Super Model

 Gisele Bundchen,   Fernanda Tavares,  Adriana Ambroso,   Ana Beatrizです。

この4人は皆 Brazilian です。

その中でも私が好きな Brazilian Model は... Gisele です!!

Gisele Bundchen

22歳の Brazilian。そして世界をまたぐスーパーモデル

生まれ

 ジゼル( Gisele Caroline Bundchen )は、ブラジルの Horizontina で生まれた。ジゼルの他にも5人の姉妹がいて、彼女達は ドイツ人のブラジル移民?世(←まだ、ちょっと分かりません....)だ。

ジゼルのあだ名

 ジゼルのあだ名についての噂はホームページ上では有名である。学生時代、彼女はオリーブ(ポパイの奥さん)と呼ばれ、からかわれていた。 なぜなら彼女は周りが驚くほどの細さだったからである。彼女いわく、「私は脚と腕のサイズが同じっていう位に細かったのよ!」だったそうだ。 その他に”スケルトン”とも呼ばれてた。

モデルデビュー

 サンパウロのショッピングモールで彼女はスカウトされる。しかし、華やかと思われるモデル業界に入ったものの、 当時彼女は「マクドナルドに行けるぐらいのお金しか持っていなかった。」とホームページ上で語っている。一流を目指して体型作りをしたものの、 時代の流れはブラジル生まれの彼女の健康的な肉体とは反対に不健康そうな青白く痩せすぎたモデル(ウェイフモデル)が主流であった。 一時、来日した日本でも全く売れなかったそうだ。ところが次第にそれも衰え、 美女の王道と言われる大きい瞳、大きい口、大きい胸にロングヘアという時代の流れになり、彼女はそれにうまく乗れた。 彼女はまた、今現在 Givenchy のファッションデザイナーをしているアレキサンダー・マックイーンにも見出されたとも語っている。 そして 1999 年( 18歳)の時に Vogue の「 Model Of The Year 」を受賞し、一躍モデル界のトップとなり、 各ブランドのイメージモデルや雑誌の表紙などを飾る。

   

近況

 ジゼルはニューヨークのマンハッタンに住んでいる。今はどうか分からないが、彼女は一時期、モデル界でギャラがトップだった。 日本円にすると一日 5000万円前後も稼ぐらしい( Vogue )。しかし昔から普段服は、Tシャツにジーンズという気取らない格好をする。 休日には友達とカラオケに行ったり、アンティーク物を探しているそうだ。また故郷に帰った時には、 リオ・デ・ジャネイロのビーチなどに行っているそうだ。今まで付き合った男性は、ブラジルの億万長者、メンズモデル(スコット・バーンヒル)、ハリウッド俳優(レオナルド・ディカプリオ)、 またはロックミュージシャン達だ。今は誰と付き合っているか定かではないが、彼女のことなのでまたまたスゴイ人との付き合いをしているだろう。 そして今話題の映画「チャーリーズ・エンジェルT」の出演依頼もきていたそうだが、なぜ断ったのかはまだ分からない。

 私がジゼルを好きになったのは、今から5年前で彼女の水着姿を見て、女として同じ女の人に感動した。骨格がハッキリしていて、 エラ張った顔、きれいに焼けたゴールド肌、豊かなバスト、そしてバランスよく筋肉のついた腕と脚。 しかし、彼女は驚くことに大食いだそうだ。最近、彼女は段々、派手になってきていたが、 私としては18歳の時のゆるやかなブラウンヘアのジゼルが好きだ。

時代は pretty から cool に・・。

最近のファッション雑誌の表紙を飾るModel達は、力強い表情をしている女性が多い。 女性はただ笑っていればカワイイ時代は過ぎ、今はそんな時代は同性に共感してもらえない。 女性は、常に変化を求める。そして、妥協を許さなくなった。 一つより二つ、二つより三つと、満たされぬ欲求が完璧なカオを求めるようになった。 かわいいは誰にでもなれる、かっこいいとなると一夜漬けなんかでは手に入らない。「かっこいい」がこれからの女性の目標だ。 そんな時代で、業界のトップに立つジゼル、彼女の表情の力強さを女性は待っていた。 

6月11日の課題

Yahoo!

ロンドンの歩き方

ロンドンは広い。そして人も多い。 初心者はなかなか思うように歩くことができないだろう。 それでも、ちょっとしたポイントを押さえておくと、ロンドンを歩くのが 楽になる。歩けば歩くほどロンドンの違った顔が見えてくるはずだ。

各エリアのポイント

@ピカデリー・サーカス周辺

 ショッピングからエンターテイメント、レストラン、観光スポットなど、 ロンドンのあらゆるものが集まっているエリア。エロスの像で名高いピカデリー・サーカスは、 いつも記念写真を撮る観光客で大にぎわい。

Aバッキンガム宮殿周辺

 衛兵交代で有名なこのエリアは、公園に囲まれ緑豊か。南に下ればテート・ブリテンやヴィクトリア 駅がある。

Bウェストミンスター寺院周辺

 ロンドンの象徴ともいえるビッグ・ベンがある国会議事堂をはじめとして政治機能が集まる エリア。

Cシティ周辺

 セント・ポール大聖堂、ロンドン塔、タワー・ブリッジといった見所も多く、ロンドンの ビジネスの中心。

D大英博物館周辺

 世界でも有名な規模と所属品を誇る大英博物館があるこのエリアには、大学や法学院などが 集まる。

Eリージェンツ・パーク

 「有名人たち」に出会うことができるエリア。

Fベイズウォーター周辺

 ホテルやレストランの多い地区。

Gナイツブリッジ周辺

 ブティックやデパートが並ぶ高級ショッピング・エリアとミュージアムが多いエリアが 同居する。

Hハイド・パーク周辺

 ロンドンの憩いの場所

Iハイ・ストリート・ケンジントン周辺

 ショップが多いが落ち着いた雰囲気。

London

ロンドンを歩くポイント

 ---ロンドンの概略とヘソ---

ロンドンの地理を頭に入れようとするとき、まずは、北にリージェンツ・パーク、西に ハイド・パークとケンジントン・ガーデンズ、東にロンドン塔、そして南にテムズ河がある、 と覚えよう。また、地下鉄でいうならチャリング・クロス駅がヘソで、どこも地下鉄で15分以内 で行くことができる。

---ストリート名と郵便番号、これが大事---

 イギリスでは、すべての通りに名前があり、番地、ストリート名、郵便番号の順に並べたものが 住所になっている。ビルの壁やちょっとした広場沿いなどに、ストリート名と郵便番号を書いた 看板がある。ロンドンを歩くなら「ストリート名と郵便番号を把握する」、これを覚えておくと便利。 それでも迷ってしまったら、素直に道を尋ねよう。

地域の特色

●東方面 ●西方面 ●南方面 ●北方面

Yahoo!