北海道CAMP3回目の今回は知床半島を中心に回ります。しかし、キャンパーに「ここでCAMPするの?怖いものないんだね?」と言われた時は答えに困った。ちなみにそこはCAMP場だったんだけどね。ちょっと寂しかったが・・・

<SHOT 1>
今回も大洗からフェリーで苫小牧へ向かいます!
<SHOT 2>
ウトロのCAMP場に3泊しウトロ側を散策する!タープのおかげで雨が降ってもラクチンです。(ウトロでは雨は降りませんでしたが・・・)
<SHOT 3>
で、このCAMP場は夜になると鹿が出てきて毎晩のようにこんな風になります。少なくともGianがいた3日間は毎晩こんな感じだった。
<SHOT 4>
ウトロ側の知床半島を散策しにいく途中、羅臼岳をバックに!
<SHOT 4>
ゲートの先にある林道を歩く!
<SHOT 5>
こんな景色が所々にあり歩くのに飽きる事はないのだ!
<SHOT 6>
歩き始めて、2時間程ちょっと用を足していると・・・バシャンという大きな低音の足音がすぐ側で聞こえてしまった。林道の終点はもうすぐだったが引き返した。
<SHOT 7>
林道を歩いた後はカムイワッカ滝の湯!ここは川が温泉になっていて、滝つぼを湯船代わりにできる。こんな風に滝を登らなければいけないので、カメラはココに置いて行ったのでここから上流の写真は無いのだ!ちなみに転落者がいて、8月と9月で3回も救急車を呼んだらしい。
<SHOT8>
高台からウトロの町並みを見る!こうして見ると小さな町だ!
<SHOT9>
翌日は斜里岳に登った!当初は羅臼岳の予定だったが、Gianの体力では日帰りはキツそうなので斜里岳に変更した。
<SHOT10>
斜里岳も紅葉し始めていてなかなか綺麗だった。しかし、予想以上に水分を消耗して帰りは水分をほとんどとらずに山を降りるハメに・・・(最後の2口分くらいは残しといたよ)。
<SHOT11>
途中の稜線でねずみ?(もぐらという人もいるが)がミミズをエサにしているシーンに遭遇!
<SHOT12>
羅臼側に移動すると、このCAMP場にはオス鹿がいるのだ!オス鹿は気を付けないとツノで攻撃してくるのだ!。
<SHOT13>
羅臼側では天気が悪く仕方なく海岸線を走ったり、中標津まで買い物にいったりした。写真は羅臼付近からみた国後島!
<SHOT14>
やっと晴れたので羅臼側道路の終点相泊から海岸線を歩く!最初の30分程度は漁師の番屋(北の国からでロケした番屋もあった)があるが、その先は人は居ないのだ!
<SHOT15>
海岸線にはこんな動物の骨もあった。これは鹿かな?
<SHOT16>
写真を撮っていると足元をなにかが横切ったので見ると狐だった。北海道の狐は人を恐れないけど、それにしても・・・。
<SHOT17>
川に鮭が上ってきていたので、一応釣りをしてみる。やはり釣れなかったのだが、釣りしてると足元に鮭が勝手に乗りあがってくるので、仕方なく捕まえた。写真撮った後は放流したけど、メスらしくイクラが何粒かこぼれてしまった。
今回読んだ本
天使の牙<上><下> 大沢 在昌
戦雲の夢 司馬 遼太郎
<注意>
今回Gianが行った所は熊が多い所ばかりです。これを見て安易に行くと危険なので注意してください。 熊よけのすずだけあれば熊に襲われる事は滅多に無いと思いますが、油断は禁物です。