土曜は釣り!!

このコーナーでは私が常日頃思っていることや感じている「たわごと」を紹介しています。
定期的に追加していく予定ですが、どうなるかはわかりませんのであしからず。

第二回 「ダンゴに魅せられる理由」 2001/7/24
今回は私がはまっている紀州釣りについて書いてみました。

バッカンにダンゴの材料を入れて海水を少しづつ入れながら、ちょうど良い堅さになるまで、丹念に混ぜる。 これは大まかなダンゴの作り方です。
ダンゴを手に取り、付けエサをくるんでしっかりと丸く握る。 素手、又は柄杓などを使いポイントへダンゴを投入する。 ダンゴが着底して自然に、又は魚がダンゴをつつくことによりダンゴが割れる。 ダンゴが割れて飛び出した付けエサにチヌが食いつく。 これは大まかな紀州釣りの流れです。
はっきり言って、非常に面倒な釣りだと私は思いますが、私はこの釣りが大好きです。
なぜ好きなのかはあまり考えたことは無いのですが、おそらく、この釣りをやらない人が思っているであろう面倒な一連の動作が気の短い私に合っているのではないかと思う。 そして単純でないこの釣りの奥深さにチヌという気まぐれな魚との絡み合いが私を虜にしているような気がする。
などと書いてしまったが、私なんかはまだ序の口で、日本鋼管で私のまわりで釣っている常連さんたちは私以上にはまっていて。 私以上にこの釣りに情熱を持っているという感じがします。 私は結構浮気をしていろんな釣りをしますから。。。。
日本鋼管ではチヌ以外にマダカ(セイゴ)、キス、アイゴ、ボラ、グレ、ガシラ、メバル、アイナメ、などいろんな魚が釣れます。
キスやマダカ狙いの人もいますが、かなり人がチヌを求めてここを訪れています。
チヌを釣る理由は、楽しいから釣るのが単純な理由ですが、なぜ楽しいのでしょうか?
釣ったときの引きはボラやアイゴのような鋭さはなく、いきなり横に走ったりすることも少ないです。 特に型が大きいものは重たいだけであっさり浮いてくることも珍しくないように思います。 でもやっぱりボラよりもピンクの鯛よりもチヌが釣れたときが一番嬉しい。

「あまり釣れない魚を釣るのが楽しい」ということはよく言われます。
昔は磯でグレを釣っている人なんか殆どいませんでしたが、今は「磯と云えばグレ」というくらいになっています。
それは大きなグレが簡単に釣れなくなったからでしょう。
昔釣りやっていた人が、紀州あたりの磯で、太いハリスで適当な魚の切り身を針につけて、ろくに撒き餌もしなくても大型のグレがいくらでも釣れたよく私に言ってきます。
当時は磯といえばイシダイといった感じでその人もイシダイを狙っていたそうですが、釣れない時は暇つぶしにグレを釣っていたそうです。
そんなグレも40cmを越えるものはそう簡単に釣れ無くなってきています。
では、「沢山釣れる魚を釣るのは楽しくない」ということでしょうか?
私は梅雨が明けると、こまめに白子の漁港へ出掛けます。 その理由は、ハゼが釣れだしていないかをチェックするためです。
ここは全盛期になるとかなりのハゼが釣れ、多い人は300匹以上釣って帰る人もいるようです。(私は食べられる分しか釣りませんが。。。)
はっきり言って時合もへったくりもありません。 夜が明けたら日が暮れるまで釣れまくります。 ハナクソのようなエサが付いていれば食ってきます。
こんなに釣ったら居なくなってしまうのではないかと思っている人もいるようですが、そんなことはなく、釣った分だけところ天式に魚が寄ってきます。
さすがに昼間は朝夕に比べて食いが悪くなってくるのですが、新鮮なゴカイを大きめにつけてやるとすぐさま食ってきます。
釣りというよりも漁をしている感じですが、私はハゼ釣りが大好きで、この時期に日本鋼管でチヌが釣れまくっていると言われても、ハゼを釣りに来てしまいます。(でも3回程度で飽きて、日本鋼管へ戻るのですが。。。)
では、どうしてハゼ釣りが楽しいか? と言われても正直ピンときません。
「たまにやるから楽しい」ということでしょうか。
それ以外の釣りも、機会があれば何でもします。
どんな釣りでもそれなりの楽しさがあると思います。
でもどれが一番好き? と言われたら今は「紀州釣り」でしょう。
しかも、狙う魚は「チヌ」に限るのです。

何を書いているのか私もわからなくなってきたのですが、私にとって(私だけではないと思いますが)チヌという魚は不思議な魅力を感じるもので、一言でこの釣りの楽しさは言い表せません。
皆さんは如何でしょうか?


