2002年 5月3日(金)
釣 行 記 録
● 5月3日(金) 朝6:00頃〜  奈良井川  えさ釣り(ぶどう虫) 濁りなし 平常水量  気温10度

GWの後半戦、有名河川には釣り人が多いんだろうなぁと思い、ものぐさな私は、やっぱりいつもの
奈良井川へ。
前夜までの仕事、車で移動後のほぼ貫徹明けの朝には、家から15分というのがうれしい。 
K師匠とのフライフィッシング釣行を今後の楽しみとしつつ、今日もらくちん・お気楽なぶどう虫での
えさ釣りへ出発。
自己流釣り歴1年の初心者としては、T師匠との釣行で川虫を使った本格的なえさ釣りを覚えたいと
思う今日このごろ。
いつものポイントに着いたが、寝ぼけまなこで手元が狂い、流れの緩いプールに餌が入り、いきなり
ウグイが派手に暴れて2本、ゲンナリ。
前回まではイワナしか出ないポイントだったのに何故?
少し上流へ移動・・・反応がない。10分が過ぎようとしたところで、再度最初のポイント付近へ戻る。
木陰からそおっとアプローチして、渦の付近にエサをいれ、やっと来ましたイワナ@(6:15)くん。
続いて、同じポイントから2尾目のイワナA(6:25)くん。
気を取り直して釣り上がるが、続く反応がない・・・と、気が緩んだせいか、わずかなアタリに合わせ
損ねてイワナくんをバラす。おまけに、足が滑って転びそうになり捻挫する始末。
気分を変えて、少し下流に移動。
水が大きな岩をぐるっと取り巻き流れるポイント。
即座に反応あり・・・イワナB(7:14)くん、続いてイワナC(7:18)くん。
ところが、ここで、見るからに尺超えのヤマメらしい魚をバラす(負け惜しみじゃなく・・・)。
リリース用にスレバリを使っているせいかエサも魚もよく落ちる・・・(下手クソなだけか!)
バシャンバシャンと大暴れしたせいか、そのポイントはシーンと静まりかえり、その後反応ゼロ。
少し休憩し、そこから30mほど上のポイントに移動。
去年の6月に尺ヤマメを釣ったポイント。
でも期待を裏切り、出たのはちいちゃなイワナD(8:08)くんだけ・・・うーん。
更に奥側のポイントに流すため、川に入り進むと、思ったより深い。
本流を少し外してエサを沈めるように流してやると。グイッとと来ました!。
今日、いや今年一番の良形!いかめしい顔つき・太い胴周り・するどい歯がカッチョ良い
ヤマメ@(8:32)ちゃん!お久しぶりですヤマメちゃんは。
ここで続くかな?と思ったが、20分ほど反応がないまま移動。
最後にちっちゃなイワナE(8:57)くんを釣って今日は納竿。
日差しも暖かく、楽しく・気持ちの良い釣りができました。