ハイキング 13 紅葉の妻籠宿と日本一の吊橋

概略コース:名古屋駅→(中央線快速)→中津川駅→(中央線線)→南木曾駅→(徒歩)→かぶと観音→良寛の碑→妻籠宿一帯(鯉岩渡島こ線橋→読書発電所社会体育館→桃介橋→南木曾駅→(中央線)→中津川駅→(中央線快速)→高蔵寺駅他途中下車→名古屋駅

日時:平成11年11月13日(土)

同行:なし

記念写真(吊り橋と紅葉)

感想:コースとしては、これまででも良かったほうに入ると思う。歩き安いし、妻籠の町並みを歩いたかと思うと山道になったり、吊り橋を渡ったり、また発電所の案内もあり飽きないコースであった。ただ、全体的にコースが短く、時間に余裕ができたので、帰りの電車は人が集中してしまい、おまけに来た電車が2輌編成ではちょっとつらい。まぁ中津川からは座れたのであまり文句は言えないが、イベントの時くらい電車を増やしてほしい。コース終盤の体育館では、牛乳をいただいた。美味しかった。ホットだったのが気がきいていて良かった。反面、お土産としてめぼしいものがなかったのは残念であった。

戻る