男なら一度は入ろう、入水鍾乳洞


イベント名  @niftyオフ会 春の阿武隈ツーリング 
決行日時  2003年03月29日(土)〜30日(日)
走行距離  往復100km 郡山市〜針湯鉱泉〜郡山市
同行者  門岡淳氏 佐倉権造氏



知る人ぞ知る入水鍾乳洞(いりみずしょうにゅうどう)は噂にたがわず凄まじい所であった
「見学」とか「観光」などの「娯楽」とはおよそかけ離れた「体を張った探検」の世界である
水に濡れるのがイヤ!といったレベルではここの門は叩けません、まさに禁断の洞穴です
                  
進んだ分だけ戻る距離も長くなるという至れり尽くせりの完全ピストン歩行を余儀なくされ、
やっとの思いで通過した狭い関門も「はたして帰りは無事に突破し戻れるのだろうか」など
といった独特な不安感が絶えずつきまといます。また、現代日本の実生活では、ほぼ絶滅
しかけている幻の異次元スタイル「四つんばい」も駆使せざるを得ません
        
狭い」「暗い」「冷たい」と三拍子そろった入水鍾乳洞、果たしてどうなることやら




 郡山市開成山公園 

 車を一泊させて

 もらいました!

 感謝(^_-)

 
 郡山駅です

  自転車を組立てる

 佐倉さん


門岡号


佐倉号

700Cです!


11時半頃からガソリン補給です

4〜5本いきましたっけ!

 しかし皆さん、飲んでも登りは強いでんなぁ! 


 三春町が誇る「滝桜」に到着 

観光客はおまへん

当然でんがな


桜の咲く前の滝桜

CFを忘れた幹事さんはじっくり

桜の木を拝んでおりました


桜の咲く前の貴重な滝桜のアップ

満開時と比べて見ると素晴らしさが

分かるのだろうか

 ここの坂はキツかったぁ〜

お二人からダントツに離され

まくりました


膝が痛いと言いながら

登りで強かった佐倉さん


3時頃でしょうか、突撃は!

しかし、ものものしい入口です


 最初は余裕で入って行ったのだが 

(^_-)


写真を撮る余裕もなく

結局、撮影したのは

帰りのみでした


隊長、御苦労さまでした

 背中に苦労がにじみ出ておりますね!

ロウソクの火が消えて

何度もお助け頂きました


Bコース

超冷たい水に耐えねばなりません

全身ずぶ濡れになってから初めて

 入水鍾乳洞の素晴らしさが実感出来ます 

 さあ、楽しい探検があなたを待っております 

(^▽^ケケケ


Aコース

観光コースです!

 フル装備です

 短パン
 カッパ
 ゴム草履
 ロウソク

 以上しめて900円の 
 レンタル料でした
( ヘルメットは自前です )

 おかげで防水対策は
 ほぼ万全でした(^^

 針湯荘にて

 2日目の出発前です


前日の入水鍾乳洞のインパクトが

あまりにも偉大だったので

入口ゲートで写真を撮ったのみで

入場しませんでした (^_-)


県道19号線




三春町

国道288号線沿い

デコ屋敷もパス

ゆっくりポタリングに専念


郡山市侵攻

阿武隈橋にて


バックに残雪の安達太良山が

綺麗に見えるはずなのに

写真ではうまく表現出来ず

ヘタやなぁ、撮影が (^^



今回の全画像(サイズ大でっせ!)