あなたは直視できるだろうか、ここに掲載されている数々の写真を。

あなたは知っているだろうか、被写体が実は一卵性双生児であるということを。

あなたは信じることができるだろうか、写真の被写体の片方は主婦であり、一児の母であるということを。

あなたは決して信じないだろう。彼女たちの作るこれらの表情が、彼女たちの自主性に任されているということを。


Click to Enter↓



↑Click to Enter↑






苦情窓口