逆さまのヒトクチタケ
 ヒトクチタケはサルノコシカケの仲間で、枯れて間もないアカマツなどに発生するキノコです。下に孔があいていて、そこから胞子が出ます(右の写真)。
 ところが、上下が逆さまになってアカマツに生えているヒトクチタケを見つけました(下の2枚の写真)。
 同じアカマツについている周囲のヒトクチタケは正常です。このキノコの本体は、アカマツの中にある菌糸で、周囲のヒトクチタケとは同じ個体のはずです。このヒトクチタケが突然変異で方向感覚を無くしたのではないでしょう。誰か人がいたずらして逆さにくっつけたのではないかと慎重に確かめましたが、そうでもなさそうです。
 こんなこともあるんですね。