ミズオオバコ

 泉北ニュータウンに接した丘陵地の谷を利用して、お盆の切り花用に作っているハス田があります(右の写真の上)。ここでミズオオバコをみつけました。オオバコに似た葉を水中に広げ、かわいいピンクの花を咲かせていました(右の写真の下)。
 沖縄ではミズオオバコは“田のコンブ”と言われ、たくさん採られて食べられていたという話を聞いたことがあります。大阪府下でもよく見られたようです。しかし、ミズオオバコの育つ水深の浅い水辺環境は、埋め立てられたり、稲作の方法が変わったりして、どんどん少なくなってきました。
 ミズオオバコはまだ絶滅が危惧されているところまでは減っていません。しかし、一般的に言っても、絶滅が心配されている植物は、深山に生育する稀な植物よりも、むしろ人の身近なところに育つ、今まで普通に見られた植物のほうが多いのです。人の自然を利用する形態の変化に伴って植物が生活できなくなったり、観賞用に取られたりするのです。