Welcome to Dr.Martens Home Page!

 


ドクターマーチンの誕生それは、1945年のドクターマーチンソールの発明にさかのぼります。当時スキーによる事故で怪我を負ったドイツの医師、クラウス・マーチン博士はリハビリのために古いタイヤを加工して、クッション性のあるラバーソールを開発。この特殊なソールはソール内に空気を閉じ込めることで歩行中の衝撃を吸収「バウンシング」と呼ばれる“弾むような”歩行性を実現したのです。しかしソール独自の特性を最大限に引き出すためには非常に高度な製靴技術が必要とされたため製品化までに10年以上の歳月と靴作りの本場・英国へのドーバー海峡越えが必要でした。そして老舗の製靴メーカーであるR.グリックス社と出逢いファーストモデルが完成します。
   
世界中で圧倒的な支持を受けるドクターマーチンシューズ。最近では世界有名100ブランドのひとつに名を連ねるなど名実ともに「世界NO.1革靴メーカー」へと成長しました。ハンドメイドにこだわる生産は英国工場で行われN間1,200万足強を生産しています。本国英国のみならず、米国でも間500万足以上を販売、ヨーロッパ各国、アジアなど、70を越える国に輸出。もちろん、人気は日本でも同様で、カテゴリーも定番である「クラシック」「ストリート」に加え、ビジネスを意識した「アーバン」、レディス向けの「キャットウォーク」、夏向けシーズンアイテムの「オープンエア」、アウトドアタイプの「テイレン」そしてキッズ用の「ユース&キッズ」と計7レンジを保有。年齢や志向、性別を越えたフットウエアブランドとして幅広く展開しています。さらに998年5月には、日本法人となる「ドクターマーチン・エアウエア ジャパン株式会社」を設立。アジアマーケットの核である日本を、米国・ヨーロッパとならぶ第3の市場と位置づけ積極的なマーケティングとシェアアップを図っています。

1960年4月1日hクターマーチンの記念すべきファーストモデル「1460Z」がAIRWAIRブランドとして発売されました。発売日に由来したコードネームを持つ1460Zは大きな反響を呼び、ロンドンの若者たちはもとより、多くのミュュージシャンたちに絶大なる支持を受けます。たとえば60年代のビートルズ、ストーンズ、フー’70年代のクイーン、ポリス80から'90年代にかけてはスミスやオアシスなど、いずれもそうそうたるビックネームばかり。独自のソールによる機能性に加え、あらゆるファッションに自由にコーディネイトできるデザイン性の高さは、時代を超えた定番のフットウエアとして、世界中のストリートでさまざまなカルチャーとファッションをリードし続けています。
photo_02.jpg (18066 バイト)        
 

Map

Address

2-11-1.MINAMI IKEBUKURO
TOSHIMA-KU, TOKYO
TEL 03-5953-3626
Mail : dm_s@t.toshima.ne.jp



ご購入は楽天ショッピングモールへ!

 

 

PLEASE ENTER/CATALOGUE







FastCounter by LinkExchange

LinkExchange Japan
LinkExchange Japan Member