油資本の陰謀〈黒い砂漠〉〈ダラスの熱い日〉〈オクラホマ巨人〉
● 高阪 進……石油と国家と人間

● 黒川順治……不思議の国の彼ら 成熟とは何か 〈津軽じょんがら節〉〈オクラホマ巨人〉〈ジェレミー〉〈北国の帝王〉
● 佐藤静子……シドニーポラックの新作

ポルノ映画・女の感じ方=不感症の実証的研究
● 上原たまき……乾いた欲情の内で 武田一成〈欲情の季節・蜜をぬる18才〉
● 北川れい子……濡れ濡れペニスをひと握り 小沼 勝〈女教師・甘い生活〉
● 伊東杏里……いいことしましょ 武田一成 〈蜜をぬる18才〉
● 砂田まさえ……母ちゃんゴメンネ私の性は蟻地獄 藤井克彦〈OL日記・密猟〉

シナリオ
●神代辰巳・鴨田好史……〈濡れた欲情・特出し21人〉   監督 神代辰巳

グラビア
● 特集 つまらぬ洋ピンを避ける手引き
● 日活ロマンポルノ 1月〜2月

広告
● 華麗なる一族(東宝) ●必殺仕掛人 春雪仕掛針(松竹) ●仁義なき戦い 頂上作戦(東映) ●ダラスの熱い日
●実録 エロ事師たち (秘)女子大生SEXアルバイト(日活) ●グライド・イン・ブルー ●日本百年
●74年凄まじい興奮を呼ぶ男たち=ユナイト映画に結集!
● 天象儀館 ●演劇実験室 天井桟敷 ●シナリオ・センター ●日映 ●日本映像研究所
●木六会初顔興行〈ものみな歌でおわる〉 ●キャニオン・レコード ●美学校 ●原宿学校 
● 土曜美術社 ●評論社 ●北冬書房 ●三一書房 



映画芸術 No.304 1975.4   ●特集 映画好きのための作家批評

特集 迷夢から醒めてハリウッド映画はどこへ=新作10本による新鋭監督論・批評
● 内村剛介……わがメロドラマ讃歌  シドニー・ルメット〈オリエント急行〉
● 真崎 守……なぜメキシコへ行った  サム・ペキンパー〈ガルシアの首〉
● 鈴木清順……〈ガルシアの首〉随想
● 渡辺武信……論理の普遍性と行動の不条理 探偵映画論  ポランスキー〈チャイナタウン〉 シドニー・ルメット〈オリエント急行〉
● 蓮実重彦……快楽の陰鬱な構造  オルドリッジ〈ロンゲスト・ヤード〉
● 清水哲男……人生からフットボールを除けば何がある〈ロンゲスト・ヤード〉
● 高沢瑛一……ドレスデンとヴェトナムの間で  G・ロイ・ヒル〈スローターハウス5〉P・ボグダノビッチ〈ダーゲッツ〉
● 日野康一……“ヤアヤアヤア”“ナック”の監督が何故?  R・レスター〈ジャガー・ノート〉
● 岸田理生……こぼれたミルクは瓶に戻せない  ラリー・ピアス〈別離〉
● 佐藤忠男……パニック映画論  J・ギラーミン〈タワーリング・インフェルノ〉ほか

アンディ・ウォホールの正体が見えてきた〈処女の生血〉
● 高 英介……血と幻想が彩る嘆美の世界
● 田中美代子……純血なる観念・死なぬ神

インタビュー&ルポ批評  雌伏5〜8年の企画・そしてこの夏こそは……
☆ 脚光を浴びる旧ライバル ふたりの教祖 今村昌平と鈴木清順
● 今村昌平……ぼくは日本のシルクロードを発見した〈ええじゃないか〉
● 鈴木清順……エジプト映画の構想―私の星まわりは8年ごとですよ

批評特集=これらが日本映画のまぎれもない現状だ!
● 大和屋 竺……パターンドラマ=美神への復習
● 波多野哲朗……彼らの帰らざる夢
● 松田 修……酷愛への軌跡 深作欣二〈仁義の墓場〉
● 小沢信男……日本映画は復興しちゃっているが
● 谷口ゆい……甘えン坊のノスタルジア〈浦山桐郎への手紙〉
● 山根貞男……映画はライスカレーか 大新聞映評を批判する
● 近藤幸彦……小説・検事側の証人 ロマンポルノ裁判

テーマ特集 女は男を殺して生きるものなのか 〈実録・阿部定〉〈青春の門〉〈吶喊〉〈雨のアムステルダム〉
● 内田栄一……執念のサマザマ〈雨のアムステルダム〉
● 高阪 進……モノを拒絶していまの無惨に
● 黒川順治……カマキリはオスを喰ったか?

エロ・グロ・ナンセンス映画の横行=東京辺境ゲテモノ映画拝見
● 中原清子……淫画木枯回覧板
● 北川れい子……女ひとりピンク館かけめぐる
● 小川 徹、沢よし恵……〈続・愛と誠〉を見なおそう

●小田克也……ピンク映評
● 舟木恵美……〈女鑑別所・性地獄〉
● 佐藤重臣……ゴシップサウンズ

シナリオ
●神波史男、松田寛夫……〈0課の女・赤い手錠〉  監督 野田幸男

グラビア
● 〈0課の女・赤い手錠〉を再評価しよう
● 洋画ポルノ情報 〈エマニエル夫人〉の大ヒットを追っかけろ!
 〈卒業試験〉〈危険な戯れ〉〈淫欲夫人〉〈ライフサイズ(等身大の恋人)〉〈絶倫5人女〉〈猟色!餓狼のえじき〉
 〈女子学生(秘)レポート・ローズ色の襞〉〈先天性売春婦〉
● 日活ポルノ 2月〜4月の3路線
 〈薔薇と鞭〉〈トルコ(秘)悶絶〉〈レスビアンの世界・恍惚〉〈残酷黒薔薇私刑〉〈男狂い・制服の処女〉
 〈主婦の体験レポート・ おんなの四畳半〉〈新団地妻・売春グループ13号館〉

広告
● 処女の生血 ●雨のアムステルダム(東宝) ●再会(松竹) ●大脱獄(東映) ●ジャガーノート ●冒険者たち
●トルコ(秘)悶絶 続・未亡人下宿 表も貸します裏も貸します セミ・ドキュメント にっぽん痴漢50年史(日活) 
●デアボリカ ヤコペッティの大残酷(東和) ●ガルシアの首(ユナイト映画) ●共和教育映画社 
●陽物神譚 馬頭記(異常化社) ●アテネフランセ文化センター ●美学校 ●アート・シネ・ギャラリー 
●社会思想社 ●北冬書房 



映画芸術 No.308 1975.12  

特報 75邦画洋画 私の審判
映画芸術 昭和50年 第11回 ベスト10・ワースト5
選者及び選考評論
内田栄一・白坂依志夫・飯島哲夫・桂 千穂・伊丹皓二・遠丸 立・高沢瑛一・北川れい子・船田 栄・高 りょう・佐藤千穂・川田 功・夏 文彦・小川 徹・荒井晴彦・井家上隆幸・北川康晴・松本健男・河原一邦・山根貞男・金井 勝・吟遊編集部・小田克也・磯田光一・賀来恋慕・沢よし恵・堤 正志・伊東勝男・若松 護・佐藤重臣・須藤 久・松原純子・斉藤正治・神山征二郎・佐藤忠男・松田 修・広瀬 襄・谷口ゆい・田中美代子・清水哲男・藤井克彦・萩原朔美・蓮実重彦
● 日本映画 ベスト10、ワースト5
● 外国映画 ベスト10、ワースト5

特集1 混濁するアメリカ1976の映画思想
● 種村季弘……シャンプー族の息子たちはどこへ〈悪魔の追跡〉〈ブレージング・サドル〉〈シャンプー〉〈危険なめぐりあい〉
● 磯田光一……魔女狩りの心理と論理〈激突〉〈悪魔の追跡〉
● 飯島耕一……三つのロミー・シュナイダー映画を見て
● 鈴木清順……CIAが神ならば〈コンドル〉
● 田中美代子……八つ裂の恐怖の後に巨大な女の時代が〈イナゴの日〉
● 佐藤静子……スピルバーグってオカマ掘られ映画じゃなくって?〈激突〉〈ジョーズ〉〈カージャック〉
● 内藤 誠……自称B級監督の見たハリウッドB級映画の魔力
● 蓮実重彦……遅刻者フライシャーの透明・抹殺・無意味性の構造〈ナンディンゴ〉または宙に迷う空ろな記号

特集2 にっぽんエロチカ探訪
● いいだもも……(特出し)吹いたか八文・聖物御開帳縁起
● 堤 玲子……(ポルノ映画)お豆出し馴れたる女は
● 高 りょう……(洋ポル)女達はもどる性の牧場へ
● 賀来恋慕……アメリカで裸女殺人現場ポルノを見た

特集3 霊界から正月声が聴えてきた ―昨年度物故文化人の霊界通信及び幽界訪問記―
● 白坂依志夫……天国か地獄か ある待合室にて
● 木村威夫……私の幽界への旅で出会った人々
● 長部日出雄……南部僑一郎の肉声
● 河内 紀……―広島の妖怪―梶山季之にあう
● 熱田利明……きだみのる
● 松田 修……パゾリーニ追悼 聖餐の糧

小特集 〈巨大なる男とジュステーヌ〉とロマンポルノ
● 北川れい子……またまたインテリ男に絶望す!!
● 伊東杏里……ふたりでねっちゃりやりたいだけよ
● 沢よし恵……犬のような四つん這いの日々 その視座をもて!
75 ピンク映画ベスト10  洋画ポルノベスト10
● (Z)……群像 大映テレビの映画(連載3)
● 佐藤重臣……ゴシップサウンズ
● 小田克也……ピンク映画時評

グラビア
●洋画ポルノ ベスト10
〈巨大なる男とジュステーヌ〉〈巨大なる男トバタフライ〉〈ナチ収容所・悪魔の生体実験〉〈淫婦〉〈しゃべる、プッシィートーク〉
〈淫欲夫人〉〈みだらな唇スーザン〉〈ヘルスネーク〉〈エマニエル2〉〈続エマニエル夫人〉〈プッシィー・トーク〉〈エマニエル・ネーラ〉〈サーカス・ポルノ〉〈異常性欲「アンタ」〉〈ダーティ・ポルノ〉〈エキビジョン「露出」〉〈ハード・ポルノ〉〈卒業試験〉〈金髪夫人 舌ざわり〉
● 日活(昭50)興収ベスト10
〈濡れた欲情・開け!チューリップ〉〈痴漢女湯のぞき〉〈新おんなの四畳半〉〈淫絶夫人 快楽の奥〉〈修道女ルナの告白〉
〈宇能鴻一郎の濡れて立つ〉

広告
● サーカス・ポルノ(東映洋画) ●妻と女の間(東宝) ●男はつらいよ 葛飾立志篇(松竹)
●新・おんなの四畳半 修道女ルナの告白(日活) ●トラック野郎 爆走一番星(東映)
●続 エマニエル夫人〈日本ヘラルド〉 ●ローズバッド(ユナイト映画) ●O嬢の物語(東宝東和) 
●追想 軍用列車 ミズーリ・ブレイク(ユナイト映画)
● 美学校 ●東京総合写真専門学校 ●日活テレビ映画芸術学院 ●朝日カルチャーセンター ●新宿アートビレッジ 
●サトウ・オーガニゼーション
●青林堂 ●「Rの誘惑」出版記念写真展 



映画芸術 No.310 1976.4

ドキュメント特集1 
焼けあとに原点はあったか
民衆の敵(46) 命ある限り(46) 第二の人生(48) 女の一生(48)
戦後史消滅のあと35年間の記憶の曲折を辿って見た4未公開反戦映画とその背景
*インタビュー……波多野哲朗、高阪 進、小川 徹
● 種村季弘……14才の浮浪児の目は何を見た
● 小川 徹……復員学徒の虚脱・何も見なかった記憶喪失状況
● 本木荘二郎……戦中も戦後も地つづきの空間のなかの黒沢 明
● 市川 崑……いまも瞼に残る組合大会
● 亀井文夫……戦争は金で予防できる“空想共産主義”者の戦中戦後

ドキュメント特集2 
● 佐藤重臣……今村昌平の秘やかな映画界再編成への胎動と佐木事件の真相

特集3 見るワイセツ・するワイセツ
● 吉原幸子……ぼくらはみんなワイセツだ
● 天野哲夫……ゲイジュツはワイセツだ

新連載 ある対決(第一回)
● 深尾道典……私もお定を書かされていた大島 渚への訣別
● 大島 渚……深尾道典さんへの手紙

● 伊丹皓二……新ライバル監督論 曽根中生と小沼 勝

● 磯田光一……暗喩としてのアメリカ〈バリー・リンドン〉
● 種村季弘……娼婦と看護婦のいる場所で
● 飯島耕一……滅びよヒューマンビーイング〈ナッシュビル〉
● 清水哲男……どうしてマザースキー氏と相性が悪いのか〈グリニッジビレッジの青春〉
● 寺山修司……シスコで観た「セブン・ビューティーズ」*ウーマンフィルムとはいったい何か
● 鈴木志郎康……やさぐれ刑事の自虐の構造
● 蓮実重彦……契約者の自由と不自由〈キラー・エリート〉とペキンパー論
● 波多野哲朗……彷徨と失踪のゆくえに アントニオーニ〈さすらいの二人〉
● 高沢瑛一……ハリウッド「第9世代」がでてきた〈インサート〉〈タクシ・ドライバー〉
● 荒井晴彦……極私的春傷映画論〈さらば夏の光よ〉〈挽歌〉〈爆走パニック・大激突〉

