Image WELCOME TO MY HOMEPAGE
NIRVANA

カートの音楽遺産相続権を巡る、コートニーVSクリス、デイヴの裁判もようやく解決し、遂に新曲「You Know You're Right」のスタジオ・テイクが、当初予定されていたボックス・セットではなくベスト盤の目玉トラックとしてリリースされた。93年10月23日のシカゴ公演のライヴ音源はブートレッグで随分前から出回ってファンにも慣れ親しまれたものだが、さすがスタジオ・テイクはクリアなサウンドと丁寧な演奏で一味違う。爆発的に力強いシャウトは僕も含めてライヴ音源を聴いた多くのファン、そしてコートニーさえも“Hey”と歌っていると勘違いしてたけど、本当は“Pain”(痛み)だったってのもなんだか皮肉なもんだ。もう1つの注目は「Pennyroyal Tea」。『IN UTERO』からの3枚目のシングルとして、スコット・リットの手によってミックスされたものが94年5月にリリースの予定だったがカートの死によってGEFFENは中止を決定、既にプレスされていたものの殆どは回収されたけど少数が流出し、プレミアがついたコレクターズアイテムになっている。Rape Meを「Waif Me」と変えてアート・ワークも変更した、Kマートやウォルマートなどの大手スーパー・チェーン用の『IN UTERO』にもこのミックスが収録されていたはず。実はこの音源、ブートレッグでも出回っていたけどオフィシャル盤で聴くと一味違う。スコット・リットの手によってベース音がシャープになりヴォーカル出力が上げられている。このベスト、正直言って選曲が“ベスト”であるとは思えない。少なくともカートが“SLTS並のいい曲でこの曲の演奏は楽しい”と語る程に気に入っていた「Drain You」は収録すべきだったと思うし、極めて完成度の高いたった3枚だけのオリジナル・アルバムしか出していないNIRVANAというバンドにベスト盤が必要だったのかも疑問に思う。でもまあ細かいことは気にせずに、素晴らしい新曲「You Know You're Right」が聴けるこのベストを喜び、楽しもう。来年にはデイヴの“今までに誰も聞いたことのないものがいっぱい入ってる”と語るレア・トラック集のリリース計画が、04年には延期になっていたボックス・セットのリリースも計画されている。この『NIRVANA BEST』はすごく売れているそうで、リリース・ラッシュ第一弾としてもなかなかのスタート。このアルバムでNIRVANAファンが増えればそれもまた嬉しいことだ。カートは遺書に“It's Better Burn out Than To Fade Away”なんてニール・ヤングの詞を引用したけど、NIRVANAの音楽は何年経っても色褪せない。 カートの音楽遺産相続権を巡る、コートニーVSクリス、デイヴの裁判もようやく解決し、遂に新曲「You Know You're Right」のスタジオ・テイクが、当初予定されていたボックス・セットではなくベスト盤の目玉トラックとしてリリースされた。93年10月23日のシカゴ公演のライヴ音源はブートレッグで随分前から出回ってファンにも慣れ親しまれたものだが、さすがスタジオ・テイクはクリアなサウンドと丁寧な演奏で一味違う。爆発的に力強いシャウトは僕も含めてライヴ音源を聴いた多くのファン、そしてコートニーさえも“Hey”と歌っていると勘違いしてたけど、本当は“Pain”(痛み)だったってのもなんだか皮肉なもんだ。もう1つの注目は「Pennyroyal Tea」。『IN UTERO』からの3枚目のシングルとして、スコット・リットの手によってミックスされたものが94年5月にリリースの予定だったがカートの死によってGEFFENは中止を決定、既にプレスされていたものの殆どは回収されたけど少数が流出し、プレミアがついたコレクターズアイテムになっている。Rape Meを「Waif Me」と変えてアート・ワークも変更した、Kマートやウォルマートなどの大手スーパー・チェーン用の『IN UTERO』にもこのミックスが収録されていたはず。実はこの音源、ブートレッグでも出回っていたけどオフィシャル盤で聴くと一味違う。スコット・リットの手によってベース音がシャープになりヴォーカル出力が上げられている。このベスト、正直言って選曲が“ベスト”であるとは思えない。少なくともカートが“SLTS並のいい曲でこの曲の演奏は楽しい”と語る程に気に入っていた「Drain You」は収録すべきだったと思うし、極めて完成度の高いたった3枚だけのオリジナル・アルバムしか出していないNIRVANAというバンドにベスト盤が必要だったのかも疑問に思う。でもまあ細かいことは気にせずに、素晴らしい新曲「You Know You're Right」が聴けるこのベストを喜び、楽しもう。来年にはデイヴの“今までに誰も聞いたことのないものがいっぱい入ってる”と語るレア・トラック集のリリース計画が、04年には延期になっていたボックス・セットのリリースも計画されている。この『NIRVANA BEST』はすごく売れているそうで、リリース・ラッシュ第一弾としてもなかなかのスタート。このアルバムでNIRVANAファンが増えればそれもまた嬉しいことだ。カートは遺書に“It's Better Burn out Than To Fade Away”なんてニール・ヤングの詞を引用したけど、NIRVANAの音楽は何年経っても色褪せない。

Icon 氏名/ニックネーム
nirvana_daiki 
Icon 職業/会社名/学校名
 
Icon 役職/学年
 
Icon 誕生日
 
Icon 性別
男性 
Icon 出身地/出身校
 
Icon 住まい
 
Icon 趣味
 
Icon 特技
 
Icon 好きなもの、嫌いなもの
 
ゲストブックを読む ゲストブックに書く 日記帳 ランキング

Mail
メールお待ちしてます

お気に入りのサイト
Icon
Icon
Icon
Icon
Icon



2003年11月29日 20時41分10秒


GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン