このページについて

ここには自作ソフトなどを置いてあります。


よくある迷路(完成度80%ぐらい)

スクリーンショット 自分で暇潰しするために、暇潰しで作った迷路。ソースコードの中に余計なものが残ってたりする。 最大9次元の迷路を自動生成します。サイズはメモリの許す限りいくらでも。 ただし、高次元になると使用メモリが指数関数的に増大します。 (10^5サイズで4MBほど。)

必要なライブラリ

SDLおよびSDL_gfx

テストした環境

ライセンス等

アーカイブにはREADME等は入れてませんが、リンクされてるライブラリはLGPLのようです。 アプリ本体の改造、再配布などは常識の範囲内で自由です。っていうかこのへん面倒で。。。 (当然、使用は自己責任で。山田さんによると gfxライブラリの中でメモリリークしてるそうな。)

使い方

とりあえずWindowsで起動できるようにしてみますた(ライブラリ込)。 それ以外はソースから根性でコンパイルしてください アプリケーションを起動したら、矢印キーで迷路のサイズを決定してEnterを押してください。 そののちゲーム画面に移ります。座標の(1,1,...)を目指してください。 操作はテンキーと矢印キーで行います。Escでメニューが出ます。

前進
[5]
左右回転
[4] [6]
上下回転
[2] [8]
前後を軸にした回転
[0] [.]
四次元方向回転
[1] [9]
五次元方向回転
[3] [7]
六次元方向回転
[+] [-]
七次元方向回転
[*] [/]
八次元方向回転
[←] [→]
九次元方向回転
[↑] [↓]