● 佐伯優子……反戦思想家に女が惚れるとき
● 北川れい子……惚れたがなぜ悪いと……
● 森本あさ子……ママたちの濡れている時間
● 高りょう……アレが一つ欲しいのよ

● 小田克也、斉田政則……ピンク映評

シナリオ
● いどあきお……〈江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者〉  監督 田中 登

グラビア
● 最近の洋画から どきんとする名セリフ集
〈楡の木陰の愛〉〈アデルの恋の物語〉〈ミラノの恋人〉〈ハッスル〉〈グリニッジ・ビレッジの青春〉〈ナッシュビル〉〈さすらいの二人〉〈麗しのカトリーヌ〉〈午后の曳航〉
● 映芸フォト・ニュース〈トラック・セッックス野郎 一発勝負〉
● 初夏の洋画ポルノ
〈ワールドバイナイト〉〈淫らな少女〉〈スペシャルキャンディ〉〈淫女スカーレット〉
● 日本映画界の地図が変わる! 60年代監督へのノスタルジー
● 日活ポルノ(4〜5月)
〈淫乱な関係〉〈ひめごころ〉〈ルナの告白 私に群がった男たち〉〈妻たちの午後は……より「官能の檻」〉

広告
● エリックの青春 青い鳥(東宝東和) ●あの感じ 淫絶未亡人 実録(秘)トルコ嬢物語(日活)
● スリランカの愛と別れ 激突!若大将(東宝) ●喜劇 大誘拐(松竹) ●ラグビー野郎(東映)
● ソドムの市(ユナイト) ●さらば愛しき女よ ミズーリ・ブレーク(ユナイト) ●新宿アートビレッジ 
● 青林堂 ●じゃこめてい出版 ●柘植書房 ●創樹社



映画芸術 No.311 1976.6

特集1 
愛のコリーダ ドキュメント2〜3月号に次ぐ第二弾!
日本では絶対見れぬ予想カット画面をカンヌで見た! 迫真の全場面完全誌上試写!
1●山口浩二、深沢郁夫……FUCK前後のニタとした笑い
2●三浦大四郎……ムードを高めないのはどうかナ
3●前田 仁……今だから喋ろう これが凡てだ
4●尾形敏朗……性器・性交の描写その程度の詳細
5●谷 瑛一……セックス撮影の苦心さまざま

特集2 こうつくればいいのに・つくりかえ日本映画論
● 内田栄一……押しかけスタッフ即刻参上〈玄界灘〉〈大誘拐〉
● 桂 千穂……異常な未亡人は遠い異国にしかいないのか〈スリランカの愛と別れ〉
● 川田 功……東映偏愛マニアをニンマリさせるな
● 北川れい子……ヤレばいいってもんじゃないよ〈濡れ濡れ〉〈大地の子守歌〉
● 森本あさ子……男たちよ日本一に拘りつづけよ〈大誘拐〉〈続人間革命〉

特集3 私は殺される!!
● 杉江 駿……尖端恐怖と貝幻想
● 佐伯由莉……なぜどの男からも、殺したいといわれるのか
● 板坂 剛……内ゲバの恐怖

対談
● 種村季弘×堀切直人……田中 登〈屋根裏の散歩者〉と江戸川乱歩の世界

唐十郎映画〈玄界灘〉を同業劇作家がみて
● 太田省吾……任侠外伝と玄界灘の不和
● 高谷信之……玄界灘に永遠が見えたか

連載企画 焼け跡に原点はあったか(2)
● 亀井文夫、波多野哲朗、高阪 進、小川 徹……(座談会)亀井文夫の見た秘録戦中戦後映画史
● 高阪 進……女の一生

● 鈴木清順……のりものづくし〈ヒンデンブルグ〉〈ミッドウエィ〉
● 松山俊太郎……ザ・ヒンデンブルグ
● 田中美代子……罪障とオナニズム 三島由起夫原作の2作品
● 松田 修……荒涼のアルカディア〈スカイエース〉
● 小沢信男……グリニッジビレッジは新宿だ
● (O)……ただ一度・二度となき(郷愁ドイツ映画)
● 沖山秀子……私はニコルソン(談)

先号佐藤重臣レポートに対する今村側の反撃
● 井上和男……“復讐するは我にあり”の映画化

●小田克也……ピンク映評

シナリオ  ピンク映画三選
●山本晋也……未亡人下宿 表も貸します裏も貸します  監督 山本晋也
●曽根俊一……痴漢満員電車  監督 稲尾 実
●稲尾 実……秘本 潮ふき  監督 稲尾 実

グラビア
● 尾形敏朗……3日間フルに見まわった大学生の映画日記
〈魔笛〉〈愛のコリーダ〉〈最後の女〉〈ソドムの市〉〈思春期〉〈さらば愛しき女よ〉〈日曜日の女〉
〈神々のたそがれ「ルートヴィッヒ」〉
● 映画界はのりものブーム
〈ミッドウェー〉〈スカイエース〉〈スカイライダース〉
● 日活ポルノ 6月〜7月
〈暴行切り裂きジャック〉〈屋根裏の散歩者〉〈あるコールガールの証言「露出」〉〈奴隷妻〉
〈女囚101性感地獄〉〈熟れて開く〉

広告
● 愛のコリーダ(東宝東和) ●超常現象の世界(東映洋画) ●アウトロー(WB) ●トラック野郎 望郷一番星(東映) ●不毛地帯(東宝) ●男はつらいよ 夕焼け小焼け(松竹) 
●キャンパス・エロチカ 熟れて開く 暴行切り裂きジャック セミドキュメント 痴漢のすすめ(日活) 
●午後の曳航(ヘラルド) ●ソドムの市 ミズーリ・ブレイク(ユナイト) ●共和教育映画 ●日本ディスクライブラリー 
● 映人社 ●ノーベル書房 ●芳賀書店 ●三一書房 ●青林堂



映画芸術 No.312 1976.8   ●実録・にっぽん戦後31年史

全面特集 実録・にっぽん戦後31年史
昭和20年 ●馬場当、虫明亜呂無、岡本喜八、和田嘉訓、渡辺祐介、家城巳代治、田村孟、小川徹、斉藤竜鳳、
吉田喜重……8月15日はこうして過ぎた
昭和22〜25年 ●吉谷 操……来なかったのは軍艦だけの真相=占領政策と東宝争議
昭和24年 ●小川 徹……「青い山脈」は民主主義映画かエスケープ映画か
昭和24年 ●鈴木清順……洋パンと野良犬と自動小銃〈晩春〉〈野良犬〉〈青い山脈〉
昭和25年 ●関川秀雄……全学連にイジめられた「きけわだつみの声」=非党員パージ組の再出発
昭和23〜25年 ●小倉浩一郎……初期木下恵介時代のプロデューサー日記
昭和25〜29年 ●野間正夫……独立映画運動の栄光と悲惨
昭和25年 一味違う独立プロ(近代映協)の吉村公三郎=インタビュー
昭和26年 ●佐藤忠男……戦後派監督いまだ誕生せず
昭和27年 ●井手俊郎……東宝再建の基礎づくり「三等重役」と藤本カラー
昭和28年 ●押川義行……「君の名は」「十代の性典」戦後女優の誕生
昭和28年 浴場を空にした大庭秀雄=インタビュー
昭和25〜29年 ●井上和男……巨匠を睨みながら 大船最盛期の助監督たち
昭和29年 ●大島 渚……「女の園」で飛び込んできたヌーベルバーグ一年生
昭和29年 ●西河克巳……日活制作再会、大量引抜き事件の参謀は語る
昭和28〜40年 ●深作欣二……東映現代劇12年を舞台裏から見れば〈警視庁物語〉
昭和29〜30年 ●玉木潤一郎……太陽がいっぱい錦ちゃん千代ちゃん登場前後
昭和29年 ●中川信夫……天皇来訪前、絶えざる不安のなかのがんばり
昭和30年 ●小川 徹……突然変異の大ヒット豊田四郎とおんな物専門成瀬巳喜男のピーク
昭和31年 ●蔵原惟繕……太陽映画騒動から裕次郎ブームへ
昭和31年 ●大蔵 貢……ぼくの新東宝時代・監督及び女優飼育法
昭和32〜35年 ●山際永三……「明治天皇と日露大戦争」エログロオバケの系列
昭和33年 ●白坂依志夫……増村保造・中平 康 戦中派の登場
昭和33年 ●井上芳夫……増村保造における情熱の研究
昭和34年 ●矢島 翠……市川 崑が「野火」「私は2歳」でみせた寒々した孤独感
昭和35年 ●田村 孟……松竹ヌーベルバーグの抬頭
昭和35年 ●斉藤竜鳳……安保と裕次郎の結婚
昭和35年 ●石堂淑朗……大島 渚と毛虱の1年
昭和33〜37年 ●渡辺武信……無国籍映画の歴史的栄光=日活アクションの盛衰
昭和37年 ●神波史男……ジグザグ苦悩する虫ケラ関東ヤクザ映画
昭和38年 ●飯島哲夫……天下太平なぜ悪い・非英雄時代のヒーロー
昭和38年 ●篠田正浩……小津・吉田論争とわが浮沈激しき時
昭和38〜42年 ●渡辺祐介……渡辺祐介における喜劇と栄光?
昭和39年 ●中島貞夫……やくざ襲撃前夜のゴールデンエージ
昭和38〜43年 ●佐藤 慶……監督に文句つける悪しきわが性
昭和42年 ●弓削太郎……“女賭博師”の登場とゴキブリ
昭和43年 ●岡本喜八……〈肉弾〉の一年間・戦中派監督の永く暑い夏
昭和45年 ●小川 徹……内田吐夢・将軍と奇術師の間の生と死
昭和47年 ●(O)……日活ポルノ登場・監督の“身情”調査表から
昭和51年 ●(O)……「愛のコリーダ」大島 渚のひとことから=戦後監督未決の愛情史

グラビア
● 戦後31年 監督、批評家かくれた運命の“関係”
● 24年 原 節子〈山の音〉〈青い山脈〉〈東京暮色〉〈わが青春に悔いなし〉〈秋日和〉〈母の地図〉 
杉 葉子〈青い山脈〉〈女給〉〈結婚案内〉
● 26年 京マチ子 〈偽れる盛装〉〈或る女〉〈赤線地帯〉〈夜の素顔〉〈悲しみは女だけに〉〈大阪の女〉〈地獄花〉〈甘い汁〉〈赤線の灯は消えず〉〈穴〉
● 28年 岸 恵子 〈君の名は〉〈我が家は楽し〉〈景子と雪江〉〈女の園〉〈雪国〉〈おとうと〉〈からみ合い〉
● 30年 淡島千景 〈夫婦善哉〉〈踊り子〉〈日本橋〉〈にごりえ〉〈昨日と明日の間〉〈ウッカリ夫人とチャッカリ夫人〉
● 31年 北原三枝 〈逆光線〉〈女人の館〉〈月は上がりぬ〉〈青春怪談〉〈狂った果実〉〈風船〉
〈次郎長遊侠伝 秋葉の火祭り〉
● 32年 岡田茉莉子 〈集金旅行〉〈芸者小夏〉〈土砂降り〉〈刃傷未遂〉〈日日の背信〉〈秋日和〉〈あすなろ物語〉
〈男ありて〉
● 32年 左 幸子 〈暖流〉〈思春の泉〉〈雲は天才である〉〈おふくろ〉〈真昼の暗黒〉〈幕末太陽伝〉〈にっぽん昆虫記〉
● 33年 山本富士子 〈氷壁〉〈湯島の白梅〉〈火の鳶走〉〈白鷺〉〈夜の河〉〈夜の蝶〉〈女経〉〈墨東綺単譚〉
● 33年 高峰秀子 〈女が階段を上がるとき〉〈張り込み〉〈二十四の瞳〉〈女の園〉〈子供の眼〉〈あらくれ〉〈放浪記〉
● 34年 有馬稲子 〈わが愛〉〈胸より胸に〉〈奥への道〉〈白い魔魚〉〈東京暮色〉〈酔っぱらい天国〉〈充たされた生活〉
● 35年 若尾文子 〈女は二度生まれる〉〈慕情の河〉〈夜の素顔〉〈さようなら今日は〉〈最高殊勲夫人〉〈浮草〉
〈妻は告白する〉〈滝の白糸〉〈処刑の部屋〉〈青空娘〉
● 37年 浅丘ルリ子 〈憎いあんちくしょう〉〈高原児〉〈渡り鳥北へ帰る〉〈緑はるかに〉〈青い怒濤〉〈執炎〉〈17才の抵抗〉
〈夜明けの歌〉
● 37年 吉永小百合 〈あすの花嫁〉〈雨の中に消えて〉〈キューポラのある街〉
● 43年 藤 純子 〈緋牡丹博徒 お命戴きます〉〈お竜参上〉〈女渡世人〉
● 日活ポルノ(8月〜9月)
〈真夏の情事 悶え〉〈色情海女 乱れ壺〉〈性処女 ひと夏の経験〉〈犯される〉〈感じるんです〉〈嗚呼!花の応援団〉

広告
● ロイドの用心無用(東宝東和) ●瀬戸はよいとこ 花嫁観光船(松竹) ●不毛地帯(東宝)
●嗚呼!花の応援団 四畳半青春硝子張り(日活) ●沖縄やくざ戦争(東映)
●トリフォーの思春期 ミズーリ・ブレイク ソドムの市 イッツ・ショータイム ゲイター ローマに散る(ユナイト映画)
●新宿アートビレッジ ●東京映像芸術学院 ●シナリオ・センター ●光響社 ●東京映配 ●東京総合写真専門学校 
● 三一書房 ●ノーベル書房 ●草思社 ●先駆文学会



