変形菌

 変形菌はおもしろい生物です。
 胞子から生まれた「粘菌アメーバ」は、細胞分裂は行わず、核の分裂のみを繰り返し、大きなアメーバ体(「変形体」といいます)に成長し、落ち葉の下などを這い回ります。(右の写真は落ち葉を取り除いて撮影しました)
 成長した変形体は、明るい場所に出て、下の写真のような、胞子を入れるさまざまな色や形の「子実体」を作ります。
サビホコリ
クダホコリ
マメホコリ
エダナシツノホコリ
 変形菌は、ルーペが必要な小さな種類もたくさんありますが、案外身近なところにいます。ここに紹介した写真は全て、自然の残っている近くの公園で撮影したもので、深山に分け入ったものではありません。
 梅雨の頃、朽ちた木の上などを注意して見てください。新しい“小宇宙”が発見できるかもしれませんよ。