刺青
∞∞∞∞∞ ◆最初
なつよはタトゥーとかボディピアスとか基本的に体改造系
は好きな方で、中学上がったらすぐ耳にピアスあけて、
15のときに舌ピで、もーいいやってかんじだった。
したらこんどはタトゥですよ。雑誌とかで見て、かわいいなって思う程度
だったけど。18になったら入れるぜ!と思ってたわりには、
タトゥスタジオとか雰囲気こわいし、なにゆわれるかわかんないし
コワイヨーコワイヨーってかんじだった。しかもオキナワって
ちゃんとしてる所ってなさそうなかんじだったし。
とにかく、小心者のなつよさんは実行に移す気配もなかったのでした。

◆梵天
それが一気に身近になったのは、うちのお姉ちゃん(さきの・22歳・はげ)が彫師になるとか言い出してから。
オキナワの梵天タトゥースタジオで働いてます。
この梵天先生てゆうひとは、初代梵天として刺青界ではすごいエライ人らしく、
そうゆう人がオキナワにいたんだーってかんじで。
はげが一度 先生の雑誌のインタビューのやつ見せてくれて、
それのなかで、「これからは刺青じゃなく肌絵と呼んでほしい」
みたいなことゆってて、それがすごくなつよはこの人はいい人だって思った。
刺青=ヤクザみたいな公式が、今はもう薄れつつあるけど、
でもやっぱりまだそうゆう意識は世間にはあって、でもそれを変えようとかじゃなく、
刺青=純粋に肌に絵をかくものっていう考えがなつよは好きなのでした。

実際、スタジオに遊びに行った時に先生になっちゃんも入れるの?って聞かれて
入れたいけどまだよく決まってなくて、みたいなことゆったら、
沖縄なんだからハイビスカス入れなよ!ってゆわれて、かわいいおじーだな
ってゆうのが第一印象。

◆オキナワ事情
沖縄にはタトゥスタジオがあと3つくらいあるらしい。行った事無いけど。
梵天はフテンマのところにあって、けっこうマイナーな場所だけど
すごいふつーのとこだなーと思った。なんか全然こわくないの。ふつうのおうちだし。
雰囲気もよくて、入りづらいとかそうゆうの全然ないのね。なつよの中ではそうゆう
ちゃんとしたスタジオってゆうのは敷居が高くて、彫師もプライド高くて、
みたいなイメージしかなかったけど、梵天はそうゆうことないです。(ちょっと宣伝)
あとさきのさんがいるので女の人でも行きやすいし。外人が多いので、友達がふえたりナド。たぶん。

◆初
はげさんの仕事場にいったときにはじめてタトゥを入れてる現場っつうのを
見て、うわー初めて見たよ!すげーよ!つうかんじ。
マシーンのジージーってゆう音が思ったよりおっきくて、びっくり。

デザイン決めるとき、どうせなら花とかかわいいやつがいいと思って、でもバラとかありがちだしなー
って思ってるときにカトレアの花があって、即決。あんまし
理由とかなくて、ひとめぼれ。なんかわからんけどこれがいい!って思ったの。
のちのち、カトレアみたく高級な女になろうと決意。

とゆうわけでなつよ初墨は17才。でも8月で18になるし、いいよね。ってことで。
いざ入れるよ、ってときも別になんにも思わなかったってゆうのが本音。
なつよ毎日スタジオにあそびに行ってたし、すごいおっきい柄とか入れてる子
見てたし、感覚おかしかったかも。なつよのなんかこんなちっこいやつだし
すぐ終わるかな?くらいに思ってた。

◆いてえ!
で、友達とかいろんな人に痛かった?って聞かれるんだけど、
思ったよりは痛かった。でも、がまんできない痛みじゃない。
なつよが入れたのが腕っつうのもあって、こんなもんかなーてかんじ。
でもイチバン痛くないのが腕で、背中とか腹とかがイチバンいたいらしいよ。
針を刺してがーって引っかいたみたいなかんじ。猫に引っかかれたかんじとか
ゆう人もいるけど、それよりは痛いだろーって思った。

◆その後のケアなど。
さきのくんがいただけあって、なつよはけっこうトラブルもなく
治ってったような気がします。あやしかったら質問できるし。
さきのさんいわく、彫った直後が一番大事らしいです。色とんだりとかしないために。
ラップはって、翌日くらいまでラップとりかえつつやっとくといいらしい。
彫った後は、血ってゆうより白血球?赤血球?わからんけど、
透明っぽい血っぽいのが出てきます。だからそれがたれてきたら拭いて、
またラップはってみたいなかんじ。夜寝る時もラップ。
そのまんまほっとくと、透明のやつがふとんとかにくっついてかぴかぴに
なっちゃって、はがす時痛いの。それが原因でのちのち色ぬけちゃったり。

翌日からはふつうに傷薬とか塗って、あんまし乾燥させないようにしたらいいです。
なつよはクスリなんかなかったから、ベビーローション塗ってた。
そのあと、何回か脱皮して、おちつくみたいです。
なつよはかさぶたはあんましできなかったけど、治りかけの時とかちょうかゆくて
皮とかむりやりはがしたりもした。はがしたくなるんだもん。

◆とゆうわけで
実はこれ書いたのは一年前くらいなんですね。彫ったばっかしのとき。
で、この様に↓しめくくられてます。
"1月にオキナワ帰ったらまたかわいいの入れてもらおう。と思ってる
なつよさんでした。やっぱりどんどん増やしたくなるのはピアスと一緒。"
で、やっぱり増えたです。今現在(2001年8月)足に人魚さんと肩に火の鳥さんが住んでます。
でも火の鳥さんはスジだけだけど。ゆくゆくは奇麗なピンクな鳳凰さんになる予定。
人魚さんは化粧こいーんじゃないのちょっと、ってかんじだけど
かわいいですかなり。さきのくんありがとう。

2002・01・20
今日こまいところとか直した。なつよって文才ねーな、とか思いつつ。
今さきのさんがこっちにいるんで、前からやりたかった首の後ろにキリークを
やってもらった。首の後ろだったからかエイボンのせいかちょう治りがわるくて
困った。じゅくじゅくだし。今はとりあえず落ち着いたけど色ぬけぬけで鬱。
治るんかねえってかんじだけど。
しかし首の後ろは痛くて半泣き。

Sakino Web Site(さきのさんのページ)


←なつよの腕にいるカトレアさんのデザイン。
back