映画芸術 No.314 1976.12  ●新春増大号

特報! 30頁全面特集
76映画芸術(第12回) ベスト10・ワースト5 決定
日本映画 1位 さらば夏の光よ(山根成之)
外国映画 1位 ナッシュビル(R・アルトマン)
選考者及び選考理由=荒井晴彦・磯田光一・生嶋 猛・飯島哲夫・井家上隆幸・内田栄一・浦崎浩実・板坂 剛・井上恵司・小田克也・小川 徹・尾形敏朗・大谷そのみ・桂 千穂・高りょう・小林康夫・金井 勝・鬼頭麟兵・北川康春・河原一邦・北川れい子・賀来恋慕・佐藤忠男・佐藤千穂・斉藤 博・沢よし恵・須藤 久・杉崎 卓・白坂依志夫・高橋正也・堤 正志・波多野哲朗・船田 栄・蓮実重彦・金子 裕・高沢瑛一・中川梨繪・土田 修・松田 修・松本健男・星良 孝・廣瀬 襄・長崎行男・山根貞男・安淵聖司・渡辺武信・文芸坐
●日本映画 ベスト10表  日本映画 ワースト5表
●外国映画 ベスト10表  外国映画 ワースト5表

76ピンク映画ベスト10=北川康春・小田克也・斉田政則・小川 徹
76洋画ポルノベスト10=杉崎 卓・村井 実・高りょう・小田克也・土田 修・小川 徹

● 松本俊夫……フェリーニにとって道化師とは何か
● 飯島耕一……1938年のバルカン超特急と38年目のビル・マッケィ
● 渡辺武信……夢の終わりの確認に滲む感傷〈ビッグ・アメリカン〉
● 黒川順治……老化した子どもと成熟しない大人たち・青田赤道の道化性

アメリカ現地報告
1●白石かずこ……アメリカの旅、今様奥の細道でポルノもすこしみた
2●佐藤重臣……メール・フィルムと花電車の狂った宴(グラビア)
3●佐藤千穂……シカゴ映画祭で〈官能の帝国〉を見、大島 渚を見なおした

ジャン・ギャバン追悼
● 小沢信男……私にとって〈望郷〉とは(グラビア)

リレー評論 TV文化の過剰を放置してよいのか
● 板坂 剛……何かありそうに見せる術を学んで堕落した私 ↓
● 須藤 久……それは近代の罠 ↓
● 桂 千穂……この映画製造器

76内外ポルノフィルム総まくり
1●〈愛のコリーダ〉はハスラー誌の性感第1位“Erection”位を獲得するか(グラビア)
2●外国誌で評判の日本ポルノ映画(グラビア)
3●飯島哲夫……ロマンポルノこの一年
4●高りょう……男の味覚、女の味覚・洋ポル時評
5●北川れい子……〈さそり〉を見習えよ、ワレ!
6●伊東杏里……選挙とポルノと赤ん坊
7●小田克也……今月のピンク映画評

シナリオ
●桂 千穂……〈暴行切り裂きジャック(76日本映画3位)〉  監督 長谷部安春

76アカデミー賞を噂さされるアメリカTV界の内幕を暴露した話題作
●パディー・チャイエフスキー……〈ネットワーク〉  監督 シドニー・ルメット

グラビア
●キングコングが呼び起こす 77映画界三大潮流の渦
〈エクソシスト2〉〈キングコング〉〈世界が燃えつきるとき〉〈激走5000キロ〉〈ダーティハリー3〉〈惑星大戦争〉
〈ジェット・バス〉
● 日本映画のアメリカでのホットな評判
〈愛のコリーダ〉〈残酷おんな情死?〉〈徳川セックス禁止令 色情大名〉〈濡れたハイウェイ〉〈みな殺しの霊歌〉
〈恐怖女子高校〉
● 日活ポルノ (12月〜1月)
〈学生情婦 処女の味〉〈色情妻 肉の誘惑〉〈夕顔夫人〉
● 洋画ポルノ ベスト10
〈獣色乱交〉〈グリーンドア〉〈淫婦ジュリアン〉〈スペシャルキャンディ〉〈爛れた欲情〉〈淫獣アニマル〉〈のけぞり〉
〈ザ・スペシャル〉〈ハードテクニシャン〉〈デットヒートポルノ〉〈SEX魔〉〈白昼の欲情〉〈卒業生〉〈ポルノスタジオ〉
〈淫女スカーレット〉〈エキジビジョン〉〈熱い舌〉〈ディープインスペシャル〉〈SEX奴隷〉
●私にとって“望郷”とは  ジャン・ギャバン追悼
〈望郷〉〈ヘッド・ライト〉〈我等の仲間〉

広告
●ダウンタウン物語(東宝東和) ●ブーメランのように  課外授業(東映洋画) ●やくざ戦争 日本の首領(東映) 
●嗚呼 花の応援団 役者やのぉー  サチコの幸(日活) ●男はつらいよ 寅次郎純情詩集  おとうと(松竹)
●春琴抄  恋の空中ぶらんこ(東宝) ●サウス・ダコタの戦い  ネットワーク(ユナイト) ●エンテベの勝利(WB) 
● サングラフ ●東京写真専門学院 ●新宿アートビレッジ ●京一会館 ●東京総合写真専門学校
●日本大学 芸術学部 ●梵クリエーション ●美学校 ●文芸坐 ●日活テレビ映画芸術学院
● 白川書院 ●ノーベル書房 ●角川書店 ●はるひろ社 ●先駆文学会



映画芸術 No.315 1977.2  ●日本映画のBIG5に賭ける

緊急展望
● 小川 徹……日本がアメリカの第51番目の州となる日〈さらば夏の光よ〉の着想

特集1 日本のビッグ5監督に賭ける
● 寺山修司、飯島耕一、磯田光一、蓮実重彦、賀来恋慕、小沢信男、佐藤重臣、松田 修、山根貞男、高沢瑛一……5監督の今現在未来期待度表
《今村昌平》
● 今村昌平……淀川長治氏TVインタビュー全文収録
現代の土着と芸能……今村昌平インタビュー
《鈴木清順》 花の応援団は真に清順の流れか
● 天道平三郎……劇画的なるものをめぐって
● 波多野哲朗……みえすいた批評家のアナロジー遊び
《大島 渚》
● 大島 渚……日活ポルノ裁判・性の証言(主として〈恋の狩人〉について)
《増村保造》
● 増村保造……ネットワーク論―どちらが主役か―
《深作欣二》
幻のシナリオ 実録・共産党 と深作欣二
●小山弘健……〈実録・共産党〉走り読み記

特集2 来るべきカーター映画時代への模索
● 秋山 駿……醜男たちの救済
● 種村季弘……女の外交術について〈シャアロックホームズの素敵な挑戦〉
● 白石かずこ……救急車はタクシードライバーに匹敵する
● 内田栄一……暴姦映画こうつくるべし
● 金井 勝……ペニスはマシンガン
● 北川れい子……男は目からレイプする
● 木村威夫……再生と念力〈キャリー〉〈リイン・カーネーション〉
● 佐藤 肇……悪魔は女を美しくするか〈キャリー〉
● 中嶋 夏……ロッキー、ロッキード、ロッキーホラーショウ〈ロッキー〉
● 山根成之……南向きでも日が当たらない話〈ロッキー〉

男たちの男たちのためのウラヤマガラセ特集  あの女優の熱いあえぎがスクリーンに甦るとき
1●渡辺英綱……うりふたつのサロメ角田と〈吸舌〉〈悶絶玉くずし〉
2●藤 弘志……寿司のヤケ食いのあとで
3●中村幻児……“愚息”よ“親”心をなぜ知らぬ〈続肉〉
4●細谷 健……細かに書き人におしえたくない××兄弟よ
5●荻野一男……みたい?みたいならどうぞ

リレー評論 美女パトリオティズムについて
● 須藤 久……美女の総理大臣を倒すために↓
● 板坂 剛……遺恨報復須藤久

評……〈青春の門・自立篇〉〈日本の首領〉
● 笠原伸夫……現実政治の透視図
● 小沢信男……それは試行錯誤の一つの戦史

評……〈悶絶どんでん返し〉
● 裕木 陽……男性安住への挑戦
● 金子 裕……〈悶絶どんでん返し〉

● 沢よし恵……〈眠れ蜜〉
● 小田克也……ピンク映評

● 米川良夫……ジャスミンの花の皮肉〈ローマに散る〉

シナリオ
●トニノ・グエラ、フランチェスコ・ロージ……〈ローマに散る〉  監督 フランチェスコ・ロージ

グラビア特集
●映画芸術編集15年史写真展
● アメリカ映画監督 77年の顔、拝見
● 新着洋画のなかの列車シーン
〈大陸横断超特急〉〈ロッキー〉〈シャーロックホームズの素敵な挑戦〉
● 日活ポルノ 2月〜3月
〈レイプ25時 暴姦〉〈悶絶どんでん返し〉〈女高生トリオ 性感試験〉〈OL官能日記 ああ!私の中で〉〈おんな(秘)発情度〉〈肉欲の昼下り〉〈四畳半芸者の枕紙〉〈発禁本「美人乱舞」より 責める!〉

広告
●青春の門 自立篇(東宝) ●北陸代理戦争(東映) ●グレートハンティング2 クラッシュ(ヘラルド)
●発禁本「美人乱舞」より 責める! 女高生トリオ 性感試験 日本国刑法第177条 強姦罪(日活) 
●イエロー・ドッグ(松竹) ●ローマに散る  キャリー  家  オードリー・ローズ (ユナイト映画)  ●共和教育映画社 ●上板東映 ●シナリオ作家協会 ●京一会館 ●映画資料図書館PLANET ●新宿アートビレッジ ●文芸坐
●西武劇場 ●京都書院 ●三越 ●東京写真専門学院 ●サン・グラフ ●東京大学出版会 ●立風書房 ●北冬書房●現代ジャーナリズム出版会 ●ノーベル書房 ●東京総合写真専門学校 ●東京映像芸術学院 ●評論社
●シナリオ・センター ●美学校 ●イメージフォーラム付属映像研究所 ●東京映配 ●先駆文学会
頌春 三軒茶屋
● 甲文堂 ●ブンカ名店街 ●東海銀行 世田谷支店 ●共和銀行 三軒茶屋支点 ●ビューティ・タケウチ
●衆議院議員 越智通雄 ●世田谷区長 大場啓二 助役 笹本 功 増村荘太郎 ●シヅオカヤ 萩原商事株式会社 ●門脇建設 ●品川信用組合 ●杉岡自動車工業所 ●清水ストア・精肉部 ●大衆酒場 とんとん屋 
●クラブ風スナック バニー



映画芸術 No.316 1977.4

特報!! 待った! 鈴木清順の10年ぶりカムバック

● 鈴木清順……角力と映画
シナリオ
●大和屋 竺(原案・梶原一騎)……〈悲愁物語〉  監督 鈴木清順

● 波多野哲朗……北陸代理風土記 深作欣二の〈北陸代理戦争〉
● 新藤兼人……木下恵介の戦後〈お嬢さん乾杯〉昭24年から〈日本の悲劇〉昭28年までの転機

特集 〈保存版〉Deep Throat以後XXX PORNO映画大鑑 1977年版 現地報告
● 秋山 駿……快楽の軽快なリズム ポルノ映画めぐり
● 吉行淳之介+小川 徹(対談)……ポルノ映画とSEX感覚〈変熟・下着売場の女〉〈白昼の欲情〉をめぐって
* これだけは若いうちに見ておきたい日本未公開ポルノ52選
* 問題の“ハスラー”が選び上げた勃起度100%映画17本の中味
* こうしてアメリカXXXポルノはつくられる
* アメリカ映画誌選出ハードポルノ〈ブルーオスカー賞〉の面々
* これを知っておけばアダルト映画通になれる ポルノ俳優名鑑
* アメリカポルノ監督と作品系列カタログ
* 72〜76日本封切りハードコア・リスト一覧
* アメリカポルノこぼれ話
● 波多野哲朗……ポーランド生まれ“映像のカメレオン”の作ったフレンチポルノ

● 磯田光一……勲章幻想について
● 蓮実重彦……小さな赤いビー玉、または壁の叙事詩
● 長谷川四郎……惑星ソラリスはオカルト映画か
● 松田 修……女は空間家は女淫アメリカ女権帝国健在なり
● 真崎 守……スタイナーという男に出逢った
● 高橋正也……ペキンパの捉えた新しい戦争のイメージ
● 小川 徹……意識が存在を生む世界へあと一歩

シナリオ
● ジュリアス・J・エプステイン……〈戦争のはらわた〉 監督 サム・ペキンパー

●尾形敏朗……映画風土記〈愛媛の巻〉

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉〈FOXスクリーンフレンド〉

グラビア
● ハスラーの目玉、Xrated映画評
● ブルーオスカー賞は「パメラマンの私的な午後」に
● 日活ポルノ 4月〜5月
〈壇の浦夜枕合戦記〉〈赤い花弁が濡れる〉〈宇能鴻一郎のむちむちぷりん〉〈横須賀男狩り 少女・悦楽〉
〈卒業5分前 群姦〉

広告
●合衆国最後の日(ヘラルド) ●犬神の悪霊(東映) ●若い人(東宝) ●恋人岬(松竹) ●壇の浦夜枕合戦記(日活) ●家  ロッキー(ユナイト) ●ヘルタースケルター(東映洋画) ●共和教育映画社 ●ジュネス企画 
● 東映太秦映画村 ●ユピテルレコード ●ポリドールレコード ●シナリオ・センター 
●東京映像芸術学院 ●東京写真専門学院 ●美学校 ●サン・グラフ
● 風濤社 ●勁草書房 ●三一書房 ●現代書簡 ●先駆文学会 
● 板坂 剛より須藤 久への公開書簡!



