渓流の間

はじめに

私が住んでいるのは栃木県なので、自然に渓流のルアーフィッシングを始めていた

そこに川があるから なんてカッコ良いことは言わないが(言いたいけど)有名河川が数多くあるので、釣りに行く場所には困らない

しかし、有名河川というのを維持するためには、数多くの魚を放流して、多くの人に魚をキャッチしてもらわなければいけないという宿命を持っている

渓流フィッシングを始めたばかりのころは、とりあえず、魚が釣れれば良かったのだが、だんだんとネイティブまたはそれに限りなく近い個体を釣りたいという欲が出てくるものである

最近は、渓流で釣れる魚よりも、管理釣り場で釣れる魚のほうが美しい なんてこともザラである

日本の渓流も終わりだ、、と嘆く人も多いだろう

そりゃあ 日光岩魚の生息地にヤマト岩魚やら2種類の交配種やら虹鱒やら挙句の果てにはアメマスのような岩魚やらが釣れると考えさせられることも多い

しかし、釣れないことには話が始まらない 1尾と2尾に比べ1尾と0尾では大きな差がある

「おけらだーって みみずだーって あめんぼだあってー みんなみんなあ 生きているんだ 友達なんだあ〜」と陽気に歌って 虹鱒だろうがハヤだろうが とりあえず私は釣りたいのである

「いけない」とは思いつつも、つい簡単に釣れる河川へと足が向かってしまうのは、私の人間としての未熟さ

と欲深さ以外の何者でもない 汚い魚なんて釣りたくないぜ と思う人は たぶん当山荘には泊まれないでしょう

とりあえず1尾釣りたい と思う人だけ どうぞ御泊まりください



タックル
さお
リール
ライン
ルアー
服装
ポイント
リトリーブ


戻る