仕立てへのこだわり、仕様についてのご説明


注:】こちらの画像は、仕立て見本です。

当社製品の仕立て、仕様、パターンにつきまして、ご説明させていただきます。
一品、一品に職人の洋服に対する思いやりが込められております。必ずや、ご納得いただけるように、
メーカー、工場、との撚密な打ち合わせから、着る人の気持ちを考えて作られました。ぜひ、ご一読ください。

上着
・手縫い釦つけ
 釦は取れにくいように手付けのクロス止め。通常ミシンでつけるのですが、ミシンの 場合一本糸を引っ張ると
 すべてほつれてしまいます。手付けの場合ほつれにくくなっております。

・段返り3釦デザイン
 中一つかけした時に、この第一釦の返りが魅力を発揮し、とてもきれいなカーブが生まれます。
 素材にかかわらず、しなやかな立体感をみせてくれます。

・釦ホールステッチ
 段返りにしたときにステッチが美しく見えるように、一番上の釦ホールは逆向きになっております。

・AMFステッチ
 スーツ全体の高級感を演出。

・ゴージ
 上襟と下襟の縫い合わせ部分。最近の傾向でゴージは高め。

・お台場仕立て
 裏地にまで手縫いの仕事が行き届いております。それを証明するディテール。

・毛芯〜本バス芯仕様〜
 当社のスーツの毛芯は、スーツの型紙にあうように付属工場に別注をかけてつくられたこだわりの芯地でございます。
 通常の安いスーツには既製の型のものを使用し安く仕上げます。
 が、スーツの型紙と、芯地の型がマッチしなくて型崩れがおきやすいものになっているようです。
 当社のスーツ芯は芯地型紙もスーツ型紙にマッチするよう別注にてつくられております。
 芯地素材もべースをウール素材でもっとも適している一番やわらかく張り腰があるものを使用し、
 肩の部分にも馬の尻尾を織り込んだ本バス芯を使用しています。

・Dカン
 内ポケット、ものを出し入れする部分にはDカンで補強されており、丈夫なつくりとなっております。

・アームホール
 腕を動かしても安定したフィット感が得られるように、いせ込んで作られております。

・ひじ
 ハンガーに掛けた上体で平面にならず、ドレープがあります。人間の腕にあわせた立体裁断。

・裏地
 すべりのいいキュプラ50%、ポリエステル50%に強度を増したポリエステル、キュプラを使用。ポリエステルの強さとキュプラのすべりを
 あわせもつ高級裏地です。

・ウエストシェイプ
 日本人の体型にあうようにウエストシェイプの位置を若干高めにとってありますので、着用時にバランスよくみえます。

パンツ
・マーベルトタック
 着用時にお尻の丸みがきれいに出るようにパンツの裏地にマーベルトタックと呼ばれるダーツがはいっています。

・裏地
 裏地には綿素材を使用。ヒップ部分にフィット感をだすためのものです。シャツなどの滑り止めの要素もあります。
 また、すべてにおいてパイピング仕上げとなっていますので、ポケットの補強にもなっています。

・5mmゆとり
 パンツ内側縫い合わせ部分に5mmのゆとりがとってあります。すそ口からワタリにかけて若干ですが、出すことができます。
 体にフィットしたシルエットを作ることもできます。

・シック
 通常股間の内側部分にチョーシックと呼ばれる布地がつきます。が、当社の品には手まつりシックと呼ばれる
 職人の手縫いによってまつられたシックがついています。
 手縫いの微妙な強弱によって、股間部分の凹凸感がなく楽に着用していただけるでしょう。


シルエット
 アウトのツータックですが、若干細めのシルエットとなっております。