映画芸術 No.317 1977.6

ドキュメント特報!! 鈴木清順〈悲愁物語〉はいかにして撮されたか(80枚)
=桜と笛の死のユートピア=  グラビア *〈悲愁物語〉撮影写真集

● 大和屋 竺……清順とみた十年の夢 流された企画のすべてを公開

特集批評=〈合衆国最後の日〉 米大統領の栄光と価値はどこまで低落するか
● いいだもも……唯そ彼、彼は誰 終りの光もなく
● 飯島耕一……ミサイル西部劇と弱々しい大統領
● 陸井三郎……大統領を描いたアメリカ軍事映画の系譜

グラビア特集
● 高沢瑛一……西部劇は消えゆくのみ! 馬に代りメカたちが西部劇を吸収した

日本映画史発掘(連載3)
● 渋谷 実(聞き手・小川 徹)……昭和初期から戦争時代の松竹監督群像と系譜
● (O)……戦時中の渋谷 実と黒沢 明の映画を見て

●亀井俊介……アメリカン・ポルノ
● 小田克也……台湾は男天国だろうか
● 北川れい子……ロマンポルノ5ヶ月の総評 愛してるからキビシイよ

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉

● 加藤 泰(インタビュー)……帰ってきた「オーイ!アイ」

シナリオ
●加藤 泰、仲倉重郎……〈陰獣〉   監督 加藤 泰
● アンドレイ・タルコフスキー、フリードリヒ・ガレインシテイン……〈惑星ソラリス〉   監督 アンドレイ・タルコフスキー
● クロード・ルルーシュ……〈愛よもう一度〉   監督 クロード・ルルーシュ

グラビア
● 「悲愁物語」撮影写真集 自4月4日〜至5月6日 
● 帰ってきた「オーイッ!アイ!!」〈陰獣〉
● 西部劇は消え去るのみか? ●松坂慶子が裸になった〈恋人岬〉
● 日活ポルノ 6月〜7月
〈性と愛のコリーダ〉〈檻の中の妖精〉〈濡れて泣く〉〈むれむれ女子大生〉〈犯して!〉〈感じるんです〉〈岩風呂の情事〉

広告
● テンタクルズ(ヘラルド) ●犬神の悪霊(東映) ●本番 むれむれ女子大生(日活) ●陰獣(松竹) 
●八甲田山(東宝) ●ウディ・ガスリーわが心のふるさと ニューヨーク・ニューヨーク(ユナイト)
●ジュネス企画 ●サン・グラフ ●映音 ●ライリー商会 ●共和教育映画 ●東京映像芸術学院 
●シナリオ・センター ●シナリオ作家協会 ●ポリドール・レコード 
● 平凡社 ●ダヴィッド社 ●評論社 ●劇書房 ●社会思想社 ●草思社 ●先駆文学会 
●大好評!公開書簡シリーズ第2弾 板坂 剛への私信、返信



映画芸術 No.318 1977.8  ●鈴木清順5大傑作シナリオ集

鈴木清順五大傑作映画=完成シナリオ集 保存版
シナリオ
●池田一朗、山崎田忠昭……〈野獣の青春〉  監督 鈴木清順
●八木保太郎……〈関東無宿〉  監督 鈴木清順
●三木克也……〈河内カルメン〉  監督 鈴木清順
●川内康範……〈東京流れ者(原作・脚本)〉  監督 鈴木清順
●新藤兼人……〈けんかえれじい〉  監督 鈴木清順

●蓮実重彦……身振りを欠いた手招き 〈悲愁物語〉
●波多野哲朗……清順映画とは何か
●山根貞男……大衆映画の自己破壊の艶やかさ

●袴塚紀子……ルポルタージュ 加藤 泰「陰獣」における強行撮影30日間
●清水哲男……女の背中は人工芝に非ず〈陰獣〉
●内田栄一……ポップコーンと半煮ラーメン〈陰獣〉と〈犬神の悪霊〉

グラビア HOTな話題と批評
1、 門外不出〈陰獣〉NUDEシーンと昭和マゾヒズム
2、 HUSTLERの有名X映画勃起度ランクづけ批評のがらっと変わった顔ぶれ
〈若草が濡れるとき〉〈連発女〉〈エクスタシー〉〈クライマックス〉〈ディープマシーン〉〈白昼スワップ 午後の欲情〉
〈グラインドポルノ〉
3、●佐藤千穂……日本ではまだ見れぬ 77アメリカ上映のフェリーニ、ルーカス、カザン、アルトマン、フリードキンの新作を見た
● 日活ポルノ 6月〜8月
〈おさわりサロン おしぼりでお待ちします〉〈宇能鴻一郎の上と下〉〈実録不良少女 姦〉〈夜這い海女〉〈本番〉
〈雨やどりの情事〉

女蔑映画 〈スキャンダル〉〈BAD〉その他 の流行  *男達は女のどこかを許してない
● 秋山 駿……女嫌いについて
● (アンケート)小沼 勝、加藤 彰、白坂依志夫、桂 千穂、関本郁夫、荒井晴彦、板坂 剛……1、いかなるとき(ところ)女に嫌悪を 2、そのカタルシスのためにどんな映画を

〈スキャンダル〉〈BAD〉〈ゲシュタポ卍収容所〉
● 武田百合子……がんばらなくっちゃ映画論
● 緑 魔子×小川 徹(対談)……女の洪水、男のイジワルの彼方
● 柄谷行人……〈スキャンダル〉と階級闘争

● 小田克也……ピンク映評 6月〜8月

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉

広告
●さすらいの航海(ヘラルド) ●八つ墓村(松竹) ●ハウス  泥だらけの純情(東宝)
●トラック野郎 度胸一番星(東映) ●団地妻 雨やどりの情事  夜這い海女  制服売春 白い乳房(日活) 
●ニューヨーク・ニューヨーク  ウディ・ガスリー わが心のふるさと(ユナイト)
● 東映太秦映画村 ●共和教育映画社 ●日本企画 ●サン・グラフ ●東京映像芸術学院 ●日映株式会社
●ミノルタサウンド ●ニッカウ井スキー ●ポリドールレコード
● 合同出版 ●シナリオ作家協会 ●筑摩書房 ●先駆文学会 ●先駆文学会機関誌「先行馬」発行準備委員会



映画芸術 No.319 1977.10

● 実相時昭雄……鳩と戦艦 大ヒット〈宇宙戦艦ヤマト〉批判
● 加藤 泰……〈陰獣〉の余波
● 鈴木清順……〈悲愁〉以後

シナリオ
鈴木清順の幻の名作・映画化期待!!
● 鈴木清順、大和屋 竺、前田勝弘、田中陽造……〈夢殿〉

特報 注目の大島 渚「ファントム 愛の亡霊」予想される脚本の全貌
グラビア  長塚 節の構想は陰毛剃った四十女の亭主殺し
●(O)……原作は実話小説《車屋儀三郎伝》か

特集1 どうなの日本映画
1●(O)……“大衆”の消えたあと、角川方式がやってきた
2●小沢信男……タマげて、白けてあわてて飽きたり
3●松下雄一……〈男はつらいよ〉〈トラック野郎〉と大衆社会
4●川田 功……〈トラック野郎〉は故郷喪失者のロマン?
5●波多野哲朗……ひと筋のマスカラとなって流れる戦後〈ドーベルマン刑事〉
6●武智鉄二……進歩を阻むもの〈歌麿〉

特集2 夏の終わりに・外国からの手紙
● 種村季弘……WEST GERMANY 映画は斜陽これからは実演
● 大和屋 竺……INDIA 飢餓とカストの未来
● 緒崎かず子……U.S.A 黒い目とアメリカ女
● 染谷小万……FRANCE 聖処女グリンヌ

異色・新着洋画批評と分析
● 矢島 翠……ロージイのユダヤへの心中立て〈パリの灯は遠く〉
● 岸田理生……人工女性の生き続けた日々〈エンブリョ〉
● 白石かずこ……キャルフォルニアオレンジは尻から囓る〈カー・ウォッシュ〉〈さすらいの航海〉〈ニューヨーク・ニューヨーク〉
● 佐藤 肇……悪魔の栄えの下、真の怪奇とは〈オードリーローズ〉〈エクソシスト2〉〈サスペリア〉〈センチュリー〉
● 高沢瑛一……ダーティ野郎が英雄になるアメリカの憂鬱

インテリ女はなぜか小沼 勝を賞める!
● 司 志摩……小沼 勝論
● 北川れい子……女の性器は女のもの。男よ語るな

エッセイ
● 渡辺英綱…いっぴきの蛾
● 鴨田好史……遙か彼方に黄金の街

● 小田克也……今月のピンク評

シナリオ
◎誌友荒井君が友人達と共に新宿ゴールデン街を背景にこの8年間くりひろげた連日連夜の恋愛情事そして連続失恋のイキサツ、鮮烈に憶えている生々しい情景、実際そっくりのセリフとともに脚本化。Lover come back to me, Love me tenderの歌であり、登場女性はほとんどが本誌編集部旧メンバーという因縁もありここに紙背に透る眼による熟読を!
●荒井晴彦……〈新宿乱れ街 いくまで待って〉  監督 曽根中生

本場ハードコアHUSTLER 3/4―1/2 ERECT作の賞味を!
● ジム・スレイター……〈ダーティー・バージン〉 監督 スティーブ・ブラウン
● 〈ディープマシーン〉 監督 ハンス・ジョンソン

グラビア
●どうなの?日本映画
〈宇宙戦艦ヤマト〉〈ボクサー〉〈獄門島〉〈八つ墓村〉〈寅次郎と殿様〉〈人間の証明〉〈らしゃめん〉
〈トラック野郎 度胸一番星〉〈サード〉〈黒木太郎の愛と冒険〉〈歌麿〉
●SCREWとはどんな新聞か?
● SCREWのXRATED映画評
●日活ポルノ  8月〜9月
〈女子大生 ひと夏の体験〉〈襲られる〉〈若妻日記 悶える〉〈夢野久作の少女地獄〉〈東京チャタレー夫人〉

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉

広告
●放浪紳士 チャーリー(ヘラルド) ●ボクサー(東映) ●天国と地獄(東宝) ●新宿馬鹿物語(松竹)
●新宿みだれ街 いくまで待って  若妻日記 悶える  未亡人下宿 下も貸します四畳半〈日活〉
●限りなく愛に燃えて  オードリー・ローズ(ユナイト) ●東京写真専門学校 ●サン・グラフ ●ウイスパーノット 
●イメージ・フォーラム ●シナリオ作家協会 ●日映株式会社 ●東京映像芸術学院 ●ビクターレコード
●ライリー商会 ●日本企画 ●共和教育映画社 ●美学校
●平凡社 ●先駆文学会 ●先駆文学会機関紙「先行馬」発行準備委員会



映画芸術 No.320 1977.12

特集 ふたつのハイジャックの谷間で……
● 寺山修司……ドイツ問題としての制服 アハテルンボッシュのマッチ箱の火事
● 天野哲夫……ドバイとモガジシオの間
● 須藤 久……処刑は権力の思想
● 秋山 駿、小川 徹(対談)……ハイジャック、エロティシズム、マッカーサー
● 高沢瑛一……ハイジャック映画論

特集 三つのアメリカ映画〈マッカーサー〉〈カプリコン1〉〈ボビィ・デァフィールド〉
● 内田栄一……指令人間マッカーサーの虚構と生涯
● いいだもも……歴史が消されて人間が生き残った
● 小沢信男……ヨーロッパよ、あなたは私をバカにして……

シナリオゼイション・ノベル(採録・まちだ まち)
● アルビン・サージェント……〈ボビィ・デァフィールド〉  監督 シドニー・ポラック

● 飯島耕一……枯れたブニュエルそして僕は

特集 映画批評はなぜ必要か
● 波多野哲朗……映画批評と“読”の問題
● 馬場 当……大作批評〈人間の証明〉と〈女教師〉
● 小川 徹……批評について長い長いエッセイ

● 岸田理生……性の彼岸に女の証し
● 田中美代子……岩下志麻はモダン芸者のようだったが
● 渡辺忠綱……寺山修司“ボクサー”の連想

豊田四郎追悼
●滝澤 榮……わが豊田四郎(再録)

PORNO & PINK
● 佐伯容子……極みの極みが知りたくて
● 高りょう……やってますなァニチャピチャピッチャン
● 小田克也……ピンク映評

シナリオ
●ロバート・リスキン……〈ある夜の出来事〉 監督 フランク・キャプラ

グラビア特報
●〈STAR WARS〉にせまる深作〈MESSAGE FROM SPACE〉
●現地報告 X RATED映画3つの話題
1、 ハスラーERECTION位入れ替え
2、 EROTICA賞決まる
3、 FILM WORLDのXXX映画とは
4、 ハスラー3/4映画のバリエーション
●日活ポルノ  11月〜12月
〈貴婦人縛り壺〉〈女子大生(秘)SEX診断〉〈肉体の悪魔〉〈女教師〉〈団地妻 犯された肌〉

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉〈さんプラザ・シネマガイド〉

広告
●黄金のランデブー(ヘラルド) ●柳生一族の陰謀(東映) ●瞳の中の訪問者(東宝) 
●男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(松竹) ●団地妻 犯された肌  女子大生(秘)SEX診断  痴女昇天(日活)
●007私を愛したスパイ  限りなく愛に燃えて(ユナイト)
●東京写真専門学校 ●東京総合写真専門学校 ●イメージ・フォーラム付属映像研究所 ●東京映像芸術学院
●シナリオ作家協会 ●日映株式会社 ●共和教育映画社 ●美学校 
●時事通信社 ●風媒社 ●柘植書房 ●草思社 ●現代書館 ●社会思想社 ●仮面社 
●先駆文学会 ●ITASAKA GO ON STAGE



