春よ来い


 春の気配を感じ、いろんな花や虫たちに会える季節が近づいたんだなあと考えると、体がウズウズしてきます。
 私の住むあたりでは、2月中旬になると、日だまりでオオイヌノフグリが咲き出します。そして3月に向かって、日ごとに花が多くなってきます。
 どこにでもあるありふれた花ですが、早春にこの花を見つけたときは、本当に嬉しくなってしまいます。
 新古今和歌集の撰者の一人に、藤原家隆という人がいます。
 右は、大阪市天王寺区夕陽丘町に眠る家隆の塚の写真ですが、彼の作に、

  花をのみ待つらん人に山里の
  雪間の草の春を見せばや


という歌があります。
 桜の花だけが花だと思っている人に、春をいっぱい詰め込んだこの野の花を見せてあげたい、というこの歌が、私は大好きです。