サナギタケ。冬虫夏草の一種です。
土の中を掘ると、サナギは白い菌糸に侵され、
そこからキノコが伸びているのが分かります。
ハナサナギタケ。冬虫夏草です。上は土から掘り出したもので、白い菌糸でつくられた袋の中には、サナギが入っています。
セミタケ。土から掘り出したもので、ニイニイゼミ
の幼虫からキノコが生えています。もちろんこれ
も冬虫夏草。
 成虫になっても安心はできません。アブラゼミの
 体に生える小さなキノコ。
バッタの体内で育った菌糸が、節の間から出て
きている。
 ヤンマタケ。トンボは茎にとまった状態で命が
 尽きたようです。

昆虫を“食べる”キノコ

 キノコが生活していくためには有機物が必要であることは、「キノコを“食べる”キノコ」のページで説明しました。その有機物を昆虫の体から得るキノコもたくさんあります。
 菌糸が土の中の昆虫の体内から養分を吸収し、胞子をばらまくためにニョキニョキとキノコが顔を出したのを見て、昔の人は、土の中の昆虫とキノコを一体のものとしてとらえ、これは冬は虫の姿で生活し、夏は植物として生活する生物だと考え、「冬虫夏草」と名付けました。