映画芸術 No.321 1978.2  ●2月新春増大号

29頁全面特集 77映画芸術(第13回)ベスト10・ワースト5決定
日本映画 1位 〈悲愁物語〉 監督 鈴木清順
外国映画 1位 〈惑星ソラリス〉 監督 A・タルコフスキー
選考者及び選考理由=佐藤千穂・須藤 久・川田 功・荒井晴彦・北川れい子・内田栄一・蓮実重彦・白坂依志夫・
桂 千穂・夏 文彦・田中小実昌・渡辺武信・波多野哲朗・松田 修・小田克也・高沢瑛一・飯島哲夫・板坂 剛・村井 実・高橋正也・安淵聖司・斉藤 博・長崎行男・伊丹皓二・平野京子・尾形敏明・河原一邦・金子 裕・金井 勝・井家上隆幸・
武岡眞紀子・上板東映・京一会館・文芸坐・奥出哲雄・上田修司・森 世一・武田百合子・渡辺 護・山根貞男・丸山 実・
鴨田好史・広瀬 襄・さんプラザシネガイド(三村照雄)・プラネット(映画資料図書館)・大谷そのみ・東 真知・清水哲男・
杉崎 卓・白石かずこ・岸田理生・中野洵子・馬場 当・佐藤 肇・小川 徹・出口丈夫・沢よし恵
●日本映画ベスト10表  ●日本映画ワースト5表
●外国映画ベスト10表  ●外国映画ワースト5表
● 今年の映画殊勲者=各位

新春大特集版
にっぽん戦時(昭和11〜19年)映画は豊饒だった・登場人物百余人 この映画裏面史
(保存版)
● 小川 徹、尾形敏明、大泉令子(座談会)……若者たちも感動 昭和10年代映画22編論評
〈有りがたうさん〉〈兄いもうと〉〈彦六大いに笑う〉〈淑女は何を忘れたか〉〈婚約三羽鳥〉〈北支の空を衝く〉〈若い人〉〈南風〉
〈爆音〉〈はたらく一家〉〈沃土万里〉〈暁に祈る〉〈支那の夜〉〈燃ゆる大空〉〈西住戦車隊長伝〉〈熱砂の誓ひ〉〈わが愛の記〉
〈母の地図〉〈愛国の花〉〈海の母〉〈花咲く港〉〈一番美しく〉
● 丸山 実……〔国策映画〕とは何であったか

● 中村 登=松竹……モガと共にやってきた城戸式女性映画手づくりの味
● 小杉 勇=多摩川日活……国民的スタアの二つのオニギリがやっと〈新しき土〉で
● 杉江敏男=東宝……黒沢の青春から終戦山嘉次の死の決意まで
● 藤原釜足=上海……軍隊が守ってくれた酒とバラとバクチの支那の夜
● 津村秀哉=満州……原 節子・李香蘭と7000人の苦力と島津おやじ
● 鈴木清順……二つの戦争映画と〈愛のコリーダ〉との四日間

WASH.D.C. 現地特報!
● 谷口由以……STAR WARSと違いスピルバーグ〈未知との遭遇〉には思想があるぞ
● 蓮実重彦……ウィム・ウエンダースまたは稚拙なる模倣の論理
● 白石かずこ……アニー・ホールとカスパーハウザーの謎
● 中嶋 夏……フェミニストはかくあれ トリュフォ〈恋愛日記〉
● 矢嶋 翠……死につきまとわれる健康な生活〈アニー・ホール〉

● 小田克也……今月のピンク映評

シナリオ
●ハロルド・ピンター(原作 F・スコット・フィッツジェラルド)……〈ラストタイクーン〉  監督 エリア・カザン
● ウディ・アレン……〈アニー・ホール〉 監督・主演 ウディ・アレン

グラビア
● 日活ポルノ 1月〜2月
〈ザ・コールガール 情痴の檻〉〈私は犯されたい〉〈宇能鴻一郎の あげちゃいたいの〉〈16歳・妖精の部屋〉
〈肉体の門〉〈修道女ルシア 辱す〉

プレイ・ガイド
〈京一会館〉〈上板東映〉〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈さんプラザシネマガイド〉

広告
●創立20周年記念 78年豪華ラインアップ!〈親子ねずみの不思議な旅〉〈ドミノ・ターゲット〉〈雪物語〉〈ザ・ドライバー〉
〈クリスタル・ブルー〉〈フィーリング・ラブ〉〈サイレント・フルート〉〈ビター・スィート・ラブ〉〈クワイヤ・ボーイズ〉〈メテオ〉
〈ショック〉〈タイガー・シャーク〉〈コンボイ〉〈地獄の黙示録〉〈黄金のランデブー〉(ヘラルド) 
●柳生一族の陰謀(東映) ●私は犯されたい  四畳半・猥褻な情事  痴漢(秘)開業医(日活)
●喜劇役者たち 九八とゲイブル(松竹) ●はなれご女おりん(東宝) ●恋愛日記  バレンチノ(ユナイト)
●東京写真専門学校 ●東京総合写真専門学校 ●東映太秦映画村 ●サン・グラフ ●東京映像芸術学院 
●共和教育映画社 ●蒲田映像技作学院 ●イメージ・フォーラム付属映像研究所 ●日活テレビ映画芸術学院 
●美学校 
● シナリオ・センター ●社会思想社 ●仮面社 ●冬樹社 ●先駆文学会
●この広告が、このフレーズが、おまえを挑発するんだろ。だけど、この“感じ”が板坂 剛なんだぜ!



映画芸術 No.322 1978.4  

テーマ特集 宇宙映画の背後に   UFOは来ている! 霊感の充満を!!

● 横尾忠則……霊体験からUFOへのテレパシィ
● 水木洋子……人を想えば禍あり

〈未知との遭遇〉をどう感じたか
1●内田栄一……ベッドの下に地獄があった〈未知との遭遇〉〈ミスターグッドバーを探して〉
2●佐藤 肇……宇宙人がまばたきしながら微笑んでいる〈未知との遭遇〉〈スターウォーズ〉
3●大和屋 竺……わが師とClose Encounter of the Kind 論争

● 小川 徹……日活ロマンポルノ裁判特別弁護人最終弁論(娯楽映画論)

OFF特集 なぜ“3WOMEN”(アルトマン)が日本では見れないの?
グラビア特集
1●小田克也……韓国はいま、女性上位映画へ
2●XXX(77後半〜78)映画・これだけは見ておきたい映画表
● なぜアカデミーの候補に顔を出さないか
● フランス批評家のべたほめ
● アカデミー候補をみるとカーター色濃厚
● 尾崎マリ……失恋娘アメリカちょんの間映画行

アメリカ現地報告
ピルを使うようになったアメリカの若い女たちを男たちはもう信用することはできない。デートのあと男たちは男の村へ帰ってゆく。
● 谷口ゆい……〈3WOMEN〉はひとごとではない

● 増村保造……映像主義とは?〈ミスターグッドバーを探して〉〈さよならの微笑〉〈恐怖の報酬〉
● 鈴木志郎康……アメリカ社会の暗い部分〈ミスターグッドバーを探して〉
● 佐藤千穂……シカゴ公開新映画拝見

花田清輝
● 大庭みな子、村井志摩子(対談)……花田清輝の恋愛
● 村井志摩子、小川 徹(対談)……花田思想への影響と波及

● 田原克拓……日本映画は今こそ自らの呪縛を解き放てよ(戦前の日活時代劇を見て)
● 渡辺忠綱……走れ!新しい9月の町へ〈サード〉

● 昭和52年ピンク映画ベスト10と選考理由
● 佐伯容子……ポルノエッセイ 今はヤマナカ今はハマ

シナリオ
●ケン・ラッセル、マルディク・マーチン……〈バレンチノ〉  監督 ケン・ラッセル
● 〈ラストタイクーン〉追加

グラビア
● 日活ポルノ 3月〜4月
〈黒薔薇夫人〉〈順子わななく〉〈出張トルコ・また行きます〉〈危険な関係〉〈二人だけの夜〉〈さすらいの恋人 眩暈〉

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉〈さんプラザシネマガイド〉

広告
●クワイヤボーイズ(ヘラルド) ●ベッツィー バレンチノ(ユナイト) ●多羅尾伴内(東映) 
●危険な関係  教師 女鹿(日活) ●喜劇役者たち 九八とゲーブル(松竹) ●犬笛(東宝) ●共和教育映画社 
●東京映像芸術学院 ●蒲田映像技作学院 ●東京写真専門学校 ●美学校 ●シナリオ作家協会
●シナリオ・センター ●ポリドールレコード ●三越 ●ヤングショップ・ツクダ 
●仮面社 ●講談社 ●白川書院 ●北冬書房 ●ブロンズ社 ●グラフ日本映画戦後黄金時代 ●先駆文学会 
●板坂 剛“謎”の詫び状



映画芸術 No.323 1978.6

● 鈴木清順……“愛のコリーダ”裁判 特別弁護人冒頭弁論
● 小川 徹……“新資料により 花田清輝全集をどう読むか”実録花田清輝の全生涯5

特集1 このとき日本映画の存在理由は?
● 蓮実重彦……映画的時間を目指す映画の疾走〈最も危険な遊戯〉〈STAR WARS〉
● 内田栄一……宇宙人が増えてきたのだ〈宇宙からのメッセージ〉〈オレンジロード急行〉〈曾根崎心中〉
● 田原克拓……映画作家に映画理論はなぜ必要か
● 白石かずこ……“曾根崎心中”絶賛
● 中嶋 夏……なぜ〈曾根崎心中〉なのか

特集2 “STAR WARS”って何?
● 中井英夫……シャボン玉の中の安楽椅子
● 北川れい子……ゲームセンターの中のアドベンチャー映画
● 佐藤 肇……ルーカス少年の見果てぬ夢を見た
● 桂 千穂……猫にマタタビ、私にスペース・オペラ
グラビア特集
UFO・STAR WARSを撃墜せり!

特集3 F・ジンネマン“Julia”について
● 鈴木清順……孤愁
● 高沢瑛一……リリアン・ヘルマンの虚像と実像 女流脚本家と監督たちの私生活

● 石尾栄子……ポルノ映画評 レイプはどこ?

シナリオ
●白坂依志夫、増村保造……〈曾根崎心中〉  監督 増村保造
●クロード・ルルーシュ……〈続男と女〉  監督 クロード・ルルーシュ
● リナ・ウェルトミューラー……〈流されて〉 監督 リナ・ウェルトミューラー

グラビア
● 日活ポルノ 5月〜6月
〈金曜日の寝室〉〈桃尻娘〉〈果てしなき絶頂〉〈(秘)肉体調教師〉

プレイ・ガイド
〈新宿アートビレッジ〉〈文芸坐〉〈京一会館〉〈上板東映〉〈さんプラザシネマガイド〉

広告
●1978年・春→秋 (愛)・(未知)・(ロマン)ベスト4! 〈流されて〉〈さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち〉
〈F1−GP ポール・ポジション〉〈ポリスピストン357〉(東映洋画) ●コンボイ(ヘラルド) ●事件(松竹) 
●果てしなき絶頂 (秘)肉体調教師  異常性ハンター 制服狙い(日活) ●冬の華(東映) ●風林火山(東宝)
●フィスト  続・男と女(ユナイト) ●東映太秦映画村 ●東京映像芸術学院 ●サン・グラフ ●共和教育映画社
●ヤングショップ・ツクダ ●シナリオ・センター ●シナリオ作家協会
●創世記 ●北冬書房 ●草思社 ●先駆文学会 ●先鋭疾風社 ●先行馬(廃刊号)
●アドルフ・ヒトラー逝去33周年、板坂剛誕生30周年、日大闘争10周年記念広告



映画芸術 No.324 1978.8   映画芸術編集15年記念号

アート特報
映画芸術ベスト10監督浮き沈み14年(64〜77)一覧表
● (S)……CONVOYを見て、鈴木則文を思う

特集  何がきみの隠れた盲点か=現代中堅監督11人論
● 伊丹皓二……中島貞夫=リラックス
● 岸田理生……長谷川和彦=にせものくささの陥穽
● 内田栄一……田中 登=限りなく墜落する勇者
● 田原克拓……野村芳太郎=観客の関心持続のみにサービス
● 蓮実重彦……鈴木則文=いいかげんさ故に我信ず
● 松田 修……実相寺昭雄=わが偏愛の闇の部分
● 須藤 久……神代辰巳=姦か聖母か
● 山根貞男……藤田敏八=危険な関係の稀薄
● 飯島哲夫……小沼 勝=彼の「青春」への深い謎
● 小澤信男……降旗康男=何が〈冬の華〉か
● (徹)……根岸吉太郎=情事と犯罪の落差

映画芸術なつかしの13年間総ベスト10(ワーストを含む)表 〔選考理由〕より

連載特集1 映芸誌面による15年史=その人間論批評と背景的ドキュメント総集
63.5月 ●独占インタビュー……D・リーン自身が明かした「アラビアのロレンス」の秘密
63.9月 ●独占インタビュー……R・ワイズの語るハリウッド縦横談
63.6月 ●いいだもも……総理大臣または大統領になる映画のすすめ
63.9月 ●斉藤竜鳳……「陸軍残虐物語」是非ぼくの軍隊論
63.12月 ●滝沢周次……日本社会党の映画の見方分析
63.11月 切り捨て御免覆面比較監督論「世界と日本のふたり」=(ダッシンと蔵原)(デシーカと木下恵介)
64.5月 ●白坂依志夫、鈴木清順、佐藤純弥、石堂淑朗、浦山桐郎……日本映画20人による「わが肉体映画論」
64.6月 ●左 幸子、花柳紀寿郎……日本女流芸術家による肉体映画論
65.11月 ●渡辺祐介、中平 康……GHQ・会社・映倫による日本映画流産20年史より
65.3月 ●国弘威雄……特集映画批評家への怨恨と信頼 私は〈新撰組〉をこうみた
● 小川 徹……15年前の思い出

どう感じたの!? 女性5人男性2人ピンク題名コンテストの決定
●佐藤千穂、小川 徹……ピンク映画ビックリ題名の中味とっくり拝見の感銘(ルポ)

グラビア
● HOTな新着ポルノフィルム紹介
● 日活ポルノ 7月
〈若妻が濡れるとき〉〈「オリオンの殺意」より 情事の方程式〉〈縄地獄〉〈課外授業 熟れはじめ〉〈エロチックな関係〉
〈淫絶海女うずく〉〈人妻集団暴行致死事件〉

広告
●ふりむけば愛(東宝) ●トラック野郎 突撃一番星(東映) ●雲霧仁左衛門(松竹) 
●人妻集団暴行致死事件  エロチックな関係(日活) ●ラスト・ワルツ  フィスト(ユナイト) ●サトウ・オーガニゼーション
●共和教育映画社 ●日本企画
●社会思想社 ●ブロンズ社 ●草思社 ●ノーベル書房 ●フィルムアート社 ●現代評論社 ●ペップ出版 
●グラフ「日本映画戦後黄金時代」 ●先駆文学会 ●映芸スポーツ ●遂に暴かれたペテン師村上の正体!



