〜ゴロで見るしばさき〜

1ホメオスタシスの基本について。

  1:内部環境。

   「行ってろ、香。」(僚)

    外液 一定

   「・・・死んじゃイヤだぞ。」(香)

    量  浸透圧

   「ふん、おまえみたいなイイ女を残してあいつが殺られると思うか。」(海坊主)

                  イオン

◆イメージ

『シティーハンター』で。 <img src=>

     細胞外液の諸条件

1:体液量 2:体液浸透圧 3:各イオン濃度

を一定に保つ。

 

 

  2:「それに天津てぇ〜量あると捨てるし〜いカビならぁ〜ペットでかるし〜」

    レニン テンシン   アルドステロン   Ca2+           PTH D  カルシトニン

◆イメージ

賞味期限NGの中華をペット  に食わせるコギャルのノリで。

     体液量の調節は血圧と関係していて、主としてレニン・アンギオテンシン・アルドステロン系。

[Ca2+]の調節は、1:PTH 2:ビタミンD 3:カルシトニンだYO!

 

 

2開口分泌について。

    ほんとにいだらスゴいの!?なにも着ないぜ、あの薬の成果ソバカスにで

          脱分極       Ca2+     キネーゼ        活性化 顆粒  表面

きちゃった!まくって苦情言う

         2つの膜     融合

   ◆イメ−ジ

「でも顔にソバカスが!」 

 

 

3コルチゾールについて。

    みのもんた、「糖尿じゃないんなら、いっぱい食らうのもいいっしょ!でも今日

    アミノ      糖     Na in             K out    萎縮        胸腺

りんはだね。」ひかえて目も回る。「イライラしちゃうよ、ダメかなー?」

リンパ 免疫    炎症 抑制    循環  情緒不安定     阻害Ca2+

◆イメージ

  「奥さん、みりんはダメだよ〜」

     1:肝で、アミノ→糖。 2:腎細管で、Na再吸収・K排出。 3・4:胸腺・リンパを萎縮させて免疫作用/炎症を抑える。 5:循環系に作用。 6:過剰で情緒不安定。 7:Ca2+吸収の阻害。

 

 

4成長ホルモン(GH)について。

   「へい!らっしゃい!」

   「えっーと、つりあえずビールと軟骨いっぱいね。」

                       軟骨細胞増殖

   「おっ、今日は淡白だねっ。」

          タンパク

   「最近、油ものが胃もたれでダメなんだ。」

       中性脂肪        分解

   ・・・中略・・・

「あいよ!軟骨!待たせてごめん!」

                  免疫

   「おぉ、こんだけキレイに焼けっと気分も上がるわ。」

                    血糖値   上昇

◆イメージ

軟骨好きのサラリーマンin焼き鳥屋。

     1:軟骨細胞の増殖→成長。 2:タンパク合成up分解down。 3:中性脂肪分解。 4:電解質の代謝。 5:免疫cellの機能up。 6:血糖値up(抗インスリン作用)。

 

 

5プロラクチン(PRL)について。

   がばがばのドドンパ、どうやらピーコもフェチくせぇエッチPRの入ったティッシュ、おすぎ

   GABA    ドーパミン       PI F             PR H      TS H

は見てんだもん。

     促進

イメージ

      「おすぎです」「ピーコです」「ドドンパは世界最速!

すっごいコーフンしちゃう!」「ばかね、コーフンするなら 

街で配ってるティッシュ!すごくHよ!」

      

     PRLは、乳汁の産生を促進、性腺系を抑制。

      PRL分泌抑制・・・PIF、ドーパミン、GABAなど多数。

            促進・・・PRH、TSHなど。

 

 

6甲状腺ホルモン(TSH)について。

   志望の色成績アップ熱あげる。それでも過剰苛ついちゃうよ。だって2月は

   糖  脂肪 タンパク 知能発達 体温維持      過剰 神経イライラ

さみーのよ。気温こんなに低いなら、そりゃあヒヨるさ今度リッシュ

グリコサミノグリカン 機能    低下時     ヒアルロン コンドロイチン  水腫

     イメージ

  おしゃれな大学、緊張しちゃう☆」

     1:糖、脂質、タンパクの代謝。 2:代謝促進→末梢での酸素消費up→血液、もっと酸素はこばなきゃ!→心拍up→体温up。 3:中枢神経に作用(過剰でイライラ) 4:皮膚で、グリコサミノグリカン産生を抑制。甲状腺機能低下時、ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸up→水分up→粘液水腫。

 

 

7副甲状腺ホルモン(PTH)について。

  1:腎において。

    ピータンさいぜ、近く捨てろ!でも当分かがなきゃまたイケる!?「いいから貸せって!    

    P HCO3 細尿管 近位 排出    遠位 Ca2+     再吸収          活性型

くさいんでさ。」(秋田谷)

     D3

     イメージ

 「うわっ、ちょっとムリなんでさ」

     1:P、HCO3(重炭酸イオン)の近位細尿管への排出。 2:遠位細尿管でCaの再吸収促進。 3:活性型ビタミンD3産生。

 

 

2:骨において。

   [要は骨吸収ソ・ク・シ・ン☆]

   ガルーぴょんぴょん、ピーピー。じゅうたんがトイレスペース。間に合わなけれ

   Ca2+ 上がる        下がる P     HCO3    過度

足、どうする!?

 アシドーシス

 ◆イメージ

    「トイレどこ〜?」

     骨芽細胞を活性化→破骨細胞にはたらいて骨吸収→血中Ca2+,up/P,down

また、HCO3の排出が過度だと代謝性アシドーシス。

 

 

8甲状腺ホルモンの産生、分泌

   3ステップです☆

   @TGのステップ。

イボ痔のタイガー、ケツに包帯。だって、5時から大人の時間だよ。便秘で絶叫、まるで『

   リボソーム TG       粗面小胞体   ゴルジ 成熟       分泌顆粒        エ

クソシスト

キソサイトーシス

   Aヨード化のステップ。

風邪でのどが痛くて語尾曖昧。それでも早起きしたぜ、これって

         能動         T    ペルオキシターゼ      T

     出前もチラシじゃIT時代はもうダメでんだ俺でも許さんよ

         チロシン  IT      M   D 縮合      T3  4

   B放出のステップ。

     やっぱインドさ、カレーなら。でもリゾットの分かい?この有機

         エンドサイトーシス   リソソーム 加水分解  遊離 再利用

 

 

     イメージ

@「イボ痔がなんじゃこらー!ワレー!」  

      

A風邪で寝込んで出前を頼むな感じで。

                               

B「この野菜はぜひリゾットで食ってよ」

   

     @1:濾胞細胞のリボソームでサイログロブリン(TG)生成。

    2:粗面小胞体、ゴルジ体にて成熟。

    3:分泌顆粒に包まれ、エキソサイトーシスでTG濾胞腔内へ。

   A4:能動輸送でTが濾胞腔内に入る。

    5:甲状腺ペルオキシターゼにより酸化されTに。

 6:TがTGのチロシン残基とヨード化して、MIT、DIT生成。 

 7:MIT、DITの縮合でT3T4を合成。

 B8:エンドサイトーシスにより濾胞細胞内に入る。

  9:リソソームにより加水分解されT3T4MIT、DITとTとの遊離、再利用。