ブレーキを変更しよう

ドラッグスターのブレーキを変えました。
「ドラッグスターって社外のブレーキ無いじゃん」て、思う方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

バイクのブレーキのピッチはあるていど共通しています。
ピッチとはネジの頭から頭までの距離のことです。詳しくは下を参照。
レプリカ、ネイキッドに乗っていたかたは、
社外のブレーキがいろいろでているので、知っている方も多いと思います。
ドラッグスターに乗っていて、ブレーキを変えている人はあまりいないと思うので、
知っている方は少ないのではないでしょうか?
  

上のブレンボは今回つけたブレーキです。
フロントフォークに2箇所ネジをつける穴があります。そこの穴の中心から穴の中心がピッチです。


ドラッグスターのピッチは、100mmです。
同じ100mmの車種は、TRX850 TDM850 FJ1200 88-00 XJR1200/1300 V-MAX 93-00 ロイヤルスター YZF750R/SP FZR1000 YZF-R1 YZF-R6 YZF1000R等があります。
ということは、同じピッチの車種のブレーキならば、基本的に何でもブレーキが付けられるわけです。
また、100mmの社外ブレーキなら何でも付けれます。
今回はXJR1300のブレンボ(ヤマンボってやつです)が手に入ったので付けてみました。



ここから先はブレーキの交換になります。重要保安部品なのでバイク屋さんにやってもらって下さい。
ちなみに自分でやるかたは自己の責任でやってください。
また、事故が起きた場合こちらは一切責任がとれませんので、了承できるかたのみ先に進んでください。

続きはこちら

もどる