映画芸術 No.325 1978.10

● 吉本隆明……宇宙について〈2001年宇宙の旅〉〈スターウォーズ〉〈惑星ソラリス〉〈さらば宇宙戦艦ヤマト〉

映画総評 いま巷で囁かれている映画20作品の評価と裁断
● 内田栄一……活動写真帖から愛の死姦まで〈人妻集団暴行致死事件〉〈愛の亡霊〉〈新サイコ〉
● 松本俊夫……百恵ちゃんのポルノだってできる〈O・ウエルズの“フェイク”〉
● 蓮実重彦……〈俺は田舎のプレスリー〉を推す理由
● 磯田光一……アメリカ中年女のこの孤独からの脱出法〈結婚しない女〉
● 針生一郎……“ピロスマニ”画面と伝記の間
● 岡庭 昇……大島 渚〈愛の亡霊〉どの幻想に賭ける?
● 鈴木清順……〈コンボイ〉馴れ、ということ
● 増村保造……〈ストレートタイム〉〈ザ・ドライバー〉この二つの犯罪映画の成否

連載6 実録花田清輝の全生涯
● 小川 徹……花田清輝の映画批評について

緊急特報 中国映画とは?
●高橋 徹+小川 徹……第二回中国映画の作品を見て

特報! HOT&HARDの30日間 アメリカ大陸ポルノ横断
● 小川 徹……XXX RATED映画のぞき見 おっさん何してきたんや……
● 浦山茂男……New Yorkのポルノ雑誌から
● (P&W)……ONE HOLE FOR 2映画とは

グラビア
=貴重な戦前アメリカ映画 カットスナップ集=
●浦田正彦……ハリウッドは今も昔もヌードがお好き
● 日活ポルノ 9月
●田中 登〈人妻集団暴行致死事件〉について
〈人妻集団暴行致死事件〉〈女高生 天使のはらわた〉〈ひと夏の関係〉〈宇能鴻一郎の看護婦寮〉〈団 鬼六 薔薇の肉体〉〈時には娼婦のように〉

附録 映芸グラビア15年史回顧
● わが愛する春歌 ●67〜68批評家作家星座 ●67年批評家作家ケンカ地図 ●わが愛する女体  ほか

シナリオ
●曽根原俊一……〈処女の仮免許 試し乗り〉  監督 稲尾 実

広告
●須藤プロ全作品連続上映会 ●野生の証明(角川映画) ●ダイナマイトどんどん(東映) ●皇帝のいない八月(松竹)
●時には娼婦のように  白い肌の狩人 蝶の骨(日活) ●グッバイガール(WB) ●愛の亡霊(東宝東和)
●ピラニア  帰郷(ユナイト) ●共和教育映画 ●美学校 ●東京写真専門学校 ●東京総合写真専門学校 
●東京映像芸術学院 ●シナリオセンター ●東映太秦映画村 ●アルファレコード ●文芸坐 ●京一会館 ●上板東映
●芳賀書店 ●社会思想社 ●時事通信社 ●未來社 ●先駆文学会 ●先鋭疾風社 ●映芸スポーツ 
●全人民の魂をゆり動かす広告戦争の嵐! みんな見ている知っている。今号もまた「映画芸術」は最後の4ページが一番おもしろい。 



映画芸術 No.326 1978.12  
カチンコ打って33年・きみは見たか壮絶な中平 康のEND

特別全面企画  特集ドキュメント=戦中派監督は何をのこして去るべきか
実録・にっぽんの映画監督45〜78野心と事件、栄光と悲惨 裏面史
● (徹)……はじめに
● 蔵原惟繕……昭和20〜27年=病める特攻ヒロイズムの終末、人参売り学生と軍人未亡人の熱い肌
● 増村保造……昭和20〜32年=3ヶ月の哨空監視兵が何を思った内閣官僚の未来を捨てた秘密はツァラトストラ
● 生駒千里……昭和23〜29年=飲んで騒いでお金がなかった松竹赤八会面々を緊張させた「白痴」
● 西村昭五郎……昭和29〜38年=おどしたりせびったり16本ついた悪助監督の見ていた絶頂期
● 蔵原惟繕……昭和28〜43年=爛れるほど好きの女色京都から日活のキチガイ監督の異名戴くまで
● 舛田利雄……昭和20〜52年=裕次郎づくりで修得したこのプロ野郎が当代の当り屋になった
● 大鶴康弘……昭和29〜40年=所詮監督業に耐えぬ悲劇、ン番目主人公牛原陽一と夕陽に酒の鈴木清太郎
● 中平幸子……昭和38〜45年=ボストンひとつ持って飛び込んできた世間知に弱い監督との私生活
● 加藤 彰……昭和38〜43年=なぜか大スタアが懐かない“八方美人”のできない男の日活での幕切れ
● 大鶴康弘……昭和40〜45年=新妻を得て「俺は殿様」と有頂天、それで香港で何があったか
● 小栗謙一……昭和45〜52年=底をはたいてCMの法被まで着たカンヌの次が「変奏曲」災難こもごも
● 長谷川公之……昭和52〜53年=癌の事実をひた隠し最後の映画を寝たまま撮らせた妻、友人の四ヶ月作戦
● 中平幸子……昭和52〜53年=「次作決定」のうそに喜びの顔、中平 康の最後その詳細
○昭和23〜53年……中平 康 こぼれ話集  ○戦中派監督系譜
特報
● 馬場 当(インタビュー 小川 徹)……昭和38〜53年=今村昌平8年ぶりの映画
〈復讐するは我にあり〉は天皇制復活の予見映画か

戦後日本映画100選
● 瓜生忠夫、押川義行、小川 徹、生駒千里、佐藤 肇、佐藤重臣、波多野哲朗、蓮実重彦、山根貞男、高沢瑛一、
飯島哲夫、蒼井一郎、田原克拓、尾形敏朗……私の基準

連載第一回 近ごろの日本映画ぼくたちは許せない
● 佐藤重臣……去年の夏よ、いま何処!?〈野生の証明〉〈月山〉〈愛の亡霊〉〈天使のはらわた〉
● 小沢信男……コレハ才能とお金のムダ遣いデス(UF0とユートピア)〈ブルークリスマス〉〈野生の証明〉
いい例〈子育てごっこ〉

グラビア
●私の選んだ戦後日本映画100選
● 小川 徹……アメリカ大陸ポルノ横断 オッサン何してきたんや! PART2
● 新作にっかつポルノ
〈好色五人女〉〈ハワイアン・ラブ 危険なハネムーン〉〈トルコ110番 悶絶くらげ〉〈団 鬼六の縄化粧〉〈暴る!〉

広告
●映画ひとすじに半世紀、東西交流のパイオニア、東宝東和の挑戦が新しい世紀に向かって、いま、始まります!(東宝東和)
●79年に向けて放つヘラルド豪華ベスト11!(ヘラルド) ●悪魔が来りて笛を吹く(東映) ●燃える秋(東宝)
●男はつらいよ 噂の寅次郎(松竹) ●79新春―待機するにっかつロマンポルノ(にっかつ) 
●ピンク・パンサー4  戦場(ユナイト) ●共和教育映画社 ●東京写真専門学校 ●美学校 ●東京映像芸術学院
●東京総合写真専門学校 ●シナリオセンター ●イメージ・フォーラム付属映像研究所 ●文芸坐 ●京一会館
●上板東映 
●時事通信社 ●社会思想社 ●映画雑誌「ハロー!シネマ」創刊 ●思想の科学社 ●先駆文学会 
●STAGE 1978/ITASAKA GO



映画芸術 No.327 1979.2   ●78映画芸術ベスト10、ワースト5

78映画芸術(第14回)ベスト10、ワースト5決定

日本映画 1位 曽根崎心中  監督 増村保造
外国映画 1位 家族の肖像  監督 L・ヴィスコンティ

● 選考者及び選考理由……内田栄一、佐藤重臣、渡辺武信、山根貞男、北川れい子、松田 修、蓮実重彦、夏 文彦、
高澤瑛一、三村恵子、白坂依志夫、野田真吉、大鶴泰彦、須藤 久、桂 千穂、高橋正也、巌谷国士、飯島哲夫、
辻 泰明、佐藤 肇、田中小実昌、鈴木一誌、岸田理生、村井 実、四方田犬彦、尾形敏明、安淵聖司、市川元弘、
金子 裕、小田克也、伊丹皓二、波多野哲朗、袴塚紀子、平野京子、井家上隆幸、森 世一、出口丈人、佐藤千穂、
東 真知、小川 徹、板坂 剛、金井 勝、文芸坐、上板東映、さんプラザシネガイド、京一会館、イメージフォーラム、
現代の眼編集部

●日本映画ベスト10表  ●日本映画ワースト5表
●外国映画ベスト10表  ●外国映画ワースト5表

特集 ピンク映画のいま
78ピンク映画・洋画ポルノ ベスト10
● 選考者……村井 実、後藤 敏、高 りょう、東 真知、佐藤千穂、小川 徹
● 桜 マミ、南 ゆき、中野リエ、安田清美……わたしたちを脱がせ撮した男たちよ!(ピンク女優撮影現場全開大座談会)
● 小杉じゅん……なぜスキャンダルに巻きこまれる女の純情

特集 街での拾い物
● 佐藤千穂……神田=洋ポル傑作〈Wet Rainbow〉を見た
● 高 りょう……浅草=ストリップ爛熟花びら朽ちるまで
● 斉藤世津夫……池袋=残酷という活字に魅せられて

● 内村剛介……知的寄生はアウト〈天国から来たチャンピオン〉
● 船戸満之……日本映画と「教育劇」の欠除〈歌う女歌わない女〉〈鬼畜〉〈好色五人女〉

グラビア
〈特報〉斉藤竜鳳の写真帖あらわる
● 小川 徹……54年正月の特出しマナ板ヌードショー劇場=総武線、常磐線、東横線、東武線=を見た
● 稲尾 実(インタビュー)……ピンクのプリンス、佳作100本 なぜ山田洋次にならない?
● にっかつポルノ  1月〜2月
〈おんなの寝室 好きくらべ〉〈天使のはらわた 赤い教室〉〈宇能鴻一郎の濡れて開く〉〈女性徒〉〈修道女 濡れ縄ざんげ〉
〈クライマックスレイプ 剥ぐ!〉〈赫い髪の女〉

シナリオ
●エレイン・メイ、ウォーレン・ビーティ……〈天国から来たチャンピオン〉  監督 ウォーレン・ビーティ
●アンジェイ・ワイダ……〈すべて売り物〉  監督 アンジェイ・ワイダ

広告
●エーゲ海に捧ぐ(東宝東和) ●イノセント(ヘラルド) ●俺たちの交響楽〈松竹〉 ●クライマックス・レイプ 剥ぐ! 好色美容師 肉体の報酬  夜這い・どてさがし(にっかつ) ●大きく飛翔79東映大作群(東映) 
●インテリア  ディア・ハンター(ユナイト) ●東京写真専門学校 ●日活テレビ映画芸術学院 ●東京映像芸術学院
●東京総合写真専門学校 ●美学校 ●京一会館
● 社会思想社 ●アメリカ映画大百科 ●泰流社 ●れんが書房新社 ●印美書房 ●先駆文学会 
●芥川賞をダ作の代名詞にする会



映画芸術 No.328 1979.4

企画特集 ベトナムとは何であったか

カンボジア侵攻、中越戦争と急変激動を告げる隣接アジア諸国の軍事政治情勢は、われらが知識人に戦後何度目かの絶望感を与えた。平和的革命勢力は地上から消えた! 「ディア・ハンター」「戦場」を得て、改めてこの10年間、支えであった「ベトナム」とは何か、を問いたい。
● 鈴木清順……ベトナム傭兵
● 内田栄一……プッシィから世界が見えた
● 粕谷一希……いじましいアメリカ人と甘い日本人
● 川本三郎……アジアへの恐怖
● 小川 徹……戦争勃発感動の物語
● 映画監督など14氏……特別インタビュー〈何があったか三菱銀行猟奇人質事件と中越戦争〉

