本文へスキップ

ジュリアードレースは新しい形のニットアートです。

ジュリアードレースは新しい形のニットアートです。

ようこそ、ジュリアードレースのホームページへ。

ジュリアードレースとは、かぎ針と多彩な絹糸を使ったオリジナルな技法により創作される、いままでにない新しい形のニットアートです。
ジュリアードレースでは、洋服や装飾品だけでなく、タペストリーや屏風などの大きい作品を創作できることが特徴の一つであり、編み物の域を超えた芸術性があります。
2007年には、京都のアサヒビール大山崎山荘美術館にて、住田啓子ジュリーアドレース展が開催されました。

informationお知らせ

      
  • 住田啓子の作品が「アカリ・イマージュ」に入選しました。

    住田啓子のジュリアードレース照明作品「花繭(はなまゆ)」が福井県金津創作の森で開催される展覧会「アカリ・イマージュ-Design the Light-」に入選しました。
    作品の展示期間は、2014年1月18日(土)〜3月2日(日)となります。
  • 住田啓子のジュリアードレース作品がテレビで放映されました。

    2013年12月10日、テレビ朝日「若大将のゆうゆう散歩」の番組中で表具師・鈴木源吾さんが住田啓子の作品を表装している模様が放映されました。
  • 展覧会開催のご報告

    2013年11月22日(金)-11月27日(水)、有楽町朝日ギャラリーにて、住田啓子個展「天空に糸を綴る その5輪舞」及びジュリアード研修室展「天空の花はな その4」を共同開催いたしました。
    多くの方々にご来場いただき心より御礼申し上げます。
    また、東北大震災復興支援を目的としたアクセサリー販売等による売上は、総額66万6160円となりました。ご協力いただき誠にありがとうございました。寄付につきましては別途ご報告いたします。
  • サイトのリニューアルのお知らせ

    2013年11月18日、ジュリアードレースのサイトをリニューアルしました。