2002年 6月1日(土) フライ初釣行!
結果は・・・? 
釣 行 記 録
● 6月1日(土) 午前6:30〜  高瀬川上流→籠川→鹿島川→高瀬川上流
    フライフィッシング 濁りなし 水温9度 初めてなので水量度合は不明

今日は待ちに待ったフライ初釣行!
金曜日の仕事終了後一路松本へ。1時過ぎに到着、入門書を見ながらスプールに
フライラインを巻く。リーダー、ティペットとセオリーどおりの結び方でつなぐ。
これだけで1時間半。既に2時半!あと1時間半しか眠れない。。。
しかし、フライフィッシングは「イト」→「ライン」、「ハリス」→「ティペット」と横文字だ。
フライの種類も虫の名前だと思うが、すべて横文字。
うーん、おしゃれです。とても。
強引に4時起き、眠いけど期待に胸膨らむ。朝5時にK師匠のご自宅に向かう。
大町でA氏と合流し、3人で高瀬川上流(ここも鹿島川?)に向かう。
渓相は川幅が広くてブッシュもなく開けている。水もメチャきれい。フライ向き!
気負ってキャストするが、相変わらずへにょへにょ〜。先が思いやられた。
絶好のプールに先にフライを入れさせてもらったにもかかわらず、反応なし(当たり前か)。
K師匠は少し離れた場所でドライを流す。が、イワナが接近したが手前でリターン。
食わなかったのが見えたらしい。
そこから3人で釣りあがる。堰堤まで行くが、K師匠と私のフライには反応がない。
ジックリとポイントポイントを攻めていたA氏が遅れて到着。
「3本上がりました。」とのこと。さすがです。
そこから籠川へ移動。いかにも渓流といったイイ感じ。
しかし、絶対出そうな場所にフライを入れても魚が出ない。
しばらくすると釣り下がってきたエサ釣りマンと手振りでご挨拶。
先行者がいたのではしかたがないのでしょうか。
そして鹿島川へ移動。ここの渓相はやはり広く開けていてフライ向き。
ドライには反応がないので、ウェットに変更。下流方向へまっすぐ流してラインを引き寄せる
釣り方(師匠に横文字で教えてもらったが、疲労で既に記憶は飛んでいる)。
ここではK師匠が27センチ級を含む計4本のイワナを上げる。さすがでございます。
途中、近くで「おおっ!」と師匠の声。
北海道でサケを釣る巨大なフライにかぶりつき、そのままティペットを切って逃げていった
大物がいた!
見よう見まねで同じようにやってみるけど、やっぱり自分のフライには反応がない。
ビギナーズラックは通用しないのですね。厳しい。
しかし、お2人の体力には脱帽。
前日ほとんど貫徹ということもあってか、また、暑さでかなりバテ気味。
水分補給のため午後3時過ぎに先に車まで戻る。
水があまりなかったので、BBQしていたファミリーにジュースを分けてもらい一息。
しらずしらずシートにもたれて寝てしまいました。
車に帰着したご両人。その後釣果はなかったようですが、上流部の管理釣り場の魚は
思いっきりライズしていたそうな。
おろしたてロッドはしならずじまいでしたが、キャスティングの練習にはもってこいの1日でした。
OJTではないですが、実戦訓練は色々勉強になり、また、北アルプスの山々は美しく、都会を離れ
気分爽快な釣行でした。
次回はロッドをしならせたい!師匠宜しくご指導下さい。