79年版アメリカXXX(Hard core)映画大鑑――現地報告によるHOTな編集NO2
1 ニューヨークにIam curiousが上陸する日まで――アメリカンポルノムービー前史
2 ●小川 徹……批評・私説アメリカハードコア裏面史(70年NYタイムズスクェア附近からカータースティブンスの台頭へ)
3 59〜78アメリカポルノ小史
4 現代のポルノ9大監督の作品表
5 よくぞ考えたもんだ76〜79日本未公開Hardcoreの様々――代表作30余篇その内容の詳細と批評
6 日本公開アメリカンポルノ作品データ表
7 Hardcoreポルノ俳優名鑑

● 蓮実重彦……エルマンノ・オルミの〈木靴の樹〉
● 白石かずこ……波の魔力から物語りがやってくる〈ビッグ・ウエンズディ〉
● 佐藤 肇……〈アニマル・ハウス〉〈ビッグウエンズディ〉〈コルベット・サマー〉〈インテリア〉そして〈ディアハンター〉
● 田原克拓……表現としての「犯罪・暴力」とは何か〈総長の首〉

● 四方田犬彦……限りなく低迷に近い「ブルー」村上龍について

● 袴塚紀子……東映=私のいつもの嘆き節、消してくれるでショーカ
● 北川れい子……にっかつ=全部凄いと身がもたないけれど

シナリオ
●ウディ・アレン……〈インテリア〉  監督 ウディ・アレン
● アーマンド・ウエストン……〈Takinng of Christina (邦題 レイプ)〉 監督 アーマンド・ウエストン
● 稲尾 実……〈発情アパート乱行集団〉 監督 稲尾 実

グラビア
●特集 迷セリフひとつで映画はできる
〈コルベット・サマー〉〈ガールフレンド〉〈インターナショナルベルベット〉〈マジック〉〈禁じられた欲情〉〈カリフォルニアスイート〉
●にっかつポルノ  3月〜4月
〈好色美容師 肉体の報酬〉〈女教師 汚れた噂〉〈禁じられた体験〉〈肉体の標的 奪う!〉〈宇能鴻一郎の看護婦日記〉
〈昼下がりの女 挑発!〉

広告
●ハリケーン(ヘラルド) ●復讐するは我にあり(松竹) ●その後の仁義なき戦い(東映) 
●昼下がりの女 挑発!  むちむちネオン街 私たべごろ  痴漢ズロース泥棒(にっかつ) 
●ふたりでスロー・ダンスを  インテリア(ユナイト) ●東京写真専門学校
● アメリカ映画大百科 ●冬樹社 ●思想の科学社 ●印美書房 ●板坂剛責任編集「広告フレンド」



映画芸術 No.329 1979.8

ドキュメント特集(篇著・小川 徹)  秘録・実話 まぼろしの新東宝時代(第1部 昭和22〜30年)

いまB級映画のメッカとして若者の胸に甦える三枚目エロチック俳優王国のなかで何が生起し、どんな関係が結ばれてきたかを二十数人の証言により生々しく再現。

主なる内容
● イデオロギーからぬけ出した人たち
● これが新東宝13年12人の主役たち
● エノケンがエノケンと呼ばせない俳高監低さ
● カアットで五歩飛び鉛筆折る早撮り名人
● 天皇が二人、マックが数人という三枚目集団
● 清水宏と小津安の演出法はこうも正反対
● 故藤本プロ花ざかり早めし食い色気ない男
● 史上有名溝口と内川助監の大喧嘩の詳細
● 「スター」といえず、「映画に出てます」
● 冷めし草履でスタスタ北海道一人ロケハン
● パンツ忘れ「女鞍馬天狗」伏見直江は屋根の上
● 一期NF三原久保にきく君は幸せだったか
● 東宝争議派嫌悪、黒沢五所への風当り
● 女泣け!をはるか上廻る左幸子イジメ方「愛染かつら」の巨匠

新批評家論 ワイド特集
● 出口裕弘、山根貞男、上野昂志、小川 徹(座談会)……蓮実重彦にあの魔術的文章を書かせるもの=このウルトラスーパー批評家への読みと深層解明

● 蓮実重彦……ロバ−ト・アルトマンまたは大層な繊細さ〈ウエディング〉の自然と不自然
● 船戸満之……〈復讐するは我にあり〉の分析
● 沖山秀子……今村昌平映画への私の体験的批判
● 佐藤千穂……地獄に堕ちる恍惚〈地獄〉〈スーパーマン〉

● 小野津幸子……ヘルムート・バーガー

TV批判特集
● アンケート……TV局どうする? 女性28人の"私の嫌いなCM・タレント・番組その理由"をお教えします

シナリオ
資料 ルキノ・ヴィスコンティ 三大名作シナリオ集
● 飯島耕一……「妄執」をみて=ヴィスコンティ論が書かれるのはこれからだ

●ジョゼッペ・デ・サンティス……〈郵便配達は二度ベルを鳴らす(妄執)〉
● ニコラ・バダルッコ……〈地獄に堕ちた勇者ども〉
● スーゾ・チェッキ・ダミーユ……〈若者たちのすべて〉

グラビア
● 渡辺とく子……裸婦像に幸運舞い込む
● Now Coming Porno 79SUMMER
〈発情アニマル〉〈絶頂夫人〉〈バックプレイ欲情〉〈穴場セックスU.S.A〉
● にっかつポルノ 
〈宇能鴻一郎の女体育教師〉〈むちむちネオン街 私たべごろ〉〈高校エロトピア 赤い制服〉〈レイプショット 百恵の唇〉
〈もっとしなやかに もっとしたたかに〉〈桃尻娘〉〈団地妻 狙われた寝室〉〈色情三姉妹 ひざくずし〉

広告
●ザ・シンガー(東宝東和) ●ザ・ショック(ヘラルド) ●ホワイト・ラブ(東宝) ●宇宙戦艦ヤマト フェスティバル(東映)
●天使のはらわた 名美  白く濡れた夏(にっかつ) ●男はつらいよ 翔んでる寅次郎(松竹)
●指輪物語  ロッキー2(ユナイト) ●兵士トーマス(兵庫県映画センター) ●東映太秦映画村 ●みなみ会館 
●京一会館 ●さんプラザシネマガイド ●美学校 ●印美書房 ●先駆文学会 
●「シネマグラ」=四方田犬彦(在ソウル)より板坂剛へ熱烈な連帯のメッセージ到着!



映画芸術 No.330 1979.10

特集1 
特別企画  ソヴィエトロシア映画大批判(第1回)
過去20年余年間まったく映画芸術が関心をよせず、かたくなに沈黙していた隣大国ソヴィエトロシア映画を、いまここではじめて対決し大特集を組む理由はすでに明らかであろう。

革命ロシア映画60年の流れと80年代日本の命運
1 ●内村剛介……“ソヴィエト”映画の虚構と現実〈誓いの休暇〉〈チャパーエフ呼応計画〉〈シベリヤ物語〉
2 ●小沢信男……断絶と変質 懐かしく、あっけなく、情けなくも、頼もし
3 ●鈴木清順……会(カンバセーション)話 私と女房の会話にはソヴィエトとの戦争はなかった
4 ●小川 徹……ロシア映画60年の裏目よみ・海とりんごの伝説〈戦艦ポチョムキン〉〈シベリヤ物語〉〈赤いいんご〉
〈遠い日の白ロシア駅〉〈ナーペト〉〈誓いの休暇〉〈戦争と貞操〉〈想い出の夏休み〉〈戦火の大地〉
5 ●百瀬修二……エイゼンシュタインは原点ではない=政治と芸術の60年その虚実
6 ●緊急情報……ロシアにとって日本はBeautiful(おいしい)か
* ロシアは日本に侵入するか *アメリカは日本を守るか *ブレジネフ死後 *中国のモスクワ攻略は可能か 
*日本占領によっておこる事態 *モスクワオリンピック

特集2 連載ドキュメント
実録・秘話 まぼろしの新東宝(第2部 昭和31〜35年) *大蔵 貢の“宮廷大奥”制作の6年間
● お色気ファミリーによるワンマン制作へ
● 明治天皇大ヒット、志村・前田追放
● おかげで四年ぶり、三原葉子に出番
● 高倉みゆき、皇后に 新人、続々起用
● 突如反米路線、登場す
● Y談拝聴会での監督たちのこの惨状
● 心は暗あい闇だといえ、の大蔵演出
● 一作で巨匠になったとほめられた石川義寛
● ラインものは、かくて誕生
● 前田通子と愛を交していた助監督の秘話………他、多数

特集3 特別資料
● 小川 徹……デイリー・スポーツ(昭和31年)全映画評 112篇

●内田栄一……もっとやわらかな敵意を〈ウォリアーズ〉〈チャイナ・シンドローム〉〈戦争と貞操〉〈港町紳士録〉
〈男はつらいよ 翔んでる寅次郎〉〈トラック野郎 熱風5000キロ〉〈衝動殺人 息子よ〉〈十八歳 海へ〉
● 松田 修……あなたは、アドン族?〈俺達に墓はない〉

●秋山 駿……女性器考――現代ストリップ拝見
● 平野京子……バッファロー・ニューヨーク映画留学生日記(1)
● 最新ハスラーERECT表

グラビア
● アメリカハードコア・日本公開作品情報
● にっかつポルノ  79 OCTOBER
〈ひと夏の秘密〉〈十八歳 海へ〉〈発情時代〉〈濡れた終末〉〈ズームアップ 暴行現場〉〈ホール・イン・ラブ 草むらの欲情〉
〈レイプ・ハリケーン 裂く!〉〈看護婦日記 いたずらな指〉〈スーパーGUNレディ ワニ分署〉

広告
●ファンダズム(東宝東和) ●メテオ(ヘラルド) ●ポーランド名作映画祭 ●太陽を盗んだ男(東宝) 
●配達されない三通の手紙(松竹) ●堕靡泥の星 美少女狩り  東京エロス千夜一夜(にっかつ) 
●日本の黒幕(東映) ●大列車強盗  SFボディ・スナッチャー(ユナイト) ●東京写真専門学校 ●美学校 
●先駆文学会 ●さらば映芸読者よ!



映画芸術 No.331 1979.12

新春対談 吉本隆明大いに語る
● 吉本隆明、小川 徹……戦争体験とアジア神聖帝国
〈英霊たちの応援歌〉(戦争とスポーツ・未来)(三島由紀夫の再検討)(日本とアジア的専制国)
(インベーダーゲームとソフトタッチ)(右翼・左翼の終焉)

正月特集 「星占い」この星のもと、80ぼくたちの運命――映画人間の明暗
蠍  座●中村幻児……この強運の星の下、ブラボー!母の子宮に
射手座●鈴木則文……星づくし、我ら純情行く道よ
山羊座●赤坂長義……アグラ酒、呑めぬ不思議なこの躰
水瓶座●岡本喜八……お前から頑固を引けば0
魚  座●小川 徹……鳥よ、なんとお前は私に似て
牡羊座●稲尾 実……大きな頭羞じダウンの女性上位
牡牛座●佐藤千穂……溝口・角栄の星でございます
双子座●高見由起……父よ、神の双子は辛いのよォ
蟹  座●神山征二郎……怒鳴りまくるも、酔って泣きわめくも
獅子座●降旗康男……夢で支えるレオの小意地
乙女座●佐藤重臣……女難去り、倖せの女神訪れんとす
天秤座●小原宏裕……暗い谷間の松の内、籠りお酒のその末に

四人組批判 79中国映画をいち早くみて
1●大原清秀……どうしているか孫悟空
2●小沢信男……豪傑と現代化の戦士たち
3●高橋 徹……憧憬と期待の喪失
4●波多野哲朗……いま社会主義とは何か

Los.放談 「あんたと私、姉弟みたいね」
● 中上健次、沖山秀子……〈十九才の地図〉をめぐって

〈地獄の黙示録〉をめぐって
● 内田栄一……イルミネーションファシズム
● 沖山秀子……ニューヨークと〈地獄の黙示録〉

● 白石かずこ……縦の映画と横の映画〈マリア・ブラウンの結婚〉〈マンハッタン〉

● 鈴木清順……料理

シナリオ
ポーランド映画名作シナリオ集
●アンドルゼイ・ウスキー、アンジェイ・ワイダ……〈灰とダイヤモンド〉  監督 アンジェイ・ワイダ
●イエジー・ルトフスキー、イエジー・カワレロウィッチ……〈夜行列車〉  監督 イエジー・カワレロウィッチ
● イエジー・スコリモフスキー、ヤコブ・ゴールドベルク、ポランスキー……〈水の中のナイフ〉 監督 ロマン・ポランスキー

●エスカレートポルノ(CHINA SISTERS)  監督 アンソニー・スピネリ

グラビア
アメリカンポルノ1980 何処へ
● (O)……79日本公開洋ポル総括
● にっかつポルノ  79.12〜80.1
〈愛欲の標的〉〈宇能鴻一郎のあつく湿って〉〈堕靡泥の星 美少女狩り〉〈女高生 危険なめばえ〉〈東京エロス千夜一夜〉
〈快楽昇天風呂〉〈団地妻 肉欲の陶酔〉〈Mrジレンマン色情狂い〉

広告
●天使を誘惑(東宝) ●男はつらいよ 寅次郎春の夢(松竹) ●007ムーンレイカー  マンハッタン(ユナイト)
●動乱(東映) ●桃子夫人の冒険  愛欲の標的  未亡人下宿 初泣き(にっかつ) ●地獄の黙示録(ヘラルド)
●東京写真専門学校 ●東京総合写真専門学校 ●文芸坐 ●京一会館 ●東映太秦映画村
●評論社 ●時事通信社 