第一回 「チヌの食生活」 2000/4/26、5/5
チヌという魚は悪食でなんでも食べるというイメージがあります。
実際、他の魚はあまり口にしないと思われる、コーンやスイカなどを食ってきますし、魚のエサと呼ばれるものは一通り口にしてくるようです。
私はエサ取り対策としてチヌ釣りでコーンをしばしば使用しますが、アジやサバには通用しないことが多いようです。しかし、アジやサバはゴカイなどの虫エサにはあまり興味を示しませんし、丸貝を割ってくるなんてことはなく(当たり前ですが...)チヌは幅広いエサを食べていると思います。
私はチヌ気持ちはわかりませんが、オキアミ、ボケ、丸貝などはかなり好きなエサに分類されるのでしょう。

仮に、あなたが釣り仲間とキス釣りをすることになったとしましょう。
そこで仲間があなたに「エサを買ってきてくれ」と頼まれたとしました。するとあなたはどんなエサを買ってくるでしょうか?
普通に考えれば石ゴカイやなどの虫エサを買うと思います。まさか「丸貝1キロ下さい」とは言わないでしょう。
それはなぜでしょうか?
と言われれば、「いつも石ゴカイで釣っている」、「みんなそうしている」などの理由が挙げられます。
しかしながら、キスは虫エサが好きであるということは周知の事実ですが、人間は?ということになると話が違ってきます。

私の好物は寿司(特にトロ、赤貝、平目のえんがわ)やカレーライスも大好きです。
もし魚と人間の立場が逆転して、魚が人間を釣るとなった場合、魚はどんなエサを使って人間をつり上げようとするのでしょうか?
私が魚だったとしたら、ラーメンやハンバーガーなどをエサにしたらかなりの確率で人間は食ってくるのではないかと思ったのですが、どう思われますか?
しかし、人間でも住んでる国や場所で食生活は違います。味噌の付いたおでんでは名古屋近辺の人間はたくさん釣れたとしても、東京では食いが悪いでしょうし、たこ焼きのエサなら大阪で沢山釣れるかもしれません。
さらに、酒やビールを使えば大物(大人)が釣れる確率が高く、あめ玉なら小物(子供)が釣れる確率が高くなるのでしょう。

まえおきが長くなりましたが、私がここで言いたかったのは、「人間のように色々なものを口にするチヌには、誰も気づいていない特効エサが隠されているのではないか?」ということです。もし、「すべてのえさ取りを排除できて、且つ食いが良い」というエサを発見したら、チヌ釣りの歴史を塗り替えることになるかもしれません!!(大袈裟)
何かの本で読んだのですが、「チヌは甘いものが好きなので、コーラでダンゴを握ってはどうか?」などという一見馬鹿げたことを考えた人がいて、実際やってみたが結果はペケだったそうです。
私は炭酸が敗因か?と思いましたが、オレンジジュースならいけるかも?と考えました。
まだ一度も試したことはないのですが、いつか試してみようと思っています。
ただ、海の環境を壊すようなものはまずいでしょう。(コーラやオレンジジュースなら問題ないよなぁ?)

他に一度試してみたいと思っているエサをまとめてみました。
メロン かなり前から試してみたいと思っていたのですが勿体無くてやってません。 もし食えばエサ取りには強そうな気がします。
イクラ 渓流釣りで良く使われるエサですが、あの味はチヌが好きそうな気がしてなりません。
バナナ 安価ですがちょっと甘すぎるかな?って思いますが...
あめ玉 甘い香りにつられてかじってこないかと思ったりもしますが、多分駄目でしょう。
それ以前にどうやって針に刺すかが問題です。
かっぱえびせん オキアミが好きならこれも食べるかも?
案外他の魚も食べたりして...
日本酒 ダンゴにまぜるのですが、もしかしてアルコールが好きなのでは?
昔テレビ番組でビールを飲む鯉を見たことがあるので...

皆さんも色々試してはいかがでしょうか?(イヤだという声が聞こえてきそうですが...)
また、「私はこんなエサでチヌを釣った!!」というものがあれば、私までご一報頂けると幸いです。当HPにて紹介します。(私はルアーでチヌを釣ったことがあります。)




★5/5更新★
早速「こんなエサでチヌを釣った!」という情報を頂きました。
★BUNさんの情報★
私が過去にチヌを釣ったエサで変わったものは
カップヌードルのたまご。プチトマト(1/4に切ったもの)。
イカの塩辛。ザリガニ。井村屋の肉まんの中味。

冗談みたいですがホントに釣れました。なかでも
イカの塩辛は去年12月に52cmが喰って来た。
結構いいかも?
肉まんは養殖コワリに上がった時に使用し、
3枚ゲットの隠れたリリーフエースでした。

結局チヌは何でもOKなのかも

ザリガニは聞いたことがありますが、肉まんの中身(肉)を食ってくるとは...
イカの塩辛で年無しを釣ったのは世界で初めてかも...