手紙〜過去〜

何も見えないまま 流れていく月日の影 自分のために
我慢に我慢をかさねた毎日 かさね合わせた手と手で祈り
実りある今日 生きるために 一人歩き 外の風に
吹かれながら 歩いていた 時に泣きながら 歩いていた
Chorus:開いたばかりの白いノートに
 書きつづったページのスタートに
 誓ったあの日の思いを
  思い出しまた 歩いてく
Chorus
周りも 見えずいつの間にか 遠回りを
歩き続け 後で気付く中身の 変わり様
時にたまに 頭に来る事を温めて
後でまさに甘さに 気付き 俺ここにいる
まだ まだまだだ これからだ
俺が立ったところから見れば まだ半ば
だから 一歩踏み出すと きっと打ち勝つ
そう信じて 前へ進む君とスタート
常に前にあった 当たり前にあった
苦悩 多くの 日々努力と苦労
無論 何も成果でずのプレイヤーが得た
物は今は咲いた エンタテイメントのフレーバー
揺らいだこともあった つないだ手の中
仲間たちと 轍の道を急いだ
遊んだことも 悩んだことも
今はよき思い出のパートナーと
Chorus
疲れ果てた体よりも 先に走る感受性と
善も悪も内に秘めた 純粋さ持った胸と
未熟な頭でもがきながら いくつか馬鹿みてもガキだから
だが 何かに事欠かなかった 曲がった目で
内にまず言葉から 真っ赤に暖めて
今日もわりとあっけなく 過ぎて何も変わらない
ようで変わらない
甘く切ない 記憶追い 薄暗い
ボロアパート飛び出し 見上げるblue sky
過ぎ去った日々を後悔する位 後退や荒廃の繰り返し
続く悪天候 霧が立ち込め 展望も漠然としてんのに
歳月はup tempoで 好き勝手にやっていたって
待ってくれず やって来ては すぐ過ぎ去って
新しい出会い願いでかい夢すら 描いてもがいていたあの日々
あの時にはもう 戻れないがそう 振り返ればもう
塗り替え また すり替えたいと思うことを
人は繰り返す ぶり返す痛み 振り返る来た道の中での
後悔は それは 膨大なり 今の俺に 後悔もうない生き様はどうだい
あの日楽しい ことばっかり に溺れだしこぼれだした大切な歳月
やはり侘しい 心がっかり そこで燃やしまくれ心なかで大切なたいまつ
おーい 聞こえたなら見せろ こっちこーい 俺はいつも見てるぞ
十年後 俺と成り 俺隣いるぜ これまでではないそう要はこれからだ
Chorusx 2
歩いてく・・・思い出しまた・・・

手紙〜現在〜

Chorus: 現在が指す時は常に流れの中で時が君に
 もう恐くはないだろう
 現在が開けた扉閉めず開けたままの君の心で
 もう恐くはない※
どれくらいだろうって立った今ここに印また
つけたあの足跡にいくつ花が咲いたろう
留まる事なく 場所なく この幕開く
明日立つ丘 まず目指し立つ
明日在りき日に 過ぎ去りし日々
前、左右選び 探す 歩く意味
また岐路立つ 蜃気楼舞う
神のいたずら ひたすら従うかな
まだ 彼方へとゆるり下る川任せもよし
もがきながらでもよし 大海めざす だいたい方位描く
この旅はいつの日かの自分出会う
何を忘れ求め立ってる
誰に呼ばれどこで待ってる
揺れ動く 時の流れの中で
オレ あれ ありのままで
Chorus
過去と未来の境つなぐ点々と線 どこに打つ? お前次第 そう永遠だぜ
今まで気ままでまるで生きる屍で気付かねえでいただけの俺はそれで幸せ
そうそうそう 今、現在、過去、未来ならばどこ居たい?
めいっぱい輝けるならやっぱり絶対現在かい?
嗚呼 今を生きることを実感 人の倍 俺は生き抜いていると知った
人は点がつなぐ線の上で踊らされるアイドル 現在ここに生きる俺は逆2倍跳ぶ!
リセットのチケットの売り出しはなし この小せえ人生において振り出しはなし
現在大事 抱く大志 何もせずなる灰 死にたくないし
と思えるからこそばらまこうやらかそう この線の上で天高く そうさ はばたこう
何が俺にとって今大事か
追われた時間の中で持つ
価値観を足し算と引き算で
常にない頭で悩んで
考えて出た答えはNO
選んだ道のりは凄くSLOW
でも日々一日の道のりを
地道に歩むことの意味を
君よ今は素直になれ
今を生きる乗り切るため
大切な時間を共に過ごすため
いつの日かまた笑える日まで
大切な人と出会いマイペースな
自分を恨んだりもするけど
見ていろ今に現実と真実を
乗り越えまた走り出すよ日々を
Chorus

手紙〜未来〜

努力嫌いな俺 今日以来
遠い未来のオレ十年後の君のため
日々 地道にと 誓った手紙の中の願い
でかい大人になるため 絶対限界まで走り抜けるまで
諦めずにも寝ずにも働こう
あせらずとも何はともあれの今日
堂々と生きる日々 想像の中で膨らむ君の
姿 擦れた君の気持ち時を戻し伝える為の手紙
女神は? 隣にまだいるのかい
部屋には笑い声はあるのかい
幸せなら何も言うことはないが
愛があればこその君のもとへ
これから十年まるで回るルーレット
同じ目は無い 同じ明日はないって言うぜ
その先に立つ 君には 何が映る
この先に待つ 日々には 何が続く
日に日に自分なりに一日
未来の俺に誇れるもの 磨きに
理想の地にいる君と 互いに
長い十年後の自分探す旅に
一日一歩ずつ君に近づく 君の足跡を踏む
同じ道行く つまずいても 転んでも
助けはいらない 返事もいらない 君にはなれない
俺の知らないもの あるだろうが
君の忘れてるもの あるだろうな
手紙は今読まなくていい
十年経つまでは胸の奥に
Chorus:まだ見たことない 未来で
 勇敢に戦う 俺がいる
 きっとそうだろ どうなの?
 未来の俺らの 状況は!?
 まだ見たことない 未来で
 勇敢に戦う 俺がいる
 きっとそうだろ どうなの?
 未来のみんなの 状況は!?※
でかい未来に期待抱いて
いるだろうか十年後中年の俺
惚れ惚れするほどに 俺 どれほどの男に
なってるのか 今この俺に 勝ってるのか
優しく俺を そこで 待ってるのか
一、二、三年じゃ足んねぇ わかんねぇ あと何年
頑張って辿り着ける感銘 半生
振り返りゃピントずれたヒント
行き先は誰も知らねぇ 神様もきっと
全ては決まってるさ なんて君は言う
嗚呼くだらない つまらないし 心埋まらない
つまらない 小せぇ人生より
綱渡りの人生で 憂さ晴らし 俺はそれがいい
あえて知らないページ 俺がめくろう
誰も知らないレール 俺が築こう
Chorus
俺は走ってるのか 走り続けてるのか
どこまで行けば君に追いつけるのか
すべて知る君 時埋めてく意味
そっちはどうなの? こっちはもう
何て聞きたい 言いたいんだそこで生きてたい
君からもきっとピントずれたヒントそんなもんは
知らねぇいらねぇ 俺は俺
行き先は不明さ風に任せて
この先の前途多難も これまでの楽しみや我慢も
すべて知る君なら 俺の気持ちにまた
答えても耐えてもくれるだろ
この先の前途多難も これまでの楽しみや我慢も
俺の生きる意味なら 先の道のりから
答えの無い未来へと続くだろ
Chorus x3