映画芸術 No.332 1980.2  ●79ベスト10・ワ−スト10号

79映画 私は何を選び何を拒んだか 
映画芸術第15回(昭和54年度)ベスト10
日本映画 第1位 〈十九歳の地図〉 外国映画 第1位 〈木靴の樹〉
● 選考理由……飯島哲夫、山根貞男、北川れい子、尾形敏朗、高沢瑛一、内田栄一、夏 文彦、野田真吉、伊丹皓二、
金子 裕、上野昂志、生駒千里、田中小実昌、川本三郎、蓮実重彦、袴塚紀子、波多野哲朗、佐藤 肇、小田克也、
赤坂長義、桂 千穂、高橋正也、佐藤千穂、福島市男、板坂 剛、松浦謙二、岸田理生、小川 徹、渡辺とく子、渡辺武信、
松田 修、井家上隆幸、文芸坐、京一会館、サンプラザシネガイド

79日本映画ワースト10  第1位 〈衝動殺人・息子よ〉
79外国映画ワースト 5  第1位 〈スーパーマン〉

特集 べすとテンばらえて&スペシアル
● 小田克也……79ピンク映画ベスト10
● 森 世一……にっかつポルノ 付録・ピンクベスト10
● 斉藤世津夫……サジズムフィルム ベスト10
● 天野哲夫……この20年 マゾヒズム映画10選
● 小川 徹……洋画ポルノ ベスト10

日本映画の絶頂の時代――どんな映画をどんなに見たか
● 資料 デイリースポーツ(昭和31年10月、32年1月〜8月)

● 秋山 駿……サド・マゾショーをヨコハマで見て(エロチック連載2)
● 高沢瑛一……フランシス・コッポラと影の集団〈1941〉スピルバーグを中心に……。
● 平野京子……ニューヨーク報告2

シナリオ
●ウッディ・アレン……〈マンハッタン〉  監督 ウッディ・アレン

グラビア
過去には過去でしか語れないことがある……
資料発掘  あなたも、自分の映画史が書ける
● 京都大学新聞……日本戦後映画史(64年10月より連載)

●にっかつポルノ 80 2月〜3月
〈レイプハンター 狙われた女〉〈昭和エロチカ 薔薇の貴婦人〉〈桃子夫人の冒険〉〈暴行儀式〉〈背徳婦人の欲情〉
〈宇能鴻一郎の濡れて悶える〉〈修道女 黒衣の中のうずき〉〈赤い暴行〉

広告
●オフサイド7(東宝東和) ●地獄の黙示録(ヘラルド) ●遙かなる山の呼び声(松竹) ●天平の甍(東宝) 
●背徳婦人の欲情  暴行儀式  ドキュメントポルノ 制服とパンティ(にっかつ) ●影の軍団 服部半蔵(東映) 
●マンハッタン  ヘアー(ユナイト) ●マリアブラウンの結婚(フランス映画社)
●京一会館 ●文芸坐



映画芸術 No.333 1980.4〜6

超大特集=ワイド構成  〈ツィゴイネルワイゼン〉鈴木清順・その美学と哲理の真骨頂 完璧なる新展開

1 ルポルタージュ
〈ツィゴイネルワイゼン〉撮影40日間迫力追跡 ●清順映画の形成過程・なぞを全解明
2 評論
● 種村季弘……この世は忘れ物である――あるいは意志と表象としての映画
● 蓮実重彦……幽霊は乾いた音を響かせる
● 飯島哲夫……鈴木清順のアリバイ宣言――過去の作品にふれて
3 シナリオ
●田中陽造……〈ツィゴイネルワイゼン〉  監督 鈴木清順
4 シナリオ対照――カット割り、シナリオ変更、ロケ地の全詳細
5 ●藤田敏八……俳優となって全撮影カットを語る
6 ●鈴木清順インタビュー……わが戦前から戦後へ(67年映芸再録)

● 渡辺とく子の語る……今村昌平次作、手馴し学生映画「凍りついた炎」
● 田原克拓……浮遊する日本映画―いま日本映画に何が必要か―〈天平の甍〉〈遙かなる山の呼び声〉
● 内田栄一……野合の極北〈1941〉〈影の軍団 服部半蔵〉〈クレイマー・クレイマー〉〈悲愁〉〈ルナ〉〈テン〉他
● 飯島耕一……走り廻るしかない弱者たち〈ルナ〉〈クレイマー・クレイマー〉

今年度“ハスラー”賞決定とXRATEDポルノの現況

シナリオ
名作「サンセット大通り」以来30年名匠ルピッチを継承したソフィスティケートドラマの大通をひらいたワイルダアが再びガルボ時代のハリウッドを描く
● ビリー・ワイルダー、I・A・Lダイアモンド……〈悲愁〉  監督 ビリー・ワイルダー

「デイープスロート」「淫婦」「爛れた欲情」のアメリカポルノの巨匠の78年作品 久しぶりに日本公開!
● 監督ジェラルド・ダミアーノ……〈ウォーターパワー〉

グラビア
● にっかつポルノ
〈女子大生の告白 赤い誘惑者〉〈おんなの細道 濡れた海峡〉〈新入社員(秘)OL大奥物語〉〈おさな妻〉
〈宇能鴻一郎のホテルメイド日記〉〈少女娼婦 けものみち〉

広告
●ツィゴイネルワイゼン(シネマ・プラセット) ●ザ・フォッグ(ヘラルド) ●戒厳令の夜(東宝) ●五番町夕霧楼(松竹)
●団鬼六 白衣縄地獄  女高生下宿 熟れどき  蒸発妻 すすり泣き(にっかつ) ●二百三高地(東映) 
●さらばキューバ  Mr.レディ Mr.マダム(ユナイト) 東映太秦映画村 ●京一会館 ●文芸坐



映画芸術 No.334 1980.10

超大特集 決定保存版  アメリカ78〜80XXXハードコア大鑑(80年版)

本誌3年間にわたる苦心の結晶。日本における初めてのポルノ大鑑(決定版)をおとどけする。最新の情報、データの詳細、他に類がないと自負しており、映画ファンだけでなく人類の未来に思いをいたす方にも、ぜひ御愛読願いたい。
● 小川 徹……現地(Los Angels, Chicago, Hollywood, New York)取材特報
26日間アメリカでHARD COREポルノをみた(わが目録 Sentimental Journey of Life)

○ Blonde in Black SilkセレナとバトンガールArcadiaのセックス
○ Samantha Foxのよき部分と悪しき部分Satin Suite
○ アーマンド・ウェストンExpose Me Lovelyの秘められた演出
○ 酷暑のハリウッドで見たHustler最悪映画とエレクト最高映画
○ 秘部を見たC・J・レリングとテリー・ホールのシーソーゲーム
○ 黒いさくらんぼ、ロスのリトルトーキョー2つのショック
○ 天皇でなく陸奥長門だったシカゴにみるアメリカ人剛鉄への信仰
○ セックスSHOWにおけるアメリカ人五米の誇りと忍耐
○ ルネ・ボンドは帰ってきたが、何とお粗末な日本風
○ 痴女か、スリか白昼抱かれてファック、ファックはパリス風
○ 黒い娼婦「モシモシカメヨ」とは何事、スーシー・テリヤキ超満員の昼下り
○ MASHEDアルトマン顔まけの傑作、スピンクル消え、小つぶコストオも
○ 赤いライト、壁にすいつく裸女20人蔭にそれぞれ男ありて
○ ひさしぶりチェンバース、よくよくみれば爬虫類
○ SEX見物疲れにもカリギュラは別、感動を泣叫ぶ老婆に

● 高橋伴明、朱京順、小川 徹……アメリカPornoは彼(彼女)の現実そのものだ(LOS現場座談会)
● 佐藤千穂……風車的人間がシカゴにやってきて(Chicagoレター)

☆ポルノ情報……ポルノクイーンたちの親近交歓図を索めて
☆日本公開洋画ポルノ 79〜80 全作品リスト

収録俳優でも469名。性器までも記入した珍重ポルノファンの必携
☆USAポルノ人名辞典、76〜80監督・作品総リスト

● 斉藤世津夫……実戦訓SM(映画)的女性論――いまは、それをさがすのが難しいのだ

シナリオ
アメリカポルノの小津安二郎といわれる第1人者の金字塔
●ジェイク・バーネス……〈The Private Afternoons of Pamela Mann(邦題 マダム3エックス・絶頂の日々)〉  監督 ヘンリー・パリス
「悪徳医」で登場した異邦人のアメリカによせる人為的人民寺院の夢のあとは
● ピーター・バラコフ……〈One Page of Love(邦題 ベッド狂い)〉 監督 ピーター・バラコフ
アメリカ人のおののく宇宙人の性の管理の悪夢のパロディ
● ジョン・ファインゴルド……〈Ms.Magnificent(邦題 セックス・レイプ禁断)〉 監督 ジョー・シャーマン

●鈴木清順……雑記、又は好みじゃない

● 内田栄一……えんにち映画と変態化〈桜―さくら―〉〈徳川一族の崩壊〉〈復活の日〉〈203高地〉〈13日の金曜日〉
〈ファイナル・カウントダウン〉〈ザ・フォッグ〉など
● 飯島耕一……ヘリコプターと孤独な微笑
● 北川れい子……ユニークなフルーツパーラー〈翔んだカップル〉

グラビア
● これだけは見たいP映画 USAポルノの旅写真集
● にっかつポルノ 7月〜8月
〈赤い通り雨〉〈若後家海女 うずく〉〈単身赴任 新妻の秘密〉〈女高生 夏ひらく唇〉〈宇能鴻一郎の貝くらべ〉

広告
●テス(ヘラルド) ●父よ母よ!(松竹) ●ニッポン警視庁の恥といわれた2人組 刑事珍道中(東映)
●マイ・ロード(東宝) 
 ●愛の白日夢  スケバンマフィア 恥辱  変態SEX 私とろける(にっかつ)
●ヤンクス  ロング・ライダース(ユナイト)



映画芸術 No.335 1980.12   ●復刊50号記念号

特集1 ローマ的堕落論・が何を!?=カリギュラ・カサノバ・ルードウィヒをめぐって
● 秋山 駿……豪奢なオナニーの夢〈カリギュラ〉
● 栗田 勇……知識人の無残な裸形を見た〈カサノバ〉
● 白石かづこ……すべてイタリアの現在に=フェリーニ・ヴィスコンティ・アメリカ……
● 木村威夫……厭世・覗き見・食事作法〈ルードウィヒ〉〈カリギュラ〉〈カサノバ〉

緊急特報 特集2 ポーランド――新情勢と映画
● 長沼節夫……カワレロウィッチとワイダのインタビュー
○ カワレロウィッチ……Quo Vadisこれが今日の世界のテーマだ
○ アンジェイ・ワイダ……〈大理石〉に三つの好きなものを私はぶち込めた
● 梅本浩志……いまひとつのグダンスク
● グダンスクにおけるワイダ発言……長沼節夫(意訳)
● いいだ・もも……ピアノと石像の現代社会主義裏読み=〈大理石の男〉機械じかけのピアノのための未完成の戯曲

大特集3 日本の映画監督 残された未来は?
● 内田栄一……黒木和雄と東陽一・プロセスもしくは肉声として
● 松田 修……大島渚は〈戦場のクリスマス〉をいかに撮るか
● 山根貞男……神代辰巳、孤独な肉袋たちのエロふざけ
● 上野ミ志……藤田敏八〈スローなブギにしてくれ〉への諸注文
● 山口 猛……石井聡互の危うい成功、土方鉄人、無惨な空廻り!
● 小澤信男……大森一樹〈ヒポクラテスたち〉もしや医師会宣伝映画?
● 小川 徹……羽仁進・橋浦方人の盲点欠陥の彼方に高く、浦山桐郎、わが沖縄

巻末企画
● 松田 修、小川 徹(研究対談)……ホモセクシアルとは何か
● 高沢瑛一……ホモセックス映画の系譜

洋画評論
● 渡辺武信……アメリカの夢は郷愁で再生するか〈忍冬の花のように〉〈ブルーベイカー〉
● 大和屋 竺……夢の告知とSW帝国の逆襲論〈ハンター〉〈ユーズドカー〉

● 佐藤千穂……シカゴ/レター(レーガン勝利とハリウッド)

シナリオ
●ゴア・ヴィダル……完全シナリオ〈CALIGULA(前半)〉  監督 ティント・ブラス
●加藤 泰……〈炎のごとく〉  監督 加藤 泰
資料 日活ポルノ裁判無罪判決
●西田一夫……〈OLポルノ日記 牝猫の匂い〉  監督 藤井克彦

グラビア
● 巨女待望とホモ全盛期来るか
● 〈ピンク・フラミンゴ〉とはどんな映画か
● にっかつポルノ  10月〜12月
〈セックス・ドッグ 淫らな治療〉〈団鬼六 薔薇地獄〉〈スケバンマフィア 恥辱〉〈ハードスキャンダル 性の漂流者〉
〈快楽学園 禁じられた遊び〉

広告
●夢・夢のあと(東宝東和) ●エデンの園  天才悪魔 フー・マンチュー(ヘラルド) ●古都(東宝) ●震える舌(松竹)
●サイボーグ009 超銀河伝説  80アニメーション ザ・ベストテン(東映)
●快楽学園 禁じられた遊び  のけぞる女  (秘)盗聴器 しゃぶり泣き(にっかつ) 
●スターダスト・メモリー  ワイルド・ブラック 少年の黒い馬(ユナイト) ●東映太秦映画村 ●京一会館 ●文芸坐 
●美学校 ● 平凡社 ●現代評論社 ●現代企画室 ●